調査リポート
» 2006年06月08日 01時25分 公開

結果発表・番号ポータビリティ、今変えるならどこ?+D Voice(3/3 ページ)

[杉浦正武,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 「現在ドコモだが、auのウォークマンケータイに非常に惹かれている」「今以上に魅力的な端末を、ソニエリがドコモでリリースしてくれるようになることを願うばかりです。ウォークマン携帯とか、ウォークマン携帯とか、ウ(ry (編集部注:以下略、の意味)」。シャープ製端末への期待も大きく、「auからシャープ製端末が出て、MNPで乗り換える時間・お金がそこそこなら、一家ごとauに移るかもしれません」というコメントもあった。

 ちなみに、上記のコメントにも出てきたが、FeliCaへのニーズは大きいようだ。「なぜFeliCaを載せなかったのかがすごい疑問。……(中略)……auで(FeliCaサービスが利用)できないってことになると、今回のau新端末の発表はマイナスだと思わざるを得ない」「FeliCa搭載のG'zOneを出してください。そしたらすぐ乗り換えます」

 ボーダフォンも、やはり新機種7モデルに不満を持つユーザーの声が目に付いた。「ボーダフォン夏の7機種の華のなさ(私見です)。AQUOSケータイ以外、見るべきところがない」。ただしボーダフォンの場合、このAQUOSケータイこと「905SH」の人気だけは相当なものだ。

 「仮に現時点で番号ポータビリティが実施されてれば、即ボーダフォンの『905SH』を買う」「個人的には、905SHがものすごく気に入っている。この端末をドコモで使いたい!」。「(auで)一番期待をしていたのはワンセグ対応(モデル)でしたが、今回は『W33SAII』しかワンセグ端末はリリースされていなくとても残念です。(中略)ソフトバンクモバイルの『905SH』に気が移っております」

 米Appleと噂になっている「iPodケータイ」の注目度も高い。「ソフトバンクでApple製携帯が出たら乗り換えるかも」「ボーダフォン(ソフトバンク)のiPod携帯に期待!」「iPod携帯が出た場合のみソフトバンクに移行すると思います」

 気になったのは、やはり“ソフトバンク”ブランドを前面に立てたことへのユーザーの反発。「ソフトバンクのイメージがイヤ」「ソフトバンクはあの名前でやってけるのか不安です。純減しそうで……」「ボーダフォン→ソフトバンクモバイルへの名称変更はあんまりだ、既存ユーザーの声を無視しているのでは?」。中には「ソフトバンクなんてダサい名前にならなければボーダフォンを続けていたのに」という辛らつな意見まであるが、ソフトバンクとしてはブランド価値向上に努めることになるのだろう。ちなみに、「ソフトバンクになるってことで、実際(どのようなキャリアになるか)分かるまでは詳細を待ちます」という冷静なユーザーもいた。

 イー・アクセスの移動体を担当する、イー・モバイルへの意見は比較的少なかった。これはイー・モバイルの携帯がどのようなものか、まだはっきりしていないのも一因だと考えられる。「ソフトバンクとイーアクセスについては、よくわかりません。もっともっとCM作ればいいのに」。ただし「新規参入のイー・モバイルにはぜひとも存在感を放って、台風の目になってほしい」と励ます声も聞かれた。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年