ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「犯罪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「犯罪」に関する情報が集まったページです。

セキュリティニュースアラート:
セキュリティリーダーはサイバー犯罪に対して劣勢 Gigamonの最新調査で判明
Gigamonは「2024 Hybrid Cloud Security Survey」を公開し、世界のセキュリティリーダーがサイバー犯罪に対して劣勢に立たされている状況を示した。深いオブザーバビリティとゼロトラストの重要性が強調されている。(2024/6/21)

SNSでは情報が“だだ漏れ”【前編】
なぜそんな情報まで? SNSで企業だけではなく犯罪者も狙う“個人データ”
日常生活や趣味といった個人的な情報を気軽に投稿できるSNSでは、個人データの扱いに注意が必要だ。第三者による個人データの活用やプライバシーに関するリスクを紹介する。(2024/6/17)

ゲームアカウント売買サイトに不正アクセスし売上金だまし取る 容疑で17歳少年再逮捕
オンラインゲームのアカウント売買サイトに不正ログインして取引を行い、利益を得たとして、警視庁サイバー犯罪対策課は不正アクセス禁止法違反などの疑いで、浜松市の会社員の少年(17)を再逮捕した。「お金が欲しかった。この稼ぎ方で400万円くらいもうけた」などと容疑を認めている。(2024/6/4)

SMILE-UP.、被害者やその家族に対する誹謗中傷で注意喚起 「犯罪行為にもなりえる」
SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)は30日、故ジャニー喜多川氏による性加害を受けた被害者やその家族に対する誹謗中傷がSNS上などで続いているとして、改めて止めるように呼び掛けた。(2024/5/30)

米連邦政府、“世界最大のボットネット”「911 S5」を解体し、主犯を逮捕
米連邦政府は、1900万以上の固有IPアドレスにリンクする大規模ボットネット「911 S5」を解体し、管理者ら3人を逮捕したと発表した。管理者らはこのボットネットをサイバー犯罪者に販売し、約1億ドルを稼いだ。(2024/5/30)

大脱走劇で明るみに 仏刑務所で“テレワーク”の犯罪指示が横行か 首謀者は「蠅」の異名で知られる人物
フランスで今月、凶悪犯罪で服役中の受刑者が仲間の手引きで脱走した。事件を機に、全仏の刑務所で昨年、計5万台以上の携帯電話が押収されていたことが発覚。犯罪の指示に使われていた疑惑が浮き彫りになり、衝撃が広がっている。(2024/5/29)

「ランサムウェアを使って楽に稼ぎたかった」生成AIでウイルス作成容疑の男
生成AIを悪用してコンピュータウイルスを作成したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は不正指令電磁的記録作成の疑いで、川崎市幸区古市場の無職、林琉輝(りゅうき)被告(25)=別の詐欺罪で起訴=を再逮捕した。「ランサムウェアを使って楽に稼ぎたいと思っていた」「AIを使えばできると思った」などと容疑を認めている。(2024/5/28)

ライブ会場で痴漢行為、GEZANとBRAHMANが激高声明 “二度と現場にいこうと思えない状態まで”あらゆる社会的制裁で責任を負わせる
痴漢ダメゼッタイ。(2024/5/10)

NEC、「AIで迅速な犯罪解決」目指す米スタートアップに出資
NEC Xは、警察署間の情報共有システム「BLTN」を提供する米国のスタートアップMultitude Insightsに出資したと発表した。BLTNはAIを活用して関連する犯罪の検索と分析を実施する他、警察署間や他の法執行機関などとの情報共有を円滑化し、迅速な犯罪解決を可能にするという。NEC Xが運営するベンチャースタジオプログラム「Elev X! Boost」の一環として実施する。(2024/5/9)

猛威振るうフィッシング詐欺 SNS上で「ツール」ばら売りか 警察当局は資金洗浄対策強化
インターネットバンキングの不正送金やクレジットカードの不正使用被害が令和5年に過去最多を更新したことが、警察庁や業界団体のまとめで分かった。偽サイトに誘導しIDやパスワードを盗み取るフィッシング詐欺が主な要因とみられ、交流サイト(SNS)上で「詐欺ツール」が売買され、手軽に犯行が可能になっているとの指摘もある。犯人グループは得た犯罪収益を暗号資産に換えて追及を逃れているとみられ、警察当局は対策に乗り出している。(2024/5/7)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルで「身に覚えのないeSIM再発行」の危険性 緩すぎる2つのプロセスは改善すべき
楽天モバイルで、第三者がeSIMを再発行するというトラブルが起きた。悪意のある第三者がSIMカードやeSIMの情報を盗み取る犯罪は「SIMスワップ」や「SIMハイジャック」などと呼ばれることがあり、世界各国で問題視されている。同社はユーザーにIDのメールアドレスからの変更や、他のサービスとのパスワードの使い回しをやめるよう案内しているが、これで本当に十分な対応といえるのだろうか。(2024/4/27)

