連載
» 2018年04月05日 06時30分 公開

5分で知るモバイルデータ通信活用術:ドコモの「パケットパック海外オプション」を中国で使ってみた/ソフトバンクのプリペイドSIM、販売状況はどう? (2/2)

[島田純,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ソフトバンクのプリペイドSIM、キャンペーンで通信量が3倍に!

 あまり大きな話題にはなっていませんが、ソフトバンクの訪日旅行客向けプリペイドSIMカード「Prepaid SIM for Travel」において利用可能なデータ通信容量がキャンペーンで1GBから3GBに増量されています。このキャンペーンは3月1日から実施しており、終了日は未定となっています。

 訪日旅行客向けのプリペイドSIMカードは、MVNOを中心にラインアップが増加傾向にあります。中には主要空港に自動販売機を設置するなど積極展開をしている事例もあります。

 Prepaid SIM for TravelはMVNOだと遅くなりがちなランチタイムや通勤ラッシュ時間帯も快適に通信できる上、有効期限が31日と長く参考価格が2480円(税別)と安価です。ここにキャンペーンながらデータ通信容量が3倍という特徴が加わったことで、訪日客以外でもかなり魅力的なプリペイドSIMカードとなりました。

3倍キャンペーン中 データ通信容量が3倍になるキャンペーンを実施中のPrepaid SIM for Travel

 ただ、このSIMカードには販売面で大きな課題もあります。

 まず、具体的な販売店が公表されていないという問題があります。ソフトバンクは「ソフトバンクショップ」「ソフトバンクの空港カウンター」「一部の家電量販店」で扱っているとしています。

 筆者が調べた限り、取り扱いを確認できたソフトバンクショップはソフトバンクの直営店でした。ある直営店で購入を試みたところ、「1時間ほどお待ち頂いております……」と案内されることもありました。

 キャリアショップは新規契約、機種変更、契約変更、解約……などなど、いろいろな手続きをする人で混み合う傾向にあります。とはいえプリペイドSIMカード購入のために、長時間待てる旅行客はどれほどいるのでしょうか……?

ソフトバンク表参道 筆者の調べた限り、Prepaid SIM for Travelを取り扱っているソフトバンクショップはソフトバンク直営店中心(写真は直営の「ソフトバンク表参道」)

 家電量販店についても調べてみたところ、取り扱いを確認できたのは「ビックカメラ有楽町店」(東京都千代田区)と「Air BIC CAMERA 羽田空港 国際線ターミナル店」(東京都大田区)ぐらいで、新宿や大阪エリアでの家電量販店では販売されていないようです。

 訪日客にとって、家電量販店は観光スポットの1つ。ある意味でキャリアショップよりも親和性の高い販売拠点です。それだけに、何となくもったいない気がします。

ビックカメラ有楽町店 Prepaid SIM for Travelの販売を確認できたビックカメラ有楽町店

 確実に扱っている場所、というと主要空港にある「ソフトバンクグローバルレンタル」(空港カウンター)ですが、販売価格が標準の倍以上参考記事)という点が気になります。

ソフトバンクグローバルレンタルでの販売価格 ソフトバンクグローバルレンタルでの標準販売価格は6500円と、標準価格の倍以上

 販売店が不明確な上に限られている点と、購入箇所によって価格が大きく異なる点は、2016年11月の発売時から大きく変わっていません。率直にいえば、ソフトバンクはこのSIMカードにそこまで力を入れているようには見えませんでした。

 しかし、3月にキャンペーンで通信量を3倍したことから、今後何らかのテコ入れをする可能性もあります。スペック的には魅力的なサービスなので、今後の展開に期待したいです。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう