ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「メガネ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

マスク生活に適したサングラスとは? 「Zoff」、脱“不審者”で検証
メガネ販売店「Zoff」(ゾフ)を運営するインターメスティック(東京都港区)が「サングラスのレンズ透過率は何%で怪しく見えないか」とする検証結果を発表した。(2022/8/9)

業界初:
昇給率は30%以上! メガネの「ジンズ」が全国の時給を東京水準に
メガネチェーン店を展開するジンズは9月より、全国で働いている準社員やパートの時給を改定し、東京水準に統一することを明らかにした。(2022/8/3)

第4回 建設・測量生産性向上展:
電源を入れるだけ、遠隔で新人教育が可能なスマートグラス「SynchroAZ」
シンクロアイズが開発したメガネ型の遠隔支援システム「SynchroAZ」を装着して現場に入場すると、現場作業員の見ている映像が、そのまま外部のPCから見られるようになる。また、装着した人に対して、外部から映像や音声での指示もできるため、新人への作業指示や手順確認など、人材育成でも活用が見いだせる。(2022/8/2)

えっと誰……? ナイツ土屋、“脱メガネ&無精ひげ”で別人級の変身 ワイルド味あふれる風貌に「どこかの俳優さんかと」
イメチェン理由は「ハナコ菊田と区別をつけるため」とのこと。(2022/8/2)

近視抑制メガネ「Kubota Glass」国内発売 77万円
近視を抑制・治療するという眼鏡型デバイス「Kubota Glass」が77万円で国内発売。日本では医療機器登録されていない。(2022/8/1)

特殊な光を当て矯正:
近視矯正メガネ「クボタグラス」、日本で販売開始 価格は77万円、全額返金保証も
窪田製薬ホールディングスが特殊な光を網膜に当てて近視を矯正する「Kubota Glass」(クボタグラス)を日本国内で販売すると発表。価格は77万円で、眼科や眼鏡店4施設で販売する。日本では近視が低年齢化が進んでおり、同社は6歳以上の小学生から、PCでのデスクワークが多いビジネスパーソンなどの利用を想定している。(2022/8/1)

色気ダダ漏れえええ! 51歳の津田健次郎、『Oggi』初登場で黒スーツ&眼鏡の“渋すぎショット”公開
声優から俳優、監督まで。勢いが止まらない津田さん。(2022/7/26)

試合中とのギャップがすごい! 卓球日本代表・早田ひな、22歳誕生日の眼鏡&おろし髪“大人ショット”に注目集まる
「激かわやん」「ハロプロメンバーかと思った」の声。(2022/7/9)

大政絢、佐々木希との“ほろ酔い”デートショットが眼福でしかない 密着&おそろい眼鏡ショットも
天国はここにあった。(2022/7/2)

東京・表参道にAudi新型EVの3D映像が登場
東京・表参道交差点近くの屋外広告で、独Audiの新型EV「Q4 e-tron」の3D映像が登場した。専用眼鏡を使わなくても、目の錯覚を起こすことで平面の広告が立体的に浮き上がって見える。インパクトのある映像技術でEVの普及を加速させたい考えだ。(2022/6/29)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
尽きない目の悩み、イメージセンサーがうらやましい
目の手術は不安が大きいので、メガネの進化版という形で見え方をアシストする技術が出てきてほしいです。(2022/6/22)

見える範囲を減らして個人ブース感覚 メガネ装着型ガジェット「ハカドルくん」がMakuakeに登場
仕事モードへの切り替えにも。(2022/6/20)

「相席スタート」山崎ケイ、眼鏡なしショットが“別人級”だと話題に 「誰だかわからなかった」「イメージ違いますね〜」
手島優さんと、もう1人誰だ……?(2022/6/7)

スピーカー内蔵「聴こえる眼鏡」 Huaweiが日本で6月3日発売
眼鏡製造販売のオンデーズとファーウェイ・ジャパンが、フレームにスピーカーを内蔵した「聴こえる眼鏡」を発表した。6月3日からオンデーズの一部店舗などで販売する。(2022/5/27)

メガネとしても利用できるセミオープンスピーカー「HUAWEI Eyewear」登場 3万2780円
Huaweiがグローバル展開するメガネ型セミオープンスピーカー「HUAWEI Eyewear」が日本でも展開されることになった。レンズ部分は度付きのものに交換することも可能で、実際にメガネとしても利用できることが特徴だ。(2022/5/26)

QualcommがARメガネ「Wireless AR Smart Viewer」発表 無線接続に対応し、フレームが40%薄く
米Qualcommは5月20日(現地時間)、ARメガネのリファレンスモデル「Wireless AR Smart Viewer」を発表した。新しいプロセッサ「Snapdragon XR2」を搭載し、Wi-Fi 6/6EとBluetoothによる無線接続が可能になり、フレームが40%薄くなった。製造は中国の精密機器メーカーGoertekが行い、ARヘッドセットのコンテンツ開発者向けプラットフォーム「Snapdragon Spaces XR」に対応する。(2022/5/23)

Qualcomm、2代目ARメガネ「Wireless AR Smart Viewer」は無線でより薄く
Qualcommは、2代目になるARメガネのリファレンスデザインを発表した。「Wireless AR Smart Viewer」は無線接続可能で、先代より薄く軽い。新プロセッサ「XR2」搭載。(2022/5/22)

Google、「Pixel 7」「Pixel Tablet」「ARメガネ」を予告
Googleは年次開発者会議で、今秋発売の「Pixel 7」、2023年発売予定の「Pixel Tablet」を発表した。また、発売次期は未定だが開発中のARメガネも紹介した。リアルな世界に字幕が表示されるようなリアルタイム翻訳機能を搭載する。(2022/5/12)

Innovative Tech:
米NVIDIAなど、眼鏡サイズのVRヘッドセット開発 フルカラー3D画像を表示
米NVIDIAと米スタンフォード大学の研究チームは、眼鏡に近いフォームファクタを備えた超薄型ニアアイディスプレイを開発した。2.5mmの厚さの光学系を備え、フルカラーの3D画像を提供する。(2022/5/12)

メカ設計ニュース:
裸眼3D立体視が可能なノートPCの受注生産を開始
日本エイサーは、裸眼で3D立体視ができるノートPC「ConceptD 7 SpatialLabs Edition(CN715-73G-SL76Z)」の受注生産販売を開始した。3DメガネやVRゴーグルを使わずに、ノートPCだけで裸眼3D体験ができる。(2022/5/12)

「宝物ですねぇ」「似てる!」 小倉優子、“母の日”に次男からメガネ美人なママの絵をプレゼントされ喜び
小倉さんの特徴をしっかりつかんでる絵。(2022/5/9)

「メガネの“内側”が汚れるのが謎」 一体なぜか、メガネの街・福井県鯖江のめがねミュージアムに聞いてみた
目からビームが出ているから、ではありません。(2022/4/23)

メンツ凄っ! 桃井かおり、TAKURO&松本孝弘との豪華ショット “ビッグスター”の眼鏡姿に「超感動」「初めて見ました」
TAKが61歳なのに驚き。(2022/4/18)

鉄棒にチャレンジしたおしゃれなママに衝撃の結末 気持ちいいくらいに飛ぶウィッグとメガネに笑ってしまう
これは笑ってしまう。(2022/4/22)

アンカー、耳をふさがないオーディオグラス2種を発売
アンカー・ジャパンは、オーディオブランド「Soundcore」から2種類のオーディオグラスを発売。PCメガネタイプの「Soundcore Frames Cafe」、サングラスタイプの「Soundcore Frames Landmark」を用意する。(2022/4/14)

Ankerから初のオーディオグラス登場 1万9990円でPCメガネタイプとサングラスタイプの2種類
耳をふさがずに音楽が楽しめるのが特徴。(2022/4/13)

Anker、「スピーカー付きメガネ」を国内販売へ 1万9990円 マイクも内蔵
アンカー・ジャパンは、同社のオーディオブランド「Soundcore」初のオーディオグラスを国内販売すると発表した。(2022/4/13)

ゆうこす、しみじみ「綺麗に整形できてよかった〜」 2年前に経験、以前は「鼻低くてメガネ掛からなかった」
ビフォーアフター写真も公開。(2022/4/6)

パーソナル・グラス・アイックス社長 小松知史さん(66) 独自問診・検査で最適レンズの眼鏡
検査に50〜75分かけて、どう見えているかを調べ、視覚機能の矯正に最適なレンズで眼鏡をつくる(2022/4/5)

パパのこと、メガネが本体だと思ってる……? HIKAKINを「おとーしゃん」と呼ぶ2歳児にメガネの絵を見せてみた結果が切ない
「俺は……俺の存在は……」(2022/3/29)

Microsoft、ARとAIで視覚障害者のコミュニケーションを支援する「PeopleLens」
Microsoftは、視覚障害者が周囲の他者と交流するためのAI技術「PeopleLens」を発表した。ARメガネでキャッチした周囲の人との距離や視線の方向のデータをリアルタイムで音声に変換し、装着者に状況を知らせる。(2022/3/15)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(20):
メタバースは視界良好、メガネ型HMD「MeganeX」が見る未来
「CES 2022」で話題をさらったのが、Shiftallのメタバース用HMD「MeganeX」だ。従来HMDといえば、左右がつながったボックス型を思い浮かべるところだが、まさにメガネのように左右が分離したスタイルは、多くの人に驚きをもって迎えられた。Shiftallの岩佐琢磨氏に、MeganeXの開発経緯やメタバースの未来について聞いた。(2022/3/3)

VR/AR/MRニュース:
KDDIとNTTドコモがARメガネ「Nreal Air」の予約受付開始
KDDIとNTTドコモが、NrealのARメガネ「Nreal Air」を日本で発売する。最大201インチで映像を視聴可能で、TUV Rheinland(テュフ・ラインランド)から低ブルーライト、フリッカーフリーの認証を取得している。(2022/3/1)

ams OSRAM Vegalas:
RGB表面実装レーザーモジュール
ams OSRAMは、RGB表面実装レーザーモジュール「Vegalas」の試作デザインを発表した。市販の眼鏡フレームに搭載できるサイズで、従来の眼鏡やサングラスのようなデザイン性をスマートグラスに持たせられる。(2022/2/18)

VR/AR/MRニュース:
透明ARディスプレイにフォトリアルな3D映像を表示する実証実験に成功
凸版印刷と情報通信研究機構は、透明ARディスプレイにフォトリアルな3D映像を表示する実証実験に成功した。高精細な顔計測データから生成した3D映像は、複数人が同時に3Dメガネなしで見ることができる。(2022/2/14)

週末に「へえ」な話:
「魔法の虫めがね」で何が見えてきたのか “ヒヨコ”が出てきて消えた理由
大日本印刷が「魔法の虫めがね」なるモノを開発した。クラウドファンディングで販売したところ、目標金額を大幅に上回ることに。それにしても、このデバイスはどのような特徴があるのだろうか。(2022/2/12)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
マスク付きFace ID認証ってどんな感じ? メガネでも大丈夫? 使った人に聞いてみた
Face IDが近々マスクを付けたままでも認証解除できるようになる。iPhoneユーザーにとって一番恩恵があるのはApple Pay利用時の認証なのだろうか。(2022/2/3)

4000人に聞いた:
メガネをかけた人のイメージ 3位は「勉強/仕事ができそう」、2位と1位は?
プラネットは、「メガネに関する意識調査」を実施した。メガネをかけた人に対してどういうイメージを抱いているかを聞いた。また、コンタクトレンズではなくメガネをかける理由なども調査した。(2022/1/30)

「勉強は私が教えます。その代わり…」 クラスの冷徹なメガネ女子の意外な一面にドキッとする漫画
普段の冷徹なところも魅力的です。(2022/1/27)

【その視点はなかった】眼鏡やコンタクトを紛失したら「携帯電話のカメラ」が目の代わりになる 非常時役立つ知識が話題に
カメラに映ったものが手元で鮮明に見えるということは?(2022/1/11)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
メガネ、クルマ、チップ――CES 2022の見どころを振り返ってみた
オミクロン株で拡大するコロナウイルス感染の最中に開催されているCES 2022。それでも重要な発表はいくつかあった。(2022/1/6)

CES 2022:
QualcommとMicrosoft、メタバースに向けてARメガネ用チップ開発で提携
QualcommはCESの基調講演で、MicrosoftとARメガネ用チップ開発で提携すると発表した。「両社はメタバースを信じている」。新チップは「Microsoft Mesh」と「Snapdragon Spaces XR」に統合していく。(2022/1/5)

JINSからポケモンとコラボしたメガネ登場 18匹のポケモンがモチーフに
2022年1月1日から販売します。(2021/12/30)

【あなたは知ってた?】メガネを作るときに掛ける“なんかメカっぽいメガネ”のちゃんとした名前
レンズ交換しながら「これだと見え方どうですか?」と聞かれるやつ。(2021/12/29)

Innovative Tech:
無表情だと誤解されがちな人向け「人工眉毛付きメガネ型デバイス」 7種類の感情を眉毛で支援
公立はこだて未来大学などの研究チームは、人工眉毛の形状が多様に変化することで表情を拡張する眼鏡型ウェアラブルデバイスを開発した。(2021/12/24)

Innovative Tech:
装着者の作り笑いを見抜く眼鏡型デバイス、慶應大やNTTが開発
慶應義塾大学大学院理工学研究科杉本研究室とNTTコミュニケーション科学基礎研究所による研究チームは、反射型光センサーアレイを使った眼鏡型デバイスによる自然な笑顔と、作り笑顔の2種類の笑いを識別手法についての研究だ。(2021/12/16)

“スカウター”みたいなARグラス、中国OPPOが発表 2022年に限定発売
中国OPPOが“スカウター”のような形のARグラス「OPPO Air Glass」を発表した。メガネのように掛けられるがレンズは右側のみ。(2021/12/14)

Innovative Tech:
鼻呼吸でスマホを操作 呼吸時の音で入力内容を区別するメガネ型デバイス、立命館大らが開発
立命館大学村尾研究室と科学技術振興機構「さきがけ」の研究チームは、鼻呼吸でスマートフォンなどを操作するメガネ型デバイスを開発。(2021/12/8)

メガネ1つで誰でもVTuber、「VTUNER」の可能性 顔バレリスクなしも表情は硬め
ジンズがセンサー内蔵メガネ「JINS MEME」ユーザー向けに、3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。実際に使ってみたところ、率直な感想は「可能性は感じるがまだまだ頑張ってほしい」といったところだ。(2021/12/2)

Zoff福袋「Zoff Lucky Bag 2022」はリサ・ラーソンとコラボ お値段以上の「メガネ券」と限定グッズがセットに
商品券でお得を実感できる。(2021/12/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。