セキュリティニュースアラート:
未経験のフリーランス犯罪者向け 低価格で粗悪なランサムウェアが企業を襲う
Recorded Futureは、ダークWebフォーラムで粗悪で安価なランサムウェアが拡散していると報じた。これらのツールは、未経験の犯罪者がサイバー犯罪に関与できるようにする目的で販売されている。(2024/4/23)

医療技術ニュース:
3ステップ約3分で40種類の薬物を尿から検出する手法を開発
近畿大学らは、薬物犯罪捜査で重要度の高い40種類の薬物を、尿から迅速かつ簡便に分析する新手法「RaDPi-U」を開発した。煩雑な試料調整や専門性の高い装置の操作を必要とせず、3つの手順を経てわずか3分で結果が得られる。(2024/4/17)

セキュリティニュースアラート:
HOYAに1000万ドル要求か サイバー犯罪グループの関与を仏メディアが報道
2024年3月に発生した日本の光学機器・ガラスメーカーHOYAのセキュリティインシデントについて、仏メディアがサイバー犯罪グループ「Hunters International」の関与を指摘した。同グループはHOYAに1000万ドルを要求しているという。(2024/4/16)

SNS型投資詐欺、滋賀の71歳男性が1億円被害
SNS型投資詐欺で、滋賀県野洲市に住む男性(71)が現金計1億40万円をだまし取られたと11日、県警組織犯罪対策課と守山署が発表した。(2024/4/12)

Microsoftが警鐘を鳴らす「生成AI攻撃」【中編】
生成AIの“闇”が広がる――4カ国、5グループによる「生成AI悪用」の実態
国家支援型のサイバー犯罪集団が生成AIツールを利用した攻撃活動を繰り広げている。企業はどの国やサイバー犯罪集団からの、どのような攻撃を警戒すべきなのか。Microsoftの調査を基に説明する。(2024/4/9)

警察庁にサイバー特捜部発足 長官「国際捜査、リードを」
警察庁は4月1日、ネット犯罪に特化したサイバー特別捜査隊の体制を強化し、組織を昇格させる形でサイバー特別捜査部を発足させた。(2024/4/2)

高畑充希、共演俳優との仲良しショットに「犯罪やないかい!」 20歳差の2人に「おふたりともかわいらしい」の声
「光る君へ」で共演している2人。(2024/4/1)

セキュリティニュースアラート:
ビジネスメール詐欺は国境を越えた 調査から判明した日本企業の課題
日本プルーフポイントはFBIが発表したインターネット犯罪レポート「2023 Internet Crime Report」を解説した。投資詐欺が最大の脅威であり、ビジネスメール詐欺が2番目に大きい被害をもたらしていると報告している。(2024/3/29)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
パワハラや痴漢冤罪、「言ったもん勝ち」の世の中は生きづらい
時が経つのは早いもので、2024年4月で、筆者は社会人になって5年目になります。年次が上がってくると気を付けたいのが「ハラスメント」問題です。(2024/3/21)

セキュリティニュースアラート:
MacOSの安全神話は崩壊した サイバー犯罪の最新手法と動向調査
Red Canaryは約6万の脅威を分析し、サイバー犯罪の新たな手法やトレンドを包括的に分析した脅威レポートを公開した。レポートによると、MacOSを狙ったサイバー攻撃活動が多数観測され、MacOSの安全神話は崩壊したという。(2024/3/20)

迷惑系から犯罪系へ 動画配信、稼ぐ犯罪ツールに変貌 ガーシー元参議院議員に執行猶予付き有罪判決
「暴露系YouTuber」として100万人以上の登録者数を誇ったガーシー(本名・東谷義和)被告に3月14日、有罪判決が言い渡された。動画配信サイトで芸能人の情報を流し、売り上げた収入は1億円超という。(2024/3/14)

ハッカー集団の「終わらない攻撃」
Microsoftに続き、HPE従業員のメールが“丸見え” なぜ侵入できたのか?
2023年5月からロシア系サイバー犯罪集団「Cozy Bear」がHPEのメールシステムに侵入していたことが判明した。これはMicrosoftが受けた攻撃と類似している。その手口とは。(2024/3/13)

セクシー女優、「プライベートで痴漢をされる事態が」 所属事務所が公表「証拠がある」「痴漢は犯罪行為です」
「昨日、恋渕ももながプライベートで痴漢をされるという事態が発生しました」(2024/3/12)

人気女子プロレスラー、悪質行為に怒り「尻ばっか撮ってんじゃねぇ」 “露出度”指摘する声に「痴漢はスカートを履いている方が悪い?」
「自己表現としてコスチュームはデザインしています」とも。(2024/3/10)

セキュリティニュースアラート:
サイバー犯罪業界の最新トレンド 狙われているのはあの“OS”と“ツール”
Group-IBはサイバー脅威に関連した情報をまとめた「Hi-Tech Crime Trends 2023/2024」を発表した。レポートから、アンダーグラウンドマーケットにおける最新のトレンドが明らかになった。(2024/3/8)

金融犯罪に立ち向かう【後編】
金融犯罪にAIで先手 SymphonyAIが見据える「AI×金融」のこれから
SymphonyAIは、金融機関のさまざまな業務をAI技術で効率化し、金融犯罪を未然に防ぐことを目指している。同社製品ロードマップについて、金融サービス部門プレジデントに話を聞いた。(2024/3/3)

金融犯罪に立ち向かう【前編】
犯罪防止やマネロン対策に「AI分析」が使える理由 SymphonyAIに聞く
SymphonyAIで金融サービス部門のプレジデントを務めるマイク・フォスター氏は「金融機関がマネーロンダリングに対抗するには、リアルタイムの脅威探知が欠かせない」と話す。危機感の背景にある“現実”とは。(2024/2/23)

CFO Dive:
もはやAIの使用は「当たり前」 最先端技術で巧妙化する詐欺の手口とは?
生成AIツールの普及に伴い、偽のテキストや電子メール、ディープフェイクボイスの大規模な生成が可能になった今、最先端技術を使用したサイバー犯罪が横行している。(2024/2/21)

「セキュリティ研究者やペネトレーションテスターが罰せられる可能性もある」と警告:
Google、国連サイバー犯罪条約は「サイバーセキュリティの取り組みを脅かす」と主張
Googleは、国連加盟国が締結に向けて議論している「国連サイバー犯罪条約」について、サイバーセキュリティを脅かす可能性があると公式ブログで主張した。サイバーセキュリティ研究者やジャーナリストなどが罰せられる可能性があるとしている。(2024/2/20)

名刺管理「Sansan」不正アクセスし閲覧 容疑の不動産販売会社員の男逮捕 営業に利用目的か
法人向け名刺管理システム「Sansan」の運営会社社員になりすまし、利用者からIDとパスワードを入手してシステムに不正アクセスしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は不正アクセス禁止法違反の疑いで、不動産販売会社「GRANDCITY」社員、片岡和真容疑者(37)=東京都台東区小島=を逮捕した。容疑を否認している。(2024/2/9)

警察庁にサイバー専門の特捜部 国際協力強化へ、人員・肩書もアップ
警察庁にサイバー犯罪専門の特捜部が誕生する。正式名称は、サイバー特別捜査部。(2024/2/8)

坂口憲二、“ハリウッドレベル”で活躍する盟友と笑顔の再会 「知る人ぞ知るクリエイター俳優」「もっと話題になって」とベタ褒め
韓国映画「犯罪都市 NO WAY OUT」のメインキャストとして出演する青木さん。(2024/2/1)

サイバーセキュリティ:
「建設業がサイバー犯罪のターゲットになる脅威は増加」 日建連が情報セキュリティ強化呼びかけ
日本建設業連合会は政府の「サイバーセキュリティ月間」(2024年2月1日〜3月18日)に合わせ、会員企業に情報セキュリティ対策の強化を呼びかけた。新たに作業員/社員向けの情報セキュリティ啓発ポスターや、経営者向けの教育/研修用動画を公開し、協力会社への指導も含めた協力を要請した。(2024/2/1)

セキュリティニュースアラート:
2024年に流行る犯罪手法は何か? カスペルスキーがダークWebの市場動向から探る
カスペルスキーは2023年のダークWeb市場動向を分析し、2024年の予測を発表した。情報窃取型マルウェアやクリプトドレイナーサービスの需要増加が見込まれる。(2024/1/29)

外交官を狙った「Cozy Bear」の攻撃【後編】
「一般公開のメールアドレス」が危ない BMWでだます攻撃が広がる実態
サイバー犯罪集団Cozy Bearは、外交官を標的にした攻撃活動を実施している。Cozy Bearはどのようにして標的の狙いを定めているのか。要注意の国とは。(2024/1/22)

この頃、セキュリティ界隈で:
世界の筆頭リスクは「虚偽情報」、世界経済フォーラムが発表 AI台頭で危険増大か “AI×核兵器”にも警告
世界経済フォーラムがまとめた「グローバルリスクレポート2024」で、「虚偽情報」が初めて今後2年の10大リスクの筆頭に浮上した。背景にあるのはAIの台頭で、選挙介入からサイバー犯罪、軍事目的などでAIが利用される危険性を指摘している。(2024/1/19)

ライブハウスで痴漢行為、「打首」がスマホの画面を掲げて! 実際どうなるのか検証した結果「うん、やっぱり目立つ」
「まあ、このノウハウが役に立たないのがいちばん!」(2024/1/17)

ライブ中の痴漢対策、打首獄門同好会が提案し称賛集まる ヤバTのライブ中の痴漢被害受け 「もうライブ止めちゃっても良い」
「お守り代わりに保存しておいて!」(2024/1/15)

「第三の創業」へのチャレンジ:
PR:プロットからCYLLENGEへ 「社会をサイバー犯罪から守る」挑戦は続く
創業57年目のプロットはCYLLENGEに社名を変更した。長年守ってきた社名をなぜ変えるのか。現在を「第三の創業」と位置付ける同社が描く展望とは。印刷事業を経てインターネット事業にかじを切った過去の挑戦を振り返りつつ、新社名に込めた思いを同社社長に聞いた。(2024/1/5)

セキュリティニュースアラート:
悪意のあるプロンプト作成がサービス化? ウィズセキュアが2024年の動向予測
ウィズセキュアは2024年におけるサイバー脅威を取り巻く環境に関する予測コメントを発表した。サイバー犯罪の専門化やAIを悪用した攻撃の進歩についてまとめている。(2024/1/4)

「電子メールの量が最大100倍に増加する可能性も」:
休暇中のサイバー攻撃から組織を守るためにできる、10のこと
Backblazeはホリデーシーズン中にサイバー攻撃や組織犯罪からビジネスを守るためにできる10の対策を同社のブログで紹介した。(2023/12/25)

音声AI技術の進化 オレオレ詐欺が無くなる未来が来るか
AIの音声認識技術が発達するにつれて、「オレオレ詐欺」などの犯罪に対抗できる日が来るかもしれない。(2023/12/25)

脆弱性「Citrix Bleed」の悪用が活発化【前編】
犯罪集団「LockBit」が“パッチ公開前”から悪用か Citrix製品の危ない脆弱性
広く普及しているCitrix Systems製ネットワーク機器の脆弱性がランサムウェア攻撃に悪用されている。どのような脆弱性なのか。詳細を見ていこう。(2023/12/25)

Cybersecurity Dive:
Microsoftが「最も危険な金融犯罪グループ」と評するScattered Spider その実態は?
ラスベガスのカジノ業界を狙った一連のサイバー攻撃の背後にいる攻撃者はソーシャルエンジニアリング攻撃の達人が集まった巧妙な組織だ。(2023/12/17)

セキュリティニュースアラート:
「生成AIは犯罪の役に立つのか?」 ダークWebの中でも意見分かれる
ソフォスによると、サイバー攻撃者はChatGPTをはじめとした生成AIを悪用して高度かつ大規模な詐欺を実行できる可能性があるという。同社は一方で多くのサイバー攻撃者がAIに懐疑的であることを示す調査も公開した。(2023/12/14)

クライムウェアに備えよ
注目すべき4つのサイバー攻撃 どうやって対応すればよいのか
サイバー犯罪の手口はここ数年であまり変化していないという。なぜだろうか。それは従来の手口だけで攻撃がうまくいくからだ。基本的な対策ができていない組織が狙われている。相手の手口を知り、守りを固めよう。(2023/12/6)

蔵出しブックレット
「犯罪者のExcel離れ」なぜ起きた? 新たに狙われ始めた“あのファイル”
マルウェア感染の定番手段として悪用されてきた「Microsoft Excel」ファイルが、犯罪者からの“人気”を失い始めています。それはなぜなのでしょうか。犯罪者が新たに悪用し始めた“あのファイル”とは。(2023/12/7)

ロシア系ハッカー集団「Storm-0978」の手口【後編】
Microsoft製品が狙われる――対策に使えるWindowsの“あの機能”とは?
多彩な攻撃手法を用いるロシア系サイバー犯罪集団「Storm-0978」は、Microsoft製品の脆弱性を悪用している。Storm-0978による攻撃に有効なセキュリティ対策とは。(2023/11/26)

明らかになった「MSA攻撃」の詳細【後編】
中国系犯罪グループが「Microsoftアカウント」に入り込めた本当の理由
サイバー犯罪集団「Storm-0558」はなぜ、「Microsoftアカウント」(MSA)への侵入に成功したのか。Microsoftの対策の弱点を見るとともに、セキュリティ専門家の見解を紹介する。(2023/11/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。