ニュース
» 2007年10月01日 13時45分 公開

シーメンスとソフトバンクモバイル、HSDPA対応M2M通信モジュール「HC28」発表

シーメンスとソフトバンクモバイルは10月1日、全世界で利用可能なM2M通信モジュール「HC28」を発表した。販売はシーメンスが自社ブランドで行う。

[ITmedia]
Photo シーメンス製M2M通信モジュール「HC28」

 シーメンスとソフトバンクモバイルは10月1日、GSM/W-CDMA/HSDPAネットワークに対応し、全世界で利用可能なM2M通信モジュール「HC28」を発表した。販売はシーメンスが自社ブランドで行い、ソフトバンクモバイルはネットワークのみを提供する。

 HC28は、GSMクワッドバンド、UMTS(3G)およびHSDPA(最大3.6Mbps)に対応した国際ローミング対応の通信モジュール。ローミング利用が可能な通信モジュールは、国内では初めての供給となる(シーメンス調べ)。国内だけでなく、海外の3G/GSMネットワークでもそのまま利用可能で、国際物流管理や既存国内サービスの世界展開などにも容易に対応可能になる。データ通信だけでなく、音声通話やSMSも利用可能だ。

 なおこのHC28は、世界のM2M通信モジュール市場で約35パーセント(世界第1位/2007年5月Gartner調査)のシェアを持つシーメンスがユーザーに直接販売するため、シーメンスから技術的な支援なども得られるという。

型番 シーメンス無線モジュール(HC28)
メーカー シーメンス
対応ネットワーク GSM/W-CDMA/HSDPA
外形寸法(幅×高さ×厚さ) 約34×50×4.5ミリ
重量 約10グラム
電源 3.2〜4.2ボルト
対応OS Windows XP、Windows Mobile
消費電力 電源断時:50μA、HSDPAデータ通信時:平均970mA以下
外部接続端子 RFアンテナ、オーディオ(アナログ×1)、USB(フルスピード)、シリアル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10