レビュー
» 2015年06月30日 14時38分 公開

スマホでこんな写真が撮れる! そう、シャッタースピードが変えられる「isai vivid」ならね(2/2 ページ)

[ジャイアン鈴木,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 明るい状況ならもっと楽しい写真の世界が広がるはず……ということで、水風船や噴水、飛んでいるラジコンヘリのローターなども撮ってみました。ほとんど目にも止まらないスピードの被写体を時が止まったかのように切り取れるのは本当に楽しいものです。

photo 水風船が割れる瞬間 シャッタースピード1/6000秒
photo 公園の噴水 シャッタースピード1/6000秒
photo ラジコンヘリのローターもこの通り シャッタースピード1/6000秒

スローシャッターの撮影にも挑戦

photo 夜の大通り シャッタースピード4秒
photo 街角の雑踏 シャッタースピード1/2秒
photo 手持ち花火 シャッタースピード1/4秒

 一方スローシャッターも、作例のように自分だけ静止して雑踏を撮れば、周囲の人々は軌跡としてしか写らない、一風変わった絵作りが楽しめます。今回は時期的に手持ち花火しか撮影できませんでしたが、これからの花火シーズンに筆者もぜひisai vividを持って会場に出かけたいと思います。

photo ハイスピードシャッターでの撮影は手持ちで可能ですが、スローシャッターでの撮影は三脚や一脚があると便利です

 マニュアル撮影と聞くと“なんかメンドーだ”と感じる方もいるかもしれませんが、一度覚えてしまえば変更した設定が確実に反映されるので、ある意味直感的に操作できるようになります。

 なによりisai vividなら毎日持ち歩くスマホで本格的なマニュアル撮影を試せるわけですから、数日でどのように設定すればどのような写真を撮れるのかマスターできるでしょう。そしてisai vividでマスターした撮影テクニックは、今後一眼レフカメラを入手したときにも間違いなく役に立つのです。「isai vivid LGV32」でワンランク上のカメラ撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか?

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー