ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「秘密」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「秘密」に関する情報が集まったページです。

CFO Dive:
攻撃者たちはAI特有の攻撃ベクトルを駆使している NSAが推奨する対抗策
機密データや知的財産を狙うサイバー攻撃者は、AI特有の攻撃ベクトルを駆使する可能性があると、NSAは警告している。(2024/5/20)

北海道が広島……? 地名がちぐはぐすぎる「ちょっと変な日本地図」に隠された“秘密”に「おもしろい!」「よくぞ調べた」の声
理由が分かると納得!(2024/5/20)

GoFetch攻撃の手口と対策【後編】
秘密鍵が盗まれる「Appleシリコンの脆弱性」は修正困難……苦肉の策とは?
Macから秘密鍵を盗み取る攻撃「GoFetch」は、SoC「M」シリーズの脆弱性を突くものだ。この脆弱性はマイクロアーキテクチャの欠陥に起因するため、簡単に修正する方法はないという。どのような対策があるのか。(2024/5/17)

前代未聞! ミスUSAとティーンUSAが立て続けに辞退 母親たちがテレビ出演しセクハラやいじめを告発
娘たちは秘密保持契約のため話せないと主張。(2024/5/16)

セキュリティニュースアラート:
SSHクライアント「PuTTY」に重大な脆弱性 秘密鍵を窃取できる可能性あり
Windows向けSSHクライアントである「PuTTY」に重大な脆弱性が見つかった。これを悪用された場合、署名付きメッセージから秘密鍵を窃取できる可能性がある他、影響範囲はPuTTYだけでなく関連ツールや鍵ペアにも及ぶという。(2024/5/14)

Innovative Tech:
職場の「一部ネット接続できない規制PC」から機密データを盗むサイバー攻撃 米研究者らが発表
米ボイシ州立大学などに所属する研究者らは、インターネット接続を遮断された規制の厳しいPCであっても、CPUの処理速度を意図的に操作することで、一部のアプリケーションでひそかにデータをやりとりできる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/5/13)

就活生25万人が利用:
逆求人の「OfferBox」はなぜ伸びているのか 人気の秘密は反「数打ちゃ当たる理論」
就職活動の日々を送る大学生も多いだろうが、学生はどのようなサービスを利用しているのか。その昔、学生が企業にエントリーして内定を得るという流れが多かったが、いまは違うようで……。(2024/5/13)

GoFetch攻撃の手口と対策【前編】
Macから秘密鍵が盗まれる「Appleシリコン」の脆弱性とは
Mac用のSoC「M」シリーズの脆弱性を悪用して秘密鍵を取得する「GoFetch」という攻撃の手法を、米国の学術研究グループが発見した。どのような脆弱性なのか。(2024/5/10)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
「ハイチュウ→HI-CHEW」になってどうなった? 意外な人に売れた秘密
2024年2月、森永製菓のハイチュウがロゴを変更した。カタカナから英語表記「HI-CHEW」になったわけだが、売り上げに変化はあったのだろうか。“その後”を取材したところ……。(2024/5/9)

緊急購買から「目的買い」へ:
ローソンの「韓国コスメ」がバカ売れ 7カ月で200万個も売れた「4つ」の秘密
ローソンが2023年3月末に発売した新化粧品ブランド「&nd by rom&nd(アンド バイ ロムアンド)」が、Z世代に売れている。人気の秘密を取材したところ……。(2024/5/7)

7歳息子「誕生日は家が欲しいっ!」→母がリビングに秘密基地をDIY 目を疑う最高傑作に「これは凄すぎるよ」「めっちゃ中入りたい!」
憧れるな〜!(2024/5/3)

「ビビりました」「素敵すぎる」 たった1畳半の「秘密基地」をDIY改修→雰囲気抜群の空間に大変貌
飽くなき改良で便利になった秘密基地。(2024/5/2)

本当の姉弟のようなワンコと次女 秘密のおしゃべりタイムに「ほっこりの洪水」「心が澄みわたる」
優しさに満ちた光景です。(2024/5/2)

パッと見で分からない細かいこだわりも バッファロー開発陣に聞くWi-Fi 7ルーター「WXR18000BE10P」の秘密【後編】
バッファローが、国内メーカー初となる「Wi-Fi CERTIFIED 7」認証を取得した無線LANルーターを発売した。その特徴を、同社の開発陣に聞いた。(2024/5/1)

甘味処鎌倉:
「わらびもち専門店」が海外でも好調 行列ができる秘密は?
2019年に1号店の「弥彦神社店」が新潟県弥彦村にオープンし、今では全国に50店舗以上を展開している、わらびもち専門店の「甘味処鎌倉」。2024年1月には香港とシンガポールに出店し、いずれもオープン直後は200人以上の行列ができたという。どのように海外で人気店をつくっているのか。(2024/4/30)

スマートフォンの正しい廃棄方法【中編】
「スマホ」に残る機密データを“完全削除”する方法
仕事で使用するスマートフォンには、機密データが保存されている。それを正しく消去しなければ廃棄時に流出する懸念がある。データを確実に消去する方法とは。(2024/4/29)

