ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「顧客満足」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

製造業DXが生む3つの価値(1):
いま一度確認しておきたい、製造業DXで「結局何ができるのか」?
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。前回連載の「製造業に必要なDX戦略とは」では、製造業におけるDXへの取り組み方を3つ例に挙げて解説した。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。(2021/7/27)

米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【前編】
生花販売大手が「CX」向上のために“大手ベンダー依存”をやめた理由
新型コロナウイルス感染症の影響でEコマースの需要が高まる中、生花販売大手のFTDは商機を生かすべく、CXのためのシステムを刷新した。そこで同社が選んだ方針が、大手ベンダー製品からの脱却だった。その意図とは。(2021/7/26)

「セルフサービスツール」を改善する方法【後編】
“使えないセルフサービスツール”を生む落とし穴とは? 対処法は
顧客が自ら製品関連情報を得られる「セルフサービスツール」の導入時に、企業が陥りがちな落とし穴は幾つかある。それは何か。どう対処すればよいのか。(2021/7/20)

MVNOに聞く:
nuroモバイルに聞く、新料金プラン「バリュープラス」の狙い 5GやXperiaの展開は?
MVNO各社が新料金プランを打ち出す中、ソニーネットワークコミュニケーションズのnuroモバイルも「バリュープラス」を打ち出した。新料金プランでデータ容量8GB以下のユーザーにターゲットを絞り、低価格を実現。音声通話付きの3GBプランはわずか792円。5GBと8GBのプランには、「Gigaプラス」という仕組みも用意した。(2021/7/14)

「セルフサービスツール」を改善する方法【中編】
セルフサービスツールの「不適切なインフラ」「時代遅れの情報」をどうなくすか
製品購入を促す手段となり得る「セルフサービスツール」を改善しようとした場合、重視すべき点は幾つかある。それは何なのか。「インフラ」と「情報」という2つの側面から改善策を探る。(2021/7/13)

いまさら聞けない自動車業界用語(15):
「工場の生産性向上」と一言でいっても、幾つものアプローチがある
今回のテーマは「工場の生産性改善」です。日々進められている工場の改善。具体的にどのように取り組んでいるのかについて説明します。(2021/7/12)

5G搭載!“ARM版Windows 10”特集 第三弾:
PR:高速・大容量だけではない! KDDIがビジョンを描く「5G×ビジネス」の新時代
(2021/7/8)

コロナ禍で生き残る:
ワタミの「から揚げの天才」100店舗達成 「いきなり!ステーキ」とほぼ同じ出店ペース
ワタミが展開するから揚げ専門店「から揚げの天才」が100店舗を達成した。FC加盟店を増やすため、低コストで出店できるモデルを開発した。中国にも出店する。(2021/7/8)

「セルフサービスツール」を改善する方法【前編】
企業が「セルフサービスツール」を改善したくなる4つの原動力とは
インターネットで製品の情報を集める消費者に、企業はどのように情報を提供すればよいか。その方法の1つに「セルフサービスツール」がある。セルフサービスツールをより使いやすく改善する方法を説明する。(2021/7/8)

顧客体験を向上させるホテルの切り札
ホテルが「Wi-Fi 6」無線LANで実現した“宿泊客もIT担当も喜ぶ仕組み”とは?
歴史的建造物を利用するホテルHard Rock Hotel Amsterdam Americanは、「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN製品と管理ツールを導入し、宿泊者の利便性向上とITチームの負荷軽減を両立したという。どういうことなのか。(2021/7/7)

oricon MEが調査:
満足度の高い「恋活・婚活マッチングアプリ」 3位「tapple」、2位「ゼクシィ縁結び」、1位は?
oricon MEが顧客満足度の高い「恋活・婚活マッチングアプリ」と「結婚相談所」の調査を行った。それぞれのサービスで1位を獲得したのは?(2021/7/6)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
オウガ・ジャパン河野氏に聞くOPPOの日本戦略 “惨敗”からSIMフリーAndroidでトップに上り詰めた要因は?
OPPOが2021年の夏モデルとして投入するのが、フラグシップモデルの「Find X3 Pro」と、日本専用モデルの「Reno5 A」だ。エントリーモデルとして日本で初めて5Gに対応した「A54 5G」も投入する。新規参入を果たした2018年から徐々にシェアを伸ばし、販路を広げているOPPOだが、同社はどのような戦略で日本市場に臨んでいるのか。(2021/7/5)

