ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「店舗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「店舗」に関する情報が集まったページです。

古田雄介の週末アキバ速報:
「やはり人の流れが変わりました」――東映ランドが10月末に閉店
東映無線系のPCパーツショップ「東映ランド」がリアル店舗を10月31日に閉じ、以降はWeb通販に専念するという。背景にはコロナ禍があるようだ。(2021/9/25)

「全店固くお断り致します」元AKBのラーメン店主、“評論家”の入店禁止を表明 複数人からセクハラ・マウンティング受け
禁止の対象となるのは、自身や店舗に悪意を持つ人物とのこと。(2021/9/24)

iPhone 13シリーズ、新iPad mini、新iPadがApple Storeで販売開始 Apple Store店舗内の様子
iPhone 13シリーズ、新iPad mini、新iPadの発売初日の様子をApple Storeで確認してきた。(2021/9/24)

札幌のネット米穀店がリアル店舗の青果業に進出 衝撃的な価格の安さの秘密
札幌市で6月に創業した青果店「ヤオハチ」が地元住民から人気だ。わずか4カ月でフランチャイズを含め8店舗を開店。「安くて安心」と話題を集めている。安さの秘訣(ひけつ)はインターネット米穀店の経験を踏まえた物流ノウハウと、全国に広がる農家ネットワーク。同店を運営する青果店ベンチャー「やお八」(本社・札幌市)の藤川欽三社長(41)はリアル店舗での全国展開を狙う。(2021/9/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大量出店の「やっぱりステーキ」が、今後も“独走”を続けられそうな理由
低価格ステーキチェーンの「やっぱりステーキ」が順調に店舗数を伸ばしている。他の低価格ステーキチェーンが伸びているわけではないのに、なぜ「やっぱり」は好調なのか?(2021/9/22)

「欲しい商品」を手に入れるため、何店舗探してみる? 「4〜5店舗」は12.4%
生活者がテレビやインターネットなどで知った商品をどのように探すのか、意識調査を実施した。情報接触をきっかけに欲しいと思った商品について、売っている店舗を探した人、購入してみたいと思う人はどちらも6割程度いることが分かった。(2021/9/21)

台風をものともせずにドスパラ堺七道店がオープン!
9月18日、サードウェーブの新店舗「ドスパラ堺七道店」(大阪府堺市)がオープンした。既存の「大阪・なんば店」とともに大阪府では2店舗目となる店舗に足を運んだ。(2021/9/19)

「実証実験」の結果:
「おもしろい!」が95% コクヨの“実験店舗”はどんなところなのか
アナログとデジタルを融合させた実証実験の店が登場したことをご存じだろうか。場所は品川駅港南口から徒歩3分ほどのところにある、コクヨの「THE CAMPUS SHOP」だ。筆者が取材したところ……。(2021/9/19)

全国1位の景品は?:
ファミマ、「ファミチキ王決定戦」を開催 来店を促進する狙い
ファミリーマ―トは「ファミチキ王決定戦」を開催すると発表した。期間は9月21日〜10月18日に。イベントを通じて店舗への来店を促進する狙いだ。全国1位の景品は何かというと…(2021/9/16)

トヨタ販売店27社、個人情報5797件の無断登録が新たに判明 同意なしに共通ID発行
トヨタ自動車の販売店9社が、顧客の個人情報を、本人同意を得ないままシステムに登録していた件について、トヨタは新たに27社が5797人分の情報を無断で登録していたことが分かったと発表した。8月の発表時点では3318人分と報告していた。(2021/9/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
無人決済は「未来の買い物」を実現するだけじゃない
ファミリーマートだけでなくローソンも無人店舗の取り組みを進めています。(2021/9/16)

スマートリテール:
リテールテック導入で経営者と従業員に温度差、小売業界のグローバル調査で判明
小売業界や流通業界を中心にデバイスやソリューションを展開するゼブラ・テクノロジーズは2021年9月7日、顧客の購買行動に影響を与え得る店舗やテクノロジーの動向に関するグローバル調査結果を発表した。Eコマースと実店舗の融合が進む中での新たな課題や、テクノロジーによる解決への可能性などが示されている。(2021/9/16)

スマートリテール:
ローソンがレジレス店舗で発見した、「待機時間ゼロ」が生む2つの価値
ローソンは2021年8月20日、小売りや飲食業界のDX戦略や事例を紹介するイベントで、同社が実証実験中のレジレス店舗をテーマとした講演を行った。(2021/9/24)

ドコモ、マツモトキヨシで「iD」利用者1万人に最大1万ポイントをプレゼント
NTTドコモは、マツモトキヨシグループ対象店舗での会計時にdポイントカードを提示し、合計1000円(税込み)以上を電子マネー「iD」で支払ったユーザー最大1万人へ最大1万ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施する。(2021/9/14)

KDDI、新しい料金サービス「povo2.0」で秋から新キャンペーン発表 日常の買い物でギガがもらえる「#ギガ活」
KDDIと沖縄セルラーは、新しい料金サービス「povo2.0」にて、店舗での買い物やサービスを利用するとギガデータ量が貯まる「#ギガ活」のサービスの開始を発表した。(2021/9/14)

Mobile Weekly Top10:
9月のスマホ決済のキャンペーンはどんな感じ?/折りたたみ×防水+おサイフケータイで魅力が増したGalaxy Zシリーズ
スマートフォンを使った決済サービスは、毎月さまざまなキャンペーンを実施することでアクティブ率を高めようとしています。そんな中、トップシェアを誇るPayPayが店舗における手数料を10月から完全に有償とします。これにより、利用できる店舗が減少するのか、それとも……?(2021/9/13)

ガシャポン体験の発信を狙う:
バンダイナムコグループ、“ガシャポン専門店”を東京ソラマチに出店 初の直営単独店舗
バンダイとバンダイナムコアミューズメントは9月17日、「ガシャポン」の 専門店を東京ソラマチにオープンする。(2021/9/13)

Supply Chain Dive:
企業秘密レベルの集荷、配送技術をクラウドで 超大手スーパー、Adobeと共創する新ビジネス
WalmartはAdobeと協業し、小売事業者向けにオンラインと実店舗の両方を使って商品をスムーズに配送できるサービス群を提供すると発表した。開始時期は2022年を予定している。クラウドを通して使え、Walmartの配送ノウハウとAdobeの技術を生かしたという内容とは。(2021/9/13)

EC売り上げ、700%UPの企業も:
全員退職、数億円の借金──どん底で生まれた“接客DX”アプリ「STAFF START」は何がすごいのか
スタッフのECやSNSなどへの投稿をきっかけに、どれだけ商品が購入されたかを可視化するサービス「STAFF START」。導入企業の中には、店舗スタッフたちの活躍でEC売り上げが700%アップした例や、一人で月間9000万円以上を売り上げたスタッフもいるという。アパレル業界の期待を背負うSTAFF STARTだが、開発までの道のりは決して平たんではなかった──。(2021/9/13)

週末に「へえ」な話:
盗まれないの? 東京の「無人果物店」は、なぜ“48時間”にこだわるのか
無人店舗が増えてきた。テクノロジーの進歩や人手不足などが背景にあるようだが、筆者が気になっているのは「無人果物店」である。どんなビジネスを展開しているのかというと……。(2021/9/12)

モバイル決済で店舗改革:
キャッシュレス決済の売り上げを毎日入金 JCBとpringの実証実験で見えたこと
キャッシュレス事業者から店舗への入金は即日であることは少なく、場合によっては「翌日の仕入れ」に影響しかねない。そうした課題を解決するために、pringアプリを通じてJCBから店舗へ売上金を毎日入金するという実証実験を行っている。店舗側の潜在的なニーズを探ることも目的の1つだ。(2021/9/10)

開業以来、最大規模:
浦和PARCO、グランドフロアを大規模リニューアル 狙いは?
浦和PARCOがグランドフロアの大規模リニューアルを発表した。2021年秋に実施するという。狙いは? どのような店舗が新たに入るのだろうか?(2021/9/9)

地域密着:
自販機になぜ「猫草栽培セット」が? 生まれ変わった「無印良品 新宿」の狙い
良品計画は、東京・新宿にある2店舗「MUJI 新宿」と「無印良品 新宿」をリニューアルオープンする。無印良品 新宿の改装コンセプトは「新宿通りのインフラ くらしの基本を整える」だ。目立つ場所に自販機を設置した狙いとは?(2021/9/9)

今すぐ使えるクーポンがある店だけ表示する新機能、「Yahoo! MAP」アプリに追加
ヤフーは9日、地図アプリ「Yahoo! MAP」の地図上にクーポンを発行している店舗だけを表示する「クーポンマップ」機能を追加した。(2021/9/9)

吉野家とシナジーを狙う:
東京ラーメンストリート仕掛け人 「せたが屋」前島社長が明かす「コロナ禍のフードビジネス戦略」
「ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート」の仕掛け人の一人が、東京を中心にニューヨーク含め15店舗以上を経営するせたが屋(東京都世田谷区)の前島司社長だ。いったいどのような狙いでこのような企画を発案したのか。そしてコロナ禍のフードビジネスの現状とは。前島社長に話を聞いた(2021/9/8)

Supply Chain Dive:
「店舗や倉庫はそのまま」でスーパーのオンライン化や配達を支援 ロボット企業が共創する新サービス
消費者が必要な日用品をオンラインで購入し、戸口まで配達してもらう――、そんな買い物のニーズがコロナ禍で成長している。消費者のニーズに応えたいスーパーや食料品店向けに、米国で成長中のオンライン買い物代行サービス「Instacart」がロボティクス企業と一緒に在庫管理ソリューションを共創すると発表した。その中身と今後の可能性は。(2021/9/8)

製品動向:
冷媒の漏えい検知・フレア加工不要・消費電力7%削減の新型エアコン、ダイキン工業
ダイキン工業は、ビル用マルチエアコン「VRV」や店舗・オフィス用エアコン「スカイエア」、店舗・オフィス用マルチエアコン「machi マルチ」シリーズの新型を開発した。新型は「冷媒漏えい検知機能」「システムでの省CO2化」「フレアレスジョイント」といった新機能を備えている。今後は、こういった機能を同社のエアコンに搭載するために、1100機種以上のモデルチェンジを行う予定だ。(2021/9/8)

「中傷で全て壊されました」元AKBのラーメン店主、“デマ情報”流した男性を提訴 新店舗がオープン見送りに
反社会的勢力とつながりがあると吹聴されたそうです。(2021/9/7)

Catch&Go:
ダイエーとNTTデータが“レジ無しスーパー”オープン 退店時は自動で決済
ダイエーとNTTデータが、レジを通すことなくキャッシュレス決済が可能なウォークスルー店舗「Catch&Go」をオープンした。(2021/9/7)

自分好みのランチ情報、アプリで提案 NTTデータらが実証実験 行動履歴や購買情報からレコメンド
NTTデータが、お気に入り店舗や注文情報、オフィス・街での行動履歴、健康状態などの情報を分析し、おすすめのランチを提案するスマホアプリの実験を行う。(2021/9/6)

9月24日から:
ドンキ、ワークウェア専門店「情熱職人」昭島店をオープン 東京では3店舗目
ドン・キホーテはワークウェア専門店「情熱職人」昭島店をオープンすると発表した。9月24日からで、東京では3店舗目となる。どんな特徴があるのだろうか?(2021/9/6)

採算が取れる戦略:
ロンドンで「うどん」が大盛況! なぜ丸亀製麺はコロナ禍に欧州を攻めるのか
国内外に1000店舗以上を展開する丸亀製麺。21年7月には、英国でロンドン1号店をオープン、同時に欧州展開を本格化すると発表し、話題を呼んだ。世界的に不安定な情勢の中、なぜ丸亀製麺は欧州に焦点を当てるのか。同店を運営する担当者に話を聞いたところ……。(2021/9/4)

UNIQLO Pay、登録銀行を17行追加 ジーユー店舗でも利用可能に
ユニクロアプリのキャッシュレス決済ツール「UNIQLO Pay」が、みずほ銀行など登録銀行を17行追加。ユニクロだけでなく全国のジーユー店舗でも利用できるようになる。(2021/9/3)

車載ソフトウェア:
マツダが販売後のソフトウェア更新第2弾、エンジン出力アップでのびやかな加速
マツダは2021年9月2日、エンジンの出力とトルク性能を改善する制御プログラムに更新するサービスを全国のマツダ販売店で提供すると発表した。(2021/9/3)

波紋から2年:
楽天市場「送料無料化」導入店舗は90%超に 三木谷社長は「絶対伸びる」と自信満々……店舗の本音は?
楽天は「楽天EXPO 2021」にて一部の店舗から反発があった「楽天市場での一部送料無料化」についての実績を公開した。無料化を導入する出店店舗は9割超え、成長率も未導入店舗と比較して25%高いという。実際に出店店舗はどう思っているのだろうか?(2021/9/2)

「ローソン銀行 スタンプカード」提供開始 コンビニATMで国内初のサービス
 ローソン銀行は9月1日、店舗に設置のローソン銀行ATMを利用すると、Pontaポイントと交換可能なスタンプがたまる新サービス「ローソン銀行 スタンプカード」を開始すると発表した。(2021/9/2)

正式発表は10月:
SUBARUが新型「レガシィ アウトバック」初公開 国内販売店で先行予約を開始
SUBARUは9月2日、新型「レガシィ アウトバック(日本仕様)」を初公開した。(2021/9/2)

ドスパラが9月18日に新店舗「ドスパラ堺七道店」をオープン
サードウェーブが、9月18日に「ドスパラ堺七道店」(大阪府堺市)をオープンすると発表した。これにより、「大阪・なんば店」とともに大阪府では2店舗展開となる。(2021/9/2)

イオンモール Nagoya Noritake Garden:
イオンモール、商業施設とオフィスを融合した店舗 10月27日名古屋に開業
イオンは10月27日、愛知県名古屋市に商業施設「イオンモール Nagoya Noritake Garden」を開業する。(2021/9/1)

決済手数料有料化のPayPay、黒字化への道筋(前編)
 PayPayは8月19日、これまで無料としてきた「MPM」方式と呼ばれる店舗に印字されたQRコードを掲示してユーザーがスマートフォンアプリで読み取って支払いを行う決済について10月1日以降の手数料を1.60%または1.98%にする。これによって業界がどのように変化し、これによって赤字続きだった同社がいかに「黒字化」を考えているのか、ビジネスモデルの面から考えてみたい。(2021/9/1)

イオン独自のコード決済「AEON Pay」開始 統合アプリ「iAEON」9月リリース
イオンは、独自のコード決済「AEON Pay」を9月1日に始める。イオンマークのついたクレジットカードやデビットカードを登録すれば、全国のグループ店舗でバーコード決済できる。(2021/8/31)

医療機器ニュース:
プラズマによる排ガス処理からオゾン除菌装置を開発、ダイハツと日本特殊陶業
ダイハツ工業は2021年8月30日、オゾンを利用した除菌装置「MIRACLE BUSTER」を開発し、福岡県久留米市の施設に導入したと発表した。日本特殊陶業と共同開発した。ダイハツは2021年3月にも紫外線による除菌装置を発表、全国の販売店に無償貸与している。(2021/8/31)

イオンのトータルアプリ「iAEON」登場 コード決済「AEON Pay」も実装
イオンは、9月1日にトータルアプリ「iAEON」をリリース。「WAON POINT」の利用、付与、照会、交換ができる。電子マネーやコード決済での支払い、「お気に入り店舗」のキャンペーン情報の確認などが行える。(2021/8/30)

au PAYの決済手数料、無料期間を2022年9月末まで延長
KDDIは加盟店向けに、au PAYの決済手数料を無料とするキャンペーンを、2021年10月1日から2022年9月30日まで実施する。新規だけでなく既存の店舗も対象となる。売り上げ規模の条件も設けていない。(2021/8/30)

ドスパラ郡山安積店がオープン! ゆったりとした店内を歩いてきた
サードウェーブが、8月28日に「ドスパラ郡山安積店」をオープンした。新店舗の概要と、オープン当日の模様をお届けする。(2021/8/28)

石野純也のMobile Eye:
手数料だけでは成り立たないスマホ決済 それでも各社が注力する理由とは?
スマホ決済が転換期を迎えている。PayPayは2022年10月から決済手数料の有料化に踏み切る。対する楽天グループの楽天ペイは、PayPayの有料化に乗じた形で中小店舗に対する手数料を1年間無料化する。KDDIはグループの金融事業との連携を強化する方針を示した。(2021/8/28)

羽田空港に無人決済店舗 27日オープン 商品を手に取るだけで支払い金額確定
搭乗前の急いでいるときに会計で並びたくない、新型コロナウイルス感染予防のために非接触で会計を済ませたいなど、多様化するニーズへの対応が狙いだ。(2021/8/27)

18台のセンサーカメラで商品と客をひも付け 羽田空港初の“無人決済みやげ店”に行ってみた
羽田空港第2ターミナル地下1階に18台のカメラなどを活用した無人決済店舗がオープンした。商品のバーコードを1つずつ読み込ませるといったセルフレジ特有の煩雑さとは無縁だ。(2021/8/27)

ANA FESTA GO:
ANAグループ、羽田に無人店舗を開店 有人店舗併設で取り込む新たなニーズとは
ANAグループのANA FESTAと、無人決済システムの開発を進めるTOUCH TO GOが、無人決済システムを活用した店舗「ANA FESTA GO 羽田B1 フロア店」を羽田空港に開店した。(2021/8/27)

ポケモンセンターとポケモンストア、21店舗を臨時休業へ 緊急事態宣言中地域の店舗が対象
併設されているポケモンカフェなど休業に。(2021/8/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。