巧妙になる不正アクセスの手口
「Microsoft Azure」を侵害 攻撃者はなぜアカウントに入り込めたのか?
セキュリティベンダーProofpointによると、「Microsoft Azure」に対して新しい手口を使った攻撃があり、機密情報が流出した恐れがある。攻撃者はどうやって侵入に成功したのか。(2024/4/23)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(30):
お年寄りもはっきり聞こえる“曲面サウンド” 急成長のミライスピーカーの秘密
耳の聞こえづらい高齢者でもしっかり聞こえる特殊な「音」を発生する特許技術を持つスピーカーのメーカーがある。「ミライスピーカー・ホーム」を手掛けるサウンドファンだ。同製品はこれまでに累計20万台を売り上げ、大きな注目を集めている。高齢者からの需要も多いが、そもそもどのような「音」を、どのような機構で発生させているのか。サウンドファンの皆さんにお話を伺った。(2024/4/23)

セキュリティー・クリアランス法案 立民・杉尾秀哉氏「米大統領への手土産か」 首相は否定
経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(SC、適格性評価)」制度を創設する「重要経済安保情報保護・活用法案」が4月17日、参院本会議で審議入りし、論戦が始まった。(2024/4/17)

Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある
BeeStationの機能は他にも便利な機能が複数用意されている。今回はその便利な機能について詳しく見ていこう。(2024/4/16)

DIYで“6畳の和室”が“理想の作業部屋”に大変身! 超オシャレな仕上がりに「驚異的な完成度ッ!!」「秘密基地感あってええな」
こういう作業部屋に憧れる。(2024/4/12)

AI×ファッションの可能性【前編】
“大ヒット商品”に隠された「画像生成AI」の秘密とは? デザイナーが明かす
クリエイティブ分野でのAI活用には賛否両論がある中で、“ある画像生成AI”を使ってヒット商品を生んでいるデザイナーがいる。デザイン制作に生成AIをどう活用しているのか。(2024/4/12)

製品動向:
建設プロジェクト用のデータ基盤提供、リーガルテック
リーガルテックは建設業のDX支援を目的に、仮想空間で2DCAD図面含む機密文書を一元管理するVDRの活用を開始する。セキュリティや効率性、透明性を向上させ、競争力のある持続可能な建設ビジネスの構築につなげる。(2024/4/8)

「薄毛の赤ちゃんに朗報です!」「これで100円はバグだよね!?」 セリア“秘密のヘアピン”にベビー&ママ大歓喜
うれしそうな姿にほっこり!(2024/4/23)

Innovative Tech:
Appleの“Mシリーズチップ”から秘密鍵を盗む攻撃「GoFetch」 米研究者らが発表
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校やテキサス大学オースティン校などに所属する米研究チームは、AppleのMシリーズチップなどの脆弱性を用いて秘密鍵を復元するサイドチャネル攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/4/3)

これが地味だった農業用倉庫!? 趣味の雑貨で埋め尽くした“大人の秘密基地”がアツい
こういうの、憧れますよね……(2024/4/2)

前年比2倍のペース:
シャープの「ドライヤー」が好調 存在感がなかったのに、なぜ?
シャープが2023年8月に発売した新型ドライヤー。が好調だ。発売1カ月の販売数は、前モデルと比べて約5倍。人気を集めている秘密について、同社の担当者を取材した。(2024/3/22)

セキュリティー・クリアランス法案が審議入り 恣意的規制や不利益防止が焦点に
経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(SC、適格性評価)」制度を創設する「重要経済安保情報保護・活用法案」が衆院本会議で審議入りした。(2024/3/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
ようやく制度化「セキュリティ・クリアランス」とは? 民間企業にどう影響するのか
閣議決定されたセキュリティ・クリアランス法案は、民間企業の従業員も無関係ではない。先端技術分野も機密情報となり、情報を扱うための適性評価の対象が民間にも広がるからだ。プライバシーの懸念も出ているが、国の安全と発展のために不可欠な制度だといえる。(2024/3/15)

セキュリティニュースアラート:
GitHubの機密データ漏えいは1277万8599件に 最も公開されている情報とは?
GitGuardianは2023年にGitHubのパブリックコミットで新たに検出された機密データが前年比で28%増であることを発表した。この4年間で機密データの漏えいは4倍に拡大している。(2024/3/14)

セキュリティニュースアラート:
Microsoft、Midnight Blizzardにより「機密情報」が漏えいしたと認める
Microsoftはロシア国家が支援する脅威アクター「Midnight Blizzard」によるサイバー攻撃の調査結果を発表した。顧客の「機密情報」が流出した他、窃取されたデータによって不正アクセスの試行が確認された。(2024/3/12)

元Googleのエンジニア、AI機密情報を中国企業に売った疑いで逮捕
米Googleの元エンジニアが、同社のAI関連の機密情報を中国企業に売った疑いで逮捕された。(2024/3/7)

NAVERとの資本関係の見直し検討も盛り込む:
総務省がLINEヤフーに「行政指導」 「通信の秘密」保護と「サイバーセキュリティ」確保を求める
2023年11月27日に公表された情報漏えい事案を受けて、総務省がLINEヤフーに行政指導を行った。「通信の秘密」の保護と「サイバーセキュリティ」の確保を徹底するように求めているが、「LINEヤフーと韓国NAVERグループとの資本関係」が問題の抜本的原因の1つと見なしている所がポイントだ。(2024/3/5)

あの“白いお皿”毎回足りなくならないの? もはや国民的祭典、累計交換枚数5億7000万枚の「ヤマザキ春のパン祭り」の秘密
祭りも折り返し、山崎製パンに聞いた。今年の交換予定枚数は1200万枚以上!(2024/2/29)

GDPで日本を抜いたが、物価高に悩むドイツの国内事情
2023年の日本のドル建ての国内総生産(GDP)がドイツに抜かれて4位に転落したことは大きな話題になった。「ドイツ経済の強さの秘密」を特集するメディアもあったが、ドイツ在住の医師でジャーナリスト、村中璃子氏は「庶民には実感がない」と指摘する。物価高がのしかかるドイツ経済の現状をリポートする。(2024/2/24)

サンスター文具のデコット:
70年代に流行った「色変わりペン」が人気 51万本も売れた秘密を聞いた
サンスター文具の色変わりペン「DECOT (デコット)」シリーズが売れている。2024年1月末時点でシリーズ累計出荷数が約51万本とヒット商品に。開発の背景と発売後の反響を聞いた。(2024/2/19)

「プレステ2」本体のロゴの秘密 隠しギミックの存在に「四半世紀近く経って知った」「感動した」と驚きの声
懐かしい……!(2024/2/14)

「がん手術6回」の梅宮辰夫さん、“秘密”バラした小沢仁志に生前激怒していた 「バカ野郎!」「会見やらざるを得なくなった」
病状を隠すうそをつくのが苦しかったアンナさん。(2024/2/8)

機密漏えい、罰則2段階 政府のセキュリティー・クリアランス制度 懲役10年か拘禁5年
経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(SC、適格性評価)」制度の創設に向けた法案が、自民党の会合で示された。機密情報の重要度に応じ、漏洩した場合の罰則を2段階で設けるのが柱。(2024/2/8)

外務省公電が中国に漏えい 2020年にサイバー攻撃
日本政府の「情報管理態勢」が問われる事態が発覚した。機密情報を含む外交公電を在外公館とやりとりする外務省のシステムが2020年、中国からサイバー攻撃を受け、情報漏えいが起きたことが分かった。(2024/2/6)

「ごちそうおにぎり」専門店が続々 人気の秘密は?
具材を入れて、ご飯を握るだけ。作り方は簡単なのに、奥が深く、食べ飽きない「おにぎり」は、コロナ禍が落ち着いて以降、専門店の出店が相次ぐ。(2024/2/4)

「かに道楽」の看板のカニは何ガニ? 脚の動きも違いがある「動くかにの看板」の秘密
看板に使われているかにの種類も確認しました。(2024/2/3)

Chara、「さよならマエストロ」で注目の長男と2ショット 名前の秘密に「え! 漢字ほんとだやばすご!」
「さよならマエストロ」でチェロ奏者を演じる長男・佐藤緋美さんと。(2024/2/2)

ハミガキしたくない3歳と5歳、“秘密兵器”で大変身し……!? かわいすぎるアイデアが410万件表示「最強」「協力プレイ」
これは無敵だ。(2024/1/28)

フィッシング攻撃に強いMFA【前編】
詐欺メールには「MFA」が有効でも“新手のフィッシング攻撃”には使えない?
エンドユーザーから偽のメールを通じて機密情報を引き出すフィッシング攻撃は、企業が対処すべきサイバー攻撃だ。多要素認証(MFA)でも防げない新手のフィッシング攻撃とは。(2024/1/25)

パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しいw」
幸せそうではある。(2024/1/19)

「ブギウギ」、撮影に使われた“小道具”の秘密に驚きの声 「“らんまん”から渡されたものでしたか」「素敵なお話」
そうだったのか!(2024/1/19)

Tech TIPS:
【Azure Key Vault】「シークレット」な情報がApp Serviceのアプリケーション設定から漏れないようにする(Azure CLI編)
Azure App Serviceのアプリケーション設定にパスワードなどを格納していると、Azureポータルあるいはデプロイのコードなどから、それが漏れてしまう危険がある。これを「Key Vault」の「シークレット」で解決する方法のうち、Azure CLIでの手順を説明する。(2024/1/17)

ホロライブが「夜空メル」と契約解除を発表 「機密情報や、やり取りを許可なく第三者に漏洩するといった契約違反行為が認められたため」
一期生が17時から緊急で配信へ。(2024/1/16)

VTuber・夜空メルが契約解除に ホロライブ運営「機密情報の漏えいなどがあったため」
VTuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバーは、所属VTuber「夜空メル」さんの契約を解除したと発表した。カバーとのやりとりや機密情報を第三者に漏えいする契約違反行為を確認したため。(2024/1/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。