写真で解説する「WX320K」(2/2 ページ)

» 2007年01月22日 20時44分 公開
[平賀洋一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

“京ぽん3”ではなく、“シンプル京ぽん2”?

 発表時期や型番などから、同じく京セラ製の“京ぽん2”こと「WX310K」の後継と思ってしまうが、実際はエントリーモデルである“シンプル京ぽん”「WX300K」をフルモデルチェンジした存在だ。

 ウィルコムでは「現在WX300Kで提供している、通話・メール・Webブラウジングといった日常的な機能に、1.3メガカメラやJavaなどのトレンドスペックと言える要素を追加した。高付加価値を求める端末ではなく、あくまでスタンダードな位置付け」(説明員)と話している。そこで気になるのが、WX310Kの後継となるハイエンドな音声端末の登場だが、発表会場では「現在、検討中」(説明員)という説明にとどまった。

photophotophotophoto クローバーの壁紙を設定した待受画面(左)。プリセットする壁紙はこのほかに、猫や金魚、蝶、花びらなど自然をモチーフにした画像を用意する。メニュー画面はポインタを動かすとアイコンがアニメーションするタイプ。「セレクトメニュー」機能により3種類のデザインを切り替えられる

photophotophoto 内蔵するブラウザはフルブラウザの「Opera」で、バージョンはVer.7。Webページをケータイ/フルスクリーン/スモールスクリーンの3つのモードで表示でき、11段階に拡大縮小できる点はWX310K/WX300Kと同じだ。ただし、Java(MIDP2.0)とOperaサーバーサービスを利用したRSSリーダー機能を備える。Operaサーバーサービスについて、利用方法などは端末の発売のタイミングで発表されるという。WX310Kで行われた「アプリケーションの追加」機能には対応せず、Flashは搭載していない

photophotophotophoto Javaは「アクセサリ」メニューからもアクセスでき、自動起動やネットへの接続、音量を設定できる。プリインストールされているJavaタイトルはタイトーのブロック崩しゲーム「アルカノイド」

photophoto カメラは有効130万画素CMOSで、最大撮影サイズは1280×960ピクセル。撮影シーンモードとしてオート/蛍光灯/太陽光/白熱灯のほか、ナイトモードを用意した。なお、撮影補助灯は搭載しない。セピアとモノクロの2つの特殊効果を撮影時に使うことができる。データフォルダ容量は約16Mバイトで、もちろんQRコードの読み取りにも対応

photophotophoto ネットに接続する際の登録できるダイヤルアップ先と、設定できるメールアカウントの数はそれぞれ3つで、従来機種と同様。うち1つはCLUB AIR-EDGEとウィルコムEメールに設定されている。メールのフィルタリング機能も、メール種別・アカウント・送信者(メールアドレスでの判別かグループ登録)で、これまでよ同じ仕様

photophotophoto アクセサリのバックアップメニューは、端末に登録しているアドレスやスケジュール、TODO、ブックマーク、送受信したメールをデータフォルダにコピーする機能。コピーしたデータはメールに添付したり、USBケーブルを介すことでPCにバックアップ、またはリストアできる機能。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー