ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

  • 関連の記事

「XaaS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

X as a Service

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「RaaS」が多過ぎる
ロボット・アズ・ア・サービスだけじゃないんです。(2020/8/18)

顧客起点でデザインするサービスイノベーション(1):
製造業を取り巻く「不確実性」とサービス化の関係性
不確実性が高まる中、製造業の中でも「モノからコトへ」のサービス化に大きな注目が集まっている。しかし、実際には製造業のサービス化への取り組みは限定的である。製造業がサービスイノベーションに向かうためには何が必要なのだろうか。本連載では、これらの手法や勘所についてお伝えする。第1回の今回は、製造業を取り巻く環境の変化とサービス化の関係性について紹介する。(2020/5/29)

仮想マシン時代とクラウドネイティブ時代の違い:
青山氏が語った、「クラウドネイティブ」がやがて「Kubernetesネイティブ」へ進む理由
青山真也氏は2020年5月20日、Forkwell主催のオンラインミートアップで、仮想マシン時代の開発とKubernetesによるクラウドネイティブな開発のこれからについて話した。この講演を要約してお届けする。(2020/5/28)

「クラウド」とはそもそも何か? 今あらためて学ぶ歴史と基礎知識
クラウドという概念が登場してから14年がたち、サービスは多様化の一途をたどっている。本記事では、クラウドの歴史について概説した上で、その種類についてあらためて解説。その形態や種類について整理する。(2020/5/20)

PR:企業PCの“ユーザー体験”を常にアップデート 運用も管理も不要の「Device as a Service」(DaaS)が登場
かつてない速度でOSや業務アプリのアップデートが進み、次々と新たなPCやモバイルデバイスが市場に出る中、企業の従業員が毎日仕事に使うPCは、そんな変化にどう対応すればいいのか。そんな悩みを解決する新たなサービスが登場した。運用も管理も不要でデータの漏えいリスクにも対応し、最新のPCにスムーズに乗り換えが可能――そんな便利さを可能にするサービスは、どのように生まれたのか。(2020/5/12)

視点:
サプライウェブ――新たなプラットフォームビジネスの可能性
固定的な「チェーン=鎖」ではなく、あらゆる調達先・納品先と自由につながることができる「ウェブ=クモの巣」への進化こそが、「サプライマネジメントの未来の姿」なのだ。(2020/3/9)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(5):
鎖から蜘蛛の巣へ、「サプライウェブ」の世界が見えてきた
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第5回は、サプライチェーンマネジメントの進化の方向性となる「チェーン=鎖」から「ウェブ=クモの巣」へのトランスフォーメーションを取り上げる。「サプライウェブ」の世界とはどのようなものなのだろうか。(2019/12/23)

ソフトウェアベンダーとの契約内容、きちんと把握できていますか?:
PR:DX時代の企業を支える仕組み「VMO(ベンダーマネジメントオフィス)」とは
企業にとって、多様なソフトウェアやクラウドサービスを迅速に調達して組み合わせる重要性が増大している。だが、その内容やコストをきちんと把握しなければ、多大な損失につながりかねない。企業が安全にITを使いこなし、成長し続けるための方法とは。(2019/11/18)

富士通SSL、DX支援を強化 DXデザインや顧客獲得支援も――ソリューション群「PoweredSolution」を刷新
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、自社ソリューション群「PoweredSolution」を刷新し、5カテゴリーで製品・サービスを提供する。デジタルトランスフォーメーション(DX)デザインの共創や、顧客エンゲージメントの獲得支援、データ活用支援など、DX推進支援策を強化した。(2019/10/3)

Gartner Insights Pickup(123):
ITコスト最適化で最初に取り組むべき3つの施策
中堅企業のIT責任者は、自社におけるビジネストランスフォーメーションの原資の確保につながるよう、ITコストの最適化を積極的に進めなければならない。ITインフラの規模を縮小することなく、即座に取り組める3つの施策を紹介する。(2019/9/6)

サービスのカスタマイズとして機能を追加
クラウドの「コミュニケーションAPI」導入前に確認すべきネットワーク要件
要件に合わせてサービスをカスタマイズする手段としてAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)が台頭しつつある。コミュニケーション用APIを利用する際のトラフィックを事前に調べておくことは重要だ。(2019/5/28)

デジタル時代の「価値を生み出す」データ管理(1):
デジタルトランスフォーメーションで変わる、データ管理の在り方
半ばバズワードのようになっている「デジタルトランスフォーメーション」という言葉だが、このトレンドが、ビジネスの在り方、それを支えるシステムとデータ管理の在り方に変革を求めていることは間違いない。では具体的にどのような変革が必要なのか? 本連載ではデジタルトランスフォーメーション時代に即したデータ管理法を具体的に掘り下げていく。(2017/1/27)

優れたSDS製品とは
物理構成に縛られない自由なストレージ運用をかなえる、SDS製品への期待
ソフトウェア定義のデータセンターは、IT部門が避けて通れない未来だ。ソフトウェア定義のストレージ(SDS)の革新はまだ初期段階にあるが、あらゆる企業にとってSDS製品が重要な戦略になる可能性は高い。(2016/12/26)

BaaS普及を妨げる、バックアップベンダー「3つの誤解」
「クラウドバックアップ」はSIerから買いたくない――調査で見えたIT幹部の本音
バックアップベンダーのパートナーに関する誤解が、Backup as a Service(BaaS)の普及を妨げるハードルとなる可能性がある。(2015/8/11)

モバイルアプリ開発の新潮流「mBaaS」入門【第1回】
モバイルアプリ開発を加速する「mBaaS」のメリット/デメリット
「mBaaS」という単語を聞いたことはあるだろうか? スマートフォンアプリのバックエンド側の仕組みをクラウド上で提供するサービスだ。この記事ではmBaaSを使う際に考えるべきポイントや主な機能を紹介する。(2014/5/13)

Server & Storageイベントレポート:
OpenStackはハイブリッドクラウドの標準になるか
OpenStack Days Tokyo 2014が開催された。会場で聞こえてきたのは、いま、まさにクラウドネイティブなアーキテクチャ、標準アーキテクチャが必要である、という意見だ。(2014/2/14)

企業に向けた展開も本格化:
CloudStackはどう進化し、変身していくのか
10月初めに、シトリックスシステムズジャパンがネットワークおよびクラウドに関する国内事業戦略とともに発表したCloudStackベースのクラウド構築・運用基盤製品の最新版は、水平方向、垂直方向での機能強化が進んでいる。CloudPlatformでは企業での利用に便利な機能が強化され、CloudPortalではマルチクラウド対応と各種サービスの統合提供プラットフォームへの進化が始まった。(2013/10/16)

クラウド管理をシンプルに:
シトリックスが提供する「Anything-as-a-Service」(XaaS)
クラウド上のユーザもリソースも「セルフサービス」で管理。米シトリックスがクラウド環境のさまざまな要素を統合管理する製品の最新版を発表。機能拡張のためのSDKやAPIも新しくなっている。(2013/3/28)

2012 年頭所感:
日本の復興、難局の打開にITの力を――主要各社の新年への想い
未曾有の国難に直面した2011年の日本。そしてグローバル化の勢いも加速し、金融不安や歴史的な円高など日本企業を取り巻く経営環境も予断を許さない状況が続く。2012年のスタートに臨む主要IT各社のメッセージをお伝えする。(2012/1/5)

どれを選ぶ? パブリッククラウド比較【第1回】
今さら聞けない! 各種クラウドサービスの違い
国内外ともに充実してきたクラウドサービス。その種類は幅広く多様だ。連載「どれを選ぶ? パブリッククラウド比較」第1回では、SaaS、PaaS、IaaS、HaaSといった各種サービスの違い、特徴をあらためて整理しよう。(2011/9/14)

クラウド・ビフォーアフター:
クラウドコンピューティングが注目される3つの理由――「コスト」「柔軟性」「敏捷性」
「クラウドっていうのはIT業界の宣伝文句じゃないのかい?」いえいえ、注目されるにはそれなりの理由があるのです。(2010/6/1)

デルが目指す“クラウド”の形――シンプルかつ高性能に
デルは、クラウド時代の製品戦略「E3」を発表。IT業界全体で2000億ドルのIT投資の節約を目指すという。(2010/4/1)

NEWS
日立情報、ビジネスクラウドサービス「BusinessStage」を本格展開
日立情報システムズは、企業形態に合わせてITリソースを配分・最適化するビジネスクラウドサービス「BusinessStage」を本格展開する。(2010/1/26)

クラウド時代のデータベース新潮流:
クラウド時代のデータベースを考える
クラウドコンピューティングがバズワードの域を超え、IT業界の新しい潮流として認知されはじめている。このキーワードを企業はどうとらえればいいのか。技術の観点から考えてみる。(2009/10/27)

アナリストの視点:
クラウド普及のカギ
クラウド市場の成長をけん引しているのはSaaSだ。だが今後は、PaaSやIaaSの分野で大きな成長が見込まれる。本稿ではクラウド市場の普及の鍵を握るSaaS、PaaS、IaaSについて、現状の課題を考察する。(2009/10/8)

Oracle Database Summit レポート:
ユーザー企業が感じ取るクラウドの威力
日本オラクルが8月25日に開催したOracle Database Summitでは、ユーザー企業によるパネルディスカッションが開催され、クラウドを使った情報システム構築について議論が行われた。(2009/8/26)

システム構築の新標準:
パブリック、プライベート、オンプレミスが混在する世界
IT業界ではクラウドコンピューティングが大流行だ。将来的にはパブリック、プライベート、オンプレミスが混在する世界を1つのツールで統合管理するようになるだろう。(2009/8/6)

システム構築の新標準:
プライベートクラウド構築を盤石に――先進事例が示す道
プライベートクラウドの具体的な事例は少ないが、そこから学べることはたくさんある。IBMやNECなどが手掛けるプライベートクラウド構築から、活用のポイントやシステム構築の将来像を探っていく。(2009/8/5)

Weekly Memo:
SIerが進むべきクラウドビジネスの方向性
このところ相次いでさまざまなクラウドサービスが登場しているが、これまで顧客のシステムを構築してきたSIerはクラウドビジネスにどう取り組めばよいのか。(2009/8/3)

システム構築の新標準:
プライベートクラウド構築を現実解にする
プライベートクラウドには、運用のガバナンスの整備や業務プロセスの標準化など、乗り越えておくべき課題が多い。大手ベンダーが提供するサービスを正しく理解することで、プライベートクラウド構築は実現に近づく。(2009/7/31)

システム構築の新標準:
プライベートクラウド構築に向けて――踏むべき手順と外せない要点
プライベートクラウドを実際に構築する場合、ITリソースの統合や運用プロセスの標準化、業務プロセスの共有化など、乗り越えるべき課題は多い。本稿ではプライベートクラウドを整備する際に踏むべきステップと外せないポイントを紹介する。(2009/7/28)

システム構築の新標準:
プライベートクラウドの誕生と変遷
クラウドの台頭に伴い、システム構築の新たな手法として「プライベートクラウド」の可能性が浮上してきた。企業とクラウドのかかわり方はどう変化しているのかを解説する。(2009/7/23)

IDC Japan調べ:
クラウド市場、年平均25.2%の急成長 企業の現状認識は「不要不急」
クラウドの市場規模は年平均25.2%の成長率を見せ、2013年には1521億円の規模になる。一方で企業のクラウドに対する認識は「急を要しないプロジェクト」のようだ。(2009/7/22)

