連載
» 2009年01月28日 02時08分 公開

今すぐ使えるケータイレシピ:第13回 “アドレス帳連携”で簡単に電話をかける (2/2)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

アドレス帳の“読み仮名”を変えて素早く呼び出す

 先に発着信履歴やスピードダイヤル/メールを紹介したが、電話番号を呼び出す最も基本的な機能はやはり「アドレス帳」だろう。アドレス帳を効率よく利用する方法にも触れたい。

 アドレス帳の検索方法は「フリガナ順」「メモリ番号順」「グループ順」が主なものだが筆者は基本的にフリガナ順に設定している。フリガナ順が便利なのは、「インクリメンタルサーチ」が使えるからだ。例えば「塚田(つかだ)」という名前を探す場合、アドレス帳を呼び出して[4]キーから「た」を押す。最初に出るのは「田村」など「た」で始まる名前だが、[4]キーを3回押すと「つ」で始まる名前にカーソル移動し、そこからさらに「か」「だ」と入力すると、ピンポイントで塚田さんのデータにたどり着ける。

 インクリメンタルサーチはすべての機種に搭載されているわけではないが、ドコモとソフトバンクは対応機種が多い。KCP+端末をはじめ、auは対応機種が少ない。

photophotophoto [4]キーを1回押すと「た」、2回押すと「ち」、3回押すと「つ」で始まる名前にカーソルが移動していく

 このインクリメンタルサーチ機能を応用し、例えばた行の中では塚田さんが比較的よく連絡を取る相手なら、「塚田」の読み仮名に「タア」を加えて「タアツカダ」にすれば、た行の先頭に「塚田」が表示される。あ行なら「アア」、カ行なら「カア」という具合に、読み仮名の1文字目を各行の先頭の文字(「ア」や「タ」など)、2文字目を「ア」にすると、(その名前が)各行の先頭に表示される。

 このように、アドレス帳に登録した名前の読み仮名を調整するのも、素早く電話をかける(またはメールを送る)ための1つの方法といえる。

photophoto 「塚田」の読み仮名を「タアツカダ」にすると、「た」行の最初に「塚田」が現れる
photo ダイヤルキーの長押しで時短検索ができる。W61Sはインクリメンタルサーチはできないが、時短検索はできる

 もう1つ、アドレス帳の目当てのデータを素早く呼び出す方法として、「時短検索」が使える機種もある。待受時に[1]キーの長押しでアドレス帳のあ行、[2]キーの長押しでか行、[3]キーの長押しでさ行……という具合に、ワンタッチで特定の行を呼び出せる。auの一部のKCP+端末や、ソフトバンクのシャープ製端末や東芝製端末などが対応する。

 時短検索はワンタッチでデータを呼び出せるので便利だが、例えばた行のデータは、時短検索をすれば[4]キーの長押しでも呼べるが、アドレス帳キー+[4]キーでも呼べる。どちらの方法もそれほど時差がないので、使いやすい方法を選ぶといいだろう(筆者は時短検索は使わず、アドレス帳キー+ダイヤルキーを使っている)。

受信メールから電話をかける

 待ち合わせなどの約束をしていると、連絡のやり取りをした受信メールを読んで、そこから電話をかけたくなることもあるだろう。いくつかの機種では、受信メールのサブメニューからその人(メールの差出人)あてに電話発信できる。メールを終了して待受画面からアドレス帳を呼び出して……といった操作が不要になるので、ショートカットとして活用したい。

photophotophotophoto SH-01Aでは、メール本文のサブメニューから「電話発信」を選ぶと、メールの差出人に電話をかけられる(写真=左端、左中)。931SHは(電話番号でメールをやり取りできる)ソフトバンクユーザーのみ、メール画面のサブメニューから電話をかけられる(写真=右中、右端)

 また逆に、電話の発着信履歴からメール作成できる機種もある。「電話で話した相手に待ち合わせ場所をメールで教えたい」といったときに役立つ。

photophotophotophoto SH-01Aは発着信履歴のサブメニューから「メール作成」を選ぶと、そのデータのアドレス帳が起動し、メールを作成できる。複数のメールアドレスを選ぶことも可能だ(写真=左端、左中)。W61Sは、発着信履歴のサブメニューから「アドレス帳検索」を選ぶと、SH-01Aと同様にアドレス帳に切り替わり、メールを作成できる(写真=右中、右端)
photophoto 931SHはSH-01AやW61Sのようにアドレス帳とは連動しておらず、発着信履歴からは“選択した電話番号あて”つまりソフトバンクユーザーにしかメール送信できない

 このように、発着信履歴とメールがアドレス帳と連動している機種が多いので、うまく活用すれば、素早く電話の発信やメールの作成ができる。

今週のレシピ
スピードダイヤル/メール 直デン、ペア機能 頻度履歴表示 インクリメンタルサーチの読み仮名変更 時短検索 メールから電話発信
対応機種 ほぼすべての現行機種 NEC製端末やau端末など一部機種 ごく一部の機種 一部機種 一部機種 一部機種
起動/設定時間 約1〜3分 約1分 約1分 約2分 - 約1分
料金 0円 0円 0円 0円 0円 0円
お役立ち度 ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
簡単操作度 ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆
自慢度 ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう