ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「スポーツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!スポーツ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でスポーツ関連の質問をチェック
「スポーツ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

新たな100年に向けて:
神宮外苑のまちづくり概要を発表 24年着工予定
三井不動産、明治神宮、日本スポーツ振興センター、伊藤忠商事の4社は、神宮外苑地区の新たな100年に向けたまちづくりの概要を発表した。(2022/5/20)

MSI、“エヴァ”コラボデザインのゲーミングPCパーツ4製品を発売
エムエスアイコンピュータージャパンは、eスポーツブランド「EVANGELION e:PROJECT」とコラボレーションしたゲーミングPCパーツを発表した。(2022/5/12)

360度視聴可能 「自由視点」をスマホで ベンチャー、映像圧縮技術を独自開発 低価格化も
自由視点映像に注目が集まっている。スポーツ中継で採用が進むが、多数のカメラで撮影する必要があるなど、コスト面でのハードルは高い。ベンチャー企業のMasterVisionsが映像圧縮技術とカメラを独自開発し低価格化に挑んだ。(2022/5/12)

CCCマーケティング調べ:
今後取り組みたいスポーツ 「ウォーキング」「筋トレ」「ヨガ」が上位に
CCCマーケティング(東京都渋谷区)が手掛ける「CCCマーケティング総合研究所」は、スポーツの実施状況とスポーツ観戦・視聴について調査を実施した。スポーツ・運動の実施率は、この1年で51.9%から58.3%に増加した。(2022/5/11)

「ハリポタ」マルフォイとネビルがSwitch3本勝負!  任天堂イベントでの一幕が「スリザリン対グリフィンドールや!」と反響
Nintendo UKが主催した「Nintendo Switch Sports」のイベント。(2022/4/30)

旧スポーツスターの正統後継機、現る! ハーレーダビッドソンの新型「ナイトスター」を早速チェック
新世代となる水冷ハーレーの2機種目も登場! クラシカルスタイルにリヤ2本サス、スポーツスター本来の姿を好むファンのモヤモヤを払拭してくれそうなモデルになりそうです。(2022/4/30)

エンタメを代表する2社:
Cygames、ブシロードが仕掛けるTCG版「シャドウバース」 デジタルからアナログへの展開の狙い
eスポーツ種目としても社会的に広がっている『シャドウバース』。実際の紙を使ったトレーディングカードゲーム(TCG)への展開も進めている。このTCG版の名称は『Shadowverse EVOLVE(シャドウバース エボルヴ)』で、スターターデッキを発売した。(2022/4/28)

3Dプリンタニュース:
積層痕の美を生かすeスポーツ用インテリアの実現に向けて超大型3Dプリンタ活用
ExtraBoldは、前田技研のMG東京ファクトリーと共同で、eスポーツ専用インテリア「GT EXPERIENCE CONCEPT」の開発と製作を行った。D-WEBERの自社プロジェクトブランド「4DESIGN by DW」の取り組みとして企画されたもので、自動車フォトグラファーの北畠主税氏がプロデューサーを務め、D-WEBER 代表取締役の水野健一氏がデザインを担当。コンセプトモデルの製作には、ExtraBoldの大型3D付加製造機「EXF-12」が用いられた。(2022/4/27)

東京・世田谷に施設オープン:
ブシロードがヘルスケア事業に本格参入 狙いは?
ブシロードのグループ会社であるブシロードウェルビー(東京都中野区)は、5月18日にスポーツクラブ「ブシロードウェルビー東松原」を世田谷区松原にオープンする。(2022/4/26)

Garmin、「tactix 7 PRO Sapphire Dual Power」を約17万円で発売 “ミリタリーミッション”にも対応
ガーミンジャパンは、ソーラー充電対応マルチスポーツGPSスマートウォッチ「tactix 7 PRO Sapphire Dual Power」を発売。新たにミリタリーや航空機能を追加している。(2022/4/21)

ゼンハイザー、シーンに応じてイヤーピースの使い分けができるスポーツ向け完全ワイヤレスイヤフォン
ゼンハイザーは、スポーツ向けをうたった完全ワイヤレスイヤフォン「SPORT True Wireless」を発表した。(2022/4/21)

プロジェクト:
NTT東日本らが神奈川県・横須賀市でe-Sportsを学べるICT施設を開業
NTT東日本グループのテルウェル東日本、NTT東日本、NTTe-Sportsは、横須賀市若松町のNTT東日本 横須賀別館ビルで、「保育・学び・ワーク・コミュニティー」をテーマとしたICT施設「スカピア」を開業した。(2022/4/21)

