背面の「V」の字がカッコいい! ノッチなし、パンチホールを採用した「Honor V20」山根康宏の海外モバイル探訪記

» 2019年01月13日 08時58分 公開
[山根康宏ITmedia]

 2018年12月、立て続けにパンチホールディスプレイを搭載したスマートフォンが3機種登場しました。画面上部に切り欠きのある「ノッチ」デザインではなく、画面の左上のカメラ部分に小穴、すなわち「パンチホール」を開けているのです。

Honor V20 画面内に穴をあけた「パンチホールディスプレイ」

 Samsung、Huawei、HuaweiサブブランドのHonorから立て続けに登場したパンチホールディスプレイのスマートフォンのうち、Honorの「V20」は背面デザインにもこだわった意欲的な製品です。Kirin 980というHuawei最上位のプロセッサを搭載しているのもポイントの高いところ。ディスプレイサイズは6.4型と大きく、ノッチのないフロントデザインはすっきりしています。

Honor V20 Honorの中でも最上位に位置する製品

 パンチホールディスプレイは慣れるまではちょっと黒い穴の存在が気になるかもしれません。しかしノッチと違い、カメラの周りの部分は全てが表示領域です。そのため、ディスプレイの非表示エリアを最小限に抑えることができます。

Honor V20 パンチホールはノッチよりも画面の非表示エリアが狭い。慣れればこれは十分アリだ

 3.5mmヘッドフォン端子や赤外線内蔵など、意外とレガシーな製品でもあります。Honorの購入層はHuaweiの「P」「Mate」「nova」とは異なり、より若い世代です。赤外線は案外家電のコントロールなどに使われているのかもしれません。

Honor V20 ヘッドフォン端子と赤外線。最新のハイエンドフォンながらレガシーにも対応

 さてV20の特徴はパンチホールとスペックだけではありません。背面デザインは2019年の新しい年にふさわしい、新しい試みを取り入れているのです。モデル名の「V」を意匠に取り入れたアグレッシブなデザインは背面を見ただけで「欲しい!」と思わせてくれそうです。

Honor V20 背面に「V」のデザインを取り入れている。

 V20のカラバリはSea Blue、Phantom Blue、Red, Magic、Night Blackの4色。このうちブルー系の2色は光沢感あふれる背面にVのラインが光ります。光の当て具合によりVのラインがたくさん浮かび上がるなど、まるで海のうねりの「波」のような印象を与えてくれるのです。

Honor V20 Sea Blueの背面。角度を変えるとVのラインが次々と浮かび上がる

 そしてNight Blackは一見するとVラインがさりげなく見えるだけですが、角度を変えてみると鮮やかな色でくっきりと「V」が浮かび上がります。高級モデルのような印象ですね。筆者は背面の写真を撮りながら、この色が見えたときに背中がゾクゾクとしてしまったほどです。

Honor V20 Night Blackの背面は「カッコいい!」の一言でしか言い表せない

 グラデーションをかけた背面色の仕上げは2018年の中国メーカースマートフォンの一大トレンドでした。Honor V20はそれらとは一線を画した、全く新しいデザインを採用しているのです。世界で最初に登場したパンチホールディスプレイ採用端末にふさわしい仕上げともいえますね。ぜひ日本にもV20を投入してほしいものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年