ニュース
» 2006年08月04日 19時39分 公開

PHS販売ランキング(7月24日〜7月30日):[es]、王者“シンプル京ぽん”に挑む

前回、発売日前から予約販売分のみでランクインしてきた「W-ZERO3[es]」へ期待が集まっている。王者のシンプル京ぽんに勝てただろうか。

[岩城俊介,ITmedia]
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1 京セラ WX300K
2 5 シャープ W-ZERO3[es](WS007SH)
3 3 ネットインデックス nico.(WS005IN)
4 2 三洋電機 WX310SA
5 4 京セラ WX310K
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo

 今回のウィルコム販売ランキングでは、前回、発売前から予約販売分のみでランクインした「W-ZERO3[es]」に期待が集まった。しかし王者シンプル京ぽんこと「WX300K」の壁は厚かった。

 ただし京ぽん2「WX310K」や洋ぽん「WX310SA」を抜き、2位に入ったのは大いに健闘したといえるだろう。

 またシンプルW-SIM端末の「nico.」は前回に引き続き3位に入り、なかなか好調のもよう。本日4日には「チョコ」カラーのモデルも発売され、5色すべてが出揃った。

 王者のシンプル京ぽんといえば追い打ちをかけるように、28日に投入した新色のメタリックシルバーに加え、3日に同じく新色のネイビーブルーを投入し、[es]を引き離しにかかっている。加えて洋ぽんも、サブディスプレイの表示を追加し、ブラウザの描画速度を改善するファームウェアを公開する施策が行われ、順位奪い返しを図る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう