ニュース
» 2005年03月01日 00時13分 公開

三洋のW-CDMA端末が香港で登場

香港でW-CDMA方式による3Gサービスを展開中のSmarToneは三洋製端末を投入。価格は、香港では珍しく「15%引き〜無料」となっている。

[山根康宏,ITmedia]

 香港の通信事業者SmarToneは、三洋電機製のW-CDMA端末「S103」を販売開始した。2.4インチ26万色のTFT液晶(QVGA)を備え、外部メモリはSDカードスロット(512Mバイトまで対応)を搭載。W-CDMAに加え、GSM 900M/1800M/1900MHzの3バンドに対応した。端末単体の価格は、5680香港ドル(約7万7000円)。

Photo

 三洋の海外向けW-CDMA端末は、2004年末に仏Orangeで販売開始された「S750」に続き2機種目。どちらも形状は、ボーダフォンで発売されていた「V801SA」と同様のスライド式だ。

加入者増のために端末「無料」も

 2004年12月にW-CDMAサービスを開始したSmarToneだが、同サービスの加入者数は伸び悩んでいる。端末の種類が2種類と少ない上に高価で、サービスもGSMから乗り換えるメリットが少ない。そのため、利用者数はなかなか増えていないのが実情だ。同社では、新製品であるS103の端末価格を15%引き〜無料での提供を開始。端末価格を下げて、普及を図りたい考えだ。

 香港にはインセンティブ方式(2001年7月11日の記事参照)による端末販売がない。そのため、端末価格を引き下げて販売する際はいわゆる“契約縛り”をつけた上で、あらかじめ支払った端末代金の一部を月々の料金で割引(返金)する方法をとる。返金は毎月の均等割りのため、途中解約した場合は端末代金はそれだけ高くなる仕組みだ。

 W-CDMAの端末価格は、現時点でGSM端末より割高。W-CDMAサービスで先行するHutchison 3G香港などもこの販売方式を採用しているが、ハイエンドの高価格端末を実質無料で提供するのは香港ではSmarToneが初めてだ。

 香港では、携帯電話の加入者数は実質100%となっており、W-CDMAサービスへの加入はほぼすべて「GSMからの乗り換え」となる。しかし、W-CDMAのキラーコンテンツはまだ確立されておらず、前述の通り端末も高い。香港の各通信事業者は、W-CDMA端末を値ごろ感あるの価格で販売することで、同サービスへの移行を促そうとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう