トップ10
» 2007年08月02日 22時12分 公開

“想い出”でユーザーを囲い込む──「au one メール」の狙い

au one メールを使い始めて2〜3年もすると、auをやめられなくなってしまうかもしれない。

[後藤祥子,ITmedia]


 通信キャリアの料金競争が激化している。ドコモが新割引プランの「ファミ割MAX」「ひとりでも割」を発表するとすぐさまauが「誰でも割」で対抗。その対抗策としてドコモが、まだ開始していない割引サービスを改編する──といった具合で、まさに“打ったり打ち返したり”といった様相を呈している。

 激しい戦いの中、KDDIが新サービスとして打ち出したのが“一生つきあえる100年メール”とうたう「au one メール」だ。表向きはPCからも携帯からも利用できるauユーザー向けの大容量Webメールサービスだが、携帯ユーザーにとっては、au端末内にあるメールデータを保存できる点が大きな意味を持つ。

 ユーザーはau端末内のメールデータをau one メールに転送でき、機種変更しても昔のメールをau one メールで確認できるようになる。メールデータが貯まれば貯まるほど、ユーザーはau one メールから離れられなくなるというわけだ。端末リサイクルが進まないのも「昔のメールデータを残しておきたい」という理由からだというくらいだから、魅力を感じる携帯ユーザーは多いだろう。

 au one メールのベースとなっているモバイルGmailは3キャリア向けにサービスを提供しており、iモードメールが転送できれば似たようなことができる。しかしiモードメールは転送に対応していない。

 料金施策でユーザーを取り込み、取り込んだユーザーはサービスで囲い込む──。入口を広げ、出口を固めるauの戦略に、ドコモはどんな施策で対抗するのか。今後の戦いに注目したい。

関連キーワード

au | au one | NTTドコモ | Gmail | KDDI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう