今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年03月05日 21時38分 公開

リテールテックJAPAN2019:自販機でもコード決済が可能に【訂正あり】

自動販売機でもコード決済の波が来るかもしれない。FinGoが販売するマルチ決済端末「UNO PLUS」は、飲料自販機、コインランドリー、駐車場精算機、券売機、コインロッカーなどへ設置可能。コード決済対応の自販機が増えれば、ユーザーの利便性はさらに上がりそうだ。

[田中聡,ITmedia]

 自動販売機でもコード決済の波が来るかもしれない。

 FinGoが販売するマルチ決済端末「UNO PLUS」は、飲料自販機、コインランドリー、駐車場精算機、券売機、コインロッカーなどへ設置可能。

 ユーザーにとって特にうれしいのが、飲料自販機への設置ではないだろうか。SuicaやiDなど非接触の電子マネーに対応した自販機は多いが、コード決済への対応はほとんど進んでいない。対応するコード決済が増えれば、FeliCaに対応しないスマートフォンでもスマホから手軽に飲料水を購入できるようになる。

FinGo リテールテックJAPAN2019のデモで使用した、コード決済対応の自販機

 3月5日から8日まで開催されている「リテールテックJAPAN2019」では、コード決済対応のUNO PLUSを設置した飲料自販機のデモを披露。ユーザーはアプリからバーコードを表示させて、その画面を決済端末の下にかざすと、コードを読み取って決済が完了する。担当者によると「スキャナー付きの端末で飲料自販機のコード決済に対応するのは初ではないか」とのことだった。

 ただし現時点で、コード決済対応のUNO PLUSはまだ飲料自販機では導入されていない。UNO PLUS自体は、2018年からイオン店舗の自販機で8000台ほど導入しているが、決済手段は交通系ICやWAONなどの非接触決済に限られる。コード決済への拡張にも期待したい。

【訂正:2019年3月6日14時27分 初出時に、イオンの自販機でコード決済(WeChatPay)ができる旨の説明をしていましたが、イオンの自販機ではコード決済を導入しておりません。おわびして訂正致します。】

 現時点でUNO PLUSが対応しているコード決済は「WeChatPay」のみだが、今後は「Alipay」や「LINE Pay」にも対応する予定。非接触決済は交通系電子マネーや「WAON」「iD」「QUICPay」「楽天Edy」に対応している。クレジットカード向けの非接触決済「EMVコンタクトレス」も2019年内に対応する予定。

FinGo 決済端末の「UNO PLUS」。メーカーはOTIで、海外でも販売されている
FinGo 決済端末の下にスマホをかざしてコードを読み取る
FinGo その後、自販機のタッチパネルで買いたい商品を選ぶ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう