ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「起業家」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!起業→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で起業関連の質問をチェック

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で参加者を3倍まで増やしたhontoのオンライン読書会「ペアドク」に潜入
2019年にスタートした「ペアドク」は、当初は都内のカフェなどで開催していたものの、コロナ禍以前から検討していたオンラインでの開催に踏み切った。すると20年3月の時点では100人程度だったFacebookコミュニティーの参加者を、11月までに300人程度にまで増やせたという。ペアドクが取り上げた ピョートル氏『パラダイムシフト』の回に潜入した。(2021/1/19)

アート作品を展示:
住民や店主を悩ます街の「落書き」対策 ビジネスと課題解決の両立を目指す東急の狙い
人通りが少ない場所の「落書き」に悩む人は多い。落書き対策と、ビジネスを両立するような事業に東急が取り組んでいる。対象エリアも拡大している。(2021/1/19)

Apple、「人種の公平性と正義」の大規模プロジェクト開始 BLM運動に呼応し教育施設、VC資金提供
2020年6月にAppleが発表した取り組みで、具体的なプランがプロジェクトがスタートした。(2021/1/14)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
DX推進は、いかに戦略と体制を確立し、人材を育成するかが成功のカギ――サツドラ独自のDX戦略とは
AIカメラなどの先端テクノロジーの活用や異業種連携により、店舗のデジタル化にいち早く乗り出したサツドラ。コロナ禍では、AIカメラソリューションをわずか2週間で共同開発した。サツドラ独自のDX戦略を学ぶ。(2021/1/13)

「SOCIAL IMPACT」でデル・テクノロジーズが手がける教育サポートとは?
「デジラボ琉球新報 こどもIT・プログラミング発表会 沖縄地区代表選考会」において、デル・テクノロジーズが教育事業とCSRを通じた地域サポートについて言及した。(2021/1/11)

なぜ?:
逆張りの人事戦略 コロナ禍で、あえて創業初の新卒採用を決断した企業
コロナ禍で各社が“人財削減”に追われている中、創業以来初となる新卒採用を始めた企業がある。優秀な人材が就職活動市場に豊富に存在する現状を逆手にとった、いわば“逆張りの人事戦略”を立てている。(2021/1/12)

日本初の「起業家精神」学ぶ学部【後編】:
伊藤羊一が学部長に就任 武蔵野大学「アントレプレナーシップ学部」は学生をどのように育てるのか
起業家精神を実践中心のカリキュラムで学び、実際に起業も経験する日本初の「アントレプレナーシップ学部」が、2021年4月、武蔵野大学の武蔵野キャンパスに開設される。(2020/12/26)

日本初の「起業家精神」学ぶ学部【前編】:
伊藤羊一が学部長に就任 武蔵野大学「アントレプレナーシップ学部」とは何を教える場所なのか
起業家精神を実践中心のカリキュラムで学び、大学3年次には実際に起業を経験する日本初の「アントレプレナーシップ学部」が、2021年4月、武蔵野大学の武蔵野キャンパス(東京・西東京市)に開設される。学部長に就任するのは、Yahoo!アカデミア学長として次世代リーダーを育成するほか、ベストセラー作家としても知られる伊藤羊一氏。「アントレプレナーシップ学部」が目指す教育とはどのようなものなのか。伊藤氏と、教員に就任するリバネス代表取締役副社長CTOの井上浄氏、ほぼ日元取締役CFOで現在はエール取締役を務める篠田真貴子に話を聞いた。(2020/12/25)

ベンチャーキャピタルが活況:
「1+1=3を実現する」、Samsungの投資戦略
米国EE Timesは、Samsung Catalyst Fundでシニアバイスプレジデント兼マネージングディレクターを務めるShankar Chandran氏にインタビューを行い、Samsung Catalyst Fundの投資戦略を聞いた。(2020/12/23)

『出会いとチャンスがある街』ランキング、2位の「港区」を抑えて1位となった街は?
「いい部屋ネット コンシャスな街ランキング2020<全国版>」の結果は?(2020/12/23)

Web会議のエフェクトツール「mmhmm」、2021年春にWindows対応へ プライベートβ版を提供開始
米All TurtlesはWeb会議のエフェクトツール「mmhmm for Windows」のプライベートβ版の提供を始めた。(2020/12/22)

若手登竜門で優勝:
障壁だらけのデンマークで、共同創業した20代建築家。生き残る経営戦略は
プロフェッショナルがひしめくデンマークで、26歳の若さで設計事務所を立ち上げた、2人の日本人がいる。当時、技術も経験も足りなかった2人は、世界の競合と渡り合うためにどうやって戦ったのか。(2020/12/21)

クリエーター集団が起業支援 プロ人材がチームを組んで伴走
社会課題を解決できるアイデアを持ちながら資本力や人的資源に乏しいベンチャー企業や起業家を支援するクリエーター集団が存在感を高めている。(2020/12/18)

Amazon傘下のZoox、配車向け自動電気自動車を披露
Amazonが6月に買収した自動運転企業Zooxが、配車サービス向けの自動運転車を発表した。ステアリングはなく、向かい合わせたベンチに最大4人が乗車できる。最高時速は約121キロ/時、バッテリー持続時間は約16時間だ。(2020/12/15)

姿勢に共感:
大学生が最も尊敬する起業家・経営者 3位堀江貴文氏、2位孫正義氏、1位は2年連続で……
マイナビが「大学生が選ぶトレンドアワード2020」を発表。今年最も尊敬した起業家・経営者ランキングでは、前澤友作氏が2年連続で1位だった。前澤氏の活動や姿勢に共感する学生の票が集まった。(2020/12/12)

「変化できる企業」に:
PR:起業家育成、プログラミング教育、デジタルコイン サツドラが北海道で仕掛ける地域コネクティッドビジネスとは?
(2020/12/2)

さくらインターネット、福岡市のスタートアップ事業を支援 「さくらのクラウド」を無料提供
(2020/11/27)

デジタルハリウッドのエンジニア起業家養成スクールに第1期生20人が入学 北海道から起業家コミュニティーを創出
デジタルハリウッドは、自社が運営する起業家・エンジニア養成スクール「G's ACADEMY」の新業態「G's ACADEMY UNIT_」を札幌に開校。定員15人を上回る第1期生20人が入学した。(2020/11/24)

「自然な文章」の真実
用途を広げる自然言語処理AI「GPT-3」の、既に見えた限界と課題
人間が書いたような自然な文章を生成することで知られるGPT-3は、プログラムやSQLの生成にも応用されている。だが、既に幾つかの課題や限界も見えてきた。(2020/11/19)

英国と欧州にとっての大惨事?
NVIDIAによるArm買収は業界およびNVIDIAにとって吉か凶か
NVIDIAがArmを買収するというニュースはさまざまな臆測を呼んでいる。この買収は業界にとってプラスとなるのか。NVIDIAにどのようなメリットがあるのか。アナリストの見解はかなり否定的だ。(2020/11/13)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「”会う”意味を更新したい」 リコー、”はたらく”を研究する施設開設 その意義は
人々にとって”はたらく歓び”とは何か――。リコーが”はたらく歓び”を考える施設を開設した。社内外の起業家やクリエイターに向けた次世代ワークプレースと定義づけるこの施設。単なるコワーキングスペースではない。リコーはここで何を見いだしたいのだろうか。(2020/11/5)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
サイバーエージェントではなぜ、突き抜けたリーダーが育つのか〜経営人材と新規事業が続々生み出されるには、理由があった
どうすれば、これからの時代に求められる人材になれるのか、そのヒントを探ってみた。(2020/11/5)

日本法人の幹部が語る:
HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。(2020/10/27)

【トップは語る】アクシスモーション 人生100年時代 働く環境を柔軟に
ギグワーカーを採用する企業、働く人のメリットとデメリットは。(2020/10/23)

ドラッグストアから地域コネクティッドビジネスへ :
サツドラ富山浩樹社長が語る「ウィズコロナ時代のチェーンストア戦略」
規模の追求という従来の基本戦略が機能不全を起こしつつある今、新時代のチェーンストアビジネス戦略はどうあるべきなのか――。サツドラホールディングスの富山浩樹社長に聞いた。(2020/10/23)

メカ設計ニュース:
オートデスク基金、中高生ロボコンチームのフェイスシールド製作に寄付金を贈呈
オートデスクは、「Autodesk Foundation」から中高生ロボコンチーム「SAKURA Tempesta」への寄付金贈呈式をオンラインで開催した。コロナ禍において、いち早く「Fusion 360」を用いて感染対策用フェイスシールドを作成し、医療機関などへの寄付活動を開始したことが高く評価された。(2020/10/22)

武蔵野大学、日本初の「アントレプレナーシップ学部」を2021年4月新設
武蔵野大学は2021年4月に新学部「アントレプレナーシップ学部」を武蔵野キャンパスに開設すると発表した。(2020/10/13)

「IT調達制度そのものが問題」:
「なぜ日本政府が作るソフトウェアは使えないモノばかりなのか?」――中島聡氏が考える「日本社会のDX」の要件
エンジニア起業家の草分けでもある中島聡氏が、小泉進次郎氏など自民党の若手議員が集まる勉強会で「日本政府によるIT調達がなぜうまくいかないか」をプレゼンしたという。具体的にどのような内容だったのか、話を聞いた。(2020/10/9)

元あいのり・でっぱりんが結婚 夫は起業家でYouTuber、妊活スタートも報告
ブログで幸せを報告しています。(2020/10/8)

「はたらく」を研究する場:
リコー、光や香りで創造性を高める次世代ワークプレイス開設
リコーは「はたらく」を研究する施設として、次世代ワークプレイス「3L(サンエル)」を11月2日に開設する。研究の第一弾として、チームの創造性を引き出す次世代会議空間を実装する。(2020/10/5)

Twitter、投稿画像のML自動トリミングバイアス問題について「WYSIWYG」を目指すと約束
Twitterで黒人と白人を縦長に並べた画像を投稿しようとすると、白人中心に自動トリミングされるというツイートを受け、Twitterが2018年から提供している自動トリミングの人種バイアスの調査過程を報告。いずれにしても投稿者が見たままの画像が投稿できるよう取り組むとしている。(2020/10/3)

起業支援の米CIC、東京・虎ノ門にアジア初拠点開設
国内外から100社のベンチャー企業経営者や起業家を誘致。投資家や研究者、弁護士、税理士といった専門家と連携し、新しい技術やビジネスアイデアの実用化を後押しする。(2020/10/2)

Go To Eatできない:
新型コロナで悲鳴あげる都心の飲食店 存続の道を探る六本木の老舗ジャズクラブ
新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、8月の外食全体の売り上げは前年比84%と7月よりも低下し、回復傾向は頭打ちに――。中でもパブ・ビアホールと居酒屋は、東京都などの自治体が飲酒を伴う業態に営業時間短縮を要請したことで、4月以降壊滅的な状況が続いている。(2020/10/2)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
さとうきびストローの「飲み心地」をオンラインイベントで伝える方法
これを機にマイストローを買いました。(2020/9/24)

メッシ選手がアンバサダーに:
イスラエルのユニコーン企業オーカム、障害者の“目”になるウェアラブル機器がもたらす未来
視覚障害を持つ人々ができる限り健常者と同じ自立した生活ができるよう、印刷物の文字を読み上げたり、服の色や紙幣の額を識別することができる小さなウェアラブルデバイス、オーカムマイアイ。衝突回避システムの先駆者であるモービルアイの創業者が立ち上げた、イスラエルのユニコーン企業オーカムが作り上げた。(2020/9/17)

退職後の活躍見据える:
退職者が「辞めたけど良い会社」と感じる企業 2位はグーグル、1位は……
オープンワークが発表した「退職者が選ぶ『辞めたけど良い会社ランキング2020』」によると、1位はマッキンゼー・アンド・カンパニー。2位はグーグル、3位はP&Gだった。(2020/9/16)

ニューノーマルを生きる建築のRe-build(1):
「デジファブで建築の民主化を」VUILD秋吉代表が拓く建築ファブの夜明け【前編】──建築産業構造の突破口へ
DIYの下地が無い日本でも欧米に遅れること、都市の中で市民誰もがモノづくりを行える工房「FabLab(ファブラボ)」が各地に開設されてから数年が経つ。建築の領域では、マテリアルを切削や積層して形づくる3Dプリンタが、ゼネコンを中心に研究されているが、業界の裾野まで浸透するには、海外とは異なり法令規制など幾多の課題が立ち塞がっているため、まだ時間を要するだろう。しかし、デジファブによって、建築の産業構造そのものを脱構築し、建築モノづくりの手を市井の人に取り戻そうとする意欲的な建築家 秋吉浩気氏が現れた。(2020/9/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
あなたの「感性」は武器になる。これからの社会で生き抜くためのキャリア戦略
コロナ禍で今後のキャリアに悩む人、部下の育成に悩んでいるリーダー、組織がバラバラで頭を抱える経営者など、今働く上で悩みを抱えている全ての人に読んでほしい。(2020/9/10)

AWS Summit Online基調講演:
コロナ禍でも事例続々、AWSジャパン長崎社長が手応え語る 「ソニーの電気自動車もシステム基盤はAWS」
AWSジャパンが、オンラインイベント「AWS Summit Online」をスタート。約150の講演動画を9月30日までオンデマンド配信する。基調講演のライブ配信には長崎忠雄社長が登壇。コロナ禍での事業の手応えを語った。(2020/9/8)

生死を分ける:
日本進出はいつ? 緊急時に命を救う「AI診断」 次世代ユニコーン「コルティ」の挑戦
デンマークに拠点を置くスタートアップ「Corti(コルティ)」が、注目されている。緊急度が高い「救急医療部門」向けにAIサービスを提供していて、将来ユニコーンになる可能性が高い企業に贈られる「Future Unicorn Award 2020」を受賞した。どんなサービスを提供しているのかというと……。(2020/9/4)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
アリババとシャオミの寵愛受けた「小鵬汽車」が描く“呂布”テスラを倒す道
コロナ禍を機に活気づく中国のEV業界。米市場へ上場した中国EVメーカーには、2018年上場の蔚来汽車(NIO)、20年7月30日上場の理想汽車、そして8月27日に米ニューヨーク証券取引所へ上場した小鵬汽車がある。小鵬汽車の何小鵬CEOは6月、三国志の呂布にテスラのイーロン・マスクCEOを、そして呂布と戦う3人に米上場3社のCEOを例えた投稿を行った。ここでは同氏の投稿の意図を紐解いていく。(2020/9/3)

プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション :
成功した一発以外は“多産多死” チャイナ・イノベーションのスピード感を支える「野蛮な戦略」とは?
現代は、手を動かして試作品を作る「プロトタイプ」の考え方が奏功し、「まずは手を動かす」人や企業が勝利する時代だ。中国のイノベーションを支える戦略や、ITジャイアントのテンセントにも影響を及ぼしている開発手法「アドホックモデル」の利点について新進気鋭の起業家が解説する。(2020/8/31)

プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション :
バイドゥ、アリババ、テンセント……「ITジャイアント」生み出した中国企業に学ぶ“超高速ビジネスの作り方”
現代は、手を動かして試作品を作る「プロトタイプ」の考え方が奏功し、「まずは手を動かす」人や企業が勝利する時代だ。中国企業の新規事業立ち上げの根底にある「スピード感と軽さ」について新進気鋭の起業家が解説する。(2020/8/29)

新たなサービスの展開目指す:
Sansanが書き起こしメディアのログミーを子会社化 イベント事業での連携を強化
Sansan(東京都渋谷区)は8月26日、スピーチなどの書き起こしメディアを運営するログミー(東京都渋谷区)を買収すると発表。株式の約70%を取得し子会社化する。ログミーが持つ独自のネットワークをイベント関連事業などに活用し、連携を強化する方針。(2020/8/27)

元「アイドリング!!!」伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己との結婚と出産を報告 「夫が仕事により一層集中できるよう、全面的にサポートしていく所存」
SNSは15日をもって非公開に。(2020/8/6)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
異色の高卒起業家が率いるEVメーカー「理想汽車」、理想を捨て実現したIPO
7月30日にナスダックへ上場した、中国EVメーカー「理想汽車」がナスダックに上場した。2014年に中国で多数設立されたEVメーカーがコロナ禍で次々と破綻するなか、今回の上場で一歩リードし、テスラのライバルを名乗る資格を手にしたと評されている。IPOに至る道のりをを通して、中国マーケットの豊かさと厳しさを紹介したい。(2020/8/6)

おうちラーメンバンク、WAGYUMAFIAが提供する1万3000円のラーメン「WAGYUJIRO(ワギュジロー)」を販売
通販ラーメンのまとめサイト「おうちラーメンバンク」は、和牛ビジネスを手掛けるWAGYUMAFIA(東京・港)が販売する和牛ラーメン「WAGYUJIRO」の取り扱いを開始した。価格は1食1万3000円(税込、送料別)。(2020/8/4)

筑波大発宇宙ベンチャー、光空間通信の実証実験を開始
筑波大学発宇宙ベンチャーのワープスペースは、衛星間光通信網の構築に向けて、開発中の光空間通信用中継機の実証実験を近く始める。(2020/7/31)

筑波大発宇宙ベンチャー、光空間通信の実証実験を開始
 筑波大学発宇宙ベンチャーのワープスペース(茨城県つくば市)は、衛星間光通信網の構築に向けて、開発中の光空間通信用中継機の実証実験を近く始める。(2020/7/31)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
革命かパンドラの箱か、新AIツールGPT-3の波紋
GPT-3は、英単語や短い文章をインプットすると、関連する「それらしい」テキストを自動生成するツールだ。文章だけでなく、プログラムコードや楽譜を自動的に生成するデモンストレーションも登場した。(2020/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。