ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「周辺機器」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
周辺機器 - ITmedia PC USER
質問!PCパーツ・周辺機器→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でPCパーツ・周辺機器関連の質問をチェック

モダニティ、“XtremeMac”ブランド製品の国内取り扱いを開始
モダニティは、XtremeMacブランド製のワイヤレス充電スタンドなど各種周辺機器の取り扱いを発表した。(2019/6/17)

スマホ×バッテリー快適ライフ:
多すぎてよく分からない、スマホの「急速充電」規格を整理する
スマートフォンの「急速充電」は、さまざまな規格が乱立している。スマホや周辺機器のメーカーが定めた規格もあり、分かりにくさに拍車を掛けている。規格の種類や出力数など、急速充電にまつわる情報を整理した。(2019/6/16)

バッファローの周辺機器がメガドライブミニに公式対応 USBハブなどを利用可能
セガゲームスから発売予定の「メガドライブミニ」の特設ページにバッファロー製USBハブなど周辺機器として掲載されている。(2019/5/17)

DJIのGoProキラー、使い勝手は? 周辺機器は? 「Osmo Action」実機を試してきた
デュアルスクリーンと映像ブレ補正RockSteadyを搭載したアクションカメラ「DJI Osmo Action」をチェックした。(2019/5/16)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
スマホやPCの周辺機器はこうして「突然死」する
PC、スマホ、タブレットの周辺機器やアクセサリーは、それまで絶好調で販売されていたにもかかわらず、本体機器のモデルチェンジによって終息を迎えることが日常茶飯事。しかし中には、製品のモデルチェンジなどとは異なるイレギュラーな理由によって、販売を打ち切らざるを得ないケースも出てくる。(2019/4/28)

スマレジ、ヤマダ電機池袋店ほか12店舗に体験カウンターを開設
クラウドPOSレジ「スマレジ」は、ヤマダ電機池袋店ほか12店舗へサービスを体験できる「スマレジカウンター」を順次開設。スマレジへ実際に触れられる他、周辺機器の店頭販売も行う。(2019/4/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
今時のゲーミングPC、予算感は15万〜30万円が標準的?
最近のアキバでは、ゲーミングPCを一式組むのに「本体で20万円、周辺機器込みで25万円」なんて話も耳にする。数年前の「10万円でもまぁOK」という時代から相場観が大きく変わっている……?(2019/4/22)

ファンクションジェネレーターの基礎知識(2):
ファンクションジェネレーターの機能と周辺機器
ファンクションジェネレーターはさまざまな波形を連続発生するだけではなく、外部信号によって変調や発生制御を行うことができる。ここではファンクションジェネレーターが持つ機能について解説する。また、ファンクションジェネレーターと合わせて使われる増幅器やフィルターを紹介する。(2019/4/19)

PCパーツ卸のマスタードシードが事業停止
PCパーツや周辺機器の卸販売を手掛けていた専門商社のマスタードシードが3月4日に事業を停止し、債務整理を弁護士に一任した。(2019/3/6)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「この製品がダメだから、このメーカーはダメだ」という考えが危ない理由
PCやスマホの周辺製品に不具合が発覚した場合、ユーザーからは「あのメーカーは信頼できる」「信頼できない」などと、製品の評価をメーカーそのものの評価へと繰り上げる傾向がよく見られる。しかし周辺機器の場合、こうした考え方はやや短絡的で、逆に選択肢の幅を狭めてしまう危険がある。(2019/2/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「Amazon限定」がガジェット周辺で増えつつある理由
最近はノートPCやディスプレイ、HDD、メモリカードなど、PC周辺機器においても「Amazon.co.jp限定」の製品は増えつつある。オリジナルの製品と仕様がほぼ変わらないこうした製品が増えるのはなぜか。メーカー、そしてユーザーにはどんなメリットがあるのだろうか。(2019/2/10)

Ankerのキーパーソンに聞く(後編):
ポケモンGOと災害で「モバイルバッテリー」需要増 そのときメーカーは
モバイルバッテリーやスマートデバイスの周辺機器で人気の中国メーカー・Anker。ここまでの信頼を勝ち取れた理由とは。同社のCEOと日本法人の代表に聞く(後編)。(2018/12/10)

「ピアニッシモ」2銘柄も発売:
白い「プルーム・テック」販売開始 カラフルな周辺機器も充実、女性客取り込みへ
JTが白い「プルーム・テック」を発売。「ピアニッシモ」からフルーティーな風味の2銘柄も発売した。女性ユーザーなどの取り込みを図る狙いで、20年末までに加熱式たばこ市場のシェア40%獲得を目指す。(2018/12/4)

Ankerのキーパーソンに聞く(前編):
「100人で年間35万件のレビューに目を通す」 中国メーカー・Ankerが日本で評価される要因を聞いた
モバイルバッテリーやスマートデバイスの周辺機器で人気の中国メーカー・Anker。ここまでの信頼を勝ち取れた理由とは。同社のCEOと日本法人の代表に聞く。(2018/11/9)

新iPad ProのUSB-C互換性を徹底調査 ドック、給電からDAC、モバイルルータまで
iPad Pro 11-inch、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) のUSB-C接続周辺機器を徹底的にチェックした。(2018/11/8)

ドコモの「ワンナンバーサービス」がAndroidスマホでも利用可能に 専用周辺機器「ワンナンバーフォン」が登場
スマートフォンの携帯電話番号をアクセサリ端末(子機)と共有できるNTTドコモの「ワンナンバーサービス」が、Androidスマートフォンにも対応する。子機「ワンナンバーフォン」を購入した上で、スマホに専用アプリをインストールしてセットアップすることで使える。(2018/10/17)

USBデバイス+モニター+電源を一発接続! 中国Xiaomiのリーズナブルな「マルチポートアダプタ」を試す
中国Xiaomiといえば安価なスマートフォンで知られるメーカーだが、安価なスマホ・PC向け周辺機器も手がけている。この記事では、その1つであるUSB Type-C接続のマルチポートアダプタを紹介する。(2018/9/30)

ホワイトペーパー:
iPad持ち歩きに最適なケース、充電器、キーボードは?
iPad用の周辺機器は数多く存在している。本稿では、旅行などの長距離・長時間の移動を想定し、ケースや充電器、ストレージにキーボードなど、持っていると役に立つ周辺機器を紹介しよう。(2018/9/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「トータルソリューション」を名乗る“寄せ集め”にご用心
PC周辺機器メーカーやアクセサリーメーカーが大量の製品をシリーズで投入してくる際に使われることがある「トータルソリューション」なるワード。実はこの言葉、ユーザーにとっては疑って掛かった方がいい。(2018/9/20)

FAニュース:
アマダがプレス加工周辺装置のオリイメックを買収、一貫自動化へ
アマダホールディングスは2018年8月8日、名村造船所が100%の株式を保有するオリイメックの全株式を取得する株式譲渡契約を締結し、完全子会社とすることを発表した。(2018/8/20)

「iOS 11.4.1」配信開始 ロック中のUSBアクセサリ接続が初期設定でロック解除要に
Appleが「iOS 11.4.1」の配信を開始した。22件のセキュリティ関連の修正やバグ修正の他、「USBアクセサリ」設定が追加された。初期設定で、ロック後1時間たつとMacやUSB周辺機器に接続する際にロック解除が必要になる。(2018/7/10)

防水性能など充実:
ドンキ、6980円のアクションカメラ発売へ 4K動画撮影に対応
ドン・キホーテが、アクションカメラの第2弾を7月4日に発売する。4K動画撮影に対応したほか、周辺機器が充実した。価格は税別6980円。(2018/6/27)

リクルート、iPadや周辺機器をワンパッケージにした「Airレジ スターターパック」発売
リクルートライフスタイルは、POSレジアプリ「Airレジ」向けのiPadや周辺機器、マニュアルなどをワンパッケージにした「Airレジ スターターパック」を発売。保守サポートオプションなども用意し、6月11日に「ポンパレモール」で先行販売を開始している。(2018/6/14)

Essential、モジュール式周辺機器第二弾として3.5ミリオーディオジャックを今夏発売へ
先日当面スマートフォンの新モデルは出さないと発表したアンディ・ルービン氏率いるEssentialが、Essential Phoneの2つ目のモジュールとして3.5ミリオーディオジャックアダプタを今夏発売するとして画像を披露した。(2018/6/8)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PC周辺機器・アクセサリー選びで迷ったらバリエーションの多さに注目すべき理由
他社との差異化を図るためにカラーバリエーションが後から投入されるということは、オリジナルの製品が「当たり」であり、メーカーが寿命を延ばしたがっていると考えられる。つまりバリエーションが多い製品は、ユーザーにとってハズレを引かないための安全牌でもあるのだ(例外もあるが……)。(2018/6/1)

FAニュース:
特殊成形に対応した電動式射出成形機、モジュールオプションや接続機能を強化
東芝機械は、電動式射出成形機「EC-SX III」シリーズ17機種を発表した。軽量化や多材多色といった成形技術を最適化し、高付加価値成形に対応。周辺機器との接続機能も強化した。(2018/5/25)

アプリ連携&ソニー製CMOSセンサー搭載で1万円切り Ankerの新型ドラレコ「Roav DashCam C1」を試す
スマートフォン周辺機器でおなじみのAnkerから、ドライブレコーダーの新製品が登場。その実力を試した。(2018/5/25)

特選プレミアムコンテンツガイド
iPad持ち歩きに最適なケース、充電器、キーボードは?
iPad用の周辺機器は数多く存在している。本稿では、旅行などの長距離・長時間の移動を想定し、ケースや充電器、ストレージにキーボードなど、持っていると役に立つ周辺機器を紹介しよう。(2018/4/20)

FAニュース:
生産ラインにデジタルプリンティングを一体化、プリンタ制御するコマンド公開
ミマキエンジニアリングは、工業向けインクジェットプリンタと周辺機器の通信用に独自開発した「MDLコマンド」と「Mimaki Job Controller」を発表した。MDLコマンドの運用に必要な情報は、SDKとして同社Webサイトからダウンロードできる。(2018/4/5)

ミマキエンジニアリング:
工業向けプリンタを生産ラインへ組み込む“つながるデジタルプリンティング”
ミマキエンジニアリングは、インクジェットプリンタを周辺機器と相互通信で接続し、生産ラインへの組み込みや無人オンデマンド生産などを実現する“つながるデジタルプリンティング”の開発に着手。その第1弾として、周辺機器との通信で使用する同社独自の「MDLコマンド」と「Mimaki Job Controller」を発表した。(2018/4/5)

ケーブル&コネクタ図鑑:
写真で分かるUSB Type-C(タイプC)
「USB Type-C(タイプC)」はUSBの小型コネクターの一種だ。PC(ホスト)側と周辺機器側でコネクター形状が共通であり、またコネクターに表裏がなく、どちら向きでも装着できるという特長がある。(2018/3/26)

ケーブル&コネクタ図鑑:
写真で分かるLightning(ライトニング)コネクター
「Lightning(ライトニング)」は、iPhone/iPad/iPod touchに搭載されているApple独自仕様のインタフェースだ。周辺機器との通信や電力供給、充電などに利用される。コネクターに表裏はなく、どちら向きでも装着できる。(2018/3/26)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
クルマ用バッテリーや懐中電灯も 「Motorola」ブランドの意外な製品
CES 2018の取材後、写真を整理していたところ、とあるメーカーの周辺機器の写真が数多く見つかりました。Motorolaの「M」のロゴの入った製品です。モバイルとは関係ない製品なのに、なぜ?(2018/2/8)

医療機器ニュース:
認知症など脳ドック向け脳磁計で共同研究契約を締結
リコーと北斗は、認知症等のスクリーニング検査を想定した脳ドック向けの脳磁計と周辺機器の開発について共同研究契約を締結した。脳磁計測システムを用いた認知症診断技術の向上に貢献し、新しい脳ドック市場の開拓を目指す。(2018/1/31)

「Nintendo Labo」は何がスゴイのか 公式映像から考察してみた
任天堂が家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」向けの段ボール工作キット「Nintendo Labo」を4月に発売する。周辺機器として「何がスゴイのか」を考察した。(2018/1/18)

「そこまでしなくても」と思っても役に立つ
旅行が格段にはかどるタブレット周辺機器 iPadやSurfaceに最適なケース、充電器、キーボードは?
タブレットを携行して頻繁に旅をする編集者から、旅先に持っていくと役に立つグッズや周辺機器についてアドバイスを送りたい。(2017/12/31)

ヤマハ発動機 YHX-HCU-HP:
ヤマハ発動機、CPU処理能力が従来比3倍向上したホストコントローラーユニット
ヤマハ発動機は、FA統合コントローラー「YHX」シリーズの新製品としてホストコントローラーユニット「YHX-HCU-HP」を発表。ロボットや周辺機器の高機能化を見込み、CPU処理能力を従来機比約3倍に向上させた。(2017/12/22)

