ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「WTO(世界貿易機関)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WTO(世界貿易機関)」に関する情報が集まったページです。

韓国への輸出管理強化は中長期的に技術移転の加速をもたらす
日本の経済産業省が進めている韓国向け輸出管理の運用見直し。韓国が日本に依存している部品や素材の国内生産や調達先の多角化を進めるきっかけになるかもしれない。(2019/7/19)

なぜ韓国は「ホワイト国」から外されるのか(時系列まとめ)
経済産業省の韓国向け輸出管理の運用見直しが各方面に大きなインパクトを与えた。当日の新聞には、「報復」「禁輸」など刺激的な見出しが踊ったが、実際には安全保障を全面に出した内容だった。7月前半の動きをまとめた。(2019/7/16)

EE Exclusive:
長期化が予測される米中貿易摩擦、中国のAI開発に打撃
米国と中国間の貿易戦争は、長期化が予測されている。米国の独立研究機関East-West Centerでシニアフェローを務めるDieter Ernst氏に、今回の貿易摩擦がAI(人工知能)分野に与える影響などについてインタビューを行った。取材当時、同氏は中国のAI業界の実地調査から帰国したばかりだった。(2019/6/28)

巨大IT企業への「デジタル課税」議論も G20サミット28日開幕
日本が初の議長国を務める20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が大阪市で開かれる。米中貿易摩擦の影響による世界経済の減速リスクや、IT化の流れで台頭した「デジタル経済」などについて話し合う。(2019/6/24)

IHSアナリストが読む米中貿易戦争:
5GはHuawei抜きで何とかするしかない 座談会【前編】
終息の糸口が見えない米中貿易戦争。IHSマークイットジャパンのアナリスト5人が、米中貿易戦争がエレクトロニクス/半導体業界にもたらす影響について緊急座談会を行った。座談会前編では、5G(第5世代移動通信)とCMOSイメージセンサーを取り上げる。(2019/6/21)

為替介入を容認?:
反米・反日で経済危機を招きそうな韓国・文在寅政権の自縄自縛
韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の反米・反日政策が、韓国経済をむしばむリスクが急浮上している。北朝鮮に対する経済政策をめぐる「米国とのケンカ」を市場が不安視。その上、いわゆる元徴用工への支払いを日本企業に命じるなど「対日強硬姿勢」がエスカレートし、日本政府や日本企業の反感も招いているからだ。(2019/4/22)

技術空洞化の原因:
米、ファーウェイ問題の教訓 日本の技術安全保障の危機
昨年12月、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長がカナダで逮捕された。米国は安全保障上のリスクがあるとして日本を含む同盟国に中国の華為や同業のZTEを通信システムから排除するよう要請した。日本政府は国名や企業名を出していないが、通信システムの安全保障リスクを低減するよう関連企業に要請した。(知財評論家、元特許庁長官・荒井寿光)(2019/4/12)

激化する「新冷戦」 米国がじわりと進める強固な中国包囲網
米中の対立が激化している。米中貿易協議で表面的な融和的なムードが生まれる一方で、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)での通信覇権をめぐっての争いは激しいものになっている。3月13日、米国欧州軍司令官はドイツがファーウェイの技術を採用した場合には、ドイツ軍との通信を断つ方針を示した。(経済評論家・渡辺哲也)(2019/4/4)

奈良県の国際芸術家村にロードサイド型ホテル「フェアフィールド・バイ・マリオネット」が進出
奈良県は、「(仮称)国際芸術家村」の宿泊事業者を積水ハウスを代表とする企業グループに決めた。積水ハウスらの事業提案では、ロードサイド型のホテルブランド「フェアフィールド・バイ・マリオット」を展開する計画だ。現段階でホテルの規模は5階建て、客室数101室を想定している。今後、県との正式契約を経て、基本設計に取り掛かる。(2019/3/29)

i-Construction:
2019年度はICT浚渫工の施工と構造物の基礎工で試行段階へ、港湾分野のICT活用
国土交通省は、i-Constructionの一環として、港湾分野へのICTを活用した情報の3次元化を進めるための検討を行う「港湾におけるICT導入検討委員会」を開催した。委員会では2018年度の実施状況が報告されるとともに、2019年度の検討内容が議論された。(2018/11/1)

強制された?:
Armが中国事業を合弁化、EUは中国に対し警笛
ソフトバンクは2018年6月、Armの中国事業部門の全株式の51%を、中国投資企業およびエコシステムパートナーに7億7520万米ドルで売却することにより、中国国内でArmの事業を展開するための合弁企業を設立すると発表した。これを受けてEUは、中国の法律が欧州企業の知的所有権を侵害しているとして、世界貿易機関(WTO)において訴訟を起こした。(2018/6/13)

企業動向を振り返る 2018年3月版:
不可分になった半導体産業と国際政治
2018年3月のエレクトロニクス業界に起こった出来事のうち、最も多きなものの1つが、米大統領令によるBroadcomのQualcomm買収断念でしょう。これは半導体産業と国際政治が不可分なものになっていることを象徴する出来事として、記憶されることになりそうです。(2018/4/11)

課税などの対抗措置へ:
中国への警戒を強める米国、半導体産業を保護する動き
米国で、半導体産業の強化を進める中国に対する警戒が強まっている。米国が懸念しているのは、中国の半導体強化政策そのものではなく、その“進め方”だ。(2018/4/2)

スピン経済の歩き方:
地方の焼酎が、10年後に世界一になったワケ
熊本県で「世界一の焼酎」が売られていることをご存じだろうか。「川辺」という銘柄だ。創業115年の酒造がつくったものだが、なぜ世界一になることができたのか。背景を調べてみると、その老舗は以前から世界の常識・日本の非常識に取り組んでいて……。(2017/2/28)

Over the AI ―― AIの向こう側に (7):
抹殺する人工知能 〜 生存競争と自然淘汰で、最適解にたどりつく
“人工知能技術”の1つに、生物の進化のプロセスを用いて最適解へと導く「遺伝的アルゴリズム(Genetic Algorithm:GA)」があります。25年ほど前に私が狂ったようにのめり込んだ技術なのですが、世界的にもファンがたくさんいるようです。そして、このGAこそが、私たちがイメージする“人工知能”に最も近いものではないかと思うのです。(2017/1/31)

マネーの達人:
これから起こる「トランプリスク」とは
ドナルド・トランプ氏が米国の第45代大統領に決まりました。選挙期間中の発言をもとに、トランプ氏が大統領に就任した際のリスクを考えてみましょう。(2016/12/12)

製造マネジメントニュース:
IT関連製品201品目で2024年1月までに関税撤廃へ、WTOのITA拡大交渉が妥結
経済産業省は2015年12月17日、ケニア・ナイロビで開催されている第10回WTO閣僚会議において、ITA拡大交渉が最終妥結したことを発表した。参加53カ国・地域におけるIT関連201品目の関税は最終的に2024年1月までに完全撤廃される。(2015/12/17)

AUTOSAR〜はじめの一歩、そしてその未来(3):
はじめてのAUTOSAR導入で陥りやすい罠
国内企業でAUTOSARを初めて導入する際の典型的パターンは2つある。「AUTOSAR導入準備の初期段階としての試作評価実施」と「量産開発を通じてのAUTOSAR導入」だ。今回は、これら2つのパターンの詳細と、それぞれどういった結末が起こり得るかについての考察を示す。(2015/9/2)

ホンダ、二輪で台湾市場に12年ぶり再参入 その勝算は
ホンダが12年ぶりに台湾市場に二輪事業で再参入。日本流サービスで売り上げ拡大なるか。(2015/4/17)

知っておきたいASEAN事情(23):
失速しない中国で製造業は何をすべきか
実はASEANの動向は中国と密接にリンクしている!? 今回は周辺国に大きな影響を与えている中国でどのようなことに気を付けて事業計画を進めていくべきかという点について解説します。(2015/1/9)

目指すは社会のイノベーション:
「インフラ×IT」で中東諸国の課題解決に挑む日立
テレビCMなどでも目にすることが多くなった「スマートシティ 」。電気やガス、あるいは交通といった社会インフラ全般をITによる制御で最適化し、テクノロジーによる利便性を享受しながらも自然を損なわない環境づくりを目指す考え方だ。もちろん日本国内に限る取り組みではない。遠く離れた中東地域でも、日の丸を背負って社会の変革に挑戦する人びとがいる。(2014/5/8)