IDC Japan調べ:
クラウドコンピューティングの市場規模、5年後に約3倍の1436億円に
情報システムを構成するハードウェアやソフトウェアの機能をネットワーク経由で提供する「クラウド型サービス」について、国内での市場規模が拡大傾向にあることがIDC Japanの調査で分かった。(2009/3/25)

アナリストの視点:
クラウドコンピューティングはSIerを「Service Integrator」にする
クラウドコンピューティングやXaaSの台頭に伴い、ISVやシステムインテグレーターは、パッケージ製品や自社開発のシステムとクラウドをどう切り分けて運用するかを総合的に俯瞰する視点が必要になるだろう。(2009/1/20)

【新春特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2009年大予測:
「アンチIT」のすすめ――ITがいらない企業経営
企業にはびこるIT幻想論。ITを導入すれば業務効率が向上し新たなビジネスチャンスが生まれる。それほど事は簡単にいかない。そこで2009年は「アンチIT」を勧めたい。3つのポイントを紹介する。(2009/1/9)

オルタナブログ通信:
クラウド普及は不景気に加速する、しかしもうからない
ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」では、175組を超えるオルタナティブ・ブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信している。その中から今週は、サイゼリヤ、ネットの闇、Twitter、クラウド、iPhone、金融危機、不況とITなどを紹介しよう。(2008/11/7)

アナリストの視点:
クラウドの先に見えるのはアウトソーシングされたSOA
クラウドコンピューティングからSaaSの将来を読み解く本連載。最終回となる今回は、クラウドコンピューティングを活用したSaaSの先にある「アウトソーシングされたSOA」という考えに言及する。(2008/11/5)

アナリストの視点:
SaaSに対するユーザーの本音
クラウドコンピューティングからSaaSの将来を読み解く本連載。2回目は、SaaSに対するユーザーの本音や、SaaSの不安をクラウドコンピューティングが解消する可能性を明らかにする。(2008/10/30)

アナリストの視点:
クラウドとSaaSの位置関係を解き明かす
今年に入りSaaSという概念がこれまで以上に注目を集めている。本連載ではクラウドコンピューティングという概念から、SaaSのメリットや本質を読み解き、その将来像を描き出してみる。(2008/10/27)

オルタナブログ通信:
世界がブログで1つになる日――Blog Action Day 2008
ITmediaのビジネス・ブログメディア「オルタナティブ・ブログ」では、170組を超えるオルタナティブ・ブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々発信している。その中から今週は、Blog Action Day、クラウド、ネットリテラシー、デジタル利権、iPhoneなどを紹介しよう。(2008/10/24)

連載:SaaSで一歩抜け出す中小企業:
SaaSは2012年には進化形「XaaS」へ
SaaSはプラットフォーム、ストレージ、CPU処理能力など、バラエティに富んだ機能がインターネット経由のサービスとして展開されるXaaSに進化する。(2008/5/21)

連載:SaaSで一歩抜け出す中小企業:
それなりに多いSaaS普及への課題
SaaSの普及にはさまざまな問題があるが、ベンダーはそれぞれ工夫をこらした動きをし始めている。(2008/4/25)

連載:SaaSで一歩抜け出す中小企業:
SMB市場向けSaaSに死角はあるか
SaaSの台頭は市場にどんな与える影響を与えるのか。パッケージベンダーのビジネスモデルにどんな変化が起きるのか。参入が相次ぐSMB市場向けSaaSに着目する。(2008/4/10)

連載:SaaSで一歩抜け出す中小企業:
ASPとSaaSの違いをはっきりさせる
SAP、Oracle、Microsoftなど大手ソフトウェアベンダーがSaaSに力を入れ始めた。中堅中小企業専門のIT調査会社ノークリサーチに、調査結果をもとにした中小企業のSaaS利用を展望してもらう。(2008/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。