ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自然環境」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自然環境」に関する情報が集まったページです。

大東建託が調査:
滋賀県の「住みここちランキング」 3位「大津市」、2位「守山市」、1位は?
大東建託は滋賀県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を行い、その結果を発表した。1位になった自治体は?(2021/6/10)

大東建託が調査:
山梨県の「住みここちランキング」 3位「富士河口湖町」、2位「甲斐市」、1位は?
大東建託は、山梨県に住む成人男女対象の居住満足度調査を行った。「住みここち(自治体)ランキング」の1位になったのはどこか?(2021/6/1)

医療技術ニュース:
オスを数%しか産まないハチの謎は、母親同士の協力行動に起因
明治学院大学らは、寄生バチの一種であるメリトビアがオスを数%しか産まないのは、血縁関係にある母親同士が互いの子孫を効率良く残すための協力行動であることを明らかにした。(2021/5/25)

PR:にっこり笑顔のホッキョクギツネ、「ンン゛ーッ!」と必死なユキヒョウ 野生動物たちのレアな表情を“WWFフォトギャラリー”で見てみよう
LINEで友だちになると、誰でも見ることができます。(2021/5/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「レジ袋有料化」は“天下の悪法”か 次は「プラ製スプーン有料化」で、経済に大打撃
レジ袋有料化からもうすぐ1年が経過しようとしている。どういう理屈で「エコ」になるとしているのか? プラ製のスプーンやフォークが有料化されると、経済に深刻なダメージを与える可能性もある。(2021/5/18)

若者たちの間で評判:
ラピュタ感がすごい! 滋賀の山中にそびえる「謎の廃墟」、正体は?
琵琶湖の北東部、滋賀県長浜市の山中に、古代遺跡を思わせる謎めいた建造物がそびえ立っている。草木に覆われ朽ちていく風情がコスプレイヤーの若者たちの間で評判を呼び、隠れた人気スポットとなっている(2021/5/12)

モノづくり最前線レポート:
環境負荷が高いアパレル産業だからこそ目指す持続可能性、5つの観点とは
ファッションワールド東京(2021年3月23〜25日、東京ビッグサイト)では「第1回 国際サステナブルファッションEXPO」が開催されたが、その中で日鉄物産 事業開発部 部長の木下祥一氏が登壇。「サプライチェーン全体で取り組みます!日鉄物産の『COCOROSUS』について」をテーマとし、同社が取り組むサプライチェーン全体で取り組む原材料循環の取り組みについて紹介した。(2021/4/27)

検査・維持管理:
NTTコムウェアがインフラ点検分野に本格参入、第1弾はAI施工検査と情報共有クラウド
NTTコムウェアは、AI施工検査サービス「Infratector typeC」及び現場とオフィスの情報共有クラウドサービス「フィールドコラボ」を開発した。(2021/4/23)

南極調査船のストレージシステム【後編】
南極調査船が「テープ」を選んだ理由と、極寒の南極で「過熱」が問題になる理由
南極調査船は過酷な環境下で航行するため、船内で運用するストレージシステムも特別な要件を満たさなければならない。どのようなストレージシステムを採用し、どう運用するのか。(2021/4/20)

太陽光:
太陽光発電で失われた土地の1位は「里山」、国立環境研究所が全国調査
国立環境研究所が太陽光発電による土地改変の実態を明らかとするために、出力0.5MW(500kW)以上の発電容量を持つ国内の太陽光発電所を地図化し、規模や分布の特徴をまとめた調査結果を公表した。国内の0.5MW以上の太陽光発電所は8725カ所で、いわゆる里山と定義される環境に建設されているケースが多いことが分かった。(2021/4/7)

愛知県で住みここちがいい駅 3位「大須観音駅」、2位「高岳駅」……1位は?
愛知県で住みここちのいい駅と住みたい街のランキング。住みここち(駅)の3位は「大須観音駅」、2位は「高岳駅」だった。1位は?(2021/3/30)

プロジェクト:
赤坂ツインタワー跡地の再開発が始動、インバウンド需要に応える43階建て複合施設
森トラストとNTT都市開発が、赤坂ツインタワー跡地で計画を進める赤坂二丁目プロジェクトが本格始動した。森トラストでは、ニューノーマルのその先を見据えた再開発と位置付け、新たに建設する複合ビルでは、赤坂周辺の地域資源「江戸型山車」の修復・常設展示の他、訪日観光客の要望を満たすジャパンブランド発信施設の整備、国際級ホテルの誘致などを行い、赤坂エリアの国際競争力を高める方針を打ち出している。(2021/3/29)

台湾にも不安材料はある:
半導体製造、米国の“国内回帰”のメリット
オフショアリングの主な利点は、今も昔も変わらず「人件費を削減できる」という点だ。しかし近年では、安価な労働力の流動化が進み、より高い生活水準を求める声が高まると、人件費に対する圧力が強くなっている。(2021/3/29)

南極調査船のストレージシステム【前編】
南極調査船の「内蔵ストレージシステム」とは? 大量の調査データを守り切る
英国南極観測局(BAS)は、南極調査船の初航行に向けて調査データ保存用のストレージシステムを構築した。過酷な環境で大量のデータを運用するために、採用した製品とは。(2021/3/23)

富士ソフトの株主優待に「しいたけ詰め合わせ」があるって本当!? 担当者「品評会で6年連続金賞を受賞している自慢のしいたけを味わっていただきたい」
最高のしいたけ、食べてみたい!(2021/3/11)

ソーラーシェアリング入門(42):
近づく“再エネ争奪戦時代”の到来、高まるソーラーシェアリングへの期待とは
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は筆者が出席した環境省の「国・地方脱炭素実現会議」で、小泉環境大臣へ行ったプレゼンテーションの内容を紹介するとともに、国内の再エネ需要と太陽光・ソーラーシェアリングの展望について考察します。(2021/2/24)

期間限定で復活したジャポニカ学習帳「昆虫シリーズ」の切手シート登場 ヨドバシ.comで販売
学習帳2種とA4クリアファイルとのセットで数量限定販売。(2021/2/5)

独自の武器:
世界初! エネルギーを生み出す北極圏のホテル デンマークの建築家が抜擢された理由
人口約580万人の小国ながら、世界中を魅了するデンマークの建築やインテリア。現地には、建築設計を学ぶために世界各国からやって来ているが、建築家たちはどのように独自の武器を磨いているのか。(2021/2/2)

視点:
サステナブルな移動需要喚起
地域に眠る観光資源を掘り起こし、それを種として人々の移動需要を喚起し、地域経済を活性化するコンセプトを紹介。(2021/1/25)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(73):
豪雪でも出社しなくちゃいけないの? 地方のテレワーク事情2021
「テレワーク」は都市部の専売特許みたいな印象があります。でも実は地方こそ、テレワークを推進した方がいいのかもしれません。その理由とは?(2021/1/20)

モノづくりスタートアップ開発物語(7):
AIロボットでイチゴの受粉を自動化、世界中の食糧問題解決を目指すHarvestX
モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用したモノづくりスタートアップの開発秘話をお送りする本連載。第7回は、開発が困難とされる果物の植物工場を、AI搭載のロボットで実現しようと取り組むHarvest Xを紹介する。同社はイチゴの栽培を研究ターゲットにする。一般的にイチゴはミツバチによって受粉するが、じつはこの受粉過程がとても悩ましい問題だった。(2021/1/19)

2021年版「住みたい田舎」ランキング発表 コロナ禍で地方移住の熱高まる
宝島社は月刊誌『田舎暮らしの本』2月号で、「2021年版 第9回 住みたい田舎ベストランキング」を発表した。結果は?(2021/1/7)

今年秋までに:
パソナ、淡路島に新社屋建設へ 1200人が働くのはどんなところ?
新型コロナウイルスの感染拡大で東京都千代田区大手町から兵庫県の淡路島に本社機能の一部移転を進めるパソナグループが、島内で令和3年秋までに新社屋の建設を計画していることが2日、分かった。(2021/1/3)

ロッテリアでペプシゼロが無料に! 1月限定の「0円キャンペーン」開催
バーガーとペプシのセットがお得に楽しめる。(2020/12/23)

うひょひょ〜ヤベー乗りものキター!! 水上をカッ飛ぶ電動ジェットボード「radinn」が日本上陸
アドレナリン出まくりそう。(2020/12/17)

スピン経済の歩き方:
焼肉業界で「大豆ミート」が主流になる、これだけの理由
外食産業が苦戦する中、「焼肉」が健闘している。カルビやハラミなどを好む人が多いだろうが、近い将来、肉を食べることができない日がやって来るかもしれないのだ。どういうことかというと……。(2020/12/15)

人工知能ニュース:
養殖業の作業効率化に貢献、画像認識技術を用いた自動魚数カウントシステム
ヤンマー舶用システムは、養殖マグロの計数作業の省力化に貢献するため、画像認識技術を用いた「自動魚数カウントシステム」を発表した。水中カメラ、船内モニター、画像処理PC、専用ソフトウェアで構成する。(2020/12/14)

PR:便利で安全! 選べる! 高コスパ! デル・テクノロジーズの「PCバックパック」がお勧めな訳
ノートPC用のバッグ類(バックパックやブリーフケース)を探すのは、簡単そうに見えて意外と難しい面がある。手頃な価格で高品質なものが欲しいなら、デル・テクノロジーズ製のバックパックやブリーフケースをチェックしてみよう。(2020/12/9)

製造マネジメント インタビュー:
「日本人はネガティブ過ぎる」インダストリー4.0“生みの親”が語る日本への期待
本田財団は2020年の本田賞としてインダストリー4.0の提唱者の1人であるドイツ工学アカデミー評議会議長のヘニング・カガーマン氏を表彰した。カガーマン氏が考えるDXのポイントと日本への期待について話を聞いた。(2020/11/27)

Innovative Tech:
動画から手の動きを3Dデータ化、ハンドジェスチャーも認識 英ICLなどが開発
手の指の動きも忠実に読み取る技術。(2020/11/26)

南城市とうるま市、観光型MaaSの実証実験としてパッケージツアーを開催
沖縄県南城市およびうるま市は、NECソリューションイノベータらと共同で、MaaSを利用して両市内の世界遺産などを巡る2泊3日のパッケージツアーを企画し、観光型MaaSの有効性を探る実証実験を行う。期間は2021年2月5日から3月28日まで。2020年11月20日から参加者の募集を開始した。(2020/11/24)

ドローン:
ドローンで落雷被害を防ぐシステム、使用する電力は雷エネルギーで賄う
日本電信電話(NTT)は、「NTT R&Dフォーラム2020 Connect」において、落雷位置を高精度に予測する技術と雷エネルギーを地上に流す「誘雷ドローン」を組み合わせることにより、人や設備を落雷から守る技術を開発していることを明らかにした。2022年から自然環境での実証実験を開始する予定で、2030年ごろの実用化を目指している。(2020/11/20)

コロナ禍で奮闘する新規事業:
東京メトロがヨガスクールを経営する理由
東京メトロが地下鉄・妙典駅近くの高架下でヨガスクールを経営している――。入社3年目の女性社員の発案によってだ。取締役などに狙いを聞いた。(2020/11/10)

高校生戦隊ヒーローが地球を守る「高速戦隊ターボレンジャー」 10月30日からYouTube無料配信
車モチーフ戦隊の元祖、流れ暴魔ヤミマル&キリカなど好敵手キャラも魅力。(2020/10/28)

観光でも遊びでもない、新たなワーケーション:
PR:「バケーション」ではないワーケーションを 妙高市が提供する、仕事に役立つワーケーションの形とは?
昨今注目の「ワーケーション」だが、「観光」「遊び」というイメージも強く、興味はあってもなかなか手を出せない、という人も多いのではないだろうか。そんな中、新潟県妙高市が、「バケーション」ではないワーケーションを提供し始める。いったいどんなプログラムなのだろうか?(2020/10/23)

ドローン:
業務用ドローン向けの航空測量LiDARとフルサイズセンサーカメラを発表
DJIは、ドローン向けの航空測量ソリューション「DJI Zenmuse L1」とフルサイズセンサーカメラ「DJI Zenmuse P1」を発表した。ともに業務用ドローン用に設計されており、要求が厳しい測量やマッピング、建設分野での利用に適している。(2020/10/23)

排泄と環境をテーマに藝大生が創作したトイレ 上野公園内に「上野トイレミュージアム」としてオープン
体内と自然界の循環を表現。(2020/10/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道業界で大流行の「SDGs」 背景に見える、エコテロリズムへの危機感
東急で環境保護などをうたったラッピング車両「SDGsトレイン」が走り始めた。こういった取り組みが鉄道業界でも浸透し始めている。環境に配慮した車両は以前から開発されてきたが、あらためてSDGsを発信する背景には、環境保護を訴える若者などへのメッセージの意図がある。(2020/10/2)

イノベーションは日本を救うのか(37)番外編:
コロナ後の新しい価値観を探る 〜3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ
コロナ禍は、新しい価値観を探る機会なのではないか。こうした中、筆者は最近、今後の世界観あるいはフレームワークとして、「3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ」を提唱している。今回は番外編として、これらの考え方を紹介したい。(2020/9/16)

キャリアニュース:
ストレスオフ県ランキング、男性は「青森県」女性は「鳥取県」が1位
メディプラス研究所が「ストレスオフ県ランキング2020」を発表した。男性は「青森県」、女性は「鳥取県」が1位を獲得した。総合第1位は、前年から男女共に大きくランクアップした「山口県」だった。(2020/9/3)

イラスト柄も販売:
懐かしい「昆虫」が復活 ジャポニカ学習帳販売開始50周年
ショウワノートは「昆虫」をテーマにした10種類のジャポニカ学習帳を9月から販売する。子ども向けの「学習帳」での採用は2012年以降で初。子どもたちに昆虫のビジュアルに興味を持ってもらい、自然環境に目を向けてもらいたいという。昆虫のイラスト柄を採用した商品も展開する。(2020/8/28)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
従業員のストレス削減に効く植物や音響システムを搭載したオフィス家具
パソナ・パナソニック ビジネスサービス(PBS)とパナソニックは、パナソニックのオーディオブランドテクニクスの音響システムを採用したオリジナルビッグテーブルやオリジナルベンチなどのオフィス家具を開発した。各オフィス家具にはストレスの削減に効き目がある植物を最適な緑視率で植栽したプランターを組み込んでおり、職場環境の改善に役立つ。PBSは2022年度までに、今回開発したオフィス家具を累計90社に導入することを目指している。(2020/8/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“すれ違い”が注目されたリニアトップ面談「それでも悲観しない」理由
リニア工事を巡るJR東海社長と静岡県知事によるトップ面談は和やかに終わったが、ヤード工事の認識ですれ違いが生じ、県側は再開を認めなかった。それでも悲観する結果ではない。報道や世論で対立を煽るのではなく、トップ同士が意思確認する場を作れたことをまずは評価しては。(2020/7/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
認識のズレはどこで起きた? JR東海社長と静岡県知事の「リニアトップ面談」にツッコミを入れる【後編】
静岡県庁で行われたJR東海社長と静岡県知事の面談。進行に沿って解説する記事の後編。後半は「工事許可の手続き」と「川勝知事の同意のような返事」に注目すると、和やかに終わった面談後に、知事が「不誠実」と発言した背景も見えてくる。(2020/7/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“悪者扱い”の誤解解く発言も JR東海社長と静岡県知事の「リニアトップ面談」にツッコミを入れる【前編】
リニアの静岡工区に関して、JR東海社長と静岡県知事による面談が行われた。この内容を把握するために、進行に沿ってツッコミを入れていきたい。今回は前編。注目は「静岡工区が悪者にされた」という誤解を解く発言と、東海道新幹線「ひかり」への言及だ。(2020/7/3)

材料技術:
塗装なしで漆黒を再現する高機能バイオ素材、クラファンでスマホケースも
NECプラットフォームズは、海洋プラスチックごみなどの環境問題の解決に貢献する高機能バイオ素材「NeCycle」の販売開始を発表した。当面は、高付加価値、環境性が求められる製品向けに展開をスタートし、事業規模を拡大。2025年度に年間50億円の売上高を目指す。(2020/7/1)

韓国でも大人気のエコな化粧水って? Qoo10コスメランキング(6月8日〜14日)
6月8日〜14日のベスト3は?(2020/6/17)

産業動向:
五洋建設がSEP船有すDEME Offshoreと洋上風力建設で協業
国内で、港湾区域と一般海域で洋上風力発電設備の開発を促進する法律が整備され、全国各地で洋上風力発電の開発が活発になっていることを受け、五洋建設も、DEME Offshoreと手を結び、海上での風力発電建設へ本格的に乗り出した。(2020/6/16)

業界動向:
「リモートワーク成功の秘訣は“雑談にアリ”、サテライトオフィスに需要増」CBRE
CBREは、新型コロナ感染症の拡大によって、国内の企業でリモートワークが進む一方で、制度を撤廃するケースもあったことを独自調査からつかみ、導入成功には何が必要かをオンラインセミナーで説いた。(2020/6/12)

今後のカギは「サスティナブルワーク」:
なぜ、失業者ではなく休業者が新型コロナで激増したのか 2つの理由
新型コロナで休業者が激増している。リーマンショック時と比較すると、その差は顕著だ。なぜ、失業者でなく休業者が激増したのか? 背景に2つの理由があると著者は解説する。(2020/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。