ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Webサイト誘導」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Windowsフロントライン:
Microsoft 365周辺を彩る謎のキーワード「MetaOS」と「Taos」
Microsoftに関するキーワードが話題になっている。その最新事情を見ていこう。(2020/8/25)

新型コロナウイルスに便乗したサイバー犯罪が急増 「マスク配布を装った偽サイト」などトレンドマイクロが注意喚起
ネット上でも注意が必要です。(2020/4/12)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
ブランディング目的のデジタル広告、「増やす」と回答した企業は4割――ニールセンなど2社調査
ITmedia マーケティングの姉妹サイト「調査のチカラ」より、マーケターが押さえておきたい調査レポートを1日1題、厳選してお届けします。本日のお題は、「ブランディング目的のデジタル広告」。(2018/3/5)

Androidデバイスに意図しない「何か」が仕込まれる:
Minecraftの「偽Mod」に注意 何が危ないのか
Google Playで、87個ものMinecraft用「偽Mod」が見つかった。インストールすると、迷惑広告を表示されたり、詐欺サイトに誘導されたりする。(2017/3/27)

「ポケモンGO」とIngressを両方プレイして分かったこと
「ポケモンGO」とIngressはどちらも位置情報をベースにしたスマホゲーム。共通点と違いはどこにあるのか。(2016/7/31)

【連載】サイバーエージェント流動画広告入門 第2回:
「動画広告のKPI」はデータが取れるからこそ混乱しがち、どうすればいい?
適切なターゲットへリアルタイムにリーチする手段として注目されるWeb動画広告。企業はいかに取り組むべきか。サイバーエージェント オンラインビデオ総研の酒井英典氏が解説。(2016/2/5)

2014年も日本のスマホユーザーを悩ませ続けるワンクリック詐欺業者
2013年10月中旬以降になりを潜めていた不正アプリが再び増加し、手口もより巧妙化している。(2014/1/30)

【連載】サイバーエージェント流スマートフォンマーケティング:
第1回 アプリかブラウザか、それが問題だ
第1回では、アプリ/ブラウザによるスマートフォンマーケティング施策の違いを「サービスプラットフォーム」「広告掲載先の媒体」という2つ観点から検討する。アプリとブラウザではそもそも集客手法に違いがある。(2013/10/11)

アダルト音声接続サービス詐欺アプリをGoogle Play上で確認
手を変え品を変えてAndroidユーザーをだますアプリに、音声サービスを使う手口が新たに見つかった。(2013/7/17)

Facebookで「なりすまし友達申請」が横行
Facebookで、他人になりすまして友達申請を送るスパムアカウントが増えているとユーザーの間で話題になっている。(2013/5/22)

2ちゃんねるまとめサイトが一斉謝罪 広告料・代理店名など「カモフラージュ広告」の実態明らかに
まとめを装ったカモフラージュ広告について、まとめサイトや広告代理店が一斉謝罪。中には月に30万円以上得ていたサイトもあった。(2012/11/10)

オレンジタグス、NFC活用型店頭販促ソリューションのデモルームを開設
オレンジタグスとビジカ・ビジネスシステムが、NFCを活用した店頭販促ソリューションのデモルームを上野に開設する。(2012/2/9)

電話をかけるとURLがメールで届く――価格も魅力のWebサイト誘導サービス「ピポットナビ」
広告用の電話番号に電話をかけると、企業WebサイトのURLなどを記した広告メールが届くサービス「ピポットナビ」を、丸紅情報システムズが提供。イベント企業や小売店などをターゲットにサービスを販売していく。(2011/7/6)

かざして販促、iPhoneでも――BUG、新技術搭載のFeliCaリーダー発売
FeliCaを搭載していないiPhoneでも、かざしてサイトにアクセスしたり、ポイントサービスを利用できる――。ビー・ユー・ジーが、こんな使い方を可能にするるFeliCaリーダー/ライター向け技術を開発した。(2011/2/23)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
いいねボタンによる「Webサイトのソーシャル化」〜mixiチェックとFacebook Likeボタン
FacebookのLikeボタンやmixiチェックが進めるWebサイトのソーシャル化とは何なのか。ネット広告に詳しいオルタナティブ・ブロガー 広屋修一氏が解説します。(2010/9/27)

着実に企業の関心を集めるTwitter
IMJモバイルはTwitter活用における企業の意識調査を実施した。約7割の回答者がTwitter活用に関心を示したが、企業Twitterの特徴の1つである「消費者とのやりとり」がまだ活発に行われていない傾向もみられた。(2010/6/29)

Web誘導型マルウェア攻撃での注意点、カスペルスキーが解説
カスペルスキーは、2009年から続いているWebサイトの改ざんを通じてマルウェアに感染させる攻撃の変化について解説している。(2010/2/17)

