ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「チャット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チャット」に関する情報が集まったページです。

Stability AI、「Stable Diffusion 3」とチャットbot「Stable Assistant」発表
Stability AIは、画像生成AIの「Stable Diffusion 3」と「Stable Diffusion 3 Turbo」、AIチャットbot「Stable Assistant」を発表した。タイポグラフィとプロンプトの忠実度は「DALL・E 3」と同等もしくは上回るとしている。(2024/4/18)

AI:
レオパレス21が社内用生成AIを改良 業務マニュアルの内容も回答可能に
レオパレス21は、社内用の生成AIチャットシステム「LeoAI Chat」をバージョンアップした。社内規約や業務マニュアル、過去事例、FAQなどを学習させ、業務に必要な回答をダイレクトに得られるように改良した。(2024/4/16)

その悩み、生成AIが解決【番外編】:
「Claude 3」は本当に「ChatGPT」より優れているのか? 使い込んで分かった強みと弱み
いま話題を集めているチャット型生成AIサービスの「Claude 3」。ChatGPTを超える精度を持つともいわれるが、果たしてどの程度の実力なのだろうか。さまざまな用途で実際に使い比べてみた結果、その強みと弱みが見えてきた。(2024/4/15)

Tech TIPS:
Microsoft Copilotで文章校正、長文も可能な「ノートブック」の使い方
Microsoftの生成AIチャット機能「Microsoft Copilot(旧:Bing Chat)に「ノートブック」と呼ばれる新機能が追加された。Microsoft Copilotはプロンプトに入力できる文字数が2000文字に制限されているが、ノートブックでは1万8000文字と多い。しかし、少し使い方が異なる部分もある。そこで本Tech TIPSでは、Microsoft Copilotのノートブックを紹介する。(2024/4/12)

Rakuten Viber、最大100件の未読メッセージを要約する「AIチャットサマリー」提供
メッセージングアプリ「Rakuten Viber」が、新機能「AIチャットサマリー」を提供開始。グループチャット内の未読メッセージから要点を抽出し、最小7件から最大100件に対応する。(2024/4/11)

25卒の3人に1人が就活でチャットAI活用 普段利用も含めると6割に マイナビ調査
マイナビが2025年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象に実施した調査で、学生の3人に1人が就職活動においてChatGPT等の対話型生成AIを利用したことがあることが分かった。(2024/4/8)

「おしゃべり源氏物語」、大阪工業大が開発 声とチャットで質問に回答 和歌も読み上げ
大阪工業大学は4月5日、複数のAI関連技術を活用した「おしゃべり源氏物語 −生成AIで学ぶ『源氏物語』−」を開発したと発表した。6種類のAI関連技術を活用している他、精度の高い回答を生成するため独自に構築したデータベースも活用している。(2024/4/5)

施工管理:
公共工事の効率化と高度化を土木分野でも検証へ、アンドパッドと町田市
アンドパッドと東京都町田市による、営繕業務の効率化と高度化を図る共同実証で、2024年度から対象範囲を土木工事にも拡大する。工事書類をオンライン上で提出、共有するとともに、チャットによる迅速な情報共有、工事情報の一元化による工程管理の最適化を目指す。(2024/4/5)

人工知能ニュース:
AIで機器保守サポート業務のDX強化、独自LLMも活用へ リコー
リコーは、AIを活用し、機器の保守サポート業務におけるプロセスDXを強化する。情報検索型AI botや独自LLMを用いた質問応答型AIチャットbotにより、業務効率化や機器のダウンタイム低減を図る。(2024/4/4)

MIXIの会話ロボット「Romi」と話せるAIチャットアプリ公開
MIXIは、会話AIロボット「Romi」と同様にAIとテキストチャットが行える無料Webサービスを公開。アカウント登録後に会話をするとRomi購入後に会話内容が引き継がれる。Romi本体が当たるSNS投稿キャンペーンも開催する。(2024/4/3)

Anthropic、LLMのガードを突破する“脱獄”方法を論文で紹介 競合とも詳細を共有
AIチャット「Claude 3」を手掛けるAnthropicは、「爆弾の作り方」などの不法な方法をAIに説明させてしまえるテクニック「Many-shot jailbreaking」についての論文を公開した。競合するAI企業の多くとも、この脱獄の詳細を共有している。(2024/4/3)

ChatGPTがログインなしで利用可能に
OpenAIは、同社提供AIチャットサービス「ChatGPT」をアカウントなしでも利用できるよう変更を行った。(2024/4/2)

OpenAI、日本を含む一部地域でChatGPT利用をサインアップ不要に
OpenAIは、チャットAI「ChatGPT」を日本を含む185カ国でサインアプしなくても使えるようにした。過去の対話履歴にアクセスできないなどの制限があるが、GPT-3.5を試せる。(2024/4/2)

Social Media Today:
ChatGPT対抗のAIチャットbot「Grok」の提供範囲が拡大 Xとマスク氏の狙いは?
ChatGPT対抗のAIチャットbotとしてX傘下のxAIが開発する「Grok」が、より広範なユーザーに提供されるようになる。Xとオーナーのイーロン・マスク氏は何を考えているのか。(2024/4/1)

「じゃらんnet」はいかにしてプロンプトインジェクションを防いでる? Azure OpenAI Serviceの安全な活用法
旅行予約サイト「じゃらんnet」ではAzure OpenAI Serviceを基盤とするチャットAIサービスを試験提供している。同サービスではプロンプトインジェクションをどうやって防いでいるのか。(2024/4/1)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
NVIDIAのAIチャットbot「ChatRTX」に複数の脆弱性/ARM版に最適化されたGoogle Chromeが登場
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、3月24日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/3/31)

1000人に聞いた:
テレワーク時のマナー 「チャットに反応する」「マイクをオフにする」を超えた1位は?
コロナ禍を経て広まったテレワーク。働き方の変化に伴い、ビジネスマナーも変化している。新しい働き方であるテレワークにおいては、どのようなマナーが一般的になっているのか。システム開発のLASSIC(鳥取市)が運営する「テレワーク・リモートワーク総合研究所」が調査した。(2024/3/30)

AI・機械学習の用語辞典:
生成AIの用語10選 〜 一般ユーザーが知っておくべき基礎知識
生成AI時代を生きる社会人に必須の基礎知識を身に付けよう。生成AIに関する用語として「生成系AI」「大規模言語モデル(LLM)」「プロンプトエンジニアリング」「ハルシネーション」「埋め込み表現」「ベクトル検索」「ベクトルデータベース」「RAG(検索拡張生成)」「事前学習」「ファインチューニング」の10語を紹介する。代表的なチャットAIやLLM、画像生成AIについても触れる。(2024/3/29)

Amazon、「Claude 3」のAnthropicに27億5000万ドルの追加投資
Amazonは、AIチャット「Claude 3」を手掛ける米Anthropicに追加投資すると発表した。投資額は27億5000万ドル(約4162億3200万円)。(2024/3/28)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年3月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。(2024/3/26)

米AMD、RyzenやRadeonで生成AIをローカル実行するハウツーガイドを公開
GPTベースのLLM(大規模言語モデル)を使ったAIチャットbotの実行、LLMをローカルでカスタマイズできる検索拡張生成(RAG)の導入、プログラミングにおけるコーディングアシスタントの実行という3つの手順を紹介している。(2024/3/21)

Innovative Tech:
他人がGPT-4とやりとりしたテキストを盗む攻撃 成功率50%以上 イスラエルの研究者らが発表
イスラエルのネゲヴ・ベン・グリオン大学に所属する研究者らは、大規模言語モデル(LLM)を活用したAIチャットbotが生成するテキスト回答を復元するサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/3/21)

鍵はQRコードではなくAQRコード
GPT-4で「視覚障害者の自炊」をサポート ユニリーバはどう実現した?
Unileverが開発した視覚障害者向けの調理支援アプリには、OpenAIのAIチャットbot「ChatGPT」が使われている。食品ブランドの一部で運用が開始したそのサービスは、どのような仕組みなのか。(2024/3/21)

NEWS Weekly Top10:
「AIに仕事が奪われるかも」時代をどう生き抜く 記者歴20年の45歳が考える
筆者はフリーライターで、リリース起こしの仕事が重要な収入源だ。高性能と話題のチャットAI「Claude 3」を試してみたが、確かにリリース起こしの能力はGPT-4より高く、「AIが人間の記者にまた迫ってきたな」と脅威に感じた。(2024/3/18)

噂のAI「Claude 3」はどう読むの? 「Opus」「Sonnet」の読みと由来は? 本人に聞いてみた
話題のチャットAI「Claude 3」。モデルは「Opus」「Sonnet」「Haiku」の3種類あるが、筆者はHaiku以外、読み方も意味も分からない。なので本人に聞いてみた。(2024/3/14)

Anthropic、「Claude 3」の最小で手頃価格の「Haiku」リリース AWSなどで利用可能に
Anthropicは、AIチャット「Claude 3」の“最速かつ最も手頃な”モデルである「Haiku」をリリースした。リリース済みの「Opus」「Sonnet」に加えて、有料版claude.aiとClaude API、Amazon Bedrockで利用可能だ。(2024/3/14)

OpenAIへの報復だけではない?
イーロン・マスク氏が生成AI「Grok」をオープン化する“語られない狙い”
イーロン・マスク氏が、生成AI技術を活用したチャットbot「Grok」をオープンソースで提供する方針を明らかにした。背景にはOpenAIへの恨みがあるようだが、もう一つの狙いを指摘する向きもある。(2024/3/14)

世田谷区がAI botを内製 非エンジニア職員がローコードで開発 ChatGPT活用「ヒデキ」
世田谷区が、職員用のチャットツールを使ってChatGPTと対話できるbot「HIDEKI」(ヒデキ)を内製で開発し、1月から全職員に提供している。(2024/3/13)

実践企業が語る、Copilot for Securityの役に立つところ、立たないところ
生成AIチャットbot「Microsoft Copilot for Security」はセキュリティ業務にどう生かせるのだろうか。早期プログラムを実践した企業が実際に役に立ったポイント、立たなかったポイントを語った。(2024/3/13)

AI・機械学習の用語辞典:
RAG(Retrieval-Augmented Generation:検索拡張生成)とは?
用語「RAG」について説明。ChatGPTなどのチャットAIに独自の情報源を付与する仕組みのことで、具体的には言語モデルによるテキスト生成に特定の情報源(ナレッジベース)の検索を組み合わせること。これには、生成内容の正確さを向上させるメリットがある。(2024/3/13)

ELYZAが新たな日本語LLMを開発 「GPT-3.5 Turboにも匹敵」 チャット形式のデモサイトも公開
東大発のAIスタートアップ企業であるELYZAは、700億パラメータの大規模言語モデル(LLM)「ELYZA-japanese-Llama-2-70b」を開発したと発表した。日本企業のLLMの性能を大きく上回り、グローバルモデルの性能にも匹敵するという。(2024/3/12)

話題のチャットAI「Claude 3」のプロンプト集、公式が公開中 「Excelの数式作って」など64種
話題のチャットAI「Claude 3」について、提供元の米Anthropicは3月11日までに公式プロンプト集を公開している。「プロンプトライブラリ」と題したWebサイトで、全部で64種類の使用例を公開中。(2024/3/11)

KDDI、サポート対応に生成AIを導入 LINEアカウント「auサポート」で
ユーザーが入力した文章を生成AIで要約し、チャットbotが意図を正しく認識できるように整理する仕組み。(2024/3/7)

AI・機械学習の用語辞典:
生成AIのグラウンディング(Grounding)とは?
用語「グラウンディング」について説明。特定の知識や情報源(ナレッジベースなど)に基づいて言語モデルの生成内容を裏付けるプロセスのことで、チャットAIに独自の情報源を付与するRAG(検索拡張生成)という仕組みがその代表例。チャットAIがもっともらしいウソを答える問題(=ハルシネーション)を減らせるといったメリットがある。(2024/3/6)

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
おはよう/おつかれの挨拶だけで出退勤登録 チャットボットで建設業の業務を効率化するL is B
L is Bは、「ライフ イズ ビューティフル」の頭文字を元とするソリューション開発会社。最近注力しているのは、生成AIを活用したビジネスチャット「direct」だ。開発当初は、さまざまな業種の現場で、円滑なコミュニケーション実現を目的としていたが、利用企業4000社超の半数近くを建設業が占めるという。(2024/3/5)

Anthropic、AIチャット「Claude 3」を3サイズで 日本語力も向上
Anthropicは、AIチャット「Claude 3」を発表した。「Opus」、「Sonnet」、「Haiku」の3サイズ(Opusが最大)で、Haiku以外は同日提供を開始した。無料版ではSonnetを利用でき、Claude Proにアップグレードすれば最大のOpusを利用できる。(2024/3/5)

求職者が知りたい採用情報を知りたいタイミングで発信:
LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。(2024/2/29)

AI・機械学習の用語辞典:
ベクトルデータベース(Vector Database)/ベクトルストア(Vector Store)とは?
ベクトルデータベースとは、テキストなどのデータを数値ベクトル(埋め込み)として保存するデータベースを指す。「ベクトルストア」とも呼ばれる。ベクトル検索により、意味的に類似する情報を探せるのが特徴で、チャットAIのRAG構築に役立つ。本稿ではベクトル検索の機能を持つ代表的な製品の概要もそれぞれ簡単に紹介する。(2024/2/29)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。(2024/2/28)

ERPにAIチャットbotを統合する意味ってある? そのメリットを解説
ERPにAIチャットbotを統合する企業が増えている。本稿ではERPをチャットbot経由で活用するメリットと効果的なチャットbot選定のコツについて解説する。(2024/2/28)

Microsoftと提携発表のMistral AI、LLM「Large」とAIチャット「Chat」の提供開始
仏新興AI企業Mistral AIは、LLMの「Mistral Large」とAIチャットbot「Mistral Chat」(β版)の提供を開始した。Mistral AIのプラットフォームの他、同日提携を発表したMicrosoftのAzureでも利用可能だ。(2024/2/27)

タブツリーのスティッキースクロールに対応、Markdownファイル編集機能を強化:
Microsoft、「Visual Studio Code」の「January 2024」を公開 音声コマンド「HeyCode」でCopilot Chatと対話が可能に
Microsoftはクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「January 2024」(バージョン1.86)を公開した。音声コマンドによるチャットやウィンドウ別のズーム変更ができるようになった。(2024/2/22)

ビジネスチャット「Chatwork」一時不安定に 現在は「復旧」
国産ビジネスチャット「Chatwork」を運営するChatwork社は19日、Chatworkへのアクセスが一時不安定になったと明らかにした。既に復旧している。(2024/2/19)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
NVIDIAがPC上のデータを使うAIチャットbotツール「Chat with RTX」公開/AMD製CPUに複数の脆弱性
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、2月11日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/2/18)

「Bard」は名称変更
Google最新鋭の生成AI「Gemini」は何が違うのか Microsoftと異なる発想
GoogleがAIチャットbot「Google Bard」を「Gemini」に改称。最高性能の基盤モデルを採用する「Gemini Advanced」も発表した。MicrosoftとOpenAIに対抗する動きだと、アナリストは指摘している。(2024/2/10)

Google、“現行最強”の生成AI発表 月2900円で利用可 チャットAIサービスはBard→Geminiに刷新
米Googleは2月8日(現地時間)、「現行最強」をうたう生成AI「Gemini Advanced」を発表した。すでにサービスを提供開始しており、月額2900円で利用可能。2カ月間の無料試用期間も用意する。(2024/2/9)

15言語でのやりとりが可能:
生成AIによる自動翻訳を組み込んだCS用チャットサービス トランスコスモスが「Translingo SMART」を提供開始
トランスコスモスは、生成AIを活用した自動翻訳ツール「Translingo SMART」を開発し、複数言語に対応するチャットサービスの提供を開始した。(2024/2/8)

Roblox、リアルタイムAIチャット翻訳機能を追加 日本語を含む16カ国語サポート
Robloxは、ゲーム内チャットにリアルタイムAIチャット翻訳機能を追加したと発表した。日本語を含む16カ国語をサポートする。将来的には音声チャットでもリアルタイム翻訳を実現させたいとしている。(2024/2/6)

GoogleのAI「Bard」、日本語で「Gemini Pro」と「G」ボタン対応 英語なら描画も可能に
Googleは生成AIチャット「Bard」の2024年最初のアップデートを発表した。「PaLM 2」ベースから「Gemini Pro」ベースになり、日本語でも回答の再確認が可能になり、英語で画像を生成可能になった。(2024/2/2)

プロンプトエンジニアリングツール7選【中編】
「PromptAppGPT」「PromptSource」で生成AIのプロンプトはどう変わるのか
LLM(大規模言語モデル)をベースにしたチャットbotからより良い回答を得るには、より良いプロンプトが必要だ。そのために活用できる「プロンプトエンジニアリングツール」のうち2つを取り上げる。(2024/2/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。