ソフトウェア開発だけじゃない「アジャイル」活用【後編】
ビジネスリーダーが「アジャイル」を生かす鍵は“失敗の許容” その真意とは
ソフトウェア開発手法として普及した「アジャイル」の考え方は、開発だけではなく、さまざまなプロジェクトで活用できる。そのこつとは。(2021/7/5)

顧客満足度とオペレーターの生産性を両立させるには
「KPI管理」がコンタクトセンターの品質改善に必要な理由
KPI管理と感情分析の活用は、コンタクトセンターでオペレーターの離職を防ぎつつ生産性と応対品質を向上させるための有効な手だてとなる。適切なKPIの管理とオペレーターの支援を並行して実施するには、まず何から始めればよいのか。(2021/6/30)

サブスクサービス成功の必須条件【後編】:
サブスク磨き上げサイクル 顧客とつながりサービスを改善し続ける活動とは
サブスクサービス成功への第一歩は、顧客とつながり、データを活用してニーズを把握すること。では、どのような指標に基づいてデータを取得すべきか。取得したデータを基にどのように改善策を検討し、実施すべきか。(2021/6/28)

“共感”から始める「CX」向上策【第5回】
「感情分析」から「自然言語処理」まで 顧客の気持ちが分かるIT製品とは?
CX向上には顧客への共感が重要であることは分かった。では企業が顧客に共感を示すためには、何をすればよいのか。その手段となり得る主要なIT製品を紹介する。(2021/6/28)

PR:新型コロナで変わるコールセンター業務 オペレーターの在宅化で注目される新型ヘッドセットとは?
(2021/6/24)

J.D.パワーのモバイル/ホームルーターサービス満足度調査 ドコモとUQ WiMAXが1位
J.D.パワーは、6月23日に「2021年顧客満足度調査 モバイルルーター/ワイヤレスホームルーターサービス」の結果を発表。モバイルルーターはNTTドコモ、ホームルーターはUQ WiMAXがそれぞれ3年連続で1位となった。(2021/6/23)

“共感”から始める「CX」向上策【第4回】
顧客からのクレーム、「とにかく一刻も早く解決」が“正解”ではない理由
企業は「顧客からのクレームを一刻も早く解決することが、顧客にとって最良のことだ」と考えがちだ。だが、それだけでは顧客の満足は得られないという。どういうことなのか。(2021/6/22)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(13)STEM教育(1):
プログラミング教育は「AIへの恐怖」と「PCへの幻想」を打ち砕く?
今回から「STEM教育」を取り上げます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響もあり、デジタルやITの存在はますます大きくなっています。これからの時代、「デジタル=インフラ」として捉えることができなければ、生き抜くことができないと言っても過言ではありません。それを考えると、確かにSTEM教育は必須なのですが……。プログラミングの“酸いも甘いもかみ分けた”エンジニアとしての視点で、STEM教育を斬っていきます。(2021/6/18)

日商エレクトロニクス、金融機関向けにデジタルフロントオフィス「Moxtra」の電子契約を強化 電子認証サービスと連携
日商エレクトロニクスは、電子認証サービスとの連携により、デジタルフロントオフィス「Moxtra」の電子契約機能を強化した。フロントでのコミュニケーションから電子署名による非定型契約、アフターフォローまでをMoxtra上でワンストップで提供する。(2021/6/17)

3年で100店舗増やす:
なぜ、コメ兵は出店を急ぐのか? 戦略を支える、すごいAI
コロナ禍で多くのリアル店舗が打撃を受けているが、コメ兵ホールディングスは大規模な出店を計画している。傘下のコメ兵、K-ブランドオフそれぞれ今後3年間の間に100店舗出店の予定だ。理由はなぜなのか。また、それを支える「AI真贋」技術とは、何なのか。(2021/6/16)

SAP Business Technology Platform(SAP BTP)とは? 「脱・PoC」の秘策になるか
 SAPは企業のDX推進を支援すべくRISE with SAPという新しいプログラムを推進中だ。DX推進にあたっての企業が抱える障壁を解消する施策の核を担う「SAP BTP」の現状と今後の見通しはどうなっているだろうか。(2021/6/16)

“共感”から始める「CX」向上策【第3回】
「顧客に共感できる社員」を本気で育てる5つの方法
CX向上のためには、顧客への共感が非常に重要だ。顧客と対面する従業員の共感力を上げるために、企業は何をすればよいのか。(2021/6/15)

連載・瀧澤信秋「ホテルの深層」:
“日本一の朝食”を出す函館のホテル 宿泊客数を抑えてまで守ったモノとは?
日本一の朝食と言われるセンチュリーマリーナ函館は、宿泊予約流入をコントロールし“稼働を落とす”ことを指示。宿泊客を減らしてまで実現したかったこととは?(2021/6/14)

連載・瀧澤信秋「ホテルの深層」:
ホテル業界復活のカギは「朝食」にあり? コロナ禍でヒルトンが進めた115項目の改善
ホテルにとって朝食はキモ。“朝食でホテルを選ぶ”人も多いだろう。人気の尺度という点で朝食の良しあしは注目されるポイントになっているのは事実だ。筆者はソーセージと焼き鮭に注目する。(2021/6/11)

導入事例:
無人ホテルの受付をアバターに、人件費を75%削減する実証実験がスタート
SQUEEZEは、運営する小規模無人スマートホテルの顧客満足度を高めるとともに、水光熱費を削減するため、パナソニックシステムデザイン製の遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation」とパナソニック製の電力モニタリング兼遠隔コントロールシステム「AiSEG 2」を用いた実証実験を東京都大田区西蒲田の無人ホテル「Minn 蒲田」で開始した。(2021/6/11)

キャリアニュース:
役職を外れる「ポストオフ」への適応、ポイントは学ぶ姿勢とフラットな人間関係
リクルートマネジメントソリューションズが「ポストオフ経験に関する意識調査」の結果を発表した。ポストオフに良好に適応している人には、必要な知識を学び続ける姿勢やフラットな人間関係の構築が見られた。(2021/6/10)

金融×AIの最前線【後編】
Mastercardのプライスレスな顧客体験を生むAI技術
Mastercardが不正利用防止のために活用しているAI技術は、企業に対する顧客の愛着や信頼の向上に寄与する可能性がある。同社幹部へのインタビュー後編。(2021/6/9)

SmartHRがARR初公開 45億円で成長率は106% 人事労務SaaSの次の一手
HRテックスタートアップのSmartHRは6月8日、事業戦略説明会を実施し、SaaS企業の実質的な売上高評価にあたるARRが45億円であることを明かした。前年同期から106.2%の伸びとなっている。(2021/6/8)

"共感”から始める「CX」向上策【第2回】
「顧客への共感」をうまく伝える4つの方法
企業のCX向上の鍵になるのが顧客への共感だ。どのように共感を示せばよいのだろうか。4つの方法を紹介する。(2021/6/8)

顧客の心をつかむ7つの方法【第4回】
ZoomやTeamsがいくら便利でも、結局「対面」が重要な理由
ITの進歩により、顧客とのコミュニケーション手段は充実した。それでも依然として「対面」でのコミュニケーションは、顧客の心をつかむ上で重要だ。それはなぜなのか。(2021/6/8)

オリコンが調査:
満足度の高い「インターネット回線」ランキング 1位は?
oricon ME)は、「インターネット回線」における顧客満足度調査の結果を発表した。1位になったのは?(2021/6/5)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省がSIMロックを10月から原則禁止へ――非回線契約者への端末販売義務化はキャリアの個性を殺すことにはならないか
「スイッチング円滑化タスクフォース」の報告書を受けて、総務省が2021年10月からSIMロックを原則禁止とする方針を固めた。SIMロックの原則禁止はユーザーにとってはいいことではあるが、キャリアの個性を奪うことになりかねない側面もある。(2021/6/4)

オリコンが調査:
満足度の高い「カー用品店」ランキング 3位「イエローハット」、2位「ジェームス」、1位は?
oricon ME)は、「カー用品店」における顧客満足度調査の結果を発表した。1位になったのは?(2021/6/3)

IDC、国内企業向けネットワーク機器市場予測を発表 2020年の成長要因は?
IDCは、国内企業向けネットワーク機器市場に関する市場動向と予測を発表した。今後はクラウド管理型ネットワークソリューションに注目が集まると見ている。(2021/6/3)

オリコン調査:
満足度の高い「転職サイト」ランキング 3位「doda」、2位「ビズリーチ」、1位は?
顧客満足度の高い転職サイトはどこか。oricon MEが調査を実施したところ、1位になったのは……(2021/6/2)

男女で違い:
「ネット銀行」満足度ランキング、1位は?
oricon MEは、「ネット銀行」「外貨預金」についての顧客満足度調査を実施し、その結果を発表した。1位だったのは……。(2021/6/2)

Tinder、毎週金曜日に始まる48時間限定の新体験型コンテンツ「Vibes」スタート 狙いは?
「Tinder」を運営する米Match Groupは新体験型コンテンツ「Vibes(バイブス)」の提供を開始すると発表した。6月4日から4週連続で、毎週金曜日に48時間限定で実施。同じ「バイブス(相手に対して直感的に感じるフィーリング)」の人との新たな出会いや会話のきっかけを提供して顧客満足度を高めることが狙い。(2021/6/1)

“共感”から始める「CX」向上策【第1回】
もうかる企業こそ「共感力」を重視する“納得の理由”
従業員による顧客への共感を重視すると、顧客満足度や企業に対する顧客の愛着度を高めることができる。企業における顧客への共感の重要性を解説する。(2021/6/1)

顧客の心をつかむ7つの方法【第3回】
「MAツール」「共感マップ」とは? 顧客との関係改善に効く2大ツール
企業が顧客との関係改善に利用できる手段はさまざまだ。その中から「MAツール」「共感マップ」という2つのツールを紹介する。(2021/5/31)

COVID-19:
コロナ禍でLIXILの活路となったショールームデジタル化「1.4万組がオンラインで高い満足度」
LIXILは、コロナ禍で全国のショールームで対面接客を停止したことに伴い、オンライン上で新たなサービスを展開している。ヴァーチャルショールームや商材の3DモデルをZoomを介して顧客に提案し、これまでに累計1万4000組が利用して高い顧客満足度と同時に、従業員の働き方改革ももたらされたという。(2021/5/28)

ITコスト最適化の7大ポイント【第4回】
ITコスト削減に「ベンダーとのリスク共有」が果たす役割とは?
ITコスト最適化を進める際、ベンダーとのリスク共有が重要なポイントになる。Gartnerのフレームワークに沿って企業がITコスト最適化を進める際に重要なポイントを2つ紹介する。(2021/5/27)

製造ITニュース:
顧客のロイヤリティーを一元的に把握できるセールスフォースの新サービス
セールスフォース・ドットコムは2021年5月20日、業界特化型CRMソリューション「Salesforce Industry 360」の新サービス「Loyalty Management」の発表会を開催した。サービスを利用することで、顧客に一貫性のあるロイヤリティープログラムを提供して、顧客満足度向上を目指せる。(2021/5/27)

製品動向:
空調機のDX化を実現するクラウドサービス、遠隔監視・制御・更新・IoT機器連携に対応
ダイキン工業は2021年6月1日にクラウド型空調コントロールサービス「DK CONNECT」を発売する。DK CONNECTは、インターネットに接続する空調機のコントロールと運転のデータを送受信するネットワーク端末「DK CONNECT edge」と専用クラウドから成るもので、専用クラウドは空調機100万台の同時接続とユーザー数30万人を想定して開発された。(2021/5/25)

DXを支える高速で安全なコンピューティング
AIとHPCを進化させる「DPU」 CPU/GPUとの違いやメリットは?
ビジネスのデジタル化が加速するにつれ、データを処理するコンピューティング性能への要求も高まっている。そこで注目を浴びているのが、CPU、GPUと並ぶプロセッサだ。どのような役割を持ち、どのような効果をもたらすのか。(2021/5/25)

PR:1日50件の問い合わせも、2拠点でスムーズに対応。健康食品ECサイトが使う“チームでの対応状況が可視化できる”問い合わせフォームとは?
(2021/5/25)

嫌われない「顧客満足度調査」の作り方【第5回】
顧客満足度調査だけではない、顧客の声を聞く4つの代替手段
企業が顧客の声を聞く手段は、顧客満足度調査だけではない。それ以外の方法で顧客の声を聞く方法には、どのようなものがあるのか。主要な代替手段を紹介する。(2021/5/25)

セミナー:
PR:製造業の現場教育を「動画マニュアル」で改善!成果を上げた上場企業の実例を交えて導入効果・活用方法を公開
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2021/5/24)

製造業IoT:
100万台のクラウド接続に対応、ダイキンの新しい空調コントロールサービス
ダイキン工業は2021年5月20日、空調機器製品のインターネット対応化を中核とする新事業戦略「オールコネクテッド戦略」に関する説明会を開催した。同説明会では、クラウド型空調コントロールサービス「DK-CONNECT」を2021年6月1日から発売すると発表した。(2021/5/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。