ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マガジンハウス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マガジンハウス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
御三家から新々御三家まで! 高級ホテル「外資VS.日系」の歴史
日本政策投資銀行関西支店が、関西で新型コロナウイルスの収束後、1泊10万円超の高級ホテルの客室が約1300室足りなくなるとの試算を公表している。ところで、ラグジュアリーホテルとは何を指すのだろうか。ホテル評論家の瀧澤氏によると……(2022/8/1)

「Snow Man」目黒蓮、連続テレビ小説「舞いあがれ!」で朝ドラデビュー ヒロインと航空学校で出会う努力家を演じる
目黒さんをはじめ、5人の追加キャストが発表。(2022/7/19)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
観光ホテル? エコノミーホテル? 「うちをビジネスホテルと呼ばないで!」問題を考える
宿泊特化型タイプのホテルを表現する言葉として“ビジネスホテル”はその代表格といえる。しかし、最近はさまざまな宿泊特化型ホテルが誕生している。宿泊特化型ホテルが世間的に“ビジネスホテル”と呼称される事実と、それに違和感を覚える事業者の声を深掘りしていく。(2022/6/28)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
ドーミーインはビジネスホテルと呼べるのか 業界人を悩ます「くくり」問題
宿泊施設には多様な種別がある。筆者は7年ほど前から“業態のボーダレス化”と指摘してきた。(2022/6/8)

若者の働き方はこう変わった:
「仕事終わっていないけど、定時で上がります」 中年社員は新卒との”ジェネレーションギャップ”をどう解消すべきか?
上司や先輩は、4月に入社した新入社員に新鮮さを感じるとともに、ジェネレーションギャップに悩みはじめるタイミングだろう。最近の若者は働くにあたってどのような意識を持っているのか? また、ジェネレーションギャップを解消するために中年社員はどのような働きがけをすべきだろうか?(2022/5/6)

平野ノラ、髪の毛バッサリで「女優さんみたい」と反響 産後ダイエットも順調で「どんどんキレイに」の声も
ロングヘアじゃない平野さん!(2022/4/26)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「プラスチック新法」に対応したらアメニティーが“ごっそり”盗まれた? 対応に右往左往する現場のリアル
4月1日に施行された通称“プラスチック新法”。「ホテルの客室からアメニティーが無くなる!?」といったうわさがまことしやかに広がったが、実際はどうなのだろうか。ほぼ毎日ホテルに宿泊する筆者が現場を調査したところ……。(2022/4/8)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
食品ロスを減らそうとしたら宿泊客から「料理がないぞ!」 朝食ブッフェの“深刻”なジレンマ
コロナ禍で変化したホテルの朝食ブッフェ。筆者がリピートしているビジネスホテルでもある変化があった。その理由とは……。(2022/3/2)

木村カエラ、夫・永山瑛太のサインに喜び ラブラブエピソードに「最高」「1番のファンですね」
サインより宛名のほうが大きい。(2022/1/21)

「すっかりお母さん」 第1子出産のイモトアヤコ、子どもをあやす“母の背中”が頼もしい
育児は最強の筋トレ説。(2022/1/12)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「ホテルの賞味期限は10年」 インバウンド向けに急増したホテルが直面する“厳しすぎる”現実
 コロナ禍で意外に堅調だったカップル需要。コロナ禍前であればレジャー(ラブ)ホテルが十八番とされていたが、過去にさかのぼると、伝統的な高級ホテルでも午後チェックイン/深夜にチェックアウトというケースは散見されたという。(2022/1/5)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
コロナ禍のホテルで激増した「テレワークプラン」 “大きな声では言えない”ニーズがあった!
インバウンド活況から一転、需要が激減したホテル業界。その中で筆者は「ホテルのボーダーレス化」が顕著になったと指摘する。その中で目立った「デイユース利用」だが、ビジネスパーソン以外に目立った需要があった。それは……(2022/1/3)

【漫画】「好きな人」や「恋愛」に興味を持ちはじめた小1息子 ママと兄のハグに斜め上の指摘をしてしまう
いろいろ気になってくるお年頃。(2021/12/24)

Amazon、Kindle本を5冊まとめ買いでさらに15%ポイント還元のキャンペーンを実施中 対象は『呪術廻戦』『王様ランキング』など6万冊以上
キャンペーンの適用は1人1回のみ。(2021/12/17)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「何度もトラブルを起こされました」 Go To再開も素直に喜べない? ホテル業界から聞こえる“リアルな現場の声”
コロナ禍と対峙しつつ大変な時期を経てきたホテルであるが、明るい話題もちらほら出てきている。ポジティブムードに包まれつつある中で、今回はいまこの時期ならではの印象的なホテルの現場スタッフ話などを紹介したい。(2021/12/3)

入社3年目、「会社を辞めたくて仕方ない」 社内格差や悩み、体験談つづったエッセイ漫画『会社がツライ』
社内では低く見られ、社外の友人には「私も頭空っぽにしてエクセルやりたい」とマウントを取られ……。(2021/11/25)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
イクラ盛り放題は当たり前? ホテル朝食“激戦区”の北海道で見た驚きの朝食原価
北海道では、リゾートホテルやビジネスホテルでも海鮮朝食が花盛り。その内容たるや「こんなに出してやっていけるのだろうか?」とこちらが心配になるほどだ。今回はそんな北海道のホテル朝食事情を見ていく(2021/11/5)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
ビジネスホテルの“無料朝食”、気になる原価は一体いくら? 激化する“朝食合戦”から見るホテルの今
ホテルが朝食で特色を出そうとしていることは、宿泊者としてひしひしと感じる時がある。新たな施設の建設やリノベーションを施せば特色は強く打ち出せるが、コストはバカにならない。朝食は差別化のアイテムとして取り組みやすい部分なのだろう。(2021/11/4)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「40施設を売却」と報じられたプリンスホテルは“崖っぷち”なのか 現執行役員が語った生き残り策とは
プリンスホテルが進めてきたブランド戦略。3ブランド展開と共に進めたのがエリア体制だ。プリンスホテルの売却で何が変わるのだろうか。(2021/10/8)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
実は3種類ある「プリンスホテル」 売り上げ1位なのに、実態がよく知られていないワケ
規模や知名度などから、日本においてホテルの代名詞的な存在とされてきた「プリンスホテル」。2007年からは“新生プリンスホテル”として、ブランド戦略を進めている。(2021/10/7)

若者に「今を肯定してほしい」 渋谷直角、90年代カルチャー描く最新作『世界の夜は僕のもの』で伝えたかった願い
「『自分がもっと変われるんじゃないか』と感じていたころの気持ちを刺激したい」(2021/9/30)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
ホテル1室のアメニティー、清掃費用は一体いくら?  ホテルの気になる“原価”あれこれ
コロナ禍で価格が下がっているホテル利用料金。そもそも原価はどのくらいなのだろうか。運営会社に取材を試みた。(2021/9/17)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「振り回されたのはGoToに似ている」との声も 東京五輪はホテルに恩恵をもたらしたのか
五輪開催で当初は不足問題も浮上したホテル業界。それが新型コロナウイルス感染拡大で一転、一気にネガティブな空気が支配した。多くの競技が無観客開催となったが、五輪はホテルに恩恵をもたらしたのだろうか。(2021/9/1)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
カプセルを大胆リノベーション! カプセルホテルの“安心お宿”がコロナ禍で打ち出す“秘策”
筆者が取材を続けてきた“カプセルホテルのトップランナー”といわれる事業者にフォーカス。アフターコロナに向けても新たな境地を切り開きつつあるリアルな現場について、これまでの取材の総括も含めレポートしたい。(2021/8/26)

頭に血をつけた子猫を発見→「3日持つかわからない」と言われたが…… 保護子猫の回復までを描いた漫画に感涙
食い意地、大事。(2021/8/15)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
爆増した3万ブース超のカプセルホテル “ブーム終焉”の理由はコロナ禍だけじゃなかった
近年、訪日外国人旅行者の激増により宿泊施設不足が露呈、数多くのホテルなどが誕生した。施設数で群を抜いていたカテゴリーが「簡易宿所」といわれる施設で、その代表格が「カプセルホテル」や「ホステル」と呼ばれる宿泊施設だ。(2021/7/28)

イモトアヤコ、ポーズ決めた“セーラームーンコス”も思わぬ箇所に注目集まる 「登山家の健脚」「強そうな太もも」
登山家として体を鍛えていたイモトさん。(2021/7/15)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
ドーミーインのこだわりは「大浴場」だけじゃない 店舗数拡大でも維持する「水風呂」と「朝食」の質
共立メンテナンスが運営するビジネスホテル「ドーミーイン」。大浴場のこだわりにとどまらず独自サービスを展開している。(2021/7/14)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
寮発祥のドーミーインが「大浴場」をどんどん展開するワケ 手掛ける「和風ビジネスホテル」とは?
「宿泊施設のカテゴリーボーダーレス化」が進んでいるが、ドーミーインのサブブランド「御宿 野乃」もそのひとつだろう。(2021/6/28)

連載・瀧澤信秋「ホテルの深層」:
“日本一の朝食”を出す函館のホテル 宿泊客数を抑えてまで守ったモノとは?
日本一の朝食と言われるセンチュリーマリーナ函館は、宿泊予約流入をコントロールし“稼働を落とす”ことを指示。宿泊客を減らしてまで実現したかったこととは?(2021/6/14)

連載・瀧澤信秋「ホテルの深層」:
ホテル業界復活のカギは「朝食」にあり? コロナ禍でヒルトンが進めた115項目の改善
ホテルにとって朝食はキモ。“朝食でホテルを選ぶ”人も多いだろう。人気の尺度という点で朝食の良しあしは注目されるポイントになっているのは事実だ。筆者はソーセージと焼き鮭に注目する。(2021/6/11)

創業50年:
コロナ禍でも黒字のアパホテル 常識破壊の”強さ”と悲願の10万室が生んだ“功罪”
アパホテルが2021年5月10日に創業50周年を迎えた。いまや日本を代表するホテルブランドとして圧倒的な知名度を誇る同社。コロナ禍の中、2020年11月期連結決算で黒字を確保したという発表は、ホテル評論家としても衝撃的だったと筆者は語る。(2021/5/26)

どう立て直す?:
バブルの名残 温泉街の「大型施設」が廃墟化 鬼怒川と草津の違いと「大江戸温泉物語」の戦略
コロナ禍がもたらす温泉街への影響は甚大だが、「温泉の魅力」として考えさせられるのが“街づくり”という点だ。筆者は「施設そのもので集客できる強い宿は例外的で、温泉地の魅力自体が集客を左右する」と指摘する。(2021/5/7)

リピーター続々:
1泊20万円超も コロナ禍なのに高級ホテルが続々開業するワケ
宿泊業の経営破綻や開業延期・中止などのニュースが続いているが、新規開業が目立ち鼻息荒いのが“高級”といわれるホテルや旅館だ。(2021/4/28)

コロナ禍だけが原因じゃない:
国内に75万室! 供給過剰のビジネスホテル インバウンド消失で生き残る策はあるのか
ホテルが供給過剰? コロナ禍でインバウンド消失、国内需要も激減とあっては当然のことと思われるだろう。しかし筆者は、供給過剰というワードは、コロナ禍ではなく“コロナ禍前の状況”を表していると指摘する。(2021/4/14)

帝国ホテルのパンケーキや銀座コージーコーナーのモンブランをミニチュア化! 銀座スイーツのフィギュアで銀座気分に
ミニチュアになってもオシャレでかわいい。(2021/4/6)

外資VS.日系の顧客獲得合戦:
「御三家」の帝国ホテル、建て替えの決断 リッツ・カールトンやハイアットにどう立ち向かう?
帝国ホテルが、主力の「帝国ホテル 東京」(東京都千代田区)を建て替える方針を固めたとの報道があった。その理由として本館の老朽化と、外資系高級ホテルへの対抗があるという。日系ホテルは外資系にどう立ち向かえばいいのだろうか。(2021/3/26)

沈黙の巨人、「写研」が動いた “愛のあるユニークで豊かな書体”がわれらの手に届くまでの100年を考える
DTPが登場してもしばらくは、「写研の書体でなければ」というデザイナーからの要望が強かった。そんな写研の長い旅を振り返る。(2021/1/21)

インターステラの採用戦略(後編):
インターステラテクノロジズが「ホリエモンのロケット採用」に踏み切った理由
北海道大樹町で観測ロケットと超小型衛星打ち上げロケットを独自開発しているインターステラテクノロジズ。同社が今後事業を拡大していくためには、人材を呼び込むことも大きな課題だ。後編ではISTの今後の計画と、採用戦略について明らかにする。(2021/1/19)

インターステラの採用戦略(前編):
ホリエモンが「次の基幹産業は宇宙ビジネスだ」と断言する理由
北海道大樹町で観測ロケットと超小型衛星打ち上げロケットを独自開発しているインターステラテクノロジズ。同社ファウンダーのホリエモンこと堀江貴文が宇宙ビジネスが自動車産業などに代わって日本の基幹産業になる可能性を語る。日本が持つ技術的・地理的なポテンシャルの高さがあった。(2021/1/18)

具合が悪くゲップする猫ちゃんを病院へ→「新しいご飯がおいしかったから食べ過ぎた」 ただの食いしん坊と判明
まさかの展開。(2020/12/29)

【漫画】ママが思わずホロリした「小5息子のイケメン発言」とは? 大人顔負けの気遣いに読者も「泣ける」「なかなか言えないよ」
きっと全ママがホロリする。(2020/11/22)

このまま年賀状になりそう! 花田美恵子、13歳年下夫と“美男美女ペアルック”の1枚がウットリする出来映え
すてき夫婦。(2020/11/19)

松本まりか、大胆な“M字ポーズ”を披露するも「Mってそっち〜?!」「思ってたんと違う」とファン動揺
この“M”は初めて見るな!(2020/10/16)

仮想通貨はネット広告を変えるか? Webを見るだけで仮想通貨をもらえるブラウザ Brave
Webブラウザ、Braveが日本国内でも本格展開を始める。ユーザーのプライバシーを尊重し、ユーザーの行動データを外部に出さない独自の広告を配信。広告を見たユーザーには独自のトークンを配布する。(2020/7/31)

堀江貴文の「スマホ人生戦略」:
堀江貴文が語る、ジャニーズ事務所「新時代の海外戦略」――“嵐×Netflix”はテレビ主役時代の「終わりの始まり」
IT起業家として、インターネット黎明期から第一線を走り続けているホリエモンこと堀江貴文。堀江の行動原理はしばしば「多動」とも呼ばれているが、その多動的な行動を支えているのは実はスマートフォンだ。堀江は自身の仕事においてPCはほとんど使わず、スマホを使って多くの関係者とコミュニケーションを取りながら複数のビジネスを回している。第2回はジャニーズ事務所の海外戦略などを例に、動画配信が変えるビジネスの変化について語る。(2020/5/19)

堀江貴文の「スマホ人生戦略」:
ホリエモンが語る飲食ビジネス「集客成功の法則」――世界のセレブを落とし続けた「インスタマーケティング」の秘密
IT起業家として、インターネット黎明期から第一線を走り続けているホリエモンこと堀江貴文。堀江の行動原理はしばしば「多動」とも呼ばれているが、その多動的な行動を支えているのは実はスマートフォンだ。堀江は自身の仕事においてPCはほとんど使わず、スマホを使って多くの関係者とコミュニケーションを取りながら複数のビジネスを回している。連載第1回は堀江が携わっている最高級の和牛ブランドを世界に広める飲食事業「WAGYUMAFIA(ワギュウマフィア)」を例に、飲食ビジネスにおける集客を成功させるための法則について語ってもらった。(2020/5/18)

「世界一の環境」が埋もれてしまっている:
ホリエモンが北海道で仕掛ける「宇宙ビジネス」の展望――くだらない用途に使われるようになれば“市場”は爆発する
ホリエモンこと堀江貴文氏が出資する北海道大樹町の宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズが5月2日に予定していた小型ロケット「MOMO5号機」の打ち上げを延期した。延期は関係者にとっては苦渋の決断だったものの、北海道は引き続き宇宙ビジネスを進めていく上で優位性を持っており、期待は大きい。そのことを示したのが、2019年10月に札幌市で開かれた「北海道宇宙ビジネスサミット」だ。登壇したのは、同社の稲川貴大社長と堀江貴文取締役、北海道大学発ベンチャーのポーラスター・スペースの三村昌裕社長、さくらインターネットの田中邦裕社長、北海道大学公共政策大学院の鈴木一人教授。(2020/5/9)

松重豊、実写版「きょうの猫村さん」で初めての猫役 「まさかのキャスティング」「こういうのでいいんだよ」
俳優・松重豊のポテンシャルを見た。(2020/2/22)

「信者ビジネス」との批判に反論:
堀江貴文が“炎上上等”で「ホリエモン万博」開催に奮闘する理由――知られざる「六本木の衰退」に一石
ホリエモンこと堀江貴文がさまざまなイベントを同時多発的に開催する「ホリエモン万博」を2月1日、2日に東京・六本木で開催する。「赤字続き」だという万博の開催を続ける目的を堀江に問うと、経営者の高齢化などにより古き良き飲食店がなくなりつつあり、一部で衰退の兆しが見える六本木を、大人が楽しめる街として盛り上げることにあるという。堀江自身がその思いを語った。(2020/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。