ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「急成長」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「急成長」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

エンジニアの育て方:
PR:グローバルワンプロダクトで急成長したスマートニュース 世界のエンジニアの力を引き出すマネジメントとは
(2021/9/16)

生後1カ月で保護された子猫たち→3カ月で急成長! 仲良しなビフォーアフター写真に「大きくなったね」「幸せな成長」
この成長は幸せの証。(2021/9/14)

NORやSRAMを置き換える存在に:
次世代メモリ市場、2031年までに440億米ドル規模へ
米国の半導体市場調査会社であるObjective AnalysisとCoughlin Associatesは、共同執筆した年次レポートの中で「次世代メモリが、さらなる急成長を遂げようとしている」という見解を示した。次世代メモリ市場は2031年までに、440億米ドル規模に達する見込みだという。(2021/9/13)

小売業の「データ主導型ビジネス」を支えるGoogle Cloud Platform
急成長の小売企業CIOを「GCP」に夢中にさせた“あの便利ツール”とは?
家庭用品オンライン販売のvidaXLは「Google Cloud Platform」(GCP)を導入して、ビッグデータ活用に取り組む。その背景や狙いは何か。同社CIOが評価するGCPの“あの便利ツール”も含めて紹介する。(2021/9/1)

GaNも使える:
アクティブクランプ・フライバックで超高密度「USB PD 3.0」設計に対応
100Wのプログラマブル電源(PPS)向けUSB PD(Power Delivery) 3.0などの新しい用途や急成長するアプリケーションが、しばしば超高密度(UHD)であると言及される、より小型でコンパクトなスイッチング電源(SMPS)フォームファクタの需要を促進しています。(2021/8/20)

アクセルとブレーキを使い分ける:
“事業のブレーキ役”にならない、「ビジネスを推進する」法務とは?
一般的に、法務は “事業のブレーキ役” となる、保守的な人たちというイメージが強い。ところがある不動産系ベンチャーの法務担当者は、「それではビジネスが前に進まない」という。急成長するベンチャーにおける、法務の役割とは。(2021/7/29)

調査レポート:
世界の5G対応スマートフォン出荷、トップはAppleだがSamsungとVivoが急成長──Stragegy Analytics調べ
Strategy Analyticsによると、第1四半期の5Gスマートフォンの総出荷台数は過去最高の1億3600万台。メーカー別ではAppleが前期に続けて首位だったが、Samsungと中国勢が急成長してシェアを大きく奪った。(2021/6/18)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
2025年には6000億米ドル!? 急成長が続く半導体市場
半導体市場は4年ごとに急成長ーー。半導体不足も必然的なものに思えてくる。(2021/6/14)

急成長続く国内IoTインフラ市場 エッジ分析ニーズが鍵か――IDC予測
IDC Japanによると、2021年に前年比22.5%増となった「国内IoTインフラ市場」は、2025年に2312億円規模への成長が見込まれるという。多様化するIoTエッジでのデータ分析の高需要から、特にIoTエッジインフラ市場は注目すべき成長市場になる予測だ。(2021/6/10)

家電メーカー進化論:
急成長のサンコーが、「オモシロ家電」を追求する意味とは
「サンコー」といえば、ユニークで一風変わった「おもしろ家電」で知られるメーカーだ。面白さと同時に、コスパの良さと便利さも備え、人気を博している。この「おもしろ家電」を開発できた秘密とは一体何なのか。サンコーの山光博康CEOに話を聞いた。(2021/6/10)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
コロナ禍で急成長の食品オンライン販売 フードリテールはEC最後の新天地となるか?
2020年にアジアを中心として大きく成長した食品EC市場ですが、まだまだ成長のポテンシャルは大きいようです。(2021/6/4)

SEMIが予測を発表:
半導体不足で200mm工場の生産能力が急成長へ
半導体の製造装置および材料の業界団体であるSEMIが2021年5月25日(米国時間)に発表した調査によると、200mmウエハー工場の生産能力が、2020〜2024年までに17%増に当たる月産95万枚を増加し、過去最高となる月産660万枚に達するペースで拡大しているという。(2021/5/28)