企業とTwitterの向き合い方:
効果測定を怠らないTwitterこそが勝ち残る
企業がビジネスにTwitterを使う場合、正しい効果測定をすることは不可欠だ。成功を収めている企業から、効果測定の手法やその効果を学ぶ。(2009/11/10)

オルタナブログ通信:
ある実名SNSの終焉
220組を超えるブロガーがITにまつわる時事ネタなどを日々、発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今週は、「新政権発足」「Google」「実名SNS」「Twitter」「スマートフォン」といったテーマで紹介したい。(2009/9/25)

5分で分かる、先週のモバイル事情――7月25日〜7月31日
7月31日、NTTドコモとソフトバンクモバイルが第1四半期の決算を発表。ドコモは前年同期比で減収減益、ソフトバンクは増収増益となった。ウィルコムは公式サイトのリニューアルで、安い料金でさまざまなコンテンツやサービスが使えることをアピール。米Microsoftは「Windows Marketplace for Mobile」へのアプリケーション登録の受け付けを、日本を含む29カ国で開始した。(2009/8/3)

モッさんがQRコードに:
フルカラーのQRコード「ロゴQ」、モスフードサービスが採用
モスフードサービスが、イラストやロゴをフルカラーでデザインできるQRコード「ロゴQ」をサイト誘導ツールとして採用した。(2009/7/28)

問い合わせ数の減少効果:
富山市、市政FAQをWebで公開――ケータイにも対応
富山市は市民の利便性向上のため、市政FAQをWeb上で公開。必要とされる情報へのアプローチが容易になり、行政に寄せられる問い合わせ件数も減少しているという。(2009/4/16)

危険サイトのDBを参照:
トレンドマイクロ、Webレピュテーション機能搭載のセキュリティスイート発売
トレンドマイクロは、Webサイトの指標情報から危険性の高いサイトへのアクセスを防止する「InterScan Web Security Suite 3.1」を発売した。(2008/5/29)

大量ハッキング+Googleポイズニング 不正サイト誘導の巧妙な手口
Trend Microによると、WebハッキングとGoogleインデックスポイズニング、ソーシャルエンジニアリングを組み合わせた手口が見つかった。(2007/12/19)

不定期集中企画:
手元に届いた「イマドキの日本語スパムメール」スパムはこれからどうなるの? これからも進化し続けます!編
最近のスパムを見てみると、昔見かけた手法を使って新たな進化を遂げているものがある。三行広告風スパム、なんていうのもその一つだ。(2007/11/30)

『24』のDVD、全国のauショップで無料配布
KDDIと20世紀フォックスHEは、『24 −TWENTY FOUR−』の一部を収録した販促DVDを全国のauショップで配布。DVDと携帯サイトを連動させる技術を取り入れ、店舗誘導や販売促進を同時に行う新たなプロモーションとして展開する。(2007/10/1)

Webマスターが変える 企業サイトの「秘力」:
ジレンマ解消にキーパーソンあり
Webサイトをつくったものの、アクセス数はいまいち。企業サイトに潜む、そんな悩みを取り除くカギは、Webマスターの存在のようだ――。(2007/7/2)

QRコードはさらに先へ:
“白黒モザイクだけ”はもう卒業、QRコードは動く時代に
白黒モザイクのQRコードはもう古い。カラー化したり、画像付きのデザインも可能だ。ついには動く時代になり、Web誘導の新たな可能性を広げる。(2007/5/21)

ケータイの防衛大作戦:
メール対策、送り手と受け手の攻防
迷惑メールを受け取りたくないユーザー。迷惑じゃないメールを送りたい企業。迷惑メールを回避しながら、コミュニケーションをどのように成立させればよいのだろう。(2007/4/28)

動くQRコードが誕生
i-ビジネスセンターとIT DeSignは、QRコードと動画を組み合わせる「ムービーQR」を開発した。(2007/4/25)

QRコードは第2章へ:
さらに深化するQRコードマーケティング
携帯電話からの手軽なWeb誘導を担うQRコード。近年はサイト誘導のみならず、一歩進んだ利用形態が登場しつつあるという。(2007/3/19)

ワンセグに求められるのは「規模」と「独自性」――KDDIとテレビ朝日の共同検証
KDDIとテレビ朝日がワンセグ共同事業検証の結果を報告。端末利用時間の増加や、提供元への高い誘導効率が認められたが、事業拡大へ向けた課題も浮かび上がった。(2006/12/8)

神尾寿の時事日想:
公共情報アクセシビリティ、次のステップは「ケータイ活用」
国や自治体の公共情報を記載したWebサイトは、PC向けだけでなく携帯向けの整備も必要だ。工夫しだいで、携帯電話ならではの機能を利用した、ユーザーにとって利便性の高いサービスを提供できる可能性も高い。(2005/5/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。