ニュース
» 2007年06月25日 12時18分 公開

NECエレ、800万画素ケータイを実現する画像処理用LSI

NECエレクトロニクスが、800万画素の画像データを処理できるLSI「CE131」を開発。すでにサンプル出荷を開始しており、10月から量産に入る。

[ITmedia]
Photo NECエレクトロニクスの画像処理用LSI「CE131」

 NECエレクトロニクスが、800万画素の画像データを扱える携帯電話向けの画像処用LSI「CE131」を開発。本日からサンプル出荷が開始され、サンプル価格は4000円。10月には月産100万個の生産規模を見込む。

 CE131は、携帯電話のアプリケーションプロセッサとCMOSセンサーの間に搭載する組み込みカメラ構築用の半導体。CMOSセンサーから取り込んだ信号を携帯の画面上に表示したり、プリンタで印刷したりできるようにするもので、現行機種の2倍の容量にあたる512メガビットの外付けメモリを接続可能なインタフェースを搭載。これにより、大容量の画像データの処理が可能になり、高解像度での撮影が行えるようになる。

 ほかにも、ノイズを抑制しながら画像データを抽出して高画質を実現する技術を備え、画像データの色をより被写体に近い色に補正する回路や撮影時の手ブレや被写体の移動による画像ぼけを補正する回路を搭載。A1サイズ(594×841ミリ)まで引き伸ばしても画質を落とすことのない、デジタルスチールカメラなみの高画質な写真を携帯で撮影可能になるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう