インタビュー
» 2008年12月16日 17時11分 公開

開発陣に聞く「N-02A」:スリムでも妥協しない、“iμ”3代目の集大成──「N-02A」 (3/3)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
photo 「erico」さん

加藤氏 このほか、メールやiモード、フルブラウザにおいて中国語の入力、表示に対応しました。搭載はNECとして初めてのことでして、今回のドコモの新機種の中でも唯一の機能です。

 中国語入力モードは簡体中文モードと繁体中文モードがあり、PinYin入力とStroke入力に対応します。こちらの機能はキャリアさんからの要望もありましたが、ユーザーや販売店の店員さんから望む声も以前から多かった経緯があります。中国語のPCメールもそのまま表示できるので、日本在住の中国語圏の方にとって母国の友人や家族とのコミュニケーションに活用していただけると思います。このほか、中国語を勉強する学生さんなどにもお勧めです。

── そういえば、画面をてくてく歩いているこのお姉さんは誰ですか?

加藤氏 “愛媛県出身の33歳独身(後厄)、大手映画配給会社に勤務するスーパービジネスウーマン”の「erico」さん(NECの関連サイト参照)です。TBS系で深夜に放送していた短編アニメ番組のキャラクターでして、これがN-02Aの理想ユーザーにかなり近いのです(笑)。強烈な個性に一目惚れしました。

高須氏 「erico」コンテンツはデコメピクチャや待受Flashを標準でプリセットします。このほか、ericoの音声入りアニメーション(iモーション)を公式携帯サイト「みんなNランド」で無料配信します。こちらはN-02Aユーザーさん向けの特典です。


photo 33歳独身スーパービジネスウーマン「erico」のコンテンツ入り
Copyright(C) NEC Corporation 1996-2008 All rights reserved./「erico」(C) TBS

── 最近は1つの携帯を今までより長く使うユーザーが増える流れがあります。同時に塗装がはげてしまった年季の入った携帯を使っている人もよく見かけます。金属パネルを採用する機種は、塗装がはげて浮かぶ“地”の銀色がかなり目立つので特に……。これをふまえ、経年劣化に対する考え方を教えてください。

加藤氏 長く使うと想定すると特に重要だと思います。従来から塗装面は長期の使用でも耐えるような、あるいは目立たなくするような工夫はNECの全モデルで行っています。N-02Aの背面パネルはさらに蒸着加工とともにはがれにくいトップコート処理も施してありますので、より強固だと思います。

── 「ニューロポインターがほしい」という声はありませんでしたか?

加藤氏 大変多くいただきました。もちろんご要望をものすごくいただいているので、今後のモデルではあきらめずに実現したいと思っています。

photo

── 最後に、購入を検討している人に向けて、“最後のひと押し”になるアピールをしていただけますか。

高須氏 今までスリムケータイに対する不満として「薄いが、何らかの機能が劣る」という声が多くありました。対してN-02Aはこの妥協をしていないところが大きなポイントです。

 このデザインとサイズで、大画面と高画素カメラを載せ、キーイルミなどの遊び心を含めて機能もばっちり。もちろん、キャリアの新サービスにも対応しますので「長く快適に使っていただける、“妥協なき”ケータイ」です。ケータイショップでは、手にしたときに得られる、何ともいえない“高級感”や“所有満足感”を実際に触れて確かめていただきたいですね。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう