ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「店舗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「店舗」に関する情報が集まったページです。

スマートリテール:
イオンモールがスマート化、「快適なカスタマージャーニー」をどう実現するのか
イオンモールは、「イオンモール幕張新都心」をパイロット店舗として、さまざまなデジタル機器を活用してショッピングセンターをスマート化する「スマートモール」の取り組みを進めている。この“スマート・イオンモール”の実証で効果を確認できたサービスは、順次国内で展開を広げていく方針だ。(2019/11/13)

首里城火災で「寄付したい」 沖縄のアンテナショップ、町田店の売り上げは約2倍に
火災により焼失した首里城の早期再建を支援しようと、さまざまな動きがある。沖縄県産品を販売しているアンテナ店の県外店舗には来店客が相次いでいて、売り上げが伸びているという。(2019/11/13)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
2週間で開業した「ロボットコンビニ」 無人店舗の“その先”をつくれるか
ロボットがいる無人コンビニ「ロボットマート」(東京・日本橋)。セルフレジや接客ロボットが設置されている店舗は、どのような空間なのだろうか。わずか2週間で開業にこぎ着けたという運営会社に、開業の狙いと展望を聞いた。(2019/11/13)

店頭価格を外貨で表示 NTTコム新サービスで 
 NTTコミュニケーションズは12日、シンガポールのフィンテック関連企業と協業し、常に変動する外国為替レートを1日間固定して提供する日本初のサービスを11月下旬から始めると発表した。飲食店や小売店などが導入すれば、訪日外国人観光客の支払いの際に外貨での価格表示が可能になる。為替レートを気にせず、安心して買い物や飲食ができるようにして、店舗での売り上げ拡大につなげたい考えだ。(2019/11/12)

ケンタッキーのチキンや50種のフードが食べ放題 ブッフェ式店舗が東京・町田にオープン
カレーやパスタ、デザートも。(2019/11/12)

からあげクンロボに配送ロボ 実験続けたローソン、いよいよロボット本格活用へ
ローソンが人手不足解消や店舗業務の効率化を目指して、ロボット技術の導入・実装に乗り出す方針を明らかにした。(2019/11/12)

ファミマ、「dポイント」「楽天ポイント」導入へ ファミペイ連携も
全国のファミリマートで、11月26日から「dポイント」「楽天ポイント」が導入される。同店舗では「Tポイント」を導入済。同日から、各ポイントサービスとモバイル決済サービス「ファミペイ」の連携機能を提供する。(2019/11/11)

風味が異なる:
セブン、「たこ焼き」235万食を自主回収 紅ショウガの偏りで
セブン&アイ・ホールディングスは、グループ各店舗で販売する冷凍食品「セブンプレミアム とろ〜り食感たこ焼」約235万食を自主回収。紅ショウガの偏りによって、風味が損なわれた商品があるという。(2019/11/8)

PayPay、12月に「まちかどペイペイ 第2弾」開始 20回に1回、最大1000円相当が戻る
PayPayは、12月1日〜2020年1月31日に「まちかどペイペイ 第2弾」を開催。5%還元対象店舗での支払いを「PayPay」で行うと、20回に1回の確率で最大1000円相当のPayPayボーナスが戻ってくる。(2019/11/8)

小売・流通アナリストの視点:
「セブン1000店舗閉鎖・移転」の真の意味 “加盟店の一揆”は何をもたらすか
“加盟店の一揆”によって混迷を極めるセブン。構造改革が迫られる中、2019年下期以降に1000店舗を閉店・移転すると発表したが、どのように読み解けばいいのか? (2019/11/8)

スマホ決済 11月開催のキャンペーンまとめ
「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗でキャッシュレス決済をすると、5%か2%の還元を受けられる。そんな中でも、決済サービス事業者は、独自のキャンペーンを提供しているところが多い。今回は11月の主なキャンペーンや還元施策を紹介する。(2019/11/7)

組み込み採用事例:
ノジマの業務効率化を支援、電子棚札システムを全184店舗に導入
パナソニックの「電子棚札システム」をノジマが全184店舗に導入した。同システムにより、価格の一括更新や商品情報の提示が可能になるため、作業ミスを削減し、店舗業務を効率化する。(2019/11/7)

プロジェクト:
竹芝地区再開発の名称が「東京ポートシティ竹芝」に決定
東急不動産と鹿島建設が、東京都港区で、展開する「竹芝地区開発計画」はA街区のオフィスタワーと、B街区のレジデンスタワーで構成されている。A街区にはオフィスビルや展示場、飲食店などが設置され、B街区には共同住宅や店舗、保育所などが整備される。2019年11月5日、両街区の総称が「東京ポートシティ竹芝」に決まった。(2019/11/7)

消費税1カ月 ポイント還元、登録店舗64万件に
 経済産業省は1日、消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度の開始から1カ月で、登録店舗数が約64万店(1日時点)に達したと発表した。約200万の中小店舗が参加可能とされる中、加盟店は全体の3割強に達した。また、登録申請数は10月31日時点で約92万店となった。約28万店については、審査中となっている。経産省は、「登録申請している中小店舗がすぐにポイント還元制度を実施できるよう、審査の迅速化に取り組む」としている。(2019/11/1)

モバイルバッテリーのレンタルサービス「ChargeSPOT」ファミリーマートで実証実験へ 都内店舗に導入予定
外出時に充電したくなったら。(2019/11/1)

1週間かかった手続きを1日で:
PayPay、店舗への導入手続きを大幅短縮 加盟店増に新たな一手
(2019/10/31)

Windowsフロントライン:
Surface Pro Xが先行展示されているMicrosoft Storeを巡ってみた
Microsoftの直営店である「Microsoft Store」では、先行して新型Surfaceシリーズの展示と販売が行われている。店舗での扱いや反応を見ていこう。(2019/10/31)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
“祭り”ならず? 「iPhone 11」シリーズの売れ行きがイマイチに見えてしまう3つの理由
9月といえば新型iPhoneの発売です。しかし、今年(2019年)は特にそこまで盛り上がっているように見えません。一体なぜなのでしょうか。店舗スタッフやユーザーから話を聞きつつ考えました。(2019/10/31)

PayPay、決済システムを即日で店舗導入できるように
PayPayがモバイル決済サービス「PayPay」の決済システムを店舗に即日導入できる支援サービスの提供を始めた。(2019/10/30)

セブン銀行の新型ATM、実用化へ第一歩 顔認証で本人確認・口座開設 都内で実験開始
セブン銀行が、カメラやスキャナーを搭載した新型ATMの実証実験を開始した。実店舗で手続きする手間を解消する狙い。将来的には全国での正式展開を予定している。(2019/10/29)

Web手続きも拡充:
ドコモショップが「手続き時間」短縮に向けた取り組み 「来店予約拡大」「サポート内容統一(一部有料)」などを実施
NTTドコモが代理店に委託して運営する「ドコモショップ」。来店後の待ち時間を短縮すべく、来店予約枠を多めに設定した店舗を拡大し、端末の初期設定に関するサポート内容を全店で統一する。(2019/10/29)

トヨタ、カーシェアリング&完全無人レンタカーサービスを全国展開
トヨタ自動車は、10月28日にトヨタ販売店/トヨタレンタリース店のカーシェアリングサービス「TOYOTA SHARE」と、トヨタレンタカーの新サービスとなる無人貸渡しレンタカーサービス「チョクノリ!」の全国展開を開始した。(2019/10/29)

渋谷にau直営店が11月1日オープン 「5G時代を見据え」スマートグラスを体験できるコーナーも
KDDIは11月1日10時に、全国で13店舗目となる直営店「au 渋谷スクランブルスクエア」をオープンする。5G時代にふさわしい直営店として、スマートグラス「NrealLight」を用いた映像やARコンテンツが楽しめる視聴体験コーナーも設置する。同グラスは、将来的には一般消費者向けに製品化することも検討しているという。(2019/10/29)

今日のリサーチ:
「楽しめる」チャネルはEC、「選べる」チャネルはリアル店舗が優位――博報堂買物研究所調べ
博報堂買物研究所による「チャネル別買物体験調査」の結果です。(2019/10/28)

渋谷のバーガーキングが「ゾンビ向け店舗」としてリニューアルオープン 10月末までの期間限定
店内は、まるで廃墟。(2019/10/23)

Salesforce「Consumer Goods Cloud」担当者に聞く:
消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「Consumer Goods Cloud」担当ディレクターのスニール・ラオ氏に聞いた。(2019/10/23)

レジに並ばずに買い物できる 富士通がスーパー実店舗にスマートPOSアプリ導入へ
富士通は、来店客がスーパーマーケットのレジに並ばずスマホだけで買い物ができるスマートPOSアプリ「USMH公式モバイルアプリ」とその基盤システムを共同開発。11月からスーパーマーケットのカスミへ順次展開していく。(2019/10/21)

セブン-イレブン、時短営業を本格化 11月から8店舗が深夜休業に本移行
「昔は24時間営業のコンビニがいっぱいあってなあ」「おじいちゃんてば」みたいな時代になるのかも。(2019/10/21)

「幸楽苑」復活! 台風の影響で休業した約240店舗が20日より順次再開
小田原工場で増産体制。(2019/10/18)

記者会見で強調:
社長自らお店でゴシゴシ ローソンがトイレ掃除に注力している理由
ローソンの竹増社長は、決算会見で何度かトイレ掃除について言及。店舗を訪れた際、トイレに直行して掃除をすることもあるという。トイレ掃除に大きな意義を見いだす日本の経営者は少なくない。(2019/10/18)

「PayPayモール」オープン ZOZOなど「厳選600社」が出店、最大16%相当の還元
ヤフーがECサイト「PayPayモール」のWeb版をオープン。同社の基準を満たした約600店舗が順次出店する。近く買収完了予定のZOZOが運営する「ZOZOTOWN」も加わる予定だ。(2019/10/17)

ロボット開発ニュース:
人手不足が深刻な飲食業を調理ロボットが救う、実店舗が幕張に開店
レストランやファストフード事業などを運営するセブン&アイ・フードシステムズは2019年10月16日、同月17日から開店する同社店舗にコネクテッドロボティクス製の調理ロボット2種を導入したと発表した。(2019/10/17)

セブンが「レジなし店舗」実験 NTTデータが協力、運営の課題など検証
セブン-イレブン・ジャパンが、レジなし店舗の実証実験を始める。NTTデータが用意する模擬店舗で購買体験や店舗運営の課題を検証する。一般の客は利用できない。(2019/10/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
苦戦している日高屋への“刺客”!? 増殖を続ける「中華食堂 一番館」の実力に迫る
新興中華チェーン「中華食堂 一番館」が店舗数を増やしている。商圏が最近苦戦している日高屋と重なる場所もある。デフレ時代に対応するビジネスモデルとは?(2019/10/16)

スピン経済の歩き方:
セブン「1000店閉店、移転」はドミナント戦略の限界か
セブン-イレブンが2019年下期以降、1000店舗を閉店・移転すると発表した。街中にコンビニがあふれているので、「そりゃあそうだろう。ちょっと減らしたほうがいいよ」と思われたもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。それは……。(2019/10/16)

幸楽苑、150店舗を当面の間臨時休業に 台風19号による工場の電源供給遮断で
全500店舗のうち約3割弱に影響。(2019/10/15)

Origami、ミニストップ全店舗で最大1100円分のクーポンキャンペーン開催
Origamiは、10月16日から10月30日までコンビニエンスストア「ミニストップ」でキャンペーンを開催。Origamiで初めて支払いをする場合は、キャンペーン全体で最大1100円分のクーポンを取得できる。(2019/10/15)

ラグビーW杯、「日本 対 スコットランド」開催決定 台風19号の影響で中止も検討されていた
一部店舗が休業するなどの影響を鑑みて飲料持込可。(2019/10/13)

サンマ不漁で定食チェーン悲鳴! 大戸屋、やよい軒は販売なし
秋の味覚として欠かせないサンマが記録的な不漁となり、スーパーでも昨年の約2倍の店頭価格で売られている。定食チェーンも大きなあおりを受けており、冷凍で対応する店舗や提供を見合わせる店舗などさまざまだ。「サンマ定食」はどうなるのか。(2019/10/12)

イトーヨーカドー、台風19号の影響で初の「計画休業」 124店舗の臨時休業を決定
休むからこそ得られる安心がある。(2019/10/11)

セブン-イレブン、1000店舗を閉店・移転へ リストラ断行でイトーヨーカドー、そごう・西武も閉店加速
セブン&アイが事業構造改革を断行します。(2019/10/10)

誰にも会わず、いつでもすぐにDVDやCDを借りられる店舗、ゲオが全国展開へ
ゲオはスマートフォンで注文や決済を行い、店内のロッカーで商品を受け取れる非対面式ロッカー型レンタルショップ「GEO SPEED」(ゲオスピード)の展開を始める。通勤や買い物の途中で店舗に立ち寄りさえすれば、いつでも誰にも会わずにDVDやCDを受け取れる。(2019/10/10)

地名の検索すらできない 経産省公式「ポイント還元対象店舗検索アプリ」の使いにくさ嘆く漫画に大反響
業種別の絞り込みもできません。(2019/10/10)

加盟店を中心に実施:
ローソンが元日休業にチャレンジ 都心を中心に全国100店舗規模で
ローソンが元日休業を実験的に行う。都心を中心に全国100店舗規模で実施。休業の形態は店舗によって異なる予定。(2019/10/9)

弁当・総菜の発注量をAIが決定 西友が全国で実施へ 需要を高精度で予測しフードロス防ぐ
西友が弁当や総菜の発注業務の一部を、日立製作所のAIを用いて自動化すると発表した。10月に全国の店舗で導入を始めた。過去の発注量や廃棄量などのデータを分析し、店舗別・商品別の発注量を自動で算出する。フードロスの防止などが狙い。(2019/10/9)

10年で売り上げ5倍 ニッチな下着ネット通販の舞台裏
福井県あわら市の「すててこ」は下着専門のインターネット通販会社。アパレルのネット通販は多いが、下着に特化してニッチ(隙間)をねらい、売り上げを10年で5倍に急拡大させた。秘密は3代目社長による、実店舗からの大胆な転身にあった。(2019/10/9)

一風堂が無料でラーメンを大盤振る舞い 創業日の10月16日に「振る舞いラーメン祭」
国内34店舗限定。(2019/10/8)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
価格がコロコロ変わる! ビックカメラが「電子棚札」を導入したら何が見えてきたのか
ビックカメラでは自動で価格が変わる「電子棚札」の導入を進めている。全店に展開する予定で大手チェーンでは珍しい動きだ。実際に導入してどんな効果が出てきたのか、店舗に行ってみた。(2019/10/8)

マウス、名古屋ダイレクトショップを移転
マウスコンピューターは、同社店舗「名古屋ダイレクトショップ」の移転を発表した。(2019/10/7)

消費税率10%、ポイント還元策の加盟店は“西高東低”
消費税率が10%に引き上げられ、7日で1週間となる。キャッシュレス決済に伴うポイント還元策に加盟している店舗数は、人口1万人あたりで比較すると西日本が多く、東日本が少ない“西高東低”の傾向があることが分かった。(2019/10/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。