今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年02月19日 11時47分 公開

りそな銀行が3月に「りそなウォレット」開始 口座直結のスマホ決済

りそな銀行と埼玉りそな銀行が、2月25日にスマホ決済アプリ「りそなウォレット」を提供する。QRコードを使い、りそな銀行の口座直結で支払いができる。3月から対応店舗で利用可能になる予定。

[田中聡,ITmedia]

 りそな銀行と埼玉りそな銀行は、2月25日から同行の口座を持つユーザー向けに、スマホ決済「りそなウォレット」を提供する。2月19日から「りそなデビット」アプリを「りそなウォレット」アプリにバージョンアップし、決済機能を追加する。なお、近畿大阪銀行は2019年度の提供を予定している。

 りそなウォレットアプリから表示させたQRコードを使い、対応店舗で決済ができる。クレジットカード不要で支払えるのが特徴だが、事前にりそなデビットカードの登録が必要。りそなデビットカードは、りそな銀行の口座を開設すると付与される。

りそなウォレット 「りそなデビット」アプリでは、りそなデビットカードの利用金額や明細を確認するのが主な機能だったが、「りそなウォレット」アプリでは口座直結の決済が可能になる。

 決済と同時に口座から直接引き落とされる他、使いたい分だけを事前にチャージすることも可能。口座に現金がない場合は、りそなのクレジットカードを使った後払い機能も利用できる。事前に設定したルールに従い、自動的におつりを貯金する「おつり貯蓄」機能も備える。

りそなウォレット コード決済利用の流れ

 りそなウォレットの決済は、2019年3月から利用可能になる予定。「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」の加盟店や、インコム・ジャパン、凸版印刷、キャナルペイメントサービスと契約している各事業者の店舗が対応する。加盟店では「りそにゃ」のステッカーが掲示される。

 3月中に5000弱の店舗、2019年度中に数万店舗での導入を目指す。ドラッグストアやスーパーなどが主な加盟店になる予定。

 なお、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行は、GMOペイメントゲートウェイが展開する、異なる銀行で相互決済を可能にする基盤「銀行Pay」の導入を予定しているが、りそなウォレットは銀行Payとは異なる仕組みを採用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう