SIMとは?SIM通

» 2014年06月19日 11時03分 公開
[SIM通]
SIM通
photo

 電話会社の通信回線を使い、通話やデータ通信を行うのに必要なICカードのことを指します。

 では、どうしてこのカードが必要なのかと言うと、SIMカードには「IMSI」というコードが保存されており、これが回線提供会社と利用者の情報を結びつけてくれる役割を果たしています。SIMカードを抜き変えて、本来の利用者と違う人がスマホや携帯電話で通話やコンテンツ購入をしても、SIMカードを抜き変える前の人に料金請求がいかないのは、このSIMカードによって利用者の特定がされているからです。

 このような利用者を特定する情報だけでなく、NFCやFeliCaといった近距離無線通信のアプリケーションを内蔵することにより、非接触型決済の機能を付加や、電話帳機能を保存することなどもできます。SIMカードの保存容量が大容量化していくことで、SIMカードに様々なコンテンツ情報などを保存することができる。しかし、現在のところは前述した回線事業者と利用者を結びつけるものや、近距離無線通信のアプリケーションの搭載といった限定的な使い方が殆どです。

 現在、市場に出回っているSIMカードは3種類。

<SIMカード>

いわゆる標準サイズ、標準カードと呼ばれるのが縦1.5cm×横2.5cmタイプ。スマホだけでなく携帯電話にも使われていたので目にしたことがある人も多いかと思います。

<micro SIMカード>

縦1.2cm×横1.5cm。SIMカードの命ともいうべきICチップ部分のサイズはそのままで、余計なものを殆どそぎ落とした形状となっています。ちなみに、このmicro SIMカードが現在のスマホSIMカードの主流サイズです。

<nano SIMカード>

micro SIMカードよりもさらに小さい最新規格のSIMカードがnano SIMカードです。縦0.9cm×横1.2cm、残っているのはほぼICチップ部分のみの形状。ちなみにICサイズは、標準サイズ、micro SIMと同じです。2013年9月現在、iPhone 5、iPhone 5s、iPhone 5c、iPad miniや一部のAndroid端末がこの形状を採用しています。

 MVNO SIMを購入する際は、ご利用になるスマホで使えるサイズを選ばれるようお願いいたします。ちなみに、ICチップ部分にキズが入ると利用できなくなる可能性があります。取り扱いには十分注意しましょう。

>> SIMカード利用可能端末リストへ

関連リンク:>> NTTコムストア「SIMってなあに?」

『SIM通とは』

『SIM通』では、変化の激しいSIMカード市場の動向をいち早くキャッチできるサイトを目指し、2013年10月1日にオープンしました。市場でのトレンドやニーズを踏まえ、最新の情報コンテンツ(デイリーコラム、特集、ランキング、スペックまとめ情報など)を日々提供しております。

特に、デイリーコラムは『SIM通』独自コンテンツをディリーで提供しており、MVNO SIM に関する数少ないポータルサイトとして展開しております。

<デイリーコラム>

<特集>

<ランキング>

<スペックまとめ情報>


Copyright:(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  7. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  8. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  9. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年