レビュー
» 2009年05月27日 10時00分 公開

写真で解説する「L-04A」(2/2 ページ)

[房野麻子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

アドレス帳と連動したキャラクターが登場する待受画面も

 L-04Aには通常の待受画面のほか、オリジナルのキャラクターが表示されるもう1つの待受画面がある。キャラクターはアドレス帳と連動しており、メールを送ってきた人や電話をかけてきた人が、キャラクターとして待受画面上に現れる。また、このキャラクターアイコンを画面下のメニューアイコンにドラッグアンドドロップすると、そのままメール作成画面に移行したり、電話をかけたりできる。

photophoto 格子柄の一般的な待受画面(写真=左)とキャラクターの待受画面(写真=右)。画面下部の4つのアイコンは、左から「メインメニュー」「発信」「メール」「アドレス帳」を表しており、タッチするとその画面が表示される。通常待受画面の中央右にある[▲]マークをタッチすると、キャラクターが表示されたもう1つの待受画面に切り替わる。キャラクターは最大9人分まで表示され、新しい着信があると順次切り替わっていく
photo メールを送りたい相手のキャラクターにタッチし、選択した状態で画面下のメールのアイコンにドラッグアンドドロップすると、メール作成画面に移行する
photophoto キャラクターはアドレス帳の登録画面で設定できる。アニマル型だけでなく、人物型も選択が可能で、それぞれ21種類から選べる。洋服の色を変更するなどのカスタマイズも可能だ

撮影も画像加工も楽しめるカメラ

 ユニークなカメラ機能や画像編集機能を搭載しているのもL-04Aの特徴。「おもしろフェイス撮影モード」では、人物の顔に「頭デッカチ」「放射ぼかし」「魚眼レンズ」などのエフェクトをかけたユーモラスな写真を撮影できる。また、撮った写真を使って、さまざまなスタイルのスライドショーを作成できる「Muvee Studio」、撮った写真などに手描きのデコレーションを施し、メールで送れる「モーションお絵かき」機能も搭載。モーションお絵かきでは、描いたプロセスをFlashで再生することもできる。

photophoto 多彩なエフェクトが用意され、面白い人物写真を撮影できる
photo 「放射ぼかし」で撮った画像
photophotophoto 写真とスタイルを選んで、多彩なエフェクトのかかったスライドショーを手軽に作成できる「Muvee Studio」
photophotophoto
photophotophoto 撮った写真やプリセットされたイラストに手描きでお絵かきができ、描いた絵を動かすことができる「モーションお絵かき」。ペンの太さや色を変えることもできる。写真では、うずまきの絵を動かすよう選択し、動く軌跡をラインで指定している。このほか、描いたプロセスを再現することも可能で、地図上で道順を教えるときなどに活用できる

 L-04Aも、「L-06A」と同様、日本語、英語に加え、韓国語表示に対応。韓国語のメニュー表示や韓国語で作成した国際SMSの送受信が可能だ。また、おサイフケータイに初めて対応した。トルカとiC通信には対応していないが、おサイフケータイ対応のアプリは一通りのものをプリセットしている。

photophoto モバイルSuicaやiD、マクドナルドなどのアプリをプリセット
photophotophoto
photophotophoto 内蔵の待受画面とメニュー表示の一部。女性受けしそうなかわいらしいものが多い
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年