周辺機器メーカーが「携帯型NINTENDO64互換機」を開発中 N64ファンの社員が独断でプロトタイプ画像を流出させる
追加機能など詳しい仕様については不明。(2017/12/15)

Amazon Echoも対応検討:
「au HOME」が家電の遠隔操作に対応 「Google Home」とも連携
KDDIが、消費者向けIoTサービス「au HOME」を11月28日から拡充すると発表。米Googleのスマートスピーカー「Google Home」に対応した。赤外線リモコンなど周辺機器も充実させた。(2017/11/21)

オムロン NJ/NYシリーズ NC統合コントローラー:
加工機と周辺装置の高速同期制御により生産性を向上させるコントローラー
オムロンは、加工機と周辺装置の高速同期制御によって加工装置の生産性を向上させる「NJ/NYシリーズ NC統合コントローラー」を発売した。(2017/10/27)

Web通販限定:
Galax S8/S8+/Note8をPCライクにする「DeX Station」が日本上陸 11月1日発売
サムスン電子の「Galaxy S8」「Galaxy S8+」「Galaxy Note8」をデスクトップPCライクに使うための周辺機器「Dex Station」の国内販売が決定。Web通販限定で販売する。(2017/10/19)

ギフト・ショーの「iPhone 8」3モデル対応周辺機器で予想する、発表の中身と出荷時期
間近に迫ったAppleイベント。そこで発表されるiPhone新モデル(iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 8 Edition)はどのようなスペックなのか、出荷時期はどうなのか。そのヒントは東京ビッグサイトにあった。(2017/9/7)

株式交換で:
「BUFFALO」のメルコHD、製麺のシマダヤを完全子会社化
PC周辺機器の「BUFFALO」などを展開するメルコホールディングスは、老舗製麺会社のシマダヤを完全子会社化する。(2017/9/4)

モバイルdeワークスタイル変革:
スマホで「名刺入れパンパン」状態から脱する方法
ワークスタイル変革に役立つスマートフォン向けの周辺機器、サービス、アプリなどを紹介する本連載。今回はスマホのアプリを使って、名刺管理のストレスをぐっと減らす方法を紹介します。(2017/8/28)

パワーアダプター特化型に、Thunderbolt 3対応も!:
PR:USB Type-Cの“万能さ”を引き出す多彩なコントローラIC群
USB Type-Cは、高速データ転送とともに、最大100Wを受給電できる万能インタフェースとして、さまざまな電子機器のインタフェースを置き換えつつある。PCをはじめ、モニターや周辺機器、さらにはスマートフォンやゲーム機などがUSB Type-Cを採用しつつある。そこで、さまざまな電子機器でUSB Type-C対応を実現しているコントローラICを紹介する。(2017/8/22)

ハンドスピナーファンのみんな集まれ〜! 約130種のカタログ、周辺機器情報などを掲載したムック本登場
付録は約4分間回転するオリジナルハンドスピナー。(2017/8/6)

モバイルdeワークスタイル変革:
手書きメモを即スマホに同期 メモの整理やアイデア出しがはかどる「Neo smartpen N2」
ワークスタイル変革に役立つスマートフォン向け周辺機器、サービス、アプリなどを紹介する連載がスタート。今回はデジタルペン「Neo smartpen N2」を紹介。専用のノートに書いたメモが、スマホのアプリに自動で同期されるのが特徴です。(2017/7/24)

デル、「ALIENWARE」ブランドのゲーミング周辺機器を投入
デルは、同社製ゲーミングブランド「ALIENWARE」よりゲーミングマウス/キーボードなど計6製品の販売を開始する。(2017/6/29)

ロジクールのゲーミングデバイス22製品が「FF XIV」推奨機器に認定
ロジクールは、「Logicool G」ブランド製ゲーミングデバイス22製品が「ファイナルファンタジーXIV」推奨周辺機器に認定されたと発表した。(2017/6/20)

「Moto Z2 Play」とゲームパッドなど4つの新「Moto Mods」発表
Lenovo傘下のMotorola Mobilityが、日本でも販売している「Moto Z Play」の後継モデル「Moto Z2 Play」を発表。軽く、薄くなりカメラなどの機能も向上する。周辺機器の「Moto Mods」にもゲームパッドなど新たに4つのModが加わる。(2017/6/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。