ニュース
» 2007年12月28日 19時28分 公開

auのデータ定額はどう?──「W05K」が初登場でランクインPHS&データ通信端末販売ランキング(12月17日〜12月23日)

冬商戦でにぎわう携帯売り場と同じく、ウィルコム端末やデータ通信端末もまだ冷めてはいない。「年末まで実質0円」とキャンペーン価格で販売するAdvanced/W-ZERO3[es]やauのデータ定額対応通信カード端末はどのような結果になっただろうか。

[岩城俊介,ITmedia]
PHS販売ランキング 先週順位 メーカー 製品名
1 2 東芝 WX320T
2 1 ケーイーエス 9(nine)(WS009KE)
3 3 京セラ WX320K
4 4 シャープ Advanced/W-ZERO3[es]
5 5 京セラ WX320KR
6 6 ネットインデックス nico.
7 9 ネットインデックス nico+
8 9 京セラ WX310K
9 10 バンダイ キッズケータイpapipo!
10 12 日本無線 WX321J
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo Advanced/W-ZERO3[es] ブラウニーブラック

 今回のウィルコム販売ランキングは、久しぶりに順位の入れ替えがあった。前回まで首位だったケーイーエス製の「9(nine)」を抜き、東芝製の「WX320T」が首位に返り咲いている。

 続いて、3位に京セラ製の「WX320K」、4位にシャープ製の「Advanced/W-ZERO3[es]」、5位に京セラ製の「WX320KR」がランクインした。

 さて、ウィルコムは12月19日から31日まで「Advanced/W-ZERO3[es]を実質0円にするキャンペーン」を実施している。この施策がランキングにどう影響するか楽しみだったのだが、結果は上記のとおり。少し期待しすぎてしまったようだ。

 かわりに前回8位、すでに実質0円で販売する「W-ZERO3[es] premium version」がランク圏外へ落ちた。そういう意味で、影響は少なからずあったということになろうか。


データ通信端末ランキング 先週順位 キャリア(MVNO含む) 製品名
1 1 イー・モバイル D01NE
2 2 ウィルコム AX520N
3 au W05K
4 5 イー・モバイル EM・ONE(S01SH)
5 3 イー・モバイル D01NX
6 4 ウィルコム AX530IN
7 6 ウィルコム AX420N
8 7 ウィルコム AX420S
9 8 イー・モバイル EM・ONEα(S01SH2)
10 9 ウィルコム WS008HA
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo W05K

 今回のデータ通信カードランキングは、前回と同じくイー・モバイルの「D01NE」(PCカード型)が首位、ウィルコムの「AX520N」が2位に入り、また安定傾向が続くのかと思われた。

 しかし、この端末を忘れていた。12月22日に発売したauの「W05K」だ。今回、初登場で3位に入ったW05Kは、同日に開始したauのPC向けデータ定額プラン「WINシングル定額」で利用できるEV-DO Rev.A対応データ通信カード端末。実質5670円(WINシングル定額:シンプル+WINシングルセット割適用時)から6930円(WINシングル定額:フルサポート)を上限に、下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsで通信できるのが特徴だ(別途プロバイダ接続料金が必要。au.net利用の場合、月額945円)。

 2007年は、HSDPAのデータ通信を定額で提供するイー・モバイルの参入に加えて、ドコモもHSDPAのデータ定額プラン「定額データプランHIGH-SPEED」を開始するなど、音声端末ユーザーだけでなくモバイルユーザーにとっても変化が激しかった。実質の月額料はそこそこ、EV-DO Rev.Aは上りも高速、対応エリアはCDMA 1X WINの範囲に準ずるなどの理由で「待ち」だったユーザーは多かったようだ。


 ウィルコムの直販サイト「ウィルコムストア」で公開されている売れ筋ランキング(2007年12月28日現在)は以下の通り。

  • 1位:Advanced/W-ZERO3[es]
  • 2位:WX320T
  • 3位:WX530IN
  • 4位:WX320K
  • 5位:9(nine)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー