ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  K

  • 関連の記事

「KDDI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「KDDI」に関する情報が集まったページです。

au PAY、最大3000ポイントが当たる「たぬきの大抽選会」開催 8月22日〜9月11日
KDDIは、8月22日〜9月11日に「たぬきの大抽選会」を開催。au PAYで200円以上支払うとPontaポイントが必ず当たり、1回の抽選ごとに最大3000Pontaポイントを付与する。(2022/8/18)

KDDI、通信障害の返金案内16日から開始 詐欺SMSに注意呼びかけ
KDDIは15日、7月に起こした大規模通信障害について、影響を受けた携帯電話契約者に対する「お詫び返金」や音声通話のみの契約者への「約款返金」の案内を16日から順次、ショートメールメッセージで配信すると発表した。(2022/8/15)

KDDI、通信障害の返金は16日から1週間程度でSMS送信 「偽メール・偽SMSに注意して」と呼びかけ
「お知らせを装った偽メール・偽SMSにご注意ください」と注意喚起しています。(2022/8/15)

KDDIおわび返金、対象者確定 明日から案内 便乗詐欺に注意
KDDIで7月2日に発生した通信障害に関連し、影響を受けたユーザーへの個別の返金案内が始まる。対象者にはSMSで連絡するが、便乗詐欺の恐れもあるため注意が必要だ。(2022/8/15)

KDDIと沖縄セルラー電話が7月の障害に伴う「返金案内」を開始 8月16日から対象ユーザーに“URLのないSMS”で通知
KDDIと沖縄セルラー電話の携帯電話で7月2日から4日にかけて発生した通信障害について、両社が返金対象を確定した。povo2.0を除くSMSを送受信できる対象の携帯電話には、8月16日から約1週間をかけてSMSによる告知を行うという。(2022/8/15)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDI、ソフトバンク、IIJが新規契約純増数好調――ゼロ円値上げを発表した楽天モバイルの受け皿か
KDDI、ソフトバンクとインターネットイニシアティブ(IIJ)が相次いで2022年度第1四半期決算を発表した。各社共に新規契約が好調な傾向にあるようだが、7月から「月額0円から」の料金プランを廃止した楽天モバイルからの“受け皿”になっている可能性がありそうである。(2022/8/14)

イノベーションリーダーズサミット調べ:
イノベーティブ大企業ランキング2022 2位「トヨタ自動車」、5年連続1位に選ばれたのは?
プロジェクトニッポン(東京都新宿区)が運営するイノベーションリーダーズサミット(ILS)は経済産業省と共同で、スタートアップとの連携を通じたオープンイノベーションに積極的な大企業の人気ランキングを発表した。5年連続1位に選ばれたのは「KDDI」(得票率6.90%)だった。(2022/8/10)

オーディオグラス「HUAWEI Eyewear」、au直営店やau Online Shopでも取扱決定 実店舗では試着もOK
ファーウェイ・ジャパンのオーディオグラス「HUAWEI Eyewear」が、KDDI/沖縄セルラー電話の直営店やau Online Shopなどで取り扱われることになった。「au Style SHINJUKU」を始めとする直営店では、製品の試着やサウンドの試聴も可能だ。る。(2022/8/9)

緊急通報のローミングは「早めに対応すべき」――NTT島田社長一問一答(2022年8月編)
NTT(日本電信電話)が2022年度第1四半期決算を発表した。報道関係者向けの決算発表会では、KDDIと沖縄セルラー電話の通信障害に関する質問が相次いだ。主なやりとりを紹介する。(2022/8/9)

房野麻子の「モバイルチェック」:
通信障害で返金のKDDI、増収減益の今後の行方 焦点は金融と法人
KDDIは7月29日、2023年3月期第1四半期決算の説明も行った。障害が起こったのは7月2日なので、当然、この決算に影響は出ていない。約款に基づく返金とお詫びの返金合わせて総額73億円の会計処理についても現時点では確定していない。なお、社長の高橋誠氏は売上増加やコスト削減の「経営努力でカバーする」と語り、業績予想は変更していない。(2022/8/8)

石川温のスマホ業界新聞:
au通信障害、なぜiPhoneは音声がダメでもデータ通信は使えたのか――高橋社長「iPhoneとAndroid、機種によって振る舞いが違う」
7月2日から4日渡って続いてKDDIと沖縄セルラー電話の通信障害。SNS上の報告を見ると「iPhoneはデータ通信だけできるのに、Androidはデータ通信もできなかった」という声が多かった。なぜ、このような事が起こるのだろうか。(2022/8/7)

au PAYとPontaのキャンペーンまとめ【8月7日最新版】 最大50%還元の他、menuの配達料が無料に
KDDIが2022年8月7日から8月15日まで実施している還元施策やキャンペーンをまとめた。KDDIは、自治体と連携して最大50%を還元。ロイヤリティ マーケティングは、抽選で1000人に使ったポイントを最大全額還元している。(2022/8/7)

社長の会見対応は一部で絶賛も:
KDDIとみずほ銀行、2つの障害に3つの類似点 根幹にある問題とは
KDDIで発生した大規模通信障害。みずほ銀行で発生したシステム障害と比較し、類似点とともに背景にある問題を考察した。(2022/8/7)

毎月5/8の付く日にau PAY利用でPontaポイントが必ず当たる「たぬきの抽選会」開始
KDDIは、8月5日に「たぬきの抽選会」を開始。毎月5/8の付くキャンペーン対象日にau PAY(コード支払い)を200円(税込み)以上利用すると、Pontaポイントが必ず当たる。(2022/8/5)

楽天モバイル0円廃止の影響でIIJmioも好調 音声eSIMは「ドコモと協議している」と勝社長
インターネットイニシアティブの2022年度第1四半期の業績は増収増益と好調。個人向け「IIJmio」は楽天モバイルが0円廃止を発表した影響で、3.6万回線の純増となった。KDDI通信障害の影響でサブ回線需要が増し、eSIMが特に好調のようだ。(2022/8/5)

povo2.0が「Nothing Phone (1)」やSIMフリースマホなど28機種に対応
KDDIと沖縄セルラー電話は8月5日、オンライン専用プラン「povo2.0」の対応端末(動作確認端末)リストに、「Nothing Phone (1)」を始めとするSIMフリースマートフォンなど28機種を加えた。eSIM対応端末については、povo2.0での利用可否が確認できるようになっている。(2022/8/5)

携帯3社で通信障害 北陸・東北豪雨で 支援措置も
北陸・東北地方で続く豪雨の影響で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社で通信障害が発生した。山形県と福島県で通信サービスが使いづらい状態になり、5日正午の時点でも一部で障害が続いている。(2022/8/5)

povo2.0、対応端末にPixel 6など追加 BALMUDA PhoneやNothing Phone (1)も
KDDIが、スマートフォン向け通信プラン「povo2.0」の対応端末を拡充。米Googleの「Pixel 6」など28機種を新たに追加した。(2022/8/5)

「PayPayはマネタイズの時期に」「KDDI通信障害は対岸の火事ではない」 ソフトバンク宮川社長
ソフトバンクが2023年第3月期1四半期の連結決算を発表した。携帯事業の値下げが響き、増収減益となった。登録者数が4800万人を超えたPayPayについては「これまでの種まきの時期から本格的なマネタイズの時期に移行したい」と宮川社長は言う。KDDIの通信障害については「対岸の火事ではない」と話し、事業者間ローミングでeSIMを活用する案を披露した。(2022/8/5)

Japan Drone2022:
「通信の力でドローン機能を拡張」KDDIスマートドローンが狙う5つの領域
LTE上空利用で、ドローンの可能性を広げるKDDIスマートドローンのサービス。Japan Drone2022では、「物流」「測量」「点検」「監視」「未来の技術」の5領域での同社の挑戦と、それを支える機体を披露した。(2022/8/5)

auの「Xperia 1 IV」が1万6500円割引に 9月30日まで
KDDIは、9月30日までスマートフォン「Xperia 1 IV SOG06」が1万6500円割引になるキャンペーンを開催。「5G機種変更エンタメおトク割」と「5G機種変更おトク割」の適用で割引となる。(2022/8/4)

「高橋社長は立派だった」 ソフトバンク宮川社長、au通信障害にコメント ローミングには「本気で考える時がきた」
ソフトバンクの宮川潤一社長が、KDDIが起こした大規模障害にコメント。「KDDIの高橋誠社長は立派に質疑応答などに対応しており、安心感があった」などと対応を評価した。(2022/8/4)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクで通信障害 大雨の影響
東北地方における大雨の影響で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの一部地域で携帯電話サービスが利用しにくい状況となっている。原因は大雨の影響による伝送路の故障や停電など。8月3日から4日にかけて発生している。(2022/8/4)

KDDI指導まで6日 再発防止へ異例のスピード
大規模な通信障害を起こしたKDDIに対する総務省の行政指導は、KDDIが電気通信事業法に基づく報告書を7月28日に提出してからわずか6日という異例の速さだった。また、総務相名で行政指導したのも初めてのケース。金子恭之(やすし)総務相はこうした対応について「影響した時間の長さと規模を踏まえて私が判断した」と述べ、行政指導を受けた後の再発防止策の実施をKDDIに急がせる狙いを強調した。(大坪玲央)(2022/8/4)

「適切な対応」を求める:
総務省がKDDIと沖縄セルラー電話に「行政指導」 7月2日の通信障害を受けて
7月2日から4日にかけて発生したKDDIと沖縄セルラー電話の通信障害について、 金子恭之総務大臣が両社の社長に行政指導を行った。再発防止に向けて、大きく7つの事項を実行するように求めている。(2022/8/3)

総務省、KDDIに行政指導 「社会経済に深刻な影響」 輻輳検知ツールや制御の設計見直しを指示
総務省が、KDDIで発生した通信障害について同社と沖縄セルラー電話に行政指導した。「利用者の利益を阻害し、社会・経済活動に深刻な影響を及ぼす」として、再発防止策の徹底を求めている。(2022/8/3)

MVNO各社が返金対応、KDDI通信障害受け IIJmio、mineo、nuroモバイルなど
KDDIが7月に起こした通信障害を受け、MVNO各社が返金対応を発表している。返金を予定している各社の対応をまとめた。(2022/8/3)

NUROモバイル、KDDI通信障害に伴い返金 月額料金の3日分相当額を減算
モバイルサービス「NUROモバイル」が、au回線の通信障害に伴う返金を発表。対象サービス月額料金の3日分相当額とし、9月以降に請求額から返金額を減算する。(2022/8/3)

コールセンターのKDDIエボルバが社内の電話対応を完全撤廃したワケ
KDDIグループのKDDIエボルバは、米Microsoftのコミュニケーションツール「Microsoft Teams」を活用し、社内の電話対応を撤廃した。コールセンター事業の同社が、社内とはいえ電話対応を撤廃した理由には「コミュニケーションのデータ分析」があった。(2022/8/3)

KDDIの通信障害で考えるべき「3つの課題」 障害を起こさないため/起きたときにどうすべきか
KDDIが7月29日に記者会見を開き、7月2日から4日にかけて発生した通信障害の原因と再発防止策について説明した。障害の原因は「人為ミス」と「復旧手順の確認不足」だった。障害発生後の告知手段についても課題が残った。他社からのローミングによる緊急通報も、検討すべき課題だ。(2022/8/2)

「おわびのバラマキ」から卒業すべき? KDDI通信障害の「200円返金」を考える
KDDIは、大規模障害の「おわび」として、3589万人の契約者に対し、総額73億円の返金を行うと発表した。一人当たりにすると額は200円となる。この額は妥当なものなのだろうか。そもそも、約款外の「おわび」は必要なものなのだろうか?(2022/8/2)

KDDIの“200円返金”便乗詐欺に注意 本文にリンクがあるSMSはニセモノ
KDDIが、月初に発生した通信障害の“おわび”としてユーザーに返金すると発表したが、これに便乗した詐欺が発生する可能性もあり、注意が必要だ。(2022/8/2)

総務省、携帯4社に代理店の“業務適正化”求める 新規獲得だけでなくユーザー満足度なども評価指標に
総務省は、携帯4社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル)と全国携帯電話販売代理店協会に対し、販売代理店の業務適正化に向けた指導の改めての実施を要請した。(2022/8/1)

mineoとJ:COM MOBILE、KDDIの大規模通信障害に伴い返金対応
KDDI回線を利用するMVNOのmineo(オプテージ)とJ:COM MOBILE(JCOM)は大規模通信障害に伴う返金内容を案内している。mineoは具体的な補償内容、時期については、決まり次第別途、案内するとしている。J:COM MOBILEは「J:COM MOBILE A プラン(音声+データ)」を契約する人を対象に、通信障害期間(7月2日1時35分頃から4日15まで=約3日分)に相当する額を返金すると案内。(2022/8/1)

「J:COM MOBILE」でも返金 KDDIの通信障害を受け
JCOMは7月30日、KDDIの通信障害により、「J:COM MOBILE」が利用しづらい状況が発生していたことを受け、「J:COM MOBILE A プラン(音声+データ)」に契約していたお客に、返金を実施すると発表した。(2022/7/30)

UQ mobileとpovoで700万回線と好調 通信障害の影響は「営業努力でカバーする」と高橋社長
KDDIは7月29日、2023年度第1四半期(4月〜6月)の決算説明会を実施した。連結売上高は1兆3517億円、営業利益は2969億円で増収減益の決算となった。7月頭に大規模な通信障害が業績に与える影響について、高橋誠社長が見解を述べた。(2022/7/29)

IIJmio、au回線の音声SIMユーザーに200円を返金 KDDI通信障害を受けて
IIJが、au回線を用いた音声SIMのユーザーに200円を返金する。2022年8月の利用料金から減額し、ユーザーの手続きは不要。対象のユーザーには、後日メールで連絡をする。(2022/7/29)

KDDI通信障害、「約款返金271万人」と「おわび返金200円」の根拠は?
KDDIが、7月2日から4日にかけて発生した通信障害に関するユーザーへの返金を発表した。約款返金として、24時間以上通信サービスを利用できなかったユーザーに、基本料金の2日相当分を返金する。その他、影響の大きさを鑑みて、3589万人に200円のおわび返金を行う。この「271万人」と「200円」の根拠はどこにあるのか。(2022/7/29)

KDDIの補償額はなぜ1人200円なのか
auなどで発生した通信障害を受けKDDIは、補償として全ユーザーに200円を返金すると発表した。これに対しTwitterでは「安くない?」「ない方がいい」といった反応が見られる。補償額は1日の平均利用額をもとに計算された。(2022/7/29)

KDDI通信障害は“作業マニュアルの取り違え”から ヒューマンエラーで補償額73億円
auなどで7月2日に発生した通信障害は、約61時間にわたり合計3043万回線に影響を与えた。KDDIによると、障害発生の原因はルーターの設定ミスだが、そのミスが発生したのは、作業マニュアルの取り違えからだったという。(2022/7/29)

本田雅一の時事想々:
KDDIを襲った多重のワナ 通信障害では結局、何が起きていたのか
auの大規模通信障害では、結局何が起きていたのか。KDDIの高橋誠社長は7月29日、障害の概要などについて報告をした。報告によると、多重の想定外に見舞われ、障害が長期化した背景が見えてきた。ITジャーナリストの本田雅一が解説する。(2022/7/29)

KDDI、大規模通信障害の返金対応を発表 3589万人に200円
契約約款に基づく返金と、お詫びとしての返金を行います。(2022/7/29)

povo2.0ユーザーにはデータを進呈:
KDDI、通信障害で271万人に2日相当分、全ユーザーに200円を返金
KDDIは、7月2日の未明に発生し、約3915万回線に影響を与えた大規模通信障害について、返金内容を発表。約款返金とお詫び返金に該当する人に対し、合わせて73億円を返金する。内容をまとめた。(2022/7/29)

KDDI、通信障害の補償実施 3589万人超に総額73億円
KDDIは7月29日、2日から4日にかけてau回線で発生した大規模通信障害に対し、利用者への補償を行うと発表した。補償額規模は73億円に及ぶ。8月中旬に対象者を確定し、SMSで案内する。9月以降に返金額を減算する。(2022/7/29)

KDDI、全ユーザーに200円返金 通信障害の補償で 271万人は基本料を2日分減算
KDDIが、7月2日に発生した通信障害の補償として、障害発生期間中にスマートフォン、携帯電話、ホームプラス電話を契約していたすべてのユーザーに対し、請求額から200円を差し引くと発表した。(2022/7/29)

「ローミング」は通信障害の救世主になり得るか? 実現に立ちはだかる“3つの壁”
KDDIの通信障害の影響から、非常時にローミングを活用することが注目されている。だがその実現には技術面より運用や法律面で多くの課題を抱えている。「ローミングで通信障害対策」の実現可能性と課題について考えてみたい。(2022/7/29)

総務省がKDDIと沖縄セルラー電話からの「重大な事故報告書」を受領 7月2日〜4日の通信障害について
KDDIと沖縄セルラー電話の携帯電話ネットワークで7月2日から4日にかけて発生した通信障害について、両社が総務省に「重大な事故報告書」を提出した。同省では今後、報告書の内容を精査した上で必要な対応を講じることにしている。(2022/7/28)

KDDI通信障害、影響は3000万回線 今日総務省へ報告書提出
KDDIの大規模通信障害の実際の影響件数が、過去最大級の約3000万回線に上ることが関係者への取材で分かった。KDDIが28日に総務省に提出する報告書に盛り込まれる見通し。総務省は報告書を精査した上で、8月に行政指導を行う方針だ。(2022/7/28)

サブ回線に最適な「eSIM」 格安で使えるおすすめサービスと注意点
KDDIの通信障害を受け、「サブ回線を持とう」という報道が増えた。しかしサブ回線を持とうとすると金銭的な負担が増えるのも事実だ。そこで、サブ回線として安価な事業者やプランを紹介する。(2022/7/27)

スマホ決済Tips:
スマホ決済を使うだけで“ギガ”をためる方法
KDDIのオンライン専用プラン「povo」。そのデータが足りないとき、皆さんならどうするだろうか。チャージする手もあるが、実はコード決済サービス「au PAY」で稼ぐ手もある。(2022/7/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。