ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「貯金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貯金」に関する情報が集まったページです。

コロナ禍前と比べ 投資や貯金額が「増えた」は10%
「Ponta」を運営するロイヤリティ マーケティング(東京都渋谷区)は、「コロナ禍における金融の価値観調査」を実施した。新型コロナウィルス感染拡大前(2021年5月)と比べて、現在の金融資産商品への投資額および貯金額が「増えた」と約10%が回答したことが分かった。(2021/7/20)

移住者も増える「住みやすい街」:
当初見込みより税収大幅増、埼玉・川口市で何が起きている?
コロナ禍の対応のため、「貯金」に当たる財政調整基金を大幅に減らす地方自治体が多いが、埼玉県川口市は、税収が当初の見込みより大きく増えるとして、およそ30年ぶりとなる補正予算の増額補正を発表した。近年は「住みやすい街」としても知られる同市に何が起きているのか。(2021/7/11)

6割がお金に対する考え方に変化アリ:
夏のボーナスの使い道「預貯金」が7割 平均額は?
「夏のボーナス・お金に関する調査」が発表された。預貯金にあてる人が多いようだ。年代が上がるにつれて、金額も増加していくことが分かった。21年の平均額はいくらだろうか?(2021/7/1)

老後資金が不安62% 貯蓄額は「100万円〜500万円未満」が最多に
お金に関する情報メディア「ゼニエモン」では会社員を対象に「現在の貯金状況や老後の生活資金に関するアンケート」を実施した。その結果、現在の貯蓄額は「100万円〜500万円未満」が最も多く、ひと月当たりの貯蓄額では「5万円〜10万円未満」が最多となった。(2021/6/25)

住信SBI銀、定額自動振替サービス開始 貯金箱のような利用狙う
住信SBIネット銀行は6月17日から、定額自動振替サービスの提供を開始した。円普通預金口座から、目的別口座や証券口座と連携するSBIハイブリッド預金に自動的に振り替えできるサービス。(2021/6/18)

電子マネーでの支給はどう思う:
初任給の使い道 3位は「自分へのプレゼント」、2位は「貯金」、1位は?
ペーパーロジックが4月26日に「新年度給与にまつわる実態調査」を実施した(2021/4/27)

サントリー角瓶の原寸大プラモデルがじわじわ話題 ミライザカのキャンペーン景品
角瓶のバランスゲームや貯金箱、ジグソーパズルなども。(2021/4/15)

何を考えているのか:
新社会人が「がんばりたいこと」ランキング 3位は「収入・資産を増やす」、2位は「貯金」、1位は?
職場に新人がやってくる時期になった。どんな気持ちでいるのだろうか。LINEリサーチが調査結果を発表した。(2021/4/2)

貯金額は「50万未満」が最多 資産を増やす行動の上位は?
15歳〜69歳の男女を対象にした「貯金」の実態と「資産形成」への意識、方法に関する調査。その結果、貯金をしている人は約7割、貯金額は「50万円未満」が最多になった。資産増加のアクションは?(2021/3/15)

段ボールで作った「メダル落としゲーム風貯金箱」が新感覚で楽しそう 遊んでいるだけでお金持ちに?
獲得金額がおこづかい。(2021/3/12)

インコ「ゴミはゴミ箱、お金は貯金箱にね!」 ゴミとお金を見分けて片付けてくれるインコさんが賢い
貯金はいくら貯まったのかな?(2021/3/11)

人生の悩み事ランキング、上位は「貯金がない」「老後が不安」「給料が低い」 お金と将来の切実な悩みがあふれる
みんなお金で悩んでいる……!(2020/11/2)

3割前後が「貯金箱」 まだまだアナログな貯金方法
貯金のやり方はさまざまあるが、「500円玉貯金」や「封筒取り分け」などまだまだアナログな方法が多いようだ。自動貯金アプリサービスを提供するネストエッグが、10月に行った調査によると、こうした方法が3割近くに上っていることが分かった。(2020/10/19)

決済アプリ「Revolut」が日本上陸 外貨両替や海外送金、お釣り貯金が可能
手数料不要で外貨両替や送金、預け入れなどが行える無料のスマホアプリ「Revolut」(レボリュート、iOS/Android)の提供が日本で開始された。(2020/10/8)

三井住友銀、ネットバンキング未利用者に手数料 紙通帳にも年550円 来年4月の新規口座から
三井住友銀行がペーパーレス化で新手数料。来年4月以降に新たに口座を開設する顧客が、ネットバンキング未設定かつ2年以上取引がなく、残高が1万円未満の場合、年1100円を貯金残高から差し引く。同月以降に新規口座で紙の通帳を利用する場合、年550円の手数料を取る。(2020/10/7)

郵便局に「スヌーピー」グッズがやってくる! チャーリーブラウンの貯金箱がキュートです
第1弾のスヌーピー貯金箱と一緒に並べたいやつ。(2020/9/29)

セガ「ファンタジーゾーン」主人公がコインを取りにくる貯金箱登場 ギミックにネコがじゃれつくPR動画がかわいくてずるい
箱の中から、「獣王記」のクマもひょっこり。(2020/9/24)

ゆうちょ銀行で決済サービスを使った不正出金 「ドコモ口座」を含む6サービスで確認される 高市総務大臣が明らかに
NTTドコモの「ドコモ口座」を使った銀行預金の不正出金が話題となっている中、ゆうちょ銀行において同サービスを含む6つの決済サービスを使った貯金の不正出金が確認された。高市早苗総務大臣が記者会見で明らかにした。【追記】(2020/9/15)

「きんつば」「しるこサンド」などご当地お菓子がオフィスに大集合 NEXCO中日本が提供する置き菓子サービスが話題
代金は貯金箱に入れるだけ。(2020/9/11)

セガ、アストロシティミニをゲーセン筐体っぽくするオプションパーツ発表 「台」と「イス」のセットで機能は特になし
コイン投入口からお金が入る貯金箱にも。(2020/8/21)

貯金の流れをカレンダーで可視化できる! 貯金アプリ「OsidOri」と「TimeTree」がサービス連携を開始
貯金の進捗が分かりやすくなる。(2020/7/8)

お金を使わずに取っておきたくなる! 映画のワンシーンのような「自分史上最高にテンションぶち上がる貯金方法」が発見される
やり方は簡単なのにかっこいい。(2020/7/4)

「お袋の貯金は兄妹で分ければいいよな?」借金1億円を母親に肩代わりさせた兄の発言に相談者激怒「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「遺留分」の強さよ……。(2020/4/13)

「息子さん男前」「素敵すぎて泣ける」 スザンヌ、“500円玉貯金”していた息子からの“一生の宝物”に感涙
一生の宝物だな。(2020/3/24)

男性よりも女性の方が貯金上手?:
社会人1年目、どれくらい貯金している? 最も多かった金額は……
社会人1年目の貯金に関す調査結果が発表。みんないくらくらい貯金している? 男性よりも女性の方が貯金上手のようだ。(2020/3/5)

「ゆうちょPay」アプリに残高確認機能が追加 2月3日から
ゆうちょ銀行のスマホ決済サービス「ゆうちょPay」アプリに、残高確認機能が追加される。ゆうちょPayにひも付けた普通貯金口座の残高をリアルタイムに表示することが可能だ。(2020/1/28)

今日のリサーチ:
10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。(2020/1/23)

配達員姿のスヌーピーが貯金箱になった 切手セットやポーチなどの「郵便局限定スヌーピーグッズ」がかわいい
通帳ケースが郵便局らしい。(2020/1/17)

2019年冬のボーナス、もらえそう? もらえる人も7割が「貯金する」と回答、将来への不安が原因で
旅行や買い物は、いまやぜいたく?(2019/12/16)

10人に4人が、大人になっても貯金箱で貯金
あおぞら銀行は「お金を貯める道具である貯金箱」に着目して、貯金箱のいまについて調査した。貯金箱を使ってお金を貯めている人はどのくらいいたのかというと……。(2019/11/29)

6割弱の人が1カ月に使えるお金は「3万未満」 貯金をする人は1割と、理想と現実に差
貯金、したいなあ……。(2019/11/12)

転職バーのハルカさん(15):
PR:好きなだけじゃダメなのよ――ブラッディ・メアリーの決意
貯金はないし、彼女もいない。転職活動はうまくいかないし、有給休暇も使い果たしてしまった。ナイナイ尽くしのシュウヘイの前に現れたのは、アルアル尽くしのゴージャスな美魔女。う〜ん、デラックス!(2019/8/1)

目的は「老後の備え」が最多:
あなたの貯金はいくら? 半数以上が「100万円以下」
カードローン情報サイトを運営するLeadingTechが「貯金実態調査2019」を発表した。(2019/7/4)

目を回さないようご用心 コインが回る貯金箱「ボルテックス バンク」が癖になる
何度も見たくなるやつ。(2019/6/28)

おやつを貯金してほしいニャン 飼い主さん手作りのダンボールATMの中で遊ぶ無邪気なネコちゃん
なんてかわいいATM。(2019/6/5)

これならかわいくてたくさん貯金できそう? 猫好きさん待望の弐千円札風ネコ紙幣のグッズが登場
お待たせしました!(2019/5/26)

今の小中学生は堅実派? お小遣いの使い道、「お菓子」「貯金」派が「ゲーム」派上回る
バンダイが、小中学生のお小遣いに関する調査結果を発表。親が与える1カ月分の平均額は2036円だった。使い道は「お菓子やジュース」がトップで、「ゲームソフト」などを上回った。(2019/5/20)

キャッシュレス派は貯金が増やせる? 現金派と比べ貯蓄増加額は2.4倍
意識が高いから、とか?(2019/3/29)

コインを入れるとお客さんの髪がサッパリ 小学生の工作「ちょっきん貯金箱」の散髪ギミックが天才的
小学生でこれはすごいっ。(2019/3/14)

ウェルネスを応援するポイントサービス「ウェルちょ」 ブロックチェーンで安全性も担保――三井物産ら、共同実証へ
三井物産は、健康を意識した買い物でポイントがたまる共通ポイントプログラム「ウェルネス貯金(ウェルちょ)」を開始。たまったポイントでマッサージや健康診断などを受けられる。システム基盤には、IBMのブロックチェーン技術を活用し、高い改ざん耐性やセキュリティを担保した。(2019/2/14)

週末エンプラこぼれ話:
「セキュリティ意識が高すぎ」とネットで話題――3要素認証の「ATM型貯金箱」はなぜ生まれた? ちゃお編集部に聞く
1977年に創刊した、小学館の女児向け雑誌「ちゃお」。2018年12月に発売された「ちゃお2月号」にネット上がざわついたのをご存じだろうか。その理由は、ふろくの「ATM型貯金箱」。3要素認証を備えた“超強固”な貯金箱は、どのようにして生まれたのだろうか。(2019/2/8)

よかったことを紙に書いて小銭と一緒にビンにためる ステキな“貯金”に「やってみたい」の声続出
日々ポジティブに過ごせそう。(2019/1/5)

セキュリティ意識が高すぎるよ! 「ちゃお」2月号のふろくは3段ロックの“ATM型貯金箱”
セブン銀行への着せ替えもできちゃう。(2018/12/27)

「LINE家計簿」アプリ公開 「今日使える金額」を自動計算
LINE Payが「LINE家計簿」の提供を始めた。収支から「今日使える金額」を自動計算する機能など、貯金をサポートする機能を備える。(2018/11/13)

投資への関心も高め:
「ミレニアル世代」は貯金好き? 生まれ育ってきた厳しい環境が影響か……
調査会社マクロミルがお金に関する意識調査を実施した結果、こんな実態が浮かび上がった。1980年〜2000年代初頭生まれのミレニアル世代は、他の世代と比べて貯金への意識が高いという。(2018/10/2)

「満期を過ぎた郵便貯金を放っておくとおろせなくなる」 新聞広告で注意呼びかけ 「知らなかった」と反響
郵政民営化前に作った口座の通帳を確認してみましょう。(2018/9/21)

今年の新人は“堅実派”:
夏のボーナスは出た? 何に使った? 新入社員に聞いた結果は
アンケートアプリの開発・運営などを手掛けるテスティーが、社会人1年目の約200人に行った初ボーナスに関する調査結果を発表。使い道の1位は男女ともに「貯金」と、堅実な人が多いことが分かった。(2018/9/6)

CEDEC 2018:
“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、制作者の愛 「貯金を切り崩しながら制作を続けてきた」
「貯金を切り崩しながら制作を続けてきた」——3DCGの女子高生キャラクター「Saya」を制作する「TELYUKA」(テルユカ)の石川友香さんはそう話す。2015年にネット上で「実写にしか見えない」と話題になり、18年にはAI(人工知能)技術と融合したプロジェクトも披露された。TELYUKAがSayaに込める思いは。(2018/8/24)

「きました500円!」 しゃべるスマート貯金箱、タカラトミーアーツから
タカラトミーア―ツが、しゃべる「スマート貯金箱」を発売。人感センサーや音声認識機能を搭載し、コミュニケーションを取ることができる。(2018/6/5)

マネーフォワードが自動貯金アプリ「しらたま」Android版を提供 貯金総額は2億円を突破
マネーフォワードは、5月2日に自動貯金アプリ「しらたま」のAndroid版を提供開始。現時点での貯金総額は2億円を突破し、利用者は毎月平均1万1110円の貯金に成功している。(2018/5/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。