ニュース
» 2007年08月10日 22時42分 公開

夏の新機種が巻き起こした風、“そよ風”くらい?PHS販売ランキング(7月30日〜8月5日)

夏の新機種を、携帯キャリアより一足先に投入し終えたウィルコム。新機種が旋風を巻き起こすかと思いきや“3強”は変わらず、吹いた風は“そよ風”……ほど。今回は順当といえる平穏なランキングになっている

[岩城俊介,ITmedia]
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1 京セラ WX320K
2 2 ケーイーエス 9(nine)(WS009KE)
3 3 ネットインデックス nico.(WS005IN)
4 6 東芝 WX320T
5 4 シャープ Advanced/W-ZERO3[es]
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo WX320K

 今回のウィルコム販売ランキングは現在の“3強”、京セラ製の「WX320K」、ケーイーエス製の「9(nine)」、ネットインデックス製の「nico.」が順当に1位から3位を独占。続いて夏の新機種、東芝製「WX320T」、シャープ製の「Advanced/W-ZERO3[es]」がランクインした。

 8月3日に「FCバルセロナコラボモデル」を発売し、首位奪還をもくろんだ9(nine)だが、WX320Kを抜くまでには到らず、今回も2位に落ち着いた。今後、順位に小変動はあるかもしれないが「顔ぶれがほとんど同じ」という平穏なランキングになってきてしまうのだろうか。

 さて、一時期3位まで上がったAdvanced/W-ZERO3[es]は、前回の4位から5位に後退。じりじり下がっているのが気になる。8月1日から割賦販売制度「W-VALUE SELECT」がW-ZERO3シリーズなどの一部機種で新規契約時も適用可能になり、新規契約者の増加も見込まれるが、今回、その効果はまだ現れていない。

 一方のWX320Tは前回のランク圏外(6位)から、今回は4位に小躍進した。量販店店員によると、夏休みに入ったここ最近、家族の通話用として「ウィルコム定額プラン」とともにウィルコム端末を複数台購入するユーザーがやや増えているという。子ども向けにはnico.や「キッズケータイpapipo!」などが人気。対して自分用や親用などにWX320Tを選ぶパターンが多いのだそうだ。


 ウィルコムの直販サイト「ウィルコムストア」で公開されている売れ筋ランキング(2007年8月10日現在)は以下の通り。

  • 1位:Advanced/W-ZERO3[es]
  • 2位:9(nine)
  • 3位:WX320K
  • 4位:AX420N
  • 5位:WX320T

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう