今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年02月19日 15時56分 公開

エディオンがスマホ決済拡充 「d払い」と「LINE Pay」は20%還元も

エディオンが、全国の約1200店舗でコード決済を導入する。2月19日から「d払い」「楽天ペイ」「Origami Pay」「LINE Pay」での支払いが可能になる。「Alipay」と「WeChatPay」の導入店舗も拡大する。

[田中聡,ITmedia]

 エディオンが、2月19日からコード決済サービス「d払い」「楽天ペイ」「Origami Pay」「LINE Pay」を導入する。d払い、楽天ペイは、Origami Payは、家電量販店では初めての導入となる。ユーザーは各アプリからQRコードかバーコードを表示して、店頭で読み取ってもらえば支払いが完了する。

エディオン エディオンで利用できるコード決済
エディオン 利用の流れ(楽天の案内)

 対象となるのは、全国の家電量販店「エディオン」、エディオン傘下のサンキューが運営する「100満ボルト」の計約1200店舗。エディオンネットショップは除く。また、現在15店舗で導入している「Alipay」「WeChatPay」だけでなく、「PayPay」も19日からグループ全店に拡大する。

エディオン 導入店舗(ドコモの案内)

 d払いは200円ごとの支払いで1ポイントのdポイントがたまる。エディオンと100満ボルトは、3月1日から31日まで実施するdポイント40倍キャンペーンの対象なので、期間中は20%の還元率で買い物ができる。例えば1万円の買い物をすれば、2000ポイントが還元される。

 楽天ペイでは、200円の決済につき楽天スーパーポイントが1ポイントがたまる。なお、「楽天Edy」もエディオンの店舗で利用できる。

 Origami Payではポイント還元は行っていないが、エディオンと100満ボルトで決済をすると、2%が割り引かれる。また、登録した銀行口座から支払うと1%の割引が追加され、計3%引きとなる。

 LINE Payでは「マイカラー」に応じて付与されるポイント(0.5〜2%還元)、2019年7月末まで実施しているコード決済の+3%上乗せキャンペーンに加え、2月22日〜31日に実施する20%還元の「Payトク」キャンペーンを併用すれば、23.5〜25%が還元される。

【更新:2019年2月20日17時10分 PayPayの対応店舗が拡大した旨を追記しました。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう