ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「論文」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「論文」に関する情報が集まったページです。

実態は多くの生成AIがオープンではない?:
生成AIの「オープン」「オープンソース」は本当か? 46の生成AIを検証 ラドバウド大学
生成AIの「オープン」「オープンソース」は本当なのか。オランダのラドバウド大学は、文章や画像を生成する46の生成AI(40の大規模言語モデルと6つの画像生成モデル)について、14の基準でオープン性を検証した論文を公開した。(2024/7/16)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
LLMを自社特化にする「RAG」を使いこなすには 具体的な実装パターン2選
多くの大企業がこの夏までに生成AIのPoC(概念検証)を終え、生成AIの実運用を見据えたときのさまざまな課題を見つけています。課題の一つは検索拡張生成(RAG)の最適化です。今回はRAGの精度をより高める実装方法についてまとめた論文を解説します。(2024/7/10)

ちょっと昔のInnovative Tech:
「素数」はランダムではない 出現周期に現れる“偏り”とは? 2016年発表の論文を紹介
米スタンフォード大学と米タフツ大学に所属する研究者らは2016年、長年ランダムだと考えられてきた素数の出現パターンに、予想外の規則性が存在することを発表した。(2024/7/4)

Meta、テキスト→3Dモデル高速(1分以内)生成AI「3D Gen」の論文発表
Metaは、テキストプロンプトから3Dモデルを高速生成するAI技術「Meta 3D Gen」を発表した。1分以内に生成できるとしている。また、PBRマテリアルを備え、3Dオブジェクトの再ライティングが可能だ。(2024/7/3)

人間の皮膚から培養した細胞を利用 生きた皮膚を持つ笑うロボット、東大が開発 
人間の皮膚から培養した細胞を使った、生きた皮膚を持つロボットの顔を開発したと、東京大の研究チームが発表した。論文が5月26日、米科学誌に掲載された。笑顔を作る実験にも成功し、医療や美容分野での応用が期待できるという。(2024/6/26)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
高性能な特化型生成AIを安く作る方法が登場 「進化的モデルマージ」の基礎論文を読む
生成AIの中でも特定の領域に特化した高性能モデルのニーズが高まっている。しかし、LLMは学習コストが高ことが問題だ。そこで注目されているのが、複数のモデルを組み合わせて新たなモデルを作る「モデルマージ」だ。生成AIを効率的に進化させられる。(2024/5/30)

Innovative Tech:
数学の超難問「幾何学的ラングランズ予想」を証明か? 計1000ページ以上の証明論文を米研究者らが公開
米イェール大学などに所属する研究者らは、数学の超難解「幾何学的ラングランズ予想」を証明したと主張する5つの論文(計1000ページ以上)をWebページで公開した。(2024/5/24)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
“そこそこオープン”なAI「Llama 3」がビジネスに与える影響は? GPT-4を超える性能が手に入る世界に
Metaがオープンソース生成AIモデル「Llama 3」を公開し、生成AIビジネスの世界に衝撃を与えている。本記事では「Llama 3」に関連する最新論文をビジネス視点で紹介する。(2024/5/15)

Innovative Tech:
「研究費11億円以上の不正使用」「論文4本の捏造」――京大の霊長類研究所が“解体”されたワケ 元教授らが論文発表
京都大学霊長類研究所(霊長研)に所属していた研究者らは、国内有数の研究拠点であった霊長研が2021年度末に事実上解体されるに至った経緯を、裁判記録や公的資料を精査して分析した報告書を発表した。(2024/5/10)

ちょっと昔のInnovative Tech:
大画面ディスプレイ1台 vs. 複数枚ディスプレイ──作業効率がいいのはどっち? 2009年発表の論文を紹介
富士ゼロックスの研究技術開発本部に所属していた柴田博仁さん(現在:群馬大学教授)が2009年に発表した論文「大画面ディスプレイ・多画面ディスプレイの導入による業務効率化の測定」は、大画面や複数ディスプレイの導入効果を定量的に評価した研究報告だ。(2024/5/7)

CIO Dive:
プロンプト作成は「ヒトに残された」仕事か? それとも「時間の浪費」なのか
生成AI活用においてプロンプトの調整は重要だ。生成AI登場当初はプロンプトエンジニアが重宝されていたが、「AIの方が人間よりも優れたプロンプトエンジニアだ」と結論付ける論文が発表された。(2024/5/2)

日本は「採択率の高さを維持」:
「VLSIシンポジウム2024」は投稿論文が40%増で激戦に、中国が躍進
VLSIシンポジウム委員会は、LSIに関する国際学会「VLSIシンポジウム2024」開催に向けた記者説明会を開催した。同学会への投稿論文は897件と過去最高だった。(2024/4/25)

CIO Dive:
Appleの生成AI「MM1」は何ができるの? 他のLLMを凌駕する性能とは
他のビッグテックが独自の生成AIを繰り出す中、慎重な姿勢を取ってきたApple。ついに同社の取り組みを明らかにする研究論文が発表された。他社のLLMを凌駕するApple製LLMの性能とは?(2024/4/16)

カンガルーの行動研究をダンスで表現!? 論文ダンスコンテストの優勝作品が独創的
カンガルーにも多様性。(2024/4/6)

次世代Siri? Apple、画面内の状況を理解できるAI「ReALM」を論文発表 GPT-4超えとアピール
米AppleのMachine Learning Researchが、論文投稿サイト「arXiv」において「ReALM: Reference Resolution As Language Modeling」を発表した。ReALMは、画面上の物体への曖昧な言及や、会話での背景の文脈を理解し、音声アシスタントより自然なやりとりを可能にする新たな人工知能システムだという。(2024/4/3)

Anthropic、LLMのガードを突破する“脱獄”方法を論文で紹介 競合とも詳細を共有
AIチャット「Claude 3」を手掛けるAnthropicは、「爆弾の作り方」などの不法な方法をAIに説明させてしまえるテクニック「Many-shot jailbreaking」についての論文を公開した。競合するAI企業の多くとも、この脱獄の詳細を共有している。(2024/4/3)

Google Research、1枚の人物画像からその人物が話す動画を生成するAI「VLOGGER」発表
Google Researchは、人物の1枚の画像から“音声駆動で”発話する、その人物の動画を生成するAIシステム「VLOGGER」に関する論文を公開した。人物ごとにトレーニングする必要はなく、顔全体の表情の変化や、上半身画像の場合、手のジェスチャーも表現できる。(2024/3/19)

Archi Future 2023:
情報学の視点から建築を再構成する「建築情報学」の新しい地平 次世代設計者を育成するアカデミズム最前線
建築情報学とは、情報技術の発達と浸透による根源的な影響を踏まえ、「建築」という概念を情報学的視点から再構成することを目指す新たな建築領域の学問。コロナ禍の2021年度に学会を設立し、次世代の設計者を育成する「そだてる」、学術論文の査読と公表などの「ふかめる」、学会内外との交流を図る「つなげる」の3本柱で展開している。(2024/3/19)

Appleの研究者、マルチモーダルLLM「MM1」の論文発表 視覚タスクではGPT-4Vに匹敵
Appleの研究者は、独自開発のマルチモーダルLLM「MM1」の論文を発表した。画像へのキャプション追加や画像とテキストを使った質問への回答、自然言語推論を行えるよう設計。サイズはコンパクトながら視覚タスクではOpenAIのGPT-4Vに匹敵するとしている。(2024/3/18)

全国初の自治体・大学 電子図書館連携、行政資料と論文の独自資料を共有
茨木市教育委員会と学校法人「追手門学院」(大阪市中央区)は、両者が持つ独自電子資料を互いの電子図書館で公開することを目的にした「独自資料の電子書籍化と情報共有のための協定」を結んだ。電子図書館の分野での官学連携は国内初になるという。(2024/3/5)

Innovative Tech:
「双方にミスがなければオセロは“引き分け”になる」を証明した方法 オセロAI世界1位が解説
オセロで初期局面から双方のプレイヤーがミスをせずに打ち続ければ結果は引き分けになることを証明したと主張する論文が2024年1月にプレプリントとして発表された。この論文の日本語解説記事として学会誌「情報処理」に載った記事を紹介する。(2024/2/22)

Innovative Tech:
“女性主導の研究論文”は男性主導の論文より引用されにくい? 1億件の論文で調査
東京工業大学、ニューヨーク州立大学バッファロー校、神戸大学、京都大学の研究グループは、日本、中国、韓国の学術界における性差の特殊性を明らかにした研究報告を発表した。(2024/2/7)

AIは論文発表を変える? 民間企業が“学会で発表する意義” サイバーエージェントなどが議論
企業において、研究開発組織はどのような役割を果たすべきなのか。AIは、研究開発をどう変えていくのか。サイバーエージェントとCygames、パナソニックホールディングスの3社で研究組織を率いる3人が議論を交わした。(2024/2/5)

横浜市の病院がUSBメモリ紛失 医師が私物にデータコピー、自宅に持ち出し パスワードロックの有無「不明確」
横浜市立みなと赤十字病院が、診療データ1092件が入ったUSBメモリを紛失したと発表した。医師が論文作成のため、院内システムから私物のUSBメモリにデータをコピー。院内や自宅で使ったところ、紛失したという。(2024/1/18)

その論文、生成AIで書いた? 無料の「生成AIチェッカー」で確認できる
ユーザーローカルは、論文や記事が、ChatGPTなどの生成AIによって執筆されたものである可能性を瞬時に判定する「生成AIチェッカー」の提供を始めた。(2024/1/16)

サンシャイン水族館、深海に生息する新属・新種のエビを発見 静岡県駿河湾にて水中ドローンで採集した「トリノアシヤドリエビ」
11月3日に新属・新種のエビだとして論文公表されました。(2024/1/12)

Apple、iPhone上でのLLM実行を可能にする手法の論文を発表
Appleは「LLM in a flash:Efficient Large Language Model Inference with Limited Memory」という論文を発表した。メモリ容量が限られた端末上でLLMを実行するための革新的な手法を編み出したとしている。(2023/12/22)

電子ブックレット(BUILT):
土木学会の最新論文にみるAI最新研究  “土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフトVol.2
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、これまでにBUILTで連載した土木学会による「土木工学×AI」の先端研究をまとめた第2弾です。(2023/12/18)

ChatGPTで同じ単語を無限リピートさせるとトレーニングデータを吐き出すという論文を受け、該当プロンプトが無効に
OpenAIの生成AIチャット「ChatGPT」に同じ単語を永遠に繰り返すよう依頼すると、繰り返した後にトレーニングデータを吐き出し始めることをGoogle DeepMindの研究者らが発見した。この発表後、ChatGPTは同様のプロンプトには対応できないと答えるようになっている。(2023/12/5)

韓国、採択数で2位の米国に迫る勢い:
「ISSCC 2024」過去最高の投稿論文数、採択論文数最多は中国
半導体と電子部品の国際学会「ISSCC 2024」に投稿された論文は過去最多の873件だった。採択された234件のうち148件がアジアからの投稿で、最多は中国の69件だった。(2023/11/28)

論文投稿サイト「arXiv」に1000万ドル超の寄付 クラウド移行やコードの最新化に活用
米コーネル大学が、同学の研究機関が運営する論文投稿サイト「arXiv」について、基礎科学研究を支援する米国の財団「サイモンズ財団」と米国国立科学財団から1000万ドル超の寄付を受け取ったと発表した。寄付金はarXivのクラウド化やコードの最新化など、ITインフラの強化に充てるという。(2023/10/25)

Innovative Tech:
「GPT-4」は論文の査読ができるか? 米スタンフォード大らが検証 参加者の80%以上「AI査読は有益」
米スタンフォード大学、米ノースウェスタン大学、米コーネル大学に所属する研究者らは、大規模言語モデル(LLM)が研究論文の査読を行えるかを調査した研究報告を発表した。(2023/10/20)

Innovative Tech:
「急速に増える“非英語論文”の検索に」──米Googleら、多言語間でも論文同士の関連性を計算できるモデル開発
米Google ResearchとSizzle AIに所属する研究者らは、多言語に対応した科学論文の類似度を測定するモデルと、多言語で書かれた論文が大量に収録されるデータセットを提案した研究報告を発表した。(2023/9/29)

Innovative Tech:
PDF論文やプレゼン資料から「表3を説明して」「5〜7ページを要約して」などの指示に回答 米Adobeなど「PDFTriage」開発
米スタンフォード大学と米Adobe Researchの研究者らは、WebページやPDF論文、プレゼンテーション資料などの複雑な構造からなる特定のドキュメントに対するテキストプロントに適切に回答する、大規模言語モデル向けの方法を提案した研究報告を発表した。(2023/9/28)

校長先生に褒められた自由研究がすごい “サーモンの味を再現”する研究に「天才の所業」「研究論文としての完成度が高すぎる」
コスパ重視なら刺身こんにゃく+わさびしょうゆ。(2023/9/21)

Innovative Tech:
論文PDFを数式込みで全文読み取るモデル 米Metaが「Nougat」開発 スキャンした古書の画像もOK
米Meta AIに所属する研究者らは、論文を記録したPDF内のテキストや数式を正確に読み取るモデルを提案した研究報告を発表した。(2023/9/7)

なぜ日本の論文数は増えないのか? 生成AIが“現状、救世主になれない”理由とは
生成AIの出現によって、業務効率化を図る企業や自治体などが増えつつある。教育・研究機関でも同様に恩恵を受けられそうだが、日本の論文数は横ばいが続いている。テクノロジーは日本の教育・研究機関の救世主にはなり得ないのだろうか。(2023/9/4)

GoogleのトップAI研究者2人、東京でAI企業Sakana.ai立ち上げ
Google出身の著名なAI研究者2人が東京でAI企業Sakana AIを立ち上げた。リオン・ジョーンズ氏は生成AI革命のきっかけとなった2017年の論文の著者の1人。論文著者8人中、最後のGoogle在籍者だった。(2023/8/18)

「LK-99は超電導体ではない」 Nature誌が掲載 世界中の科学者の追試結果を紹介
LK-99は超電導体ではない──英学術誌「Nature」は、そんなタイトルの記事を公開した。韓国チームは7月、「常温常圧で超電導性を示す物質を合成した」とする査読前論文を公開していたが、Natureはこれを否定する研究者たちの証言を紹介した。(2023/8/17)

「なぜ私たちはいつも締め切りに追われるのか」──東大松尾教授が2006年に出した論文が話題
なぜ私たちはいつも締め切りに追われるのか──そんなタイトルの論文がX(元Twitter)上で話題になっている。筆者は、日本のAI研究の第一人者である東京大学の松尾豊教授で、産総研の研究員だったころに執筆。2006年に発表したもの。(2023/8/11)

Innovative Tech:
生成AIの文章やコード、論文が“事実か”チェックする技術 米Meta含む研究者らが開発
中国の上海交通大学やMeta AIなどに所属する研究者らは、ChatGPTなどの大規模言語モデル(LLM)が生成したテキストの事実誤認を検出するためのフレームワークを提案した研究報告を発表した。(2023/8/9)

Facebookのアルゴリズムは二極化に影響はあるが時系列表示にしても問題は解決しないとの研究結果
2016年の米大統領選で問題とされたFacebookなどのソーシャルプラットフォームの「エコーチェンバー」問題は、アルゴリズムを排除しても解決できないという複数の論文が公開された。これらの論文はMetaの協力により、多数のユーザーデータの分析に基づいたものだ。(2023/7/28)

常識破りの“常温常圧超電導体”発見か? Science誌「事実ならノーベル賞モノの大発見」
「常温常圧で超電導性を示す物質を合成した」とする論文が公開された。同論文は査読前だが、科学雑誌「Science」も「事実なら即ノーベル賞モノの大発見」と期待感を示している。(2023/7/28)

頭脳放談:
第278回 「AIがRISC-Vを設計」というニュースを読んで、はや失業(!?)かと思ったら……
中国の研究チームが、人工知能(AI)ソフトウェアで「RISC-V」のCPUを自動設計したという。「何でもAI」という最近の風潮が、CPUの設計にまでと思い、論文を読んだところ、当初思っていたのとかなり違っていた。その違和感について勝手な意見を述べさせていただく。(2023/7/21)

「ユーザーが開発に関与することも重要」:
働く時間の約2割がPCトラブルでムダに? コペンハーゲン大学らの研究
コペンハーゲン大学とロスキレ大学の研究チームは、働く時間の11〜20%をPCのトラブルで無駄にしているという論文を発表した。(2023/7/19)

RibbonFETは分離:
2024年に「ムーアの法則」が再び走り出す? Intelが「PowerVia」の近況を報告 Meteor Lake(仮)のEコアをベースに実証実験
Intelが「Intel 20A」プロセスから採用する予定の裏面電源供給技術「PowerVia」の近況を報告した。Meteor Lake(仮)のEコアをベースに本技術を適用したCPUの稼働について実験に成功したといい、6月中旬に京都市で開催されるイベントで論文が公開される。(2023/6/5)

湯之上隆のナノフォーカス(62):
投稿論文が激増した「VLSIシンポジウム2023」、シンガポール国立大が台頭
2023年6月に京都で開催される「VLSIシンポジウム2023」。ようやく、本格的なリアル開催が戻ってくるようだ。本稿では、デバイス分野のTechnologyおよび、回路分野のCircuitsそれぞれについて、投稿/採択論文数の分析を行う。(2023/5/24)

Googleの主張を正しく見る:
AIチップで「GoogleがNVIDIAを打倒」は誇張しすぎ
Googleの研究者らは2023年4月、自社製AI(人工知能)アクセラレーターチップ「TPU v4」の性能について説明する論文を発表。これをメディアが「Googleが最新AIスーパーコンピュータを披露し、NVIDIAを打倒したと主張」などと報じたが、それは誇張しすぎといえる。(2023/4/13)

岡山大で研究不正 113カ所の捏造 「HDDが壊れたからデータ破棄した」として調査協力拒否
岡山大学は同学教授が関与した論文において不正行為が見つかったとして謝罪した。教授は「地震でデータを保存していたHDDが故障した」として調査に必要なデータの提出を拒否したが、画像のプロパティなどから捏造が分かった。(2023/3/27)

GPT-4が労働市場に与える影響と各職種のリスク評価──OpenAIの研究者が論文発表
「GPT-4」を手掛けたOpenAIの研究者が「GPTはGPT:LLMの労働市場への影響の可能性に関する初期の考察」と題した論文を発表した。米国の労働力の約8割が、少なくとも仕事の1割にGPT導入の影響を受ける可能性があるとしている。影響を受けやすいのはジャーナリスト、翻訳者、Webデザイナーなど。(2023/3/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。