連載
» 2014年04月21日 21時00分 公開

GW直前! スマホアプリでアニメの“聖地巡礼”を満喫しよう佐野正弘のスマホビジネス文化論(2/2 ページ)

[佐野正弘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「舞台めぐり」を使って聖地巡礼、その結果は?

 今回使用したのは筆者のスマートフォンと、リンクの「舞台めぐり」というアプリ。これは、アニメの舞台となっているスポットを、アニメの画像で確認しながら巡る、位置ゲー感覚で楽しめる聖地巡礼サポートアプリだ。対応している作品が4本と限られているが、その分実際のアニメの映像やキャラクターなどをふんだんに使用しており、充実度は高い。

photophoto 今回、聖地巡礼のサポートとして利用した「舞台めぐり」地図上のスポットに訪れてチェックインしていくことで、主な聖地を巡ることができる

 大洗の駅に降り立った筆者はまずアプリを起動し、地図上に示されたスポットに移動してそこで写真を撮り、Facebookなどでおなじみ位置の登録(チェックイン)をする。スポットでの写真撮影時には、アニメの登場キャラクターと一緒に撮影できるほか、チェックインをすると、キャラクターのボイスを聞くことができる特典も手に入る。こうした点は、ファンにとって嬉しいポイントとなるだろう。

photo 地図上のスポットをタップすると、その場所のアニメシーンをチェックできる
photophoto そのシーンを参考にしながら写真を撮影していくことで、アニメと同じシーンを収めていくことができる(写真=左)。キャラクターと一緒に撮影できる機能も用意。チェックインするとキャラクターのボイスも楽しめる(写真=右)

 後は地図を参考にスポットを巡りながら、撮影したり、チェックインしたりを繰り返していくことで、聖地巡りを楽しめる仕組みとなっているようだ。地図上に主要なスポットが掲載されているので、筆者のように何も計画せずに訪れても、巡回はしやすいといえるだろう。ちなみに休憩したい時は、“中断”のボタンを押せば一時的に中断することも可能だ。

photophoto 巡礼の合間に、大洗名物の生しらすを頂いたり、マリンタワーでオーシャンビューを眺めたりと、観光してみるのも楽しい

 こうして約3時間、チェックポイントに従って大洗町内を巡りながら、アニメのシーンと実際の風景を見比べて、「ああ、このシーンはこの辺りだったんだなぁ……」と思いを馳せながら、アニメの内容を思い出しつつ楽しむことができた。

 唯一気になったのは、スマートフォンではGPSを使って位置を取得するため、アウトレットモール内にあるチェックポイントでは、位置情報が正確に取得できず、なかなかチェックインができなかったこと。将来的には、iBeaconなどを使って建物内でも正確なチェックインができるようになると、より楽しみやすくなるかもしれない。

photophoto 巡回したルートや写真は「日記」として保存され、後から行程を振り返ることができる(写真=左)。休憩を挟みながらも約3時間で、大洗町周辺のスポットは一通りチェックできた(写真=右)

 徒歩で回るにはかなり離れている場所もあったため、全てのチェックポイントを回ることはできなかった。だがそれでも、10キロを超える距離を、辛さを感じることなく楽しみながら歩き続けられ、十分に聖地巡礼を満喫できたといえる。ちなみに舞台めぐりでは、巡回したルートを保存し、後からチェックできる仕組みも用意されているので、お土産品などとともに旅の思い出を振り返るのも楽しいだろう。

photophoto 筆者がお土産として買ってきたのは、主人公・西住みほの顔の焼き印がされている「あんこう焼き」でした

 今回はガールズ&パンツァーの聖地巡礼を楽しんでみたが、他にも聖地巡礼に力を入れているアニメはいくつかあるので、さまざまなアニメの聖地巡礼を楽しむのも悪くないだろう。ゴールデンウィークの予定が決まっていないという人は、スマートフォンとアプリで聖地巡礼にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー