レビュー
» 2009年10月16日 11時27分 公開

写真で解説する「HONEY BEE 3」(2/2 ページ)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 機能面で大きく進化したのは、広範囲を撮影できる“超広角レンズ”対応のインカメラを採用したこと。ただし「28ミリ」など焦点距離を示す数値は「公表していない」(ウィルコム説明員)とのこと。撮影サイズはアウトカメラと同じくVGA(480×640ピクセル)まで対応。撮影シーン設定やナイトモード、特殊効果など、アウトカメラと同様のメニューを利用できる。さらに、アウトカメラとインカメラで撮影した写真を合成できる「どこでもコラージュ」や、簡易ミラーとして利用できる「鏡モード」もある。

photophotophotophoto 6つのカメラメニューを用意(写真=左端)。アウトカメラとインカメラには、左上ソフトキーからワンタッチで切り替えられる(写真=左中)。インカメラ撮影時もアウトカメラと同様のメニューを利用できる(写真=右中)。アウト、インカメラともにVGAサイズの撮影が可能(写真=右端)
photophotophotophoto 「どこでもコラージュ」では、アウトカメラで撮影した写真を背景にして、インカメラで撮った写真を合成する。(インカメラで撮った)写真は好きな場所に移動できる
photophoto 「鏡モード」は簡易ミラーとして使えるので、身だしなみのチェックに役立つ。なお、鏡モード起動時は撮影はできない

 メインメニューでは通常の「基本メニュー」のほか、好みの機能やWebサイトをショートカットとして登録できる「お気に入りメニュー」を用意。ここにTwitterの公式サイトが登録されており、メニュー画面から簡単にアクセスできる。お気に入りメニューに登録する機能はカスタマイズできるのはもちろん、写真などからアイコンの作成も可能だ。

photophotophotophoto お気に入りメニューにはTwitter公式サイトのほか、mixiやNAVITIMEなども登録されている(写真=左端)。Twitterには「かんたんログイン」をすれば、ユーザー名とパスワードを入力せずにログインできる(写真=左中)。お気に入りメニューはカスタマイズも可能(写真=右中、右端)
photophotophotophoto データフォルダの画像をお気に入りメニューのアイコンに設定できる(写真=左中、左端)。お気に入りメニューから通常のメニューにもアクセスできる(写真=右中、右端)
photophotophotophoto 新たにJAVAにも対応。ミツバチが登場するオリジナルゲームがプリインストールされている
photophotophotophoto ミツバチが登場する待受画面がプリセットされている
photophotophotophoto メインメニューにもミツバチが登場する
photophotophotophoto
photophotophotophoto ミツバチが登場するデコラティブメールのテンプレートも豊富に用意されている
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

過去記事カレンダー