レビュー
» 2013年07月31日 17時55分 公開

第2回 UIの使い勝手は? エントリーホームって何?「DIGNO R 202K」の“ここ”が知りたい(2/2 ページ)

[村上万純,ITmedia]
前のページへ 1|2       

エントリーホームって何?

 初めてスマートフォンを使うユーザー向けに搭載した「エントリーホーム」は、大きなアイコンと分かりやすいメニュー画面が特徴だ。初期状態では通常のホーム画面だが、「シンプル」→アプリ一覧→エントリーホームで切り替えられる。エントリーホームでは、フォントサイズが「大」になり、画面ロックが「なし」に変わるため、よりケータイに近い操作が可能になる。

photophoto 「基本機能」ページに「エントリーホーム」アプリがある(写真=左)。エントリーホームはフォントサイズが「大」になり、画面ロックが「なし」に変更される。フリック操作による左右の画面切り替えもできず、フィーチャーフォンのようなUIになる

 ホーム画面も1枚になり、左右のフリック操作はできなくなる。また新着メールの通知が表示されるなど、よりケータイライクなUIになる。また、表示されるアプリも左から「通話」「ブラウザ」「メニュー」「カメラ」「メール」となり、通常のホーム画面と並び順が異なる。

 「メニュー」では、「赤外線」「TV(ワンセグ)」「ツール」など、シンプルメニューとは異なる9つのアプリが並ぶ。それぞれのアプリをタップすると、アプリアイコン、アプリ名に加えて説明文も大きく表示されるため、何のアプリなのかすぐに分かる。なお、「すべてのアプリ」では、プリインストールされているものと、ダウンロードしたものを分けて表示する。「設定」で、通常のホームアプリと切り替えられる。

photophotophoto エントリーホームでは、「リスト表示」と「アイコン表示」の切り替えができる
photophoto 各アプリの表示方法も、リスト/アイコン表示にそれぞれ切り替わる。
photophotophoto 各アプリは、説明文とともに表示されるため、機能が分かりやすい。「設定」で通常のホームアプリに切り替えられる
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー