ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「古典」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「古典」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「志村の笑いは本物」……俳優・寺田農さんが産経新聞読書面に残した28本のコラムを読む
俳優、声優として数多くの映画やドラマなどで活躍し、3月14日に81歳で死去した寺田農さん。昨年まで本紙読書面の書評コラム「本ナビ+1」で健筆もふるい、選書や原稿には常に“本物”へのこだわりが感じられた。紙面と寺田さんの言葉を振り返る――。(2024/4/15)

「カップヌードル」にベーグル味!? 米国で「Cup Noodles Everything Bagel with Cream Cheese」発売
(2024/4/8)

「おしゃべり源氏物語」、大阪工業大が開発 声とチャットで質問に回答 和歌も読み上げ
大阪工業大学は4月5日、複数のAI関連技術を活用した「おしゃべり源氏物語 −生成AIで学ぶ『源氏物語』−」を開発したと発表した。6種類のAI関連技術を活用している他、精度の高い回答を生成するため独自に構築したデータベースも活用している。(2024/4/5)

テレ朝・三谷紬アナ、実弟の結婚式へ出席を報告 姉弟ショットも公開 「昔も今もお姉ちゃんが大好きな我が弟(笑)」
「弟よおめでとう。弟の奥さん、愉快な三谷家へようこそ」(2024/4/3)

令和から昭和にタイムトラベル!? 大阪・万博公園で撮影した昭和のお姉さんコスプレが「懐かしい」「違和感ない」と好評
2025年の万博会場に紛れ込んでほしい。(2024/3/28)

ロームが実証完了:
「世界初」半導体製造工程に量子技術を導入、生産効率を改善
ロームはQuanmaticと協働で、半導体製造工程の一部であるEDS工程に量子技術を試験導入し、製造工程における組み合わせ最適化を目指す実証を終えた。生産効率改善において一定の成果が得られたといい、2024年4月に本格導入を目指す。(2024/3/25)

ソフトウェアにはどのドメインにも適用できる力がある:
宇宙ビジネスをソフトウェア開発で支える「ドメイン駆動でキャリアをつむぐ男」
本が好き。音楽が好き。でも、ドメインにコミットして複雑な仕組みを整理してソフトウェアに落とし込むことはもっと好き。(2024/4/2)

今こそ知りたい電池のあれこれ(23):
過去と未来の順序は曖昧で重なり合う? 量子電池の最新研究
息子の高校受験当日もお参りして合格を祈る母。「お祈りに意味があるのは試験が始まる前まで。答案用紙が回収された後に祈っても意味がない」と斜に構える息子。しかし、過去と未来の順序が曖昧になり、過去と未来が重なり合って干渉する……ということも起こるのです。(2024/3/21)

【獣医師監修】シャム猫ってどんな猫? 飼い主なら知っておきたい性格や体重、迎え方から寿命の特徴まで徹底解説!
シャム猫の性格・体重・寿命の特徴・迎え方について獣医師が解説します。(2024/3/19)

ビジネスモデルが分かる:
LINEも六本木ヒルズも“出会いの場”です。媒介型プラットフォームの特徴
媒介型プラットフォームとは、2種類以上の異なるユーザーを結びつける場となる製品やサービスを提供するビジネスモデルです。(2024/3/17)

IBMは「2種類のQPU」を発表
「量子コンピュータ」の開発はどこまで進み、これから何が起きるのか?
量子コンピュータの本格的な実用化にはまだ至っていないが、世界中の企業が量子コンピューティングへの投資を進めている。現時点で量子コンピュータの開発はどこまで進んでいて、企業はこれから量子コンピュータに何を期待できるのか。(2024/3/13)

生成AIのセキュリティと責任あるAIのリスクを探る:
生成AIリスク探索のオープンフレー厶ワーク「PyRIT」、Microsoftがリリース
Microsoftは生成AIのリスクを探索する自動化フレームワークPyRIT(生成AIのためのPythonリスク識別ツールキット)の導入を発表した。生成AIパラダイムにおけるレッドチーム特有の課題に対処する。(2024/3/12)

Go AbekawaのGo Global!〜テッテさんFromミャンマー(前):
私はまだ18歳で、それまでの人生の全てはミャンマーに置いてきた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はMicoworksでマネジャー兼ブリッジエンジニアとして活躍するHtet Htet Lwin Thein(テッテ・ルウィン・ティン)さんにお話を伺う。内向的でもないけど外交的でもない、勉強はしていたけどあくまで適度に。そんな控えめな表現をするテッテさんが、ITの世界でプロフェッショナルを目指すようになったきっかけとは。(2024/3/11)

Apple、ウィリアム・ギブスンの名作SF「ニューロマンサー」をTV+でドラマ化
Appleは、ウィリアム・ギブスンが1984年に発表したサイバーパンクSF「ニューロマンサー」を「TV+」向けに実写化すると発表した。全10話シリーズになる見込み。(2024/2/29)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スポーツカーはいつまで作り続けられるのか マツダ・ロードスターに見る作り手の矜持
スポーツカーが生き残るのが難しい時代になった。クルマの楽しみ方の多様化や、規制の厳格化が背景にある。一方、マツダ・ロードスターの大幅改良では、規制対応だけでなく、ファンを納得させる改善を実施。多様化が進む中でビジネスもますます複雑になるだろう。(2024/2/25)

ITmedia Security Week 2023 冬:
徳丸氏が探る“認証”の今――サイバー攻撃の認証突破テクニック、フィッシング、そして対抗策とは
2023年11月28日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「多要素認証から始めるID管理・統制」ゾーンで、イー・ガーディアングループCISO(最高情報セキュリティ責任者)兼 EGセキュアソリューションズ 取締役 CTO(最高技術責任者)の徳丸浩氏が「認証の常識が変わる――認証強化の落とし穴と今必要な施策」と題して講演した。「認証」をキーワードとし、これまでパスワードに頼り切りだった古典的な手法による認証システムが攻撃される中、新たな技術でどこまで人と情報を守れるのか。認証の現状と今必要な対策を語るセッションだ。本稿では、講演内容を要約する。(2024/2/21)

Marketing Dive:
コカ・コーラに学ぶイノベーション スパイスの利いたコーラや涙の味がするコーラを開発する理由とは?
北米市場で3年ぶりに新フレーバーを市場投入するCoca-Cola。TikTokのEコマースマーケットでは、さらに変わった製品を実験販売する。(2024/2/16)

「マーケティングは原点回帰している」 B2Bマーケの第一人者・庭山氏が語る、日本企業に欠かせない原理原則とは
(2024/2/15)

FPGAにニューラルネットワークを実装する(2):
最も古典的なニューラルネットワーク「ホップフィールドネットワーク」を学ぶ
FPGAにニューラルネットワークを実装するプロセスを学ぶ本連載。第2回では、ニューラルネットワークのモデルの一つである「ホップフィールドネットワーク」を用いて、PC上で文字認識を行えるようにする。(2024/2/8)

設計者のためのインダストリアルデザイン入門(9):
デザイン思考は製造業を変えたのか? 開発現場から見たデザイン思考の功罪[後編]
製品開発に従事する設計者を対象に、インダストリアルデザインの活用メリットと実践的な活用方法を学ぶ連載。今回から“デザイン思考は製造業を変えたのか?”をテーマに取り上げる。[後編]では昨今のデザイン思考に対する批判の論点やデザイン思考の功績について解説する。(2024/2/5)

コンビニおにぎり入れにピッタリ? “古典的PC用品”を再利用するまさかのアイデアに「実家の押し入れ探してくる!」
便利そうだけど、入手できるかな……。(2024/2/5)

AIは論文発表を変える? 民間企業が“学会で発表する意義” サイバーエージェントなどが議論
企業において、研究開発組織はどのような役割を果たすべきなのか。AIは、研究開発をどう変えていくのか。サイバーエージェントとCygames、パナソニックホールディングスの3社で研究組織を率いる3人が議論を交わした。(2024/2/5)

スペインの復活祭、公式ポスターのキリストが「性的」「女性的」と批判殺到 作者は「ばかげている」「芸術が政治利用」と一蹴
アーティストの27歳息子がモデル。(2024/1/31)

コード編集機能やリソース見積もり機能など従来型QDKを大幅改良:
Microsoft、「Azure Quantum Development Kit」のv1.0を公開 VS CodeでQ#プログラミングができる拡張機能も利用可能に
Microsoftは、量子アルゴリズムの開発、改良を支援する「Azure Quantum Development Kit」のv1.0を公開した。(2024/1/31)

草なぎ剛×白石和彌「碁盤斬り」公開が5月17日に決定 5人のイラストレーターによるティーザービジュアルが公開
白石和彌監督初の時代劇作品で、草なぎ剛さんが主演。期待しかない。(2024/1/29)

Itmedia Security Week 2023秋 イベントレポート:
川口 洋氏が提言、エンドポイントを守るために今すぐ“やめるべき”5つの習慣
なぜエンドポイントでインシデントが発生するのか。それは5つの穴を放置しているからに他ならない。川口設計の川口 洋氏が今すぐ見直したいエンドポイントの課題を明らかにした。(2024/1/18)

登場から40年:
MIPSが新CEOの下で戦略を刷新 RISC-Vに軸足を移す
MIPSアーキテクチャが市場に投入されてから、ことしでちょうど40年になる。その間、さまざまな浮き沈みを経験したMIPだが、2023年に就任した新CEOの下、新しい戦略を展開しようとしている。(2024/1/17)

エンタメ×ビジネスを科学する:
「ちいかわ」に見る、SNS発キャラクタービジネスの3つの勝因
X発の人気漫画『ちいかわ』。長らく愛されるコンテンツとなった要因には、いくつもの「負けパターン」を回避してきた戦略がある。(2024/1/17)

「水道局の“ほう”から来た」怪しい男を部屋に入れたばっかりに…… 詐欺被害どころか命も危うい実話に背筋が凍る
話の途中で、急に種類の違う恐怖が……!(2023/12/30)

組み込み開発 年間ランキング2023:
Matterでスマートホームは変わる? 光量子コンピュータおじさんに感じるSF的未来
2023年に公開したMONOist組み込み開発フォーラムの記事をランキング形式で振り返る。1位に輝いたのは、スマートホームの標準規格「Matter」の解説記事でした。(2023/12/25)

【マンガ】斬った人間の記憶が見える少年、“自分の師匠”を処刑して見た光景とは…… 『竜送りのイサギ』が和風ファンタジーな世界観の良作
「サンデーうぇぶり」で好評を博す和風ファンタジー。(2024/1/12)

完結の『ダンジョン飯』、最終巻が発売→アニメ連続2クール放送発表でダン飯ロスファンを喜ばせる
ライオス一行とは別行動のカブルー一行のキャスティングも明かされる。(2023/12/15)

セキュリティニュースアラート:
「生成AIは犯罪の役に立つのか?」 ダークWebの中でも意見分かれる
ソフォスによると、サイバー攻撃者はChatGPTをはじめとした生成AIを悪用して高度かつ大規模な詐欺を実行できる可能性があるという。同社は一方で多くのサイバー攻撃者がAIに懐疑的であることを示す調査も公開した。(2023/12/14)

アニメ「ダンジョン飯」が劇場先行上映、バンプのOP主題歌フル音源が本編中で初公開
12月8日から3週間限定で劇場先行上映。第3話までを堪能できます。(2023/12/7)

「だまされてもいい……」出会いはSNS 拡大するロマンス詐欺の被害者心理
SNSなどを通じ、暗号資産や外国為替証拠金取引(FX)への投資に勧誘されるトラブルが増えている。ただその入り口の多くが、ある古典的な手法から始まることが分かっている。そこに潜む悪意をどう見抜けばいいのか。(2023/11/16)

松尾豊が語る「和製AIが世界で勝つ」方法 カギを握る企業特化型LLM
松尾豊東大教授が、「日本企業の生成AI開発には勝機があるのか」を語った。(2023/11/13)

IoTセキュリティ:
“将棋の封じ手”暗号プロトコルが量子コンピュータに対応、一方向性関数で構成
NTTは、量子コンピュータに対する安全性と通信効率を両立する「コミットメント」を、暗号理論における最も基本的な構成要素である「一方向性関数」のみを用いて世界で初めて構成したと発表した。(2023/11/7)

元司書みさきの同人誌レビューノート:
和裁士が「ポンパドール夫人」のドレスを作って着てみた 18世紀のドレスを現代で再現する面白さ
材料の入手、作成、そして髪形や着用の仕方まで、豊富な写真付きで解説されています。(2023/11/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
一流のチームは一日にして成らず――『易経』が教えるブレないリーダーの心構え
経営者や研究者、医師、スポーツ選手……名だたるリーダーたちが愛読する中国の古典『易経(えききょう)』。どんなことが書いてあるのか。なぜ、人々は魅了されるのか。時代を超えて読み継がれてきた名著のエッセンスを、易経研究家・小椋浩一さんがお話しします。(2023/11/2)

サービスの成長に合わせて検討し直すことが重要:
Amazon Prime Videoの事例から考察する「モノリシックとマイクロサービスの最適解」
 TechTargetは、システム構成に関するアーキテクチャ「マイクロサービス」と「モノリシック」について記事を公開した。多くの企業はマイクロサービス化を検討するが、サービスの成長に合わせモノリシックに戻す企業もある。(2023/10/30)

福田昭のデバイス通信(428) 2022年度版実装技術ロードマップ(52):
コンピューティングと計測・センシングの限界を打破する量子技術(後編)
今回は「2.6.5.2 量子コンピュータ」と「2.6.5.3 量子計測・センシング」の概要を紹介する。(2023/10/27)

福田昭のデバイス通信(427) 2022年度版実装技術ロードマップ(51):
コンピューティングと計測・センシングの限界を打破する量子技術(前編)
今回は、第2章第6節第5項「2.6.5 量子技術」の内容を簡単に説明する。(2023/10/20)

AIに考えさせた「メモリを食う」「サーバーが落ちる」の絵がそのまんますぎて笑い呼ぶ
慣用句を文字通りに受け止めるとか、古典的な漫才のやつだよ。(2023/10/11)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、1200円以下で楽しめるレストラン3選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2023/10/10)

量子コンピュータ:
超伝導量子コンピュータ国産2号機が誕生、量子シミュレーターと連携可能
富士通と理化学研究所は2023年10月5日、埼玉県内で会見を開き、共同で設立した理研RQC-富士通連携センターで、国産2号機となる64量子ビット超伝導量子コンピュータを開発した。(2023/10/6)

四半期故障率とその推移、生涯故障率などを報告:
2023年上半期のSSD使用統計、最も故障しにくい4製品の名前は?
Backblazeは、2023年上半期の自社データセンターにおけるSSD使用統計レポートを発表した。(2023/10/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型センチュリーに見える形 これがSUVではない理由
筆者は新型センチュリーを見た時、なるほどこれはセンチュリーだと思った。まずもって、センチュリーに見えるという最初のハードルを越えられなければ何もスタートしない。新型センチュリーはそれを越えてきたのだ。(2023/10/2)

巧妙な標的型メールへの有効な対策とは:
PR:セキュリティ教育で重要なのは脅威への「嗅覚」を鍛えること ミサワホームは何が違うのか
メールを使った標的型攻撃に対応するには、セキュリティソリューションの導入だけでなく従業員の意識改革が欠かせない。とはいえ定期的にメールを使った訓練を続けるのは運用負荷が高い。どうすればよいのだろうか。(2023/9/28)

生成AIをどう思うかで観覧ルートが異なる「コトバにならないプロのワザ」展、仕掛け人の意図は? “隠しプロンプト”も
日本科学未来舘で13日から「コトバにならないプロのワザ〜生成AIに再現できる?」を開催している。この展示、来場者の生成AIへの接し方で観覧ルートを選ばせるというユニークな手法を採用していて、それが秀逸なのだ。(2023/9/25)

量子コンピュータ:
デンソーが疑似量子技術「DENSO Mk-D」を開発、500万変数規模の問題に世界初対応
デンソーが独自の疑似量子技術「DENSO Mk-D」を開発。古典コンピューティングとイジングモデルを用いて組み合わせ最適化問題を解く疑似量子技術では、これまで100万変数規模の問題に対応するのが限界だったが、「世界で初めて」(同社)500万変数規模の問題を解けることを確認したという。(2023/9/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。