急成長するダークウェブ犯罪市場「Hydra」の魅力的な運営方針
サイバー犯罪者はマルウェアを利用するなどして企業やユーザーから機密情報を窃取する。こうしたデータはダークウェブ犯罪市場と呼ばれる取引所で売買される。こうした取引所はいくつも存在するとされている。中でも「Hydra」と呼ばれるロシアを拠点とするダークウェブ犯罪市場が登場以来急激な成長を続けているという。その理由は他の市場とは異なる運営方針にあるようだ。(2021/5/27)

ZoomとPeloton:
CEOインタビューから見る、コロナで急成長した企業のポストコロナ戦略
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、事業を大きく成長させた企業がある。そうした企業はポストコロナ時代にどこへ向かおうとしているのか。ZoomなどCEOのインタビュー内容をひも解いたところ……。(2021/5/17)

巨大IT新法の対象に「ネット広告」追加へ 日本政府が最終報告
政府は27日、デジタル市場競争会議を開き、急成長するインターネット広告分野の課題への対応策を整理した最終報告をまとめた。2021年2月に施行された巨大ITの取引透明化に向けた新法の対象にネット広告分野を明記。必要なルール作りを進めていく方針を明らかにした。(2021/4/28)

消える月謝袋 会費の支払いもキャッシュレス、会員管理も行う「会費ペイ」が急成長
習い事の月謝といえば、毎月封筒に現金を入れて手渡しし、ハンコを押してもらう月謝袋を思い出す。しかし、コロナ禍の非接触ニーズ増大にともない、こうした会費の支払いもキャッシュレス化が急速に進展している。メタップスペイメントが提供する「会費ペイ」は、個人や中小事業者を中心に利用する加盟店が3000店を突破した。(2021/4/27)

不動産市場で進むアナリティクスの活用【前編】
「不動産テック」(PropTech)が急成長する理由と、避けられない問題
不動産分野では投資から再開発に至るまで、データが成長の原動力になり得る。こうした変化をリードし続けるとみられるのが「不動産テック」だ。ただしそのメリットを引き出すためには、解決が必要な問題がある。(2021/4/1)

家電メーカー進化論:
日本進出7年で売上200億突破のアンカー・ジャパン、“成功の裏側”と多ブランド戦略の意図
Ankerグループは2011年創業。13年設立の日本法人は初年度売り上げ約9億円、18年には200億円超と急成長を遂げ、今やモバイルバッテリーの代名詞ブランドとなった。また家電、オーディオデバイス、モバイルプロジェクターなど、次々と新ブランドを展開。急成長の秘密と多ブランド展開の戦略と展望を、猿渡歩COOに聞いた。(2021/3/31)

ラッパのマーク:
最高益叩き出したクレベリン 正露丸超える大幸薬品の顔に
「ラッパのマークの正露丸」でおなじみの大幸薬品で、空間除菌剤「クレベリン」が新たな顔として急成長し、同社の業績を牽引している。クレベリンとは……。(2021/3/27)

新設の専用データセンターも「ほぼ満床」:
国内パブリッククラウド市場“急成長”は本当か? AWSやAzureも利用のデータセンター、日本に巨額投資の背景は
日本のパブリッククラウド市場が急成長の局面を迎えている。データセンターを手掛けるエクイニクスは新たに大規模ベンダー向けの拠点を新設したが、現時点で既にスペースは満床だという。その背景に何があるのか。国内におけるニーズの変化や各ベンダーの動きから読み解く。(2021/3/18)

AI insideの衝撃【前編】売上を250%成長させるSaaSの逆セオリー
手書き書類を人工知能(AI)を用いて高精度にデジタルデータに変換するOCRソフトウェア 「DX Suite」を提供するAI insideは、2021年3月期の業績予想売上高が対直近年度+281%を見込み、3月期決算の国内上場企業で最も高い成長率での着地を見込んでいます。同社がいかにSaaSプロダクトを急成長させたか。また、新たに展開を加速させているAI プラットフォーマー化への展望を前編・後編でお伝えしていきます。(2021/3/12)

「DEIB」ツールの理想と現実【前編】
「DEIB」ツールとは? 3億ドル市場に急成長のダイバーシティー支援手段
さまざまな人材の活用を支援する「DEIB」ツール市場が拡大している。その背景には何があるのか。調査結果を交えて現状を整理する。(2021/3/12)

PR:テレワークのコミュニケーション不足を解決する「バーチャルオフィス」 急成長ベンチャーのoVice代表に聞く、いま企業に求められているもの
(2021/3/9)

吉田沙保里、美少女のめいっ子・ココちゃんの急成長に驚き 「おしゃれで大人っぽく」とダイヤの原石ぶりに反響
身長すごい伸びてる。(2021/3/3)

Uber、酒類宅配アプリのDrizlyを11億ドルで買収
Uberはアルコール飲料宅配アプリを手掛けるDrizlyを約1160億円で買収すると発表した。Drizlyはコロナ禍の巣ごもり需要で急成長した新興企業。将来的にはUber Eatsでビールやワインを宅配できるようにする計画だ。(2021/2/3)

Twitterも真似するClubhouse、新ラウンドで資金調達 クリエイター支援へ
米国で急成長中の音声チャットプラットフォームClubhouseがAndreessen Horowitzなどから新たな資金を調達する。「音声版Twitter」とも呼ばれるClubhouseはまだ招待制だが、昨年3月の立ち上げ以来200万人が訪れた。新たな資金でクリエイター助成プログラムを立ち上げる。(2021/1/25)

Weekly Memo:
2021年、DXを支える注目のベンダーは? 急成長中の4社を紹介
2021年、企業のDXを支援するベンダーのうち、特に注目すべきベンダーはどこか。筆者が注目するのは、自社だけでなく他社と連携したエコシステムを広げることで台頭する4社だ。それぞれの興味深いポイントを紹介する。(2021/1/12)

数字で見る2021年注目企業:
「炎上」と「改革」で4000億円企業に コロナバブル後に真価が問われるZOZO
サービス開始からわずか17年で商品取扱高が約22倍以上に伸びたZOZOTOWN。急成長できた背景とコロナ禍でも成長し続ける強みを著者の磯部孝氏はこう分析する。(2021/1/4)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
いつまでも時代に追い付けないインフラから脱却、急成長企業に学ぶサーバ強化術
企業の成長過程で、ITインフラがボトルネックとなるケースは少なくない。そこで、現在の急速な成長や将来の大きな変化への対応を見据えて選ばれているのが、モジュラー型サーバだ。急成長企業のITインフラ刷新事例を基に、その実力を探る。(2020/12/14)

今日のリサーチ:
「マスク」「消毒剤」「鬼滅の刃」関連など 2020年の日用消費財における急成長カテゴリー――インテージ調査
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行で2020年の売れ筋カテゴリーの大半を占めたのは衛生関連用品。(2020/12/7)

SEMIが2020年Q3販売額を発表:
半導体製造装置、前年同期比で30%増と急成長
2020年第3四半期(7〜9月)の半導体製造装置(新品)世界総販売額は、約194億米ドルになった。前期に比べ16%増となり、前年同期比では30%の増加となる。SEMIが発表した。(2020/12/7)

飲食店を科学する:
家系ラーメンの「町田商店」が超えた「多店舗展開10億円の壁」 カギはシステムパワー経営にあり
家系ラーメンの町田商店が急成長している。直営店が117店舗、プロデュース店が396店舗。「多店舗展開10億円の壁」をどう突破したのか。(2020/11/30)

PR:ベルフェイス急成長の舞台裏 営業活動の“新常識”を支える「Vonage API」とは?
(2020/11/24)

コロナ禍で急成長した「Zoom」運営元、日本市場での今後の方針は?
テレワーク需要を踏まえて成長を遂げたZVC Japan。今後、日本市場ではどんなサービスや機能を提供していくのか。(2020/11/6)

事業成長を最大化:
データで「未来を予測する」戦略人事 Sansanが急成長の中、取り組んだこと
企業が急成長すると、個々の社員の能力やモチベーションの把握が難しくなる。5年間で社員が約5倍に増えるという急成長を遂げているSansanは、どのように対策をしたのだろうか。人事データで「未来を予測したい」と話す人事部の、その意図を聞いた。(2020/10/20)

蓄電・発電機器:
定置用蓄電池の世界市場、再エネ急増で2026年に19年比8.5倍に急成長
矢野経済研究所が定置用蓄電池の世界市場に関する調査結果を公表。世界で再エネ導入が加速することに伴い、2026年の市場規模は2019年比率で約8.5倍となる12万666MWhに成長すると予測している。(2020/10/19)

事例で学ぶデータ活用成功の鍵【後編】
急成長のエネルギー企業が「データ品質」を何よりも重視する納得の理由
質の高いデータ分析は、どうすれば実現できるのか。そのために重要なことは「データ品質」の維持だと、データ分析を成長に生かすエネルギー企業のEmber Resourcesは指摘する。それはどういうことなのか。(2020/10/1)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
テレビCMなしで急成長の「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティングの力で急成長を遂げた企業の強さの秘密を無料eBookで。(2020/9/28)

今日のリサーチ:
米国で急成長するBOPIS(オンラインで購入して店舗で受け取り)について――Adobe調査
COVID-19の第2波が押し寄せる中で注目すべきはBOPIS(Buy Online Pick-up In-Store:オンラインで購入して店舗で受け取り)の動向です。(2020/9/9)

コロナ禍で成長が再加速するEC市場【後編】
EC急成長を“コロナ特需”で終わらせないために「CX」が重要な理由
新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけにEC経由で売れるようになった商品は、流行が収まれば売れ行きも元通りに戻ってしまうのか。そうならないために重要なのが「CX」だという。どういうことなのか。(2020/9/7)

ホーム/オフィスを問わず安全で快適なサービスプラットフォームを目指す「Zoom」の次の一手
8月27日、Zoom Video Communications JAPANが、日本におけるZoomの事業戦略について説明会を開催した。急成長を遂げている同社の次の一手とは?(2020/8/28)

研究開発が進む:
6年で2.2倍に? プロテイン市場が脚光を浴びている背景
世界的にプロテインが注目されている。世界市場は2019年に185億ドルほどだったが、25年までに406億ドルになるだろうと予測されている。なぜ急成長する声が多いのかというと……。(2020/8/28)

急成長の一方、課題も 国内リモートデスクトップ市場規模予測――ITR調べ
ITRは、国内のリモートデスクトップ/リモートコントロールの市場規模予測を発表した。COVID-19の影響を受け在宅勤務が急増したことから、2020年度は、どちらの市場も急速に規模を拡大した。(2020/8/26)

今日のリサーチ:
急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどうなっているのでしょうか。(2020/8/3)

産業動向:
建設3Dプリントの市場、COVID-19の影響で2020年半減も2023年にV字回復
グローバルインフォメーションは、建設領域での3Dプリンタ市場の予測をまとめたレポートを公表した。2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で大幅縮小とするものの、2023年には推定1億2000万ドルの147%の急成長を遂げるとしている。(2020/8/3)

Weekly Memo:
シリコンバレーの投資家が注目する「アフターコロナ時代の技術トレンドとビジネスモデル」とは
アフターコロナ時代の技術トレンドとビジネスモデルは、これまでとどう変わるか。多くの急成長企業を支えてきた実績を持つ米国シリコンバレーの投資家が、このテーマについて講演した。その中から筆者が印象深かった話を取り上げたい。(2020/7/27)

「追い風」受け急成長か 国内電子契約サービス市場規模予測――ITR調べ
ITRは国内電子契約サービス市場の規模予測を発表した。2018年度の売上金額は、対前年度比83.5%増の36億7000万円で2019年度は同70.0%増、2023年度には200億円に迫る見込みだ。(2020/7/17)

急成長を遂げる不動産テック市場の行方(1):
【新連載】「不動産テック市場の行方」不動産業界のDXは35年前から始まった――
近年、急成長を遂げる“不動産テック市場”。非対面・非接触での営業や契約締結、VRでの物件内見、スマートロックなどの新しい不動産テックサービスが次々と登場し、不動産業界にもデジタル変革の波が押し寄せています。本連載では、不動産テック市場を俯瞰的に見ながら、延期が決定した東京五輪の影響やCOVID-19で意図せず普及が進む“リモートワーク”に伴う市場変化などを織り交ぜ、足元の不動産テック市場の現況と今後の見通しをアットホーム 原雅史氏がレポートしていきます。連載第1回では、不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)が約35年前から始まっていると言われていることを踏まえ、戦後を出発点にした不動産業界のDXがこれまでどのように発展してきたかを振り返ります。(2020/7/14)

noteが月間アクティブユーザー6300万人突破 1年半で6倍以上の急成長に
誰でもさっと投稿できるnote。(2020/6/24)

「note」急成長 MAU、3カ月で3割拡大 コロナ禍で医師などの発信に注目
コンテンツ配信サービス「note」の5月の月間アクティブユーザー(MAU)が6300万を突破し、この3カ月で3割増えた。(2020/6/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。