ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ららぽーと」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ららぽーと」に関する情報が集まったページです。

ニトリの背中も見えてきた:
新生ハンズが地方に大量出店? 「王者」カインズの東急ハンズ買収から見える、意外な未来
業績不振に苦しんでいた東急ハンズを、ホームセンター業界の王者・カインズが買収する。ニトリの背中も見えてきた同社は、かつて時代のトレンドを生み出してきたハンズをどう変化させるのか。(2022/1/26)

2022年4月に:
「ガンダムパーク福岡」、ららぽーと福岡にオープン 3つのエリアで構成
BANDAI SPIRITSとバンダイナムコアミューズメントは、2022年4月開業予定のららぽーと福岡に複合エンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」をオープンすると発表した。ガンダムの世界観を楽しめる空間として訴求する。(2022/1/21)

「ガンダムパーク福岡」4月オープン ガンプラ組み立てスペースや限定「太鼓の達人」も
見せてもらおうか……ガンダムパークの性能とやらを。(2022/1/20)

「ガンダムパーク福岡」4月開業 限定ガンプラにガンダム仕様「太鼓の達人」など初登場
福岡ガンダム近くにオープンする複合施設「ガンダムパーク福岡」の概要が明らかに。限定ガンプラの他、ガンダム仕様の「太鼓の達人」なども初登場。(2022/1/20)

1年で倍に増えた「実物大ガンダム」 お台場、横浜から上海、福岡へ VR空間や東京五輪にも
2021年、コロナ禍に翻弄されながら倍に増えた実物大ガンダム。お台場と横浜から上海、そして福岡へと広がったガンダム立像とガンダム関連の話題を振り返る。(2021/12/29)

福岡の“ν(ニュー)ガンダム立像”が完成へ クレーンで頭を付ける「上“頭”式」にガンダムファン大盛り上がり
これは燃える……!(2021/12/22)

福岡の実物大「νガンダム」は頭と右腕が動く 高さ24.8メートルに
バンダイナムコグループは22日、福岡県に建設中の実物大「νガンダム」立像の概要を公開した。現地では立像に頭部を取り付ける上頭式を実施した。(2021/12/22)

Yahoo!乗り換え案内で検索された「目的地ランキング」 3位「横浜アリーナ」、2位「東京ガーデンシアター」、1位は?
「ホール・イベント会場」は大きく検索数が増加したが、「観光・レジャー」は減少した。(2021/12/13)

レジャー施設のサブスク「レジャパス!」始動 東京タワーやよみうりランドなどで使える共通入場パスが月額2178円から
平日限定プランが2178円、土日祝日込みのプランが3278円、高価格帯のアウトドア施設にも対応するプレミアムプランが4378円。適用されるのは入場料のみで、乗り物券などは別料金。(2021/12/9)

キッザニア15th アニバーサリー:
三井ガーデンホテルがキッザニアとコラボ 直結のホテルで“世界観”を表現
三井不動産ホテルマネジメントは、「キッザニア」を運営するKCJ GROUPとタイアップし、「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」(東京都江東区)で、「キッザニア15th アニバーサリーコラボレーションルーム」を販売。(2021/12/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コストコと並ぶロードサイドの“雄” 知る人ぞ知る鮮魚チェーン「角上魚類」が急成長している理由
関東を中心に22店を展開する鮮魚専門店の「角上魚類」。コロナ禍でも業績が伸び続け、1日に1万人もの顧客が訪れる店舗もある。強さの秘密を創業者に聞いた。(2021/11/30)

店舗を見て分かったこと:
広い売り場と大きな看板の店舗を劇的に“縮小” 洋服の青山が導入する「デジタル・ラボ」の威力
近年、実店舗とオンラインを融合させたOMO型店舗の出店が加速。2016年から開発に力を入れているのが「洋服の青山」を展開する青山商事だ。独自で開発した「デジタル・ラボ」の導入を進めている。(2021/11/17)

SUUMOリサーチセンターの調査:
首都圏の「徒歩圏内で一通りそろう街」 神奈川「みなとみらい」、千葉「新船橋」、東京の1位は?
SUUMOリサーチセンターは、関東圏にある各駅から6キロ以内に在住の20歳以上男女に「歩ける範囲で日常のものはひととおり揃う」魅力が高い街を調査しランキングを発表した。(2021/11/11)

PR:コロナ禍で「レシートキャンペーン」急拡大 DXを目指す流通・小売がまず始めるべき施策はこれだ
(2021/11/1)

シングル向け物件:
東京駅まで電車で30分圏内の「家賃相場が安い駅」は? シングル向けは5.3万円の駅が1位に
リクルートは東京駅まで電車で30分圏内の「家賃相場が安い駅ランキング」を発表した。2位は同率「戸田公園駅」と「蕨駅」で6万1000円だった。1位は5万3000円の駅が獲得。(2021/10/28)

九州初の「ららぽーと」が誕生:
「ららぽーと福岡」が2022年4月に開業、食体験エリアなど180以上の店舗が集結
三井不動産、九州電力、西日本鉄道は、福岡市青果市場跡地に「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」を2022年4月に開業すると発表した。(2021/10/19)

「実物大νガンダム」福岡に立つ!! 2022年春開業の「ららぽーと福岡」に設置
新武装「ロングレンジ・フィン・ファンネル」だと……?(2021/9/15)

福岡に実物大「νガンダム」立像、22年春公開
バンダイナムコグループは15日、福岡に実物大の「νガンダム」立像を設置すると発表した。「ららぽーと福岡」の開業に合わせ2022年春に公開する。(2021/9/15)

ルグラン泉浩人氏に聞く:
天気に合わせた広告配信 「weathermarketing.net」が目指す広告体験向上のためのデータ活用
脱サードパーティーCookieの流れが進む中、広告の「出し分け」があらためて課題になっている。そうした中、気象データの活用というアプローチを取るサービスが登場した。(2021/8/13)

ららぽーと、2022年春に九州初進出 福岡市の青果市場跡地に開業
三井不動産、九州電力、西日本鉄道は、福岡市博多区の青果市場跡地で再開発を進めている商業施設の名称を「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に決定したと発表した。(2021/7/14)

「キッザニア」が福岡にオープンへ 2022年夏予定
2022年に開業予定の「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に出店予定。(2021/7/13)

普通のホームセンタじゃない:
カインズ、「Style Factory」東京初出店 ワークマンプラスとのコラボなどで利用シーンを提案
カインズが、ライフスタイルDIYショップ「Style Factory ららぽーと立川立飛店」を7月22日にオープンする。(2021/7/9)

プロジェクト:
船橋市で「MFLP 船橋III」と「&PARK」が竣工、総延べ70万m2の大規模物流施設が完成
三井不動産は、物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク 船橋III」と緑地空間「&PARK」の竣工をもって、千葉県船橋市で2013年から開発を進めていた総延べ床面積約70万平方メートルの街づくり型ロジスティクスパーク「MFLP 船橋」が完成したことを発表した。(2021/7/5)

マイクロアドデジタルサイネージが「OiTr」と連携:
女性個室トイレのデジタルサイネージにプログラマティック広告配信 生理用ナプキンを無料で提供
ジェンダーギャップ解消にデジタルサイネージが貢献。マイクロアドデジタルサイネージは2021年8月、オイテルが運営する女性個室トイレメディア「OiTr ads」に動画広告配信を開始する。(2021/6/30)

ららぽーと富士見で導入:
ナプキン無料化、動画広告でマネタイズ 施設内の広告出稿など見込む
女性個室トイレにデジタルサイネージ機能を持つディスペンサーを設置し、広告費を得ることで、利用者に対して無料で生理用ナプキンを提供する──「生理の貧困」に注目が集まるなか、オイテル(東京都品川区)はそんなサービスを8月に始める。(2021/6/29)

堀江流・経営者に必要な『やりきる力』:
ホリエモンが書店ビジネスで勝てた理由 ブルーオーシャン戦略を考え抜き、価値を「再定義」せよ
ホリエモンこと堀江貴文氏が考える「経営者に必要な能力」について語ってもらった。(2021/6/19)

「元気の時期 短くない……?」 生理の前の“PMS”期間とその症状の解説にさまざまな声が集まる
共感と理解したいという声が多数。(2021/6/14)

マウス、「キッザニア甲子園」にパビリオンを出展 7月下旬オープン
マウスコンピューターは、KCJ GROUPが運営する子ども向け職業/社会体験施設「キッザニア甲子園」にパビリオンを出展すると発表した。(2021/6/11)

トイレ個室で生理用品を無料で提供するサービス「OiTr」 ららぽーと富士見で本格導入
広告費で生理用品代をまかなう仕組み。(2021/6/4)

西川アニキ、三度目の正直なるか!? 「ガンダムSEED」劇場版に待望の続報で期待がイグナイテッド
テレビシリーズの続編。(2021/5/28)

千葉県の住みここちランキング 3位「千葉市美浜区」、2位「印西市」、1位は?
千葉県の住みここちランキング。結果は?(2021/5/25)

上海で実物大「フリーダムガンダム」立像公開 日本では限定ガンプラ登場
中国・上海市の商業施設「ららぽーと上海金橋」前に建造していた高さ約18mの「実物大フリーダムガンダム立像」が完成し、28日に公開された。(2021/4/30)

スピン経済の歩き方:
飲食店は“大荒れ”なのに、なぜニトリはファミレスに参入したのか
ニトリがファミレス事業に進出した。店名は「ニトリダイニング みんなのグリル」。、「お、ねだん以上。」のメニューが並んでいるわけだが、なぜ飲食店に逆風が吹き荒れているタイミングで出店したのか。背景にあるのは……。(2021/4/18)

プロジェクト:
大阪府で延べ4.5万m2の高齢者向け住宅が着工、三井不動産レジデンシャル
三井不動産レジデンシャルが大阪府豊中市で開発を進めていた高齢者向け住宅「(仮称)パークウェルステイト豊中計画」が2020年12月末に着工した。完工後は、三井不動産レジデンシャルウェルネスが建物を賃貸し、有料老人ホームとして運営する予定だ。(2021/4/15)

オリジナルデザインを50秒でネイルチップにプリント 「ネルチップ」で繊細なネイルアートを気軽に楽しめそう
アミューズメント施設などで稼働予定!(2021/3/18)

利便性を向上:
ららぽーと富士見が開業以来初の大規模リニューアル コロナ対応やファミリー向け施設を強化
ららぽーと富士見が大規模リニューアルを実施する。3月18日から新規店舗が順次オープンする。コロナ禍に対応した施設も用意した。(2021/3/11)

d払い、ユニクロで20%還元キャンペーン 初回ユーザーは最大70%還元に
NTTドコモは、3月1日から31日まで「ユニクロ『d払い』20%還元キャンペーン」を開催。キャンペーンサイトからのエントリーは2月25日から受付を行い、キャンペーンとの併用で初回ユーザーは最大70%還元となる。(2021/2/25)

「移動」を新たな成長分野に:
お店が近所にやってくる! 三井不動産が「動く店舗」で打ち出す、買い物体験の新機軸
三井不動産が「移動商業店舗」事業を始動。飲食や日用品、サービスなどの移動店舗を人々の生活圏で展開する。場所や時間などで変わるニーズに柔軟に対応。店舗にとっては低コストで直接客と触れ合う機会になる。“移動”を新たな成長分野としていく方針だ。(2021/2/24)

新連載・磯部孝のアパレル最前線:
ニトリがこっそり始めたアパレルブランド「N+」 その後どうなった?
コロナ不況といわれる昨今、島忠の買収劇などマスコミに取り上げられる機会も増えたニトリの異業種へのチャレンジともいえる「Nプラス」の現在値について今回は検証してみたい。(2021/2/17)

「Soup Stock Tokyo」が一部店舗で離乳食を無料提供 Twitterで絶賛の取り組みはなぜ始まった? 同社に聞いた
「鯛出汁のおじや」めちゃくちゃおいしそう。(2021/1/13)

ワークマン式「しない経営」【前編】:
ワークマン土屋哲雄専務に聞く 「4000億円の空白市場」をいかにして切り開いたのか
ソフトバンクグループの孫正義氏に「4000億円のホワイトマーケットをよく見つけた」と言わせた企業がある。作業服の業界で40年間トップを走るワークマンだ。2020年5月以降は常に二桁の成長を実現。11月の既存店売上高は38カ月連続で増えている。同社の土屋哲雄専務取締役にインタビューを敢行。いかにして4000億円という市場を発見するに至ったのかを聞いた。(2021/1/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ワークマンやカインズを育てた群馬発「ベイシアグループ」の正体
高成長を続けて注目されるワークマンやカインズ。これらの企業は「ベイシアグループ」に属する。1958年、群馬県に誕生した「いせや」はなぜここまで成長したのか。(2020/12/24)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
トレーラーハウスも登場、“働く場所”をどう選ぶ? シェアオフィスのカタチを探る三井不動産の戦略
三井不動産は法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」の新サービスとして、個室特化型の施設を展開する。コロナ禍によって、個室の利用が3倍に増えたからだ。新サービスの狙いと、トレンドの変化に対応し続けるワークスタイリングの戦略を聞いた。(2020/12/11)

最大10万円当選や20%還元など大型キャンペーンが続出 スマホ決済12月のキャンペーンまとめ
年末らしく、12月は特に大型キャンペーンが続くスマホ決済。PayPayの最大10万円を還元する「ペイペイジャンボ」や、au PAYが12月にスタートした最大20%還元キャンペーン目立つが、ドコモもdカード5周年を記念した5億円還元キャンペーンを始める。(2020/12/7)

「伝説のすた丼屋」からホルモン好きにはたまらん「すたみな“極”ホルモン丼」発売! 肉量1.7倍の「ギャラクシーすたみなホルモン丼」も
唐揚げ3個プラスの「唐揚げ合盛り“極”ホルモン丼」も!(2020/12/1)

au PAYで再び20%還元、au契約者は住宅ローン優遇 KDDIが金融事業で“大盤振る舞い”の狙いは
KDDIが、金融事業で“大盤振る舞い”に踏み切る。「au PAY」で大規模な還元策を打ち、au契約者は住宅ローンの金利を引き下げる。ソフトバンク系の「PayPay」などが先行する中、ユーザーのメリットを充実させて競争力を高める狙い。(2020/11/30)

au PAYで最大20%還元の大型キャンペーン再び 12月から3カ月間、約100万箇所で
KDDIが、2020年12月1日から2021年3月末まで、「au PAY」を利用してPontaポイントを最大20%を還元するキャンペーンを開催する。12月1日から31日までは、マツモトキヨシ、ほっともっと、オーケーや百貨店などで20%のPontaポイントを還元する。2021年1月以降も、スーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店で20%還元キャンペーンを展開する予定。(2020/11/30)

ルグラン泉浩人氏に聞く:
「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーのルグランが提供している。同社は次なる展開としてIoTセンサーによる二酸化炭素濃度測定サービスを開始。なぜ? 共同CEOの泉浩人氏に聞いた。(2020/11/25)

シングル向け物件:
トップ3に千葉の駅! 東京駅まで電車で30分、家賃が安い駅ランキング
リクルート住まいカンパニーは、「東京駅まで電車で30分以内、家賃相場が安い駅ランキング」をまとめ、その結果を発表した。SUUMOに掲載されたシングル向け物件を対象に調べたところ……。(2020/10/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ビックカメラ、ワークマン、アルペン…… 異業種の参入で盛り上がるアウトドア市場の今
アウトドア市場が盛り上がっている。ビックカメラやコーナン商事が相次いで専門店をオープンするなど、異業種からの参入も相次ぐ。どこまで伸びるのか。(2020/10/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。