コラム
» 2019年01月08日 17時00分 公開

ふぉーんなハナシ:復活の“L”――iPhone XS(日本版)で「プリペイドeSIM」を契約した話 (3/3)

[井上翔,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

いざ使う!

 3 Hong KongのプリペイドeSIMを使い始めるには、当該回線をいったんデフォルト回線に設定する必要があります。利用できるようになると、SMS(ショートメッセージ)が繁体字中国語と英語で送られてきます。

SMS 利用可能になるとSMSが2通送られてくる

 データ通信するにはデータローミングをオンにする必要があります。一応日本も対象国なので通信を開始してみると……。

LTE表示 アンテナピクトに「LTE」が!!

 日本国内の大手キャリアでは“絶滅”した「LTE」のピクトが表示されたのです。

 iPhone(やiPad)の場合、表示されるピクトの内容はSIMカードのキャリアによって異なります(「キャリア設定」で定義されています)。3 Hong KongのSIMカードを使うと、LTEエリアでは「LTE」と表示されるため、表示が“復活”したことになります。

 ともあれ、3 Hong KongのプリペイドeSIMは、現在進行中で米国出張で役立っています。契約して良かったです。

 ちなみに、一度利用したeSIMカードは、削除すると同じ情報では再セットアップできないようです。削除の際は注意しましょう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10