ニュース
» 2010年10月28日 17時35分 公開

HTC製Androidスマートフォンも年内投入:実効速度は?「ドコモに劣るとは思わない」──イー・モバイル、11月19日に最大42Mbpsサービス開始 (2/2)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Androidスマートフォン「HTC Aria」、2010年内投入

 EMOBILE G4ブランドの展開に合わせ、Android搭載スマートフォン「HTC Aria」の年内投入も予告した。

 イタリア語で空気/人間になくてはならないもの──を意味する名称の通り、大型になる傾向のある他社ハイスペックスマートフォンに対し、手のひらに収まる小柄なボディと、HTC独自のユーザーインタフェース「HTC Sence」+光学ジョイスティック採用などを特徴とする。

 すでに発売されている海外モデルのスペックは、320×480ドット表示に対応する3.2型のタッチパネルディスプレイ、600MHzのQualcomm MSM7227、500万画素カメラ、microSDスロット搭載、重量115グラムなどだが、イー・モバイル版の詳細は不明。追って詳細を発表するという。

photophotophoto 「HTC Aria」年内発売を目指す。Android OSのバージョンは、海外モデルでは2.1だったが詳細は不明。テザリング機能も「対応するか否かを含めて検討中」とのこと
photophotophoto iPhone 4(写真 奥)とサイズを比較。若干厚いが、小柄だ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう