ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ミニバン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミニバン」に関する情報が集まったページです。

自動車業界の1週間を振り返る:
「スカイラインを諦めません」の意味を深読みしたい記者心理
コロナ禍の生活も1年半が経過し、会見や説明会はオンラインが当たり前になりました。YouTubeなどで配信されることも珍しくないのですが、以前は会見を配信してくれる親切な企業はあまり多くなかったと記憶しています。会場に行かずに会見を通しで見るには、どこかのメディアが生中継してくれることを期待するしかありませんでした。(2021/6/19)

「ほんまに好きやねんこの車」 コロチキ・ナダル、借金して買った愛車「デリカD:5」を紹介するも相方西野のイタズラに阻まれる
夢が叶った……?(2021/6/17)

無謀すぎるあおり運転 高速道路で走行中のトラックとケンカを始めたミニバン、執拗に煽るも路肩に追いやられて自滅
走りながら口論を繰り広げていたそうです。(2021/6/8)

ルーマニアの山林鉄道を行く「魔改造ミニバン」が豪快 潔くて、変な光景で、何か好き
緑の中を駆け抜けていく……真っ赤なミニバンです。(2021/6/6)

アイスを「保管」しておけるぞぉぉぉ……!! クルマに置ける「冷凍冷蔵庫」登場、サンコーから
キンキンに冷やせます……!(2021/6/4)

N-BOXで月2万9194円から 新車のサブスク、ホンダも開始「楽らくまるごとプラン」登場
コミコミで新車に、7年プランは契約後「無償譲渡」も。(2021/5/26)

モビリティサービス:
2列シートのエルグランドと5Gで移動中にWeb会議、日産など5社が実証実験
大日本印刷(DNP)と日産自動車、ゼンリン、ソフトバンク、クワハラは2021年5月25日、移動中の車内でWeb会議を行える「移動会議室」の実証実験を実施すると発表した。(2021/5/26)

車両、通信、コミュニケーション、地図、運行サービスが連携:
「移動するWeb会議室」の実証実験を開始 ゼンリンら5社が連携
ゼンリンなど5社は、移動中の車内でWeb会議をする「移動会議室」の実証実験を開始する。ミニバンの後部座席をWeb会議向けに整え、移動しながら打ち合わせやプレゼンテーションなどが実施できることを検証する。(2021/5/26)

VIP気分……! 車内の快適Web会議を実現する「移動会議室」ハイヤー登場へ
日産、ソフトバンク、DNPらが共同で実証実験を行います。(2021/5/25)

ホンダの新型SUV「VEZEL」好調、月3万台超を受注
おぉぉ〜! 売れ筋グレードと人気カラーも明らかに。(2021/5/25)

日産「エルグランド」を使用:
移動中の会議を快適に DNPや日産が「移動会議室」の実証実験
大日本印刷(DNP)、日産自動車、ゼンリン、ソフトバンク、クワハラの5社が、移動中に快適にWeb会議ができる「移動会議室」の実証実験を行うと発表した。(2021/5/25)

日産エルグランドを「移動Web会議室」に 専用ディスプレイ設置、運転手付き
(2021/5/25)

ビシッと四角いワイルド系 「タフト」「ウェイク」に“きらめく”アウトドアな特別仕様車
軽でも車内広ぇ〜。(2021/5/11)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第3回 ワーケーションに必要な「モノ」、後悔しないワーケーション生活のコツ
何を用意しておけばいいの……? ワーケーションを快適にする「モノ」は何か、達人に聞きました。(2021/5/1)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第1回 なぜワーケーション生活を始めたの? 何が楽しいの?
1年の半分以上ワーケーションを実践する達人に、ワーケーションの「楽しいこと」と「ホントにできるの?」を直撃! 気になる疑問やホントのところをひもといていきましょう。(2021/4/27)

軽自動車にあって高級セダンにない…… 不思議な装備「リアワイパー」って必要?
使っていますか? リアワイパー。(2021/4/6)

東日本大震災から10年、KDDIが災害対策訓練を公開 ドローンの活用やヘリコプター基地局も
KDDIが、宮城県の夢メッセみやぎ(みやぎ産業交流センター)にて災害対策訓練の実施と最新の設備内容を公開した。東日本大震災から10年たったが、その間にKDDIの通信ネットワークの災害対策や復旧体制も大きく拡大。ヘリコプターと小型基地局を活用した、人命救助の実験も行っている。(2021/3/9)

トヨタ、Auroraとロボタクシー製造で提携 年末にはテスト開始へ
トヨタ自動車、デンソー、自動運転システムの新興企業Aurora Innovationがロボタクシー(自動運転車によるタクシーサービス)向け車両開発・量産で提携した。Auroraのシステムを搭載するトヨタのミニバン「Sienna」をUberなど向けに量産する計画。(2021/2/10)

「レビン」が復活している!? 「IZOA」って何だ? 見たことあるようで見たことない「中国向けトヨタ車」の世界
レビンは今なお健在です、中国で。(2021/2/3)

月5000円から ネットで申し込める中古車サブスク「ニコニコダイレクト」開始
スマホ料金並み。軽ワゴンで月5000円から、月1万円のプリウスなども〜。(2021/2/2)

メカ設計ニュース:
ブリヂストンのSUV専用タイヤ「ALENZA LX100」、「REGNO」の技術で静粛性2割向上
ブリヂストンがSUV専用タイヤ「ALENZA LX100」の開発背景や技術的な特徴などについて説明。主に舗装された道路での走行を前提とするオンロードSUV向けに快適性を追求したタイヤであるLX100の投入に併せてオンロードSUV向けをALENZA、オフロードSUV向けをDUELERに統一する。(2021/2/1)

デジタル防災を始めよう:
デジタル備蓄のススメ EV活用「V2H」と大容量ポータブル電源とソーラーパネルと
電気への依存度がますます高まる中、緊急時にあわてないために。(2021/1/29)

「オイ、屋根ねーぞ」 ダイハツが魔改造「ハイゼットオープン」披露、屋根バッサリ切り取っちゃった変態仕様に
あの果樹園仕様にインスパイア。(2020/12/29)

電気自動車:
トヨタの超小型EVは“エンジン車並み”を意識せず、電池を含めたビジネスの第一歩に
トヨタ自動車は2020年12月25日、2人乗りの超小型EV(電気自動車)「C+pod(シーポッド)」を法人や自治体向けに限定発売したと発表した。日常生活の近距離移動や定期的な訪問巡回に向けたモデルだ。WLTCモードで高速道路モードを含まない走行距離は150km。最高速度は時速60km。個人向けの本格販売は2022年を予定している。価格は165万〜171.6万円。(2020/12/28)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
セダンは別に欲しくないけど、「結果的にセダン」という着地はあるかもしれない
それ以前に欲しいクルマを買えるだけの経済力が必要でした。(2020/12/23)

自動車業界の1週間を振り返る:
クラウンが生産終了!? それでも最先端の技術はセダンから始まる
みなさんこんにちは、金曜日です。1週間、お疲れさまでした。今週も自動車業界ではさまざまなニュースがありました。ゆるゆると振り返ってみたいと思います。(2020/11/13)

製造マネジメントニュース:
ホンダも上方修正で営業利益は前回予想から2200億円増、中国がけん引
ホンダは2020年11月6日、オンライン説明会で2021年3月期第2四半期(2020年4〜9月期)の決算を発表した。(2020/11/9)

モータースポーツ超入門(2):
F1にこだわり続けたホンダ、なぜ参戦終了を決めたのか
ホンダの参戦終了は世界中のファンはもとより、F1関係者にも大きなショックを与えた。ただ、ホンダの経営判断を理解するには、自動車産業を取り巻く環境変化や、F1そのものの在り方についても配慮しなければならないのではないか。(2020/11/6)

手をかざしてドアを開閉:
ホンダ、新型「オデッセイ」発売 デザインを大幅刷新、初搭載「ジェスチャーコントロール」で利便性向上
ホンダは11月6日、ミニバン「オデッセイ」のマイナーチェンジモデルを発売する。外観デザインを大幅に刷新したほか、装備の改良によって使い勝手を向上。手をかざすことでドアを開閉できる機能など、利便性を高めた装備を初採用した。(2020/11/5)

保安基準満たさない恐れ:
日産、「セレナ」2万3000台リコール LEDランプに不具合
日産自動車は「セレナ」2万2955台のリコールを国土交通省に届け出た。LEDフォグランプに不具合があり、光軸が基準を満たしていない恐れがある。(2020/10/30)

燃料ポンプに不具合:
トヨタ、「ノア」「ヴォクシー」など21万台リコール 走行中エンストの恐れ
トヨタ自動車は「ノア」「ヴォクシー」など計39車種21万363台のリコールを国土交通省に届け出た。燃料ポンプに不具合があり、走行中にエンストする恐れがある。(2020/10/29)

製造マネジメントニュース:
ダイハツがトヨタとレクサスを抜いてトップに、「自動車耐久品質調査」で
J.D.パワージャパンは2020年10月21日、「2020年日本自動車耐久品質調査」の結果を発表した。ブランド別の総合ランキングではダイハツが初めて1位を獲得した。(2020/10/27)

現地調達したクルマを改造して車中泊 約1年かけてニュージーランドを一周した旅女子の記録が「こんな生き方してみたい」と話題に
旅行期間の割に、費用もかなり安くなっています。(2020/10/25)

本物のトロッコを“自分で“運転できちゃう! 廃線を再利用した「トロッコ王国美深」に行ってきたよ
何と言っても元ホンモノ! 往復約40分、テンション上がりっぱなし〜。(2020/10/16)

デカい! 迫力の怖い顔に変身、日産が「エルグランド」を刷新 最上位グレード「VIP」で789万円から
広々後席でふんぞり返りたいな。(2020/10/12)

安全性・快適性向上へ:
日産、「エルグランド」をマイナーチェンジ デザインを一新、存在感あるフロントグリルに
日産自動車は、高級ミニバン「エルグランド」をマイナーチェンジして発売した。フロントグリルを中心にデザインを一新し、室内装備や安全技術も拡充した。(2020/10/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
後部座席に乗ってみたいクルマこそが、いつまでも選ばれるのかも
運転するより後部座席に乗ってみたいと思うのは、初めてでした。(2020/9/10)

将来は新車も?:
トヨタが「中古車のオンラインストア」開設 見積もりから契約までネットで完結
トヨタ自動車が、中古車をオンラインで注文できる「トヨタ中古車オンラインストア」をオープン。見積もりから契約までオンラインで提供する。(2020/9/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
シトロエン・ベルランゴ 商用車派生ミニバンの世界
商用車と商用車ベースのクルマにはまた独特の良さがあって、筆者もそういう世界は聞きかじり程度に知っている。こんな世界にこの8月、ニューカマーとして日本市場にやってきたのがこのシトロエン・ベルランゴである。いろいろ覚悟ができる人にとって、ノア/ボクシーを避けつつ、家族をもてなすクルマという意味での存在価値はそれなりに高い。さらにいえば、運転することの楽しさも放棄しないで済む。(2020/9/7)

先行公開を開始:
ホンダ、「オデッセイ」を秋にマイナーチェンジ 手をかざしてドアを開閉できる機能も
ホンダは、秋にマイナーチェンジする上級ミニバン「オデッセイ」の改良モデルを特設サイトで先行公開した。デザインの変更に加え、同社として初採用となる機能も搭載し、利便性を高める。(2020/9/1)

トヨタ「ライズ」最新PVがカオスすぎる アニメ「かぐや様は告らせたい」古川慎&古賀葵コンビがラブラブっぷりを見せつける
動画を配信したのは、「いつもの」CV部です。(2020/8/14)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍の逆風でも、DeNAのカーシェアが盛り返したワケ
新型コロナによる外出自粛という逆境の中で、DeNA SOMPO Mobilityの個人間カーシェア「Anyca」の業績が好調だ。4〜5月の利用実績は前年と比べると半減だったが、6〜7月は回復した。その要因は。(2020/8/13)

エモいレトロ車をリアルに再現 ミニカー付き「懐かしの商用車コレクション」が創刊
三輪車でしょ。四輪の免許? 二輪の免許かな?(2020/8/12)

日産にとって「魅力的なクルマ」とは?
「10年ぶりのブランニューモデル」として販売を開始した「キックス」や、7月15日に発表する「アリア」はなるほど、時流に乗っていると言えます。ただ……。(2020/7/13)

新たな新型コロナ対策:
KDDI、タクシーでの相乗り通勤実験を開始――満員電車などの「3密」回避
KDDIがタクシーでの相乗り通勤実験を開始。配車アプリを活用する。通退勤時の満員電車などでの「3密」回避。(2020/7/9)

電気自動車:
シャープ製ソーラーパネルをEVに、外部電源からの充電ゼロも可能に
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とシャープは2020年7月6日、EV(電気自動車)用太陽電池パネルを製作したと発表した。(2020/7/7)

変速機構が破損する可能性:
日産「セレナ」11万台リコール CVTに不具合、走行できなくなる恐れ
日産自動車は、ミニバン「セレナ」など計2車種11万1546台のリコールを届け出た。変速機の制御プログラムに不具合があり、走行できなくなる恐れがある。(2020/7/3)

フロントにバイクが生えてる!? 火花を散らしながら走るミニバン トンデモすぎるひき逃げ事件が話題に
二度見不可避。(2020/6/30)

ドラえもんとタイアップ メルセデス、迫力顔の小型SUV「GLA」、7人乗り「GLB」発表
力強いデザインに進化しました。(2020/6/26)

200万円台後半:
日産、新型SUV「キックス」投入 競争激化の市場に「e-POWER」で勝負
日産自動車は6月24日、新型SUV「キックス」を発表した。日本で競争が激化しているコンパクトSUV市場に、独自の電動パワートレイン「e-POWER」搭載モデルで挑む。遅れていた新型車投入を加速させる最初のモデルと位置付ける。(2020/6/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。