東京タワーの足元にeスポーツをテーマにしたアミューズメント施設、20日開業 特別ライトアップも
東京eスポーツゲートは東京タワーに「日本最大規模」をうたうeスポーツ施設「RED゜TOKYO TOWER」を4月20日にオープンする。(2022/4/18)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツ50〜125cc部門【ハンターカブが破竹の勢いで快進撃】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」ストリートスポーツ50〜125cc部門の結果発表。(2022/4/20)

DAZN、英プレミアリーグの放映権失う可能性 権利獲得の韓国企業「交渉の意思ある」
スポーツ動画配信サービス「DAZN」で、来季以降、イングランド・プレミアリーグ(EPL)の試合を視聴できない可能性が出てきた。運営元が「現時点においては来シーズンの放映権を保有していない」とするコメントを発表したためだ。ネット上では同社に対し、厳しい意見が出ている。(2022/4/15)

「DAZN for docomo」、初期ユーザーも一律値上げ 7月から月額1078円→1925円に
NTTドコモはスポーツ動画配信サービス「DAZN」を視聴できる「DAZN for docomo」の初期ユーザー向けの月額料金を、7月1日から月額1078円から1925円に改定すると発表した。(2022/4/14)

「DAZN for docomo」の既存ユーザーも7月から値上げ 月額1078円→1925円に
NTTドコモは4月14日、スポーツ関連動画の有料サブスクリプションサービス「DAZN for docomo(ダゾーンフォードコモ)」の月額料金を改定すると発表した。対象は2020年9月30日までにサービスを契約したドコモユーザー。2022年7月1日以降、月額1078円(税込み、以下同)から月額1925円に値上げされる。(2022/4/14)

「DAZN for docomo」、既存ユーザーも値上げに 月額1078円→1925円に調整 7月から
NTTドコモは、スポーツ動画配信サービス「DAZN for docomo」について、既存ユーザーの利用料金を値上げする。現在月額1078円で利用しているユーザー料金を月額1925円に改定する。新料金は7月1日から適用する。(2022/4/14)

DAZNで不具合発生、一部ユーザーがログインできず 「野球中継が見れない」と怒りの声【復旧済み】
スポーツ動画配信サービス「DAZN」で不具合が発生し、一部ユーザーがログイン状態になっている。(2022/4/13)

やばいカッコよさだぜ…… ランボルギーニ、劇的美麗な新デザイン「ウラカン Tecnica」発表
街中ラグジュアリーもサーキットスポーツも両方! を求める人向けだそうですよ。(2022/4/13)

笹川スポーツ財団調べ:
子どもが「よく行った」運動・スポーツ種目、「水泳」が5位に低下 背景は?
笹川スポーツ財団は、4〜21歳の子どもや青少年を対象に「4〜11歳、12〜21歳のスポーツライフに関する調査」を行った。4〜11歳の「子ども」が過去1年間によく行った運動・スポーツ種目を聞いたところ、前回2位だった「水泳」が今回5位に順位を落とした。(2022/4/10)

子どもが尊敬している人 2位の「家族」に倍以上の差をつけた1位は?
ARINAは、全国の中学生以下の子どもを持つ親を対象に、「子どもが尊敬している人は?」というアンケート調査を行った。子どもが尊敬している人1位は、下位に倍以上の差をつけた「スポーツ選手」だった。(2022/4/15)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツ400cc部門【新星GB350が部門賞を獲得】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシンオブザイヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ400cc部門の結果発表。(2022/4/13)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツビッグバイク部門【隼が総合部門との2冠を達成】
読者投票で人気ナンバー1を選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツビッグバイク部門の結果発表。(2022/4/11)

接種率増を狙う:
ワクチン接種者に「イベントワクワク割」開始へ
政府が、若者の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種促進や経済活動活性化を図るため、イベントやスポーツなどのチケットを割引する「イベントワクワク割」の開始を検討していることが分かった。(2022/4/6)

元バレー日本代表の荒木絵里香さん、早大大学院スポーツ科学研究科に入学 「社会の中で還元できるように」
荒木さんは2021年9月22日に現役を引退しています。(2022/4/5)

女の子の1位は「ケーキ屋・パン屋」:
小学1年生が「就きたい職業」ランキング コロナ禍で注目された職業が人気に
小学1年生とその親を対象に「将来就きたい職業」「就かせたい職業」を聞いた。男の子の就きたい職業2位は「スポーツ選手」、1位は?女の子の親が子どもにつかせたい職業では「医療職」が人気を集めた。(2022/4/5)

PS6ではできないこと:
「プレステの父」久夛良木健氏は、近大でなにをするのか
ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)」を生み出し、「PSの父」と呼ばれる久夛良木健氏(71)が4月1日、近畿大学が新たに設けた情報学部の学部長に就任した。人工知能(AI)やサイバーセキュリティーに特化した先端のIT人材育成が目的だが、異彩を放つのがキャンパス内に設けられた国内トップクラスのeスポーツ施設だ。(2022/4/1)

大拡充に期待! 「電動バイク」花盛り、モーターサイクルショー2022でもキラリと存在感
ちょい乗り街乗りから、スポーツ系、モンスターまで。ちょい乗り系は10万円台くらいで買える程度になると「おっ! これはどう?」ですよね!(2022/3/31)

スポーツ用品メーカー「ミカサ」がエレンの誕生日をお祝いしTwitterで話題に 違うお前じゃない
エレン「誰?」(2022/3/31)

FAニュース:
多様な加工ニーズに応える新ブランドのCNC円筒研削盤第1弾
ジェイテクトは、JTEKTブランドのCNC円筒研削盤第1弾として、「Basic」「Sports」「Racing」の3機種を発売する。変形、熱変位、振動を抑えた高精度な加工ができ、生産性の向上や電力削減に寄与する。(2022/3/31)

バチェロレッテ第2弾も:
アマプラで「たけし城」復活! スポーツのライブ配信やアマプラでしか見れないオリジナル作品を強化
アマプラが2022年に配信する新コンテンツを発表した。視聴者参加型のアトラクション系バラエティ「風雲!たけし城」を34年ぶりに復活する。スポーツ生配信も強化し、新たなファン層獲得を狙う。(2022/3/30)

ミクシィの事業を支える富士通のローカル5G:
PR:スポーツを5Gでアップデート ミクシィが取り組む「これまでにない映像配信」の舞台裏
スマホゲームだけでなく、昨今ではスポーツビジネスにも精力的に取り組むミクシィ。2021年10月にローカル5Gの免許を取得し、基地局の整備などを経て22年1月にスポーツ領域における商用利用を開始した。事業部門の「これまでにない映像配信をしたい」、かつ短いスケジュール、というオーダーから始まったプロジェクトだが、どのように商用利用開始にこぎつけたのか。また、富士通のサポートはどのようなものだったのか。その全貌に迫る。(2022/3/18)

今日のリサーチ:
eスポーツ観戦はオリジナルコンテンツと「切り抜き動画」で2度楽しむスタイルが主流に――NTTドコモ調査
eスポーツ観戦はオリジナルの配信動画と切り抜き動画で「2度楽しむ」ものになっているようです。(2022/3/29)

NFTをめぐる知財訴訟【後編】
「NFTによる知財侵害」を訴えたエルメスとナイキ、それぞれの主張
高級ファッションのHermesやスポーツ用品のNikeなどが、非代替性トークン(NFT:Non Fungible Token)による権利侵害を争点に訴訟を起こした。両者の主張とは。(2022/3/29)

アウェイ戦はDAZNが独占配信中:
W杯予選「豪州vs日本」のライブ視聴者数、過去最多を更新 DAZNが発表、歴代ランキングTOP10は?
スポーツ動画配信サービス「DAZN」の運営元が、サッカーW杯アジア最終予選「オーストラリア vs 日本」のライブ視聴者数が過去最高を記録したと発表した。24日の同試合で日本代表が7大会連続のW杯出場を決めたことから視聴者数が伸びたとみられる。(2022/3/25)

運動部で身に付いたと思う「強み」 3位は「上下関係の理解」、2位と1位は?
マイナビは大学スポーツ協会と共同で、運動部学生を対象に、「運動部学生の就職に関する意識調査」を実施した。運動部学生に運動部の活動を通じて身についた強みを聞いたところ、1位は「礼儀・あいさつ」(81.0%)だった。(2022/3/22)

社会人eスポーツリーグ「B2eLEAGUE」設立 DNPとNTTe-Sports 5月開幕へ
DNPとNTTe-Sportsが社会人eスポーツリーグ「B2eLEAGUE」を5月に開幕する。試合開催に必要な基盤システムやサービス提供などのビジネスも展開する。(2022/3/22)

「Apex Legends」レジェンド王が決定! E5esports Worksが「E5フェス」を開催
都内最大級のeスポーツ施設「LFS(Looking for Squad)池袋 esports Arena」で、オンラインイベント「E5フェス」が開催された。その模様をお届けする。(2022/3/22)

新サービスやイノベーションの創出目指す:
大阪市の「うめきた外庭SQUARE」で実験続々 パナは“みどり×スポーツ”
パナソニックは、開発が進む大阪市の「うめきた2期地区」に隣接する「うめきた外庭SQUARE」の運営パートナーとして、「みどり」と融合した都市空間づくりのプロジェクトに参画すると発表した。(2022/3/22)

近大、新設の情報学部施設公開 eスポーツ専用アリーナも
近畿大はが4月に開設する情報学部の学部棟を公開した。新設された学部棟には、壁面全体に大型スクリーンを設置した教室や、eスポーツの専用施設を設置。AIやデータ分析、サイバーセキュリティなどの分野で活躍する人材の育成を目指す。(2022/3/22)

RZ250/350カラー!! ヤマハ新型「XSR700」国内発売でエンジンは規制適合、足まわり強化も
カッコイイ……! ヤマハのスポーツヘリテージのMC版「XSR700」が登場。詳細をチェックします。(2022/3/21)

アウトドアブーム、異業種も本格参入 ゲオグループ、アルペン…続々新規出店
新型コロナウイルス禍で人気の高まったアウトドアレジャーが定着の兆しをみせている。今年も新たに始める人が増えるとみられ、テントや調理器具、寝袋をはじめ、必要となる道具類を扱う小売り分野では、異業種の中古品販売店やスポーツ用品店などが専門店の出店、品ぞろえの拡充を本格化させている。(2022/3/15)

同社によると日本初:
野球場内に「クラフトビール醸造レストラン」誕生 ヤッホーブルーイングが手掛ける
ヤッホーブルーイングとファイターズ スポーツ&エンターテイメント(札幌市)は、2023年3月開業予定の北海道日本ハムファイターズ新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」のセンターバックスクリーンにフィールドが一望できるクラフトビール醸造レストランを開業する。(2022/3/11)

ネオクラ最新モードは“ワル系”! ヤマハ「新型XSR900」ディテールチェック
スポーツ系ネオクラシックの雄=ヤマハXSR900がフルモデルチェンジ。ワルっぽい雰囲気が漂う新型をじっくりチェックします。(2022/3/6)

イノベーションのレシピ:
パナソニックが新規事業を育てる組織を新設、人を理解する製品とスポーツを軸に
パナソニックは2022年3月3日、組織としてイノベーションを起こす仕組みとして2021年10月1日に設立したBTCイノベーション室の取り組みについて説明。イノベーションの循環を生み出すさまざまな取り組みと共に、新たにプロスポーツチームと連携した地域とくらしへの貢献を目指した「ホームタウンDX」への取り組みについて紹介した。(2022/3/4)

凸版印刷 部活動からeスポーツ参入 社会人対象のeスポーツリーグを2020年に開始
長引くコロナ禍で「eスポーツ」が注目されている。遠隔で対戦もでき、社内外のコミュニケーション強化の一環として導入する企業が急増。凸版印刷でも2020年に社会人のeスポーツプレイヤーを対象としたeスポーツリーグが立ち上がった。(2022/3/4)

eスポーツ先進都市目指せ 中学での部活も推奨 大阪・大東市が本腰
大阪府大東市がeスポーツの拠点都市を目指している。活動拠点となるジムを公民連携で開設・運営し、中学校でのeスポーツ部設立も視野に入れる。市は「eスポーツを通して子供たちが世界基準に触れ、市民が恩恵を受けられるデジタル先進都市を目指したい」としている。(2022/3/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
琉球アスティーダの奇跡 夢を実現する志の力
創設3年でプロスポーツチームとして日本初の株式上場をはたした、琉球アスティーダスポーツクラブ。また、運営している卓球チームも初の日本リーグ優勝を果たした。なぜ、たった3年でここまで達成ができたのだろうか。(2022/2/24)

保護者に聞いた:
「子どものお手本」になると思うアスリート 3位「羽生結弦」、2位「池江璃花子」、1位は?
CyberOwl は、小学1〜6年生の子どもの保護者に「子どものスポーツの習い事に関する調査」を行った。子どものお手本となるアスリート1位は大谷翔平選手(野球)が選ばれた。(2022/2/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。