連載
» 2013年01月23日 22時31分 公開

第14回 スマホで効率よくスケジュール&タスク管理――オススメアプリはこれ!今すぐ使えるスマホレシピ(3/3 ページ)

[今西絢美(ゴーズ),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

スケジュールとタスクを同時に管理する

 日々のタスクをリスト化して管理しているビジネスパーソンにとっても、スマホは非常に便利なツールだ。

 iPhoneでは「リマインダー」というアプリを使えば、予定のリストを作成可能。各項目には時間を設定できるだけでなく、特定の場所に近づいたときに通知することもできる。ビジネスシーンはもちろん、牛乳を買い忘れないようコンビニ付近で通知するなど、日常生活でも役立つ機能だ。

photophoto 「+」をタップすると、タスクを追加できる。完了したら左端のチェックボックスをタップする(写真=左)。指定日時だけでなく、指定場所で通知できるというのが画期的(写真=右)

 また、プリイン以外のiPhoneアプリなら、「Pocket Lists: チェックリスト&タスクアプリ」(無料)や「Clear」(85円)といったアプリも人気がある。

 Pocket ListsはリマインダーやGoogle Tasksなど複数のサービスとの同期が可能で、タスクをリスト別にまとめられる。さらに、作成したリストはWi-FiやBluetooth、Pocket Listts Cloud経由でほかのユーザーと共有できるので、社内のプロジェクトチーム内での情報共有などにも使える。

photo タスクの管理方法としてはシンプルな「Pocket Lists: チェックリスト&タスクアプリ」。共有する目的で使うのが良さそう

alt Pocket Lists: チェックリスト&タスクアプリ

 Clearは期限の設定などはできないが、グラフィカルなデザインと、スマホに最適化された操作性で人気を集めている。ユニークなのが、メール内のテキストをタスクとして追加する方法。タスクにしたいメールをコピーし、Clearを立ち上げて端末をシェイクするだけで、1文ずつがタスクとして貼り付けられる。なので、PCから自分のメールアドレスあてにタスクを書いて送信し、その文章をコピーしてシェイクするだけで、このアプリで管理できる。

photophoto タスクを右にフリックすると完了、左にフリックすると削除できる。スマホならではの操作性と、シンプルで美しいデザインが魅力(写真=左)。メールでコピーした文章を貼り付けるには、端末を軽く振って「Paste Tasks」をタップ(写真=右)
alt Clear

 Androidでは、「GTasks: To Do List | Task List」(無料)というアプリが定番だ。こちらはGooogle Tasksと同期できるので、スマホで入力したタスクはPCのGoogle カレンダーでも使える。また、本アプリはウィジェットにも対応しており、ホーム画面上で“やるべきこと”を確認できるのがいい。

photophoto 非常にシンプルなインタフェースの「Any.DO To Doリスト | タスクリスト」(写真=左)。タスクをウィジェットとしてホーム画面に配置できる(写真=右)
alt GTasks: To Do List | Task List

 また、iPhone、Androidの両方で配信されている「Any.DO To Doリスト | タスクリスト」(無料)も人気がある。すっきりと見やすいデザインなのに加え、音声入力にも対応している。

photophoto 文字が大きく見やすいうえに、アイコンをタップするだけという操作性の分かりやすさも魅力。音声入力にも対応している(写真=左)。リマインダー機能を搭載。タスクはGoogle カレンダーとも同期できる(写真=右)
alt Any.DO To Doリスト | タスクリスト

alt Any.DO To Doリスト | タスクリスト

【番外編】スマホ文具と組み合わせて使うのもアリ

 スマホやPCのみでの管理にどうしても慣れないというユーザーは、手書きした文字をデジタルデータとしてスマホで管理できる“スマホ文具”と組み合わせるのもいいだろう。手書きとデジタルを組み合わせる利点は、素早く書けて、必要な部分のみをデータとしてスマホで持ち歩けるところだ。

 最近はメモやノートだけでなく、スケジュール帳やカレンダーもスマホとの連携に優れたアイテムが続々登場している。例えば、ナカバヤシの「スマレコカレンダー」(945円)は、iPhone・Android対応の専用アプリ「スマレコカレンダー」(無料)でカレンダーのページを撮影すると、予定は手書きでありながら、カレンダーをデータとして保存できる。また、各日付にメモを追加できるなど、アナログとデジタルのいいとこ取りを実現。通常の文具よりも少し値は張るが、一度使ってみるといいだろう。

photophoto カレンダーを撮影するだけで、「スマレコカレンダー」アプリ内でデータとして管理できる(写真=左)。日付をタップすると、あとからメモを追加可能。メモのある日付には「M」という表示が出る(写真=右)
alt スマレコカレンダー

alt スマレコカレンダー

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年