ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「画面」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「画面」に関する情報が集まったページです。

PR:WQHDで165Hzの液晶を搭載! 高解像でなめらかなプレイを楽しむなら「G-Tune E5-165」はどうだ?
ノートPCでゲームを楽しみたいけど、フルHDではなくもっと高解像でなめらかな画面でヌルヌルとプレイしたい――。数あるゲーミングノートPCの中でも、こういった要望に応えてくれるモデルは実は多くない。マウスコンピューターの「G-Tune E5-165」はどうなのだろうか?(2021/4/30)

pixiv、安全でないパスワードのアカウントは5月10日以降ログイン不可に 対象者にログイン画面で通知
早めに確認しておきましょう。(2021/4/29)

LINE、通報機能に「バグによる誤表示あった」と発表 「通報すると直近のトーク送信」などに修正
LINEにまた不適切表示問題。「通報」画面で、送信される情報についての記載が不十分だった。「バグにより、他の通報画面のメッセージが表示されていた」と釈明している。(2021/4/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
生まれ変わった「Echo Show 10」がやってきた! 注目の回転機能を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程をお届けする本連載。今回は、画面付きスマートスピーカーの最上位に位置する新型「Echo Show 10」(第3世代)をチェックした。(2021/4/27)

「実写化決定」「画面がすごい尊い」 山田裕貴、「呪術廻戦」五条悟との“そっくり2ショット”にファンもん絶
五条先生が2人……?(2021/4/25)

auの「Xperia 1」と「Xperia 5」がAndroid 11へアップデート
KDDIは、4月22日に「Xperia 1 SOV40」「Xperia 5 SOV41」をAndroid 11へアップデート。スクリーンレコード機能やニアバイシェアの追加、電源キー長押し時の画面デザイン変更などが含まれる。(2021/4/22)

ASUS、セカンドディスプレイを搭載した2画面ノートPC「ZenBook Duo」新モデル 有機EL採用の上位モデルも用意
ASUS JAPANは、セカンドディスプレイ“ScreenPad Plus”を標準搭載した2画面構成ノートPC「ZenBook Duo」の新モデルを発表した。(2021/4/21)

楽天ペイ、「瞬間チャージ」新規設定で最大1万ポイントが当たるキャンペーン
スマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」の「ポイントカード」の画面から初めて「ポイント払い 瞬間チャージ」のチャージ額を設定すると、抽選で最大1万ポイントが当たるキャンペーンを開催。期間は7月31日まで。(2021/4/20)

ファーウェイ、タブレット「MatePad T」シリーズに大画面モデル2機種を追加
ファーウェイ・ジャパンが、タブレット「MatePad T」シリーズの10.1型/9.7型モデルを投入する。また、発売済みの「MatePad 10.4」のWi-Fiモデルについて、プロセッサをKirin 820、メモリを4GB、内蔵ストレージを64GBにした構成を追加する。【写真追加】(2021/4/20)

Bluescape、Klaxoon、Microsoft、Miro、MURALなどが参入
Zoom、Teamsユーザーが「ホワイトボードアプリ」を使いたくなる“納得の理由”
Web会議で直接PC画面に書き込み、メモや図式を遠隔から共有できるホワイトボードアプリケーションが急速に普及している。場所を問わずに働く時代の新しい情報伝達ツールとして市民権を得つつある。現状を追った。(2021/4/19)

光触媒技術で除菌する液晶保護フィルム「キルウイルスTP」発売
リディアワークスは光触媒技術でウイルス細菌を1時間に99%以上を除菌し、清潔な画面を保つ液晶用保護フィルム「キルウイルスTP」を発売。iPhone用、iPad用、フリーカット2タイプをそろえる。(2021/4/16)

Pixelシリーズに歩きスマホしていると注意する新機能「前方注意」
GoogleのAndroid受けスマートフォンの使いすぎ防止機能「Digital Wellbeing」に「Heads Up(日本では「前方注意」)」機能がロールアウトしている。有効にすると、屋外でスマートフォンを見ながら歩いている(=歩きスマホ)と、画面に警告が表示される。(2021/4/13)

NEWS
四国銀行がタブレットで紙ベースの窓口業務をデジタル化 顧客満足度の向上図る
四国銀行はタブレットを活用し、行員が来店者と一緒に画面を見ながら申請手続きを進めることができるシステムを導入した。来店者が紙の申請書を記入する手間を減らし、業務効率と顧客満足度の向上を目指す狙い。(2021/4/13)

Lenovoのハイエンドゲーミングスマホ「Legion Phone Duel 2」は冷却ファンもバッテリーもダブルで799ユーロから
Lenovoがフラグシップゲーミングスマホの2代目「Legion Phone Duel 2」を発表した。6.92型の大画面でバッテリー、ファン、USB-Cポートを2つずつ備える。価格は799ユーロ(約10万円)から。(2021/4/9)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“顔が付いた”モトローラ「razr 5G」は楽しく撮影できるスマホだった
ガラケー時代に注目を集めたRAZRのデザインコンセプトを受け継いでいる「razr 5G」。人物撮影時には画面に顔が現れるなどの面白い機能を持つ。このrazr 5Gについて、写真機能を徹底的に試してみた。(2021/4/11)

エプソンダイレクト、ディスプレイ背面設置もできる幅33mmのミニデスクトップ 4画面出力もサポート
エプソンダイレクトは、本体幅33?の省スペース筐体を採用したミニデスクトップPC「Endeavor ST50」を発売する。(2021/4/6)

Intel Evo Platformにも対応!:
3.3Kの高解像度液晶を搭載した先進プレミアムモバイル「ZenBook S UX393EA」を試す
ASUS JAPANのノートPCでメインストリームとなる「ZenBook」シリーズに、初の画面アスペクト比が3:2の「ZenBook S UX393EA」が登場した。見た目も性能も充実の1台を細かくチェックしてみよう。(2021/4/2)

“桃鉄”の「決算」画面が撮影スポットに 本物の富士山と電車をバックに
コナミデジタルエンタテインメントがゲーム「桃太郎電鉄」(桃鉄)シリーズの「決算」画面を実際に撮影できる看板を設置した。(2021/4/1)

桃鉄の「リアル決算画面」を撮れる看板が富士山近くに登場 新幹線が通るとゲーム画面そのままに
早くも目撃報告がTwitterに。(2021/4/1)

「Mi Smart Band 6」は画面が50%大きくなり、SpO2測定機能付き
Xiaomiはリストバンド型ウェアラブル端末「Mi Smart Band 6」を発表した。先代よりディスプレイが50%大きくなり、動脈血酸素飽和度(SpO2)測定機能が追加された。バンドの色は6色だ。(2021/3/30)

Windowsフロントライン:
Windows 10Xの迷走にChromebookの陰
2019年の発表当初は「Surface Neoに搭載される2画面デバイスに最適化されたOS■」という触れ込みだったWindows 10Xだったが、その役割も変わるようだ。そこには、GoogleのChromebookが大きく影響しているという。(2021/3/30)

発売から約5カ月で400ドル値下げ
2画面スマホ「Surface Duo」が約10万円に大幅値下げ これで売れるのか?
Microsoftは2画面スマートフォン「Surface Duo」の米国での価格を大幅に引き下げた。その背景には何があるのか。値下げによる効果は。(2021/3/28)

アペックス、ノートPC装着型のデュアルディスプレイに10.1型×2面モデル
アペックスは、ノートPCのディスプレイ部に装着することで3画面構成を実現できる「Aqualモバイルデュアルディスレイ」の新モデルを発表した。(2021/3/26)

ドコモの「ahamo」、登録手続きに不具合 一定の条件下で完了画面が表示されず
ドコモのスマホ向け新料金プラン「ahamo」の登録手続きに不具合。一定の条件が重なったとき、手続きが完了しているにもかかわらず、完了画面が表示されないという。(2021/3/26)

あつ森に「観光案内メーカー」登場 自慢の島をポスターや動画に
「あつまれ どうぶつの森」で撮影した画面写真や動画を使い、スマートフォンで島のポスターや案内動画が作れる「観光案内メーカー」が登場。(2021/3/24)

空港の自動チェックイン機、タッチパネルを非接触化 JALが国内初
JALは、空港内の自動チェックイン機にタッチレスセンサーを取り付け、操作画面に直接触れずに搭乗手続きができるようにする。国内初の試みという。(2021/3/23)

Word文書の編集からKindleでの読書まで:
10.3型ながら300g台の激軽E Inkノート「Supernote A5 X」を試してみた(後編)
10.3型の大画面を採用したE Ink電子ペーパー「Supernote A5 X」。実際の使い勝手はどうなのか、実機を使っていろいろな用途で使ってみた。(2021/3/23)

AIでオンライン試験のカンニングや替え玉受験を防止 富士通らが実証研究 2021年度に製品化へ
富士通がAIを活用したオンライン試験監督システムの実証研究を行ったと発表。コロナ禍で資格試験のオンライン化が注目を集める中、受験者の姿やPCの画面を記録することで、替え玉受験やカンニングなどの不正行為を防止する。(2021/3/22)

POS機能やレシートプリンタ機能も搭載 ハンディサイズの決済端末「Square Terminal」
Squareは3月16日、新たな決済端末「Square Terminal」を発表した。無線LANとレシートプリンタを内蔵し、手持ちできるハンディサイズの端末1つで現金、クレジットカード、電子マネーといった複数の決済に対応できる。ボディーは大ぶりだが軽量で、画面タッチは軽快に動作する。(2021/3/16)

Androidタブレットを試す:
10.3型ながら300g台の激軽E Inkノート「Supernote A5 X」を使ってみた(前編)
10.3型の大画面を採用したE Ink電子ペーパー「Supernote A5 X」。実際の使い勝手はどうなのか、実機を使ってじっくり試してみた。(2021/3/15)

Tech TIPS:
Windows 10ロック画面活用大全 たちまちロック/時間変更/スクリーンセーバー利用/スマホ連動
サインインした状態でPCの前から離れてしまうと、悪意のある人によって情報が漏えいしたり、SNSに悪意のある投稿が行われたりする危険性がある。PCから離れる際には、ロック画面を表示し、パスワードなどを入力するまでWindows 10を操作できないようにしよう。(2021/3/15)

Netflix、家族以外とアカウント共有しているユーザーに警告画面を表示 同社は「ユーザーを確認・登録するためのテスト」
海外で話題に。(2021/3/12)

Twitter見る時間を減らしたい→狂気のホーム画面が誕生 スマホを「偽Twitter」で埋め尽くすアイデアが天才的
定期的に配置をシャッフルすると難易度がさらに上がりそう。(2021/3/10)

製造ITニュース:
デジタル図面の活用と管理を効率化するクラウド連携サービスを提供開始
沖電気工業は、デジタル図面の活用と管理を効率化する「TerioCloud Box連携サービス」の提供を開始する。デジタル画面を共有できる「TerioCloud」とクラウドコンテンツ管理サービス「Box」を連携し、データを自動で相互同期して一元管理できる。(2021/3/9)

“ながら”の利点:
コロナ禍で存在感増す「ソニックトリガー」 SNSなど「音」のサービスに勢い
新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が延び、パソコンやスマートフォンの画面を見る機会が増えた人も多いだろう。こんな「目」からの情報が過多ともいえる今、「音」を使ったサービスが脚光を浴びている。(2021/3/6)

楽天カードかたる詐欺メールに注意 偽のログイン画面に誘導しクレカ情報を窃取
フィッシング対策協議会が、楽天カードをかたるフィッシングメールを確認したとして注意喚起。ECサイト「楽天市場」が障害から復旧したなどと偽ってフィッシングサイトへ誘導するという。(2021/3/4)

PayPayの送金に新機能、ホーム画面でQRコード表示も可能に
PayPay残高の送金に新機能を追加。送る・受け取るのタイミング以外でもメッセージを送受信できるチャット機能や、背景のデザインを選んで送るテーマ機能などを利用できる。(2021/3/4)

ソフトバンク、世界初のLenovo製“画面折りたたみPC”発売 5G対応で約40万円
ソフトバンクが、Lenovoが開発した世界初のフォルダブルPC「ThinkPad X1 Fold」を17日に発売する。5G通信に対応したSIMロックフリーの端末で、価格は40万2480円。(2021/3/4)

Google、アプリ開発SDK「Flutter 2」公開 Webとデスクトップ、Surface Duoもサポート
Googleが2018年にリリースしたアプリ開発SDKのバージョン2「Flutter 2」を公開した。iOSとAndroidに加え、Windows、macOS、Linux、Webブラウザ向けのアプリを開発できる。Microsoftは2画面端末「Surface Duo」でFlutterを採用している。(2021/3/4)

折りたたみスマホ「motorola razr 5G」がソフトバンクから登場 実質約10万円
モトローラ・モビリティ・ジャパンが3月3日、折りたたみ型の5Gスマートフォン「motorola razr 5G」の日本導入を発表。国内キャリアではソフトバンクが独占販売する。使わないときは折りたたんでコンパクトに持ち運び、大画面を使いたいときは開いて利用する。(2021/3/4)

PR:Office付きで税込み10万円以下の高コスパ大画面ノートPC「Modern-15-A10M-478JP」をお勧めする理由
エムエスアイコンピュータージャパン(MSI)から、15.6型ノートPC「Modern 15 A10 」(Modern-15-A10M-478JP)が登場した。Office付きで10万円を切るコストパフォーマンスが魅力となる本機の実力を確かめた。(2021/2/26)

「Yahoo!乗換案内」で都営バスの接近情報を提供
ヤフーは、経路検索アプリ「Yahoo!乗換案内」において、都営バスの接近情報をルート検索結果画面に表示する機能の提供を始めた。(2021/2/26)

既存のPOSレジ・キオスク端末をタッチレス化 NECが後付けユニットを開発
NECプラットフォームズが、同社が提供するPOSレジやキオスク端末の画面を触れずに操作できるようにする後付けユニットを発売。価格は専用のソフトウェアとセットで23万9000円。(2021/2/26)

KDDI、店頭で画面フィルム貼付やLINE設定を行うサービス 税別1000円から
KDDIが、スマホの画面保護フィルム貼り付けやアプリのアカウント設定などを行うサービスをauショップで始めた。auかUQ mobile回線の契約者向けに提供する。(2021/2/25)

auショップ/au Styleが「店頭設定サポート」をスタート 希望者に有償提供
auショップとau Styleが、スマートフォンアプリの設定やデータ移行サービス、画面保護フィルムの貼り付けを行う有償サービスの提供を開始した。au IDやauアプリに関するサポートは引き続き無償で提供する。(2021/2/25)

イノベーションのレシピ:
汎用性はキーボード入力に匹敵、なぞって伝える三菱電機の「しゃべり描き」
端末画面をなぞった軌跡上に発話内容をテキスト化して表示する三菱電機の「しゃべり描きアプリ」。聴覚障害者など耳の不自由な人とのコミュニケーションをより豊かなものにすることを目指して開発された。同アプリは音声認識エンジニアから音声認識精度やレスポンスの速さを高く評価されるという。どのようにして実現しているのか。(2021/2/25)

Googleマップがダークモードに対応 Androidの新機能で
GoogleマップのAndroid版アプリに黒を基調とした背景画面に切り替えるダークテーマが追加。Androidの新機能の一つ。同社は「間もなく世界中のAndroidユーザーに提供を始める」としている。(2021/2/24)

サンワ、ノートPC/タブレット画面に設置できるスマホホルダーを発売
サンワサプライは、ノートPCのディスプレイ横やタブレットの縁に設置できるスマートフォンホルダーを発売。価格は2000円(税込み)。(2021/2/19)

PR:エンタメもテレワークもオンライン授業も快適に! 17.3型の大画面オールインワンノートPC「mouse F7」の勧め
テレワークや巣ごもり需要で、大画面PCが脚光を浴びている。映画や動画などのエンターテインメントを楽しむだけでなく、ExcelやPowerPointなどでの業務作業もスムーズにこなせるからだ。マウスコンピューターの17.3型ノートPC「mouse F7」を実際に試してみた。(2021/2/17)

ドコモの「Galaxy S10/S10+」「Galaxy Note10+」がOSバージョンアップ Android 11に
NTTドコモが、2月15日から「Galaxy S10/S10+」「Galaxy Note10+」のOSバージョンアップサービスを開始した。Android 11では通知やプライバシーの強化をはじめ「スグアプ」への対応、ロックスクリーン画面でのウィジェット対応などを行う。(2021/2/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。