ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  Q

「QRコード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

家電のトリセツURLをQRコードにして貼っておく! いざというとき助かるアイデアに賛美の声
みんな取説ってどう保管してる?(2019/12/5)

JR東日本、高輪ゲートウェイ駅の改札にQRコード改札機導入
QRコードに対応した改札はJR各社では初めて。無人の決済システムを導入した店舗の営業も開始するほか、警備や清掃などのロボットを導入。(2019/12/4)

高輪ゲートウェイ駅は“実証実験の場” QRコード自動改札機に多数のロボットも
JR東日本は2020年春の開業を目指す高輪ゲートウェイ駅に、QRコードに対応した自動改札機やロボットを試験導入すると発表した。同駅を「新しいことを始める場所」と位置付け、今後も実証実験を進める。(2019/12/3)

最新テクノロジーがたくさん:
QRコードで通過する自動改札を実験 高輪ゲートウェイ駅はどんな駅になる?
JR東日本は、2020年春に開業する山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の概要を発表。QRコードを使って通過する改札の実験を行うほか、人工知能(AI)を活用した無人店舗を常設する。(2019/12/3)

駐輪場でコード決済、NCDが開発 PayPayやLINE Payなどが対応
日本コンピュータ・ダイナミクスは、QRコード決済対応の駐輪場精算システムを開発。専用システム「ES21 QRコード決済システム」を活用し、駐輪番号を入力すると自動的に料金が表示され、好みの決済サービスを選択すれば決済が完了する。(2019/12/3)

都立施設では初:
上野動物園でQRコード決済開始 PayPayなど4種類 中国系サービスにも対応
上野動物園で11月29日、入場料支払いにQRコード決済が導入される。(2019/11/27)

4キャリアの「ポイント/決済サービスのクロスユース率」調査 楽天モバイルが上位に
MM総研は、キャリア4社がそれぞれ自社グループで提供するポイント/決済サービスの「クロスユース率」について調査結果を発表。ポイントサービス・クレジットカード決済は楽天モバイル、QRコード決済はソフトバンクがクロスユース率トップとなった。(2019/11/21)

iOS版から提供開始:
トヨタ、スマホ決済アプリ提供開始 電子マネー、クレジット、デビットに対応
トヨタ自動車は、スマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」の提供を開始。QRコード・バーコード決済や電子マネーの「かざす」決済といった複数の支払い方法に対応。iOS版から提供を開始し、2020年春にはAndroid版も提供する。(2019/11/19)

海外150カ国に対応する「トラベルe-SIM QRコードタイプ」登場 iPhone XS/XR/11に対応
アイツーが販売する海外渡航者向けのeSIMに、スマートフォン本体に書き込むタイプが登場した。従来の物理eSIMや貼り付けるeSIMと比べて手頃な価格を実現している。(2019/11/13)

飛天ジャパンが強固なセキュリティを搭載したQRコード決済端末「ePayPOS QE41」を発表 11月に出荷開始
飛天ジャパンがQRコード決済端末「ePayPOS QE41」を発表。11月に出荷を開始する。国内外の主要なQRコード決済に対応し、店員と利用者が双方で金額を確認できるダブル・ディスプレイを備えていることが特徴だ。(2019/11/11)

消費増税後のQRコード決済3倍 民間調査 ポイント還元需要取り込み
インフキュリオンは、QRコード決済の利用率が、消費増税の前後で約3倍に急増したと発表した。政府のポイント還元で喚起された需要を独自キャンペーンで取り込んだ。(2019/11/8)

増税後はコード決済の利用率が3倍に、利用率トップは「PayPay」
インフキュリオン・グループは、11月7日にキャッシュレス決済利用状況の調査結果を発表。増税後のQRコード決済利用率が11.6%から35.7%に拡大し、最も利用率が高いのは「PayPay」の63.8%となった。(2019/11/7)

消費増税後のQRコード決済3倍 民間調査 ポイント還元需要取り込み
 政府のキャッシュレス決済に伴うポイント還元策が10月に始まってから、「QRコード」を使ったスマートフォン決済の利用率が、今年3月に比べて3倍の35.7%に急拡大していることが6日、ITと金融を融合したフィンテック企業、インフキュリオンの調査で分かった。他の決済手段が微増にとどまる中、独自にポイントを上乗せするといったキャンペーンをタイミング良く打ち出し、ポイント還元策で喚起された需要を取り込んだ。(2019/11/7)

消費増税後のQRコード決済3倍 民間調査 ポイント還元需要取り込み
他の決済手段が微増にとどまる中、独自にポイントを上乗せするといったキャンペーンをタイミング良く打ち出し、ポイント還元策で喚起された需要を取り込んだ。(2019/11/7)

エグゼクティブ層に聞く、QRコード決済を使い始めた、使っていない理由
管理職以上のエグゼクティブ層は、キャッシュレス決済をどのくらい使っているのだろうか。利用頻度のほかに、QRコード決済を使い始めた理由などを聞いた。経営者JP総研調べ。(2019/11/7)

コード決済でクレカ、銀行口座、現金でチャージする理由は? MMDが調査
MMD研究所は、11月6日に「QRコード決済の支払い登録方法別 利用実態調査」の結果を発表した。登録支払い方法・チャージ方法を選択した理由は、クレカ利用者は「ポイントやお得さ」、銀行口座や現金利用者は「キャンペーン期間中でお得だった」と回答した。(2019/11/6)

カード審査後すぐにQRコード決済できる「セゾンカードレス決済」
クレディセゾンが10月23日にセゾンカードの入会から決済までをスマートフォンで行える「セゾンカードレス決済」を開始。「PARCOカード」新規入会者が対象。プラスチックカードが届く前に、アプリの決済用QRコード「ポケパル払い」を使ってパルコで買い物が可能になる。(2019/11/6)

AR:
AR機能を活用した「ハセガワ AR」と事業者向け通販サイト内で連携
モノタロウは、事業者向け通販サイト「モノタロウ」で、脚立やはしごを試し置きできる「ハセガワAR」との連携を発表。QRコードを読み取り、商品を置きたい場所に原寸大で配置できる。(2019/11/5)

普段の支払い方法で「QRコード決済」は22.5% メイン利用は「PayPay」が最多――MMD研究所調べ
MMD研究所が「QRコード決済の支払い方法に関する調査」の結果を発表。普段の支払い方法は「現金」が最も多く、「QRコード決済」は22.5%となった。メインで利用しているQRコード決済サービスは「PayPay」が最多だった。(2019/10/29)

Google Chrome完全ガイド:
【ログイン・同期不要】表示中のWebページをQRコードでスマホに転送
QRコードを利用して、いま開いているWebページのURLをPCからスマホへ素早く送る方法を紹介します。GoogleアカウントのログインやChromeの同期は不要です。(2019/10/23)

QRコード決済、記者が始めてみました 数円節約……小銭貯金の感覚
これまで毎日の買い物はほぼ現金で支払ってきた記者(45)。国がキャッシュレス決済によるポイント還元を始めたのを機に、QRコード決済を始めてみた。(2019/10/10)

顔認証後にコード決済、スマホで本人確認書類のICチップ読み取り NECが「Digital KYC」を強化
NECは、金融サービスの本人確認をオンライン上で実現する「Digital KYC」を強化。顔認証技術を活用したQRコード決済時の高額取引でのセキュリティ向上、改正犯収法に基づく本人確認書類のICチップ読取機能などの機能を強化したソフトウェアキット本年度中に提供開始する。(2019/10/3)

周回遅れの日本:
決済から商品管理まで ELESTYLE「OneQR」が提供する「アグリゲーター決済」でキャッシュレスは普及するか
キャッシュレス決済では中国に周回遅れの日本。中国で普及した背景には「アグリゲーター決済」の存在があるという。アグリゲーター決済を起爆剤に、中国では2014年から17年にかけて決済額は約100倍に伸びた。ELESTYLEが提供するQRコードは、そのアグリゲーター決済の1つだという。(2019/10/2)

非接触決済は「使い勝手が良い」、QRコード決済は「お得である」――スマホ決済のイメージに差 MMD研究所調べ
MMD研究所が、非接触決済利用者とQRコード決済利用者を対象とした「2019年9月 スマートフォン決済の利用に関する意識調査」の結果を発表。非接触決済は「使い勝手が良い」、QRコード決済は「お得である」といったスマホ決済へのイメージなどについて聞いている。(2019/9/26)

調査対象の約半数が「スマホ決済サービスアプリのインストール後に利用なし」 MMD調べ
MMD研究所が「2019年9月 スマートフォン決済に関する実態調査」の結果を発表した。調査対象の全体の約半数がスマホ決済サービスのアプリをインストールしたものの、利用にいたっていないことが判明。また、非接触決済はQRコード決済より利用頻度が高いことが分かった。(2019/9/19)

加盟店を相互開放:
メルペイ、LINE Pay、d払いの「Mobile Payment Alliance」にau PAYが参画
KDDIは、9月18日にメルペイ、LINE Pay、NTTドコモのモバイルペイメント加盟店アライアンス「Mobile Payment Alliance」へ参画を発表。店舗業者はいずれか1つのサービスのQRコードを設置するだけで、メルペイ、LINE Pay、d払い、au PAYを導入できるようになる。(2019/9/19)

コード決済の満足度1位は「PayPay」、店舗やキャンペーンが高評価 J.D.パワー調査
J.D.パワーが「2019年QRコード・バーコード決済サービス顧客満足度調査」の結果を発表。総合満足度ランキング1位は「PayPay」で、特に「利用できる店舗・ウェブサイト」「キャンペーン/ポイントサービス」の評価が高い。(2019/9/18)

「ゆうちょPay」に機能追加 店舗検索やクーポン配布が可能に
ゆうちょ銀行は、9月17日にスマホ決済サービス「ゆうちょPay」へ機能追加を実施。新たに使えるお店検索機能、クーポン機能、ユーザー入力型静的QRコード決済機能が利用できるようになる。(2019/9/17)

23年度末までに1000店舗を目標:
決済せずに商品を選ぶだけ NTTデータが”レジ無し店舗”出店支援開始 40台のカメラで防犯実験も
NTTデータが、”レジ無し店舗”出店のコンサルティングサービスを開始。レジ無し店舗では、入店時にQRコードの認証をするだけで、レジでの支払いが不要に。商品を手に取りそのまま店を出るだけ。今回のサービスでは、中国のベンチャー企業とタッグを組む。背景にある、NTTデータの課題とは?(2019/9/4)

現金・クレカ・非接触・QRコード 一番早く決済できるのはどれ? お店で比べてみた結果は……
JCBが、現金とキャッシュレス決済(クレジットカード決済、非接触型決済、QRコード決済)の決済速度を計測・比較する実証実験を実施。レジで店員に金額を口頭で伝えられてから、商品とレシートを受け取るまでの時間を計った。その結果は……?(2019/9/3)

医療機器ニュース:
スマホアプリに、電子血圧計の測定値QRコードを読み取る機能を追加
エー・アンド・デイは、自社のBluetooth通信対応ICT健康機器に対応したスマートフォン健康管理アプリケーションに、医用電子血圧計で測定した血圧値のQRコードを読み取る機能を追加した。(2019/8/30)

キャッシュレス決済導入済みの個人店は35.2%、導入しない理由は「現金で十分」「手数料」
MMD研究所は、8月29日に「2019年7月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査 第2弾〜個人店編〜」の結果を発表した。キャッシュレス決済を導入している個人店は35.2%、導入サービスは「クレジットカード」「QRコード決済」が多い。(2019/8/29)

サミット、9月1日から全店舗でQRコード決済が利用可能に
サミットは、9月1日から全店舗でQRコード決済サービスを開始。 対応ペイメントは「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」「LINE Pay」「PayPay」「メルペイ」で、8月19日に一部店舗で先行導入している。(2019/8/29)

キャッシュレス決済とAzureを連携 金融機関のDX支援へ、日本マイクロソフトとインフキュリオンが協業
日本マイクロソフトとインフキュリオン・グループは、金融機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する「次世代金融プラットフォーム」で協業。QRコード決済に対応したウォレットシステムを「Microsoft Azure」上に構築し、信頼性の高い決済システムの運用環境を提供する。(2019/8/29)

今日のリサーチ:
毎日クラッシュするスマートフォンアプリ、1位はQRコード決済系――FROSK調べ
FROSKは、スマートフォンアプリの利用状況やクラッシュに関するアンケート調査を実施しました。(2019/8/28)

ローソン、「深夜に店員ゼロ」を実験へ QRコードで入店、セルフレジで決済 遠隔監視で万引き防止
ローソンが、深夜(午前0〜5時)に店員をほぼ配置せず、顧客自身に決済してもらう実証実験を行うと発表。期間は23日から約半年間で、場所は「ローソン氷取沢町店」(横浜市)。顧客にQRコードなどを発行し、かざすと入店できる仕組みにする。(2019/8/22)

東急ストアがPayPay導入 全店舗で利用可能に
スーパーマーケット「東急ストア」でPayPayが利用可能に。東急ストアでのQRコード決済の導入は初。(2019/8/22)

LINE、グループトーク機能を拡張した「OpenChat」提供開始 友だち以外も招待可能
LINEのグループトーク機能を拡張した「OpenChat」の提供が始まった。LINE上で友だち登録をしていないユーザーも、URLやQRコードを共有すればトークルームに招待できるのが特徴。(2019/8/19)

組み込み開発ニュース:
25周年のQRコード、今後は「カラー化」とセキュリティ向上でさらなる進化
QRコードとその読み取り技術の開発者であるデンソーウェーブ AUTO-ID事業部 技術2部 主席技師の原昌宏氏が、開発秘話や今後の展望について語った。(2019/8/16)

乱立する「○○ペイ」 今さら聞けないスマホ決済の疑問
QRコード決済を使った「○○ペイ」が乱立している。本記事では、スマホ決済に関する今さら聞けない疑問をまとめた。(2019/8/15)

台風10号接近、国交省はQRコードで情報提供 「早めに情報入手を」
国土交通省は住民が災害・防災情報を入手しやすくするため、スマートフォンなどで読み込めば情報提供サイトにアクセスできるQRコードを提供している。(2019/8/14)

デンソーウェーブ、「QRコード」開発25周年記念サイトを公開 開発者へのインタビューも
まだまだ可能性を秘めたQRコードについて紹介しています。(2019/8/12)

LINE Pay、WeChat Payと連携開始 訪日外国人向け
LINE Payは8月9日、中国コード決済サービス「WeChat Pay」との連携を開始した。WeChat Payユーザーは日本国内のLINE Pay加盟店に掲示されたQRコードをWeChat Payで読み込むことで決済ができるようになった。LINE Payはインバウンド対応をさらに強化する狙いだ。(2019/8/9)

Origami、ウエルシアグループ限定50%オフクーポンを2枚プレゼント 8月1日〜7日
Origamiは、8月1日から7日までウエルシアグループ限定で利用できる50%オフ(最大500円引き)クーポンを2枚プレゼント。店頭ポスター記載のQRコードやURLからサイトにアクセスし、キャンペーンコードをOrigamiアプリ上で入力するれば取得できる。受け取りは7月29日から行える。(2019/7/29)

加盟店向け「PayPay for Business」アプリ登場 店舗のスマホで決済可能
スマホ決済サービス「PayPay」は、7月26日に加盟店向け決済管理ツール「PayPay for Business」のアプリ版をリリース。利用者が表示したQRコードを加盟店が読み取る「ストアスキャン」でのQRコード読み取りや決済管理機能を追加した。(2019/7/26)

日本郵船、船員向け電子マネー「MarCoPay」 船上をキャッシュレス化、世界のATMに送金も
主に外国人船員を対象にした電子通貨プラットフォーム「MarCoPay」(マルコペイ)を日本郵船などが構築へ。スマートフォンアプリでQRコードを使い、船上での給与支給や生活用品の購入、自国への送金などができる。(2019/7/26)

「メルペイ」「LINE Pay」など6つのコード決済が「JPQR」に切り替え 8月1日午前3時から
キャッシュレス推進協議会が策定した決済用QRコードの統一規格「JPQR」。「メルペイ」「LINE Pay」など6サービスが8月1日午前3時から同規格に切り替える(一部は既に対応済み)。2019年内にはさらに6サービスがJPQRに対応する予定だ。(2019/7/25)

電子お薬手帳のデータ登録に使う「QRコード」に個人情報 薬局が取り扱い注意を呼びかけ
個人的な印刷物にあるQRコードの取り扱いには注意しましょう。(2019/7/25)

QRコード決済で利用頻度最多は「PayPay」、満足度トップは「メルペイ」――MMD研究所が調査
MMD研究所が「2019年7月 QRコード決済の満足度調査」の結果を発表。利用頻度が最も高いサービスは「PayPay」で、約7割が1週間に1回以上利用。利用上位6サービスのうち、総合満足度トップは「メルペイ」となったという。(2019/7/18)

QRコードで切符を買える JR西日本、券売機で対応 20年春から訪日客向けに
関空特急「はるか」の主要停車駅などで。(2019/7/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。