法律家が見るサプライチェーンの知財侵害リスク(4):
発想の転換を求められる日本――新興国から日本の技術を守る知的財産法
法律・知財の専門家が製造業のグローバルサプライチェーンに潜む課題と対策について解説する本連載。第4回では、通商政策面でサプライチェーン上の知財侵害が日本の経済にどういう影響を及ぼすのかを解説します。(2013/12/24)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
グローバル革命が製造業を革新――高度な経営のかじ取りが求められる今後の製造業
今日のグローバル化は新興国革命、金融革命、デジタル革命の3つが複合的に関与する強大なうねりとなっている。日本企業が生き残るためにはなにをすべきか。(2013/11/20)

追悼:富田倫生さん――書籍の「青空」を夢見て走り続けた人
8月に亡くなった「青空文庫」呼びかけ人・富田倫生さんの追悼イベントが行われた。「青空文庫」という名称に込められた富田さんの思いとは何だったのか。この追悼イベントでは富田さんを間近に見てきた人たちによって、その思いが振り返られた。(2013/10/11)

TPP交渉参加で日本の医療は変わるのか?(第5回)
TPP交渉と医療制度改革の議論は切り離すべし
TPPは「米国による“現代の黒船”」と表現されることもあるが、TPP交渉によって日本の医療が大きく変わることはない。日本の医療制度の改革は、国民との十分な議論を経て、TPP交渉とは切り離して考えるべきである。(2013/9/6)

TPP交渉参加で日本の医療は変わるのか?(第4回)
TPPによる外国人医師・看護師の流入はあり得ない
日本が参加してから2回目となるTPP交渉会合が8月22日から始まる。TPP交渉によって外国人の医師や看護師が日本市場を脅かすことはない他、ISD条項を通じ日本政府が外国企業から提訴される可能性も極めて低い。(2013/8/22)

TPP交渉参加で日本の医療は変わるのか?(第3回)
TPPに参加するとジェネリック薬品は使えなくなるの?
TPP交渉において「医薬品の問題」は参加国の中で意見の隔たりが最も大きな分野の1つだ。そこには「新薬メーカー」と「ジェネリック薬メーカー」との間の利害の衝突が絡んでくる。(2013/8/7)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/6/26)

知っておきたいASEAN事情(13):
チャイナプラスワン戦略におけるインドネシアとマレーシアの「チャンスとリスク」
同じ民族ルーツを持つ国、インドネシアとマレーシア。両国間には宗教や言語など多くの共通事項があるが、人口規模や時価総額上位企業など異なる点も見られる。チャイナプラスワン戦略における両国の「チャンスとリスク」とは?(2013/4/30)

憲法改正、国防軍、日米同盟…安倍政権の覚悟を問う
リベラル・護憲派論客として知られる天木直人氏、保守路線を貫く田母神俊雄氏が、今後の自主防衛策と日本外交が進むべき道を論じる一冊を紹介。(2013/1/22)

マニュアルから企業理念が見える:
マニュアルはどのようにして世界に伝わったか
マニュアルは時代の背景と歴史の中で2300年の歳月を越えて、現在の企業に役立とうとしている。そして国際化が進む中、国際標準に基づく管理はマニュアル抜きには考えられない。(2012/8/13)

マニュアルから企業理念が見える:
グロ−バル化にマニュアルをどう生かすか
複数の人種を風土文化の異なる地域で協働させるためには、業務処理の標準とそれの文書化が必須である。(2012/7/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
なぜ日本はルールメーカーになれないのか?
コンプガチャとお掃除ロボットの失敗に学び新しいパラダイムへ転換せよ。(2012/6/7)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
中国の目覚ましい成長を支える、不安定な金融基盤
ここ数年の中国の経済発展は目覚ましいものがある。こうした中国の経済成長を支える金融政策とは。(2012/5/2)

ビジネスニュース:
米商務省、中国製太陽電池パネルに関税適用へ
2011年、米国では太陽電池パネルメーカーの破産が相次いだ。中国勢との競争の激化が、その一因だと言われている。米国は、中国産の太陽電池を搭載したパネルに関税をかけることを仮決定した。(2012/3/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
2015年までは通貨と株で資産を守れ!
世界経済の混迷はしばらく続くだろう。資産を増やすより守ることが重要になる。(2012/3/22)

藤田正美の時事日想:
日本が注目すべきこと、それはエジプトの動向
アフリカ北部、中東で王政や独裁政権に対するデモが広がっている。Facebookなどを使って民衆がデモを組織し、同時に政府が反体制派を監視している。不安定な状況が続いているが、日本はどこに注目すべきなのか。(2011/2/28)

海外から見た! ニッポン人エンジニア(9):
技術にどう向き合うか――マーケ重視の韓国、モノ作り重視の日本
時代を読む力は、生き残れるエンジニアの必須条件である。本連載では、海外と深い接点を持つ人物へのインタビューをとおして、IT業界の世界的な動向をお届けする。ITエンジニア自らが時代を読み解き、キャリアを構築するヒントとしていただきたい。 (2011/2/7)

日本企業がグローバル超競争で勝ち抜くために必要なこと――A.T.カーニー梅澤高明日本代表
日本は海外から「新興衰退国」と揶揄されるまでに落ちてしまった――。経済学者やジャーナリストが語る、「人口減社会にあっても、豊かさは失わず、所得再分配によって格差も解消する」という青写真は、成長なくしては崩壊する。このままでは日本は、「惨めな縮小」と語る、A.T.カーニー日本代表の梅澤高明氏。トップコンサルタントが説く世界の今、日本の未来とは何か。(2010/12/14)

藤田正美の時事日想:
TPPに参加するならば、2つの“地雷”に注意せよ
太平洋周辺の国が参加して、自由貿易などの話し合いを行う環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)。菅首相はTPPへの「参加を検討している」と表明したが、2つの地雷があることを忘れてはいけない。その地雷とは……。(2010/11/1)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
買い気に乏しい展開のなか金融株など主力株への売りが止まらず大幅下落
(2009/10/1)

日曜日の歴史探検:
都市鉱山とレアメタル――現代の発掘現場
わたしたちの生活に溶け込んでいるレアメタル。今、その再利用を巡って盛んに議論が交わされています。現代の鉱床はリサイクルという形で操業されていくのかもしれません。(2009/7/19)

Executiveインタビュー:
「国家への強力なコミットメントなくしてロシア攻略は不可能」――ソニーの現地法人社長【前編】
ビジネスのさらなる拡大を追い求めて、多くの日本企業がBRICsをはじめとする新興市場へ飛び込んだものの、商習慣の違いなどに苦しみ撤退を余儀なくされた企業は少なくない。長年ロシアでビジネスを展開するソニーの現地法人の日比社長に、異国で成功をつかむための勘所を聞いた。(2009/6/17)

Weekly Memo:
中国のIT情報強制開示 撤回の落とし所
中国政府が導入を計画しているIT製品の技術情報の開示を義務付ける制度をめぐって、日本政府などが撤回を求めている。はたして落とし所はどこにあるのか。(2009/5/11)

藤田正美の時事日想:
世界経済は底を打ったのか? 金融市場が注目するG20
100年に1度という世界不況に陥っているが、米国が発表した銀行の不良資産買い取り制度が評価され、株価が上昇している。ある報道によると「(経済は)底を打ったように見える」とあったが、本当に世界経済は回復に向かうのだろうか?(2009/3/30)

藤田正美の時事日想:
保護主義という妖怪が蘇る? 大恐慌の教訓は学んでいるか
金融危機が世界恐慌へと発展することを避けるには、各国が保護主義に走らないことが重要だ。しかし、足元ではロシアやインドが関税を引き上げるなど危険な兆候が現れつつある。この流れを止めるには、米国がどういった動きをするかがカギとなるだろう。(2008/12/22)

中国ビジネス最前線:
中央銀行総裁が人民元切り下げを示唆
中国では先行き輸出のさらなる減速が懸念されており、中国人民銀行の周総裁は人民元を切り下げる可能性を排除しない旨を明らかにした。(2008/11/25)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その26):
25回も続いてよかったね(実は26回目だけど)記念――くねくねハニィのつれづれなるくねくね話 Part2
またオフィス前の平坦な場所ですっ転んで足を引きずるくねくねハニィがお送りする「最近どうよ?」第26回目です。小ネタを並べただけって話もありますが、「いろんな話題に触れているので読んでみて、よろしこ」とのこと。(2008/9/16)

藤田正美の時事日想:
冷戦時代の復活か? ロシアの経済成長が変える欧州のパワーバランス
平和の祭典であるオリンピックに水を差したロシアとグルジアの武力衝突。衝突の背景には、原油や天然ガスなどの資源価格高騰で潤ったロシアが、大国の威信を取り戻そうとしていることがある。(2008/8/18)

日米がEUをWTOに提訴――IT製品への高関税撤廃を要求
米国と日本が、欧州連合による液晶ディスプレイや複合型プリンタなどへの輸入関税撤廃を求め、世界貿易機関に訴えた。(2008/5/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。