店舗を変えるモバイル決済
ニュース
» 2019年03月26日 17時53分 公開

Squareが三井住友カードとキャッシュレス促進で提携強化、決済端末の無償提供も

三井住友カードとSquareは、3月26日に中小事業者のキャッシュレス対応に向けた提携関係強化について発表。クレジットカード読取機「Square Reader」を新たに投入する他、決済端末の無償提供や決済手数料の無料化キャンペーンなどを行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 三井住友カードとSquareが、提携関係を強化する。全国中小事業者のキャッシュレス対応促進が狙い。

 Squareでは、スマートフォンやタブレットに接続するだけで利用できる決済サービス「Square」を提供。決済手数料が一律で、カード決済の売り上げが最短翌営業日に入金されるという特徴を持っている。また、同日にNFC Type A/BとFeliCaに対応したクレジットカード読取機「Square Reader」新モデルを投入した。

Square Reader
Square Reader 「Square Reader」新モデル

 4月1日からSquare Readerを無償で提供する他、Square Readerを通じた30万円までの売り上げに対する決済手数料も無料化。あわせて、三井住友カードのWebサイトからも申込受付を行う。

 さらに、地域密着型の事業者や地域金融機関などとの協働でSquareの普及を推進。まずは三井住友銀行の全国支店でSquareを紹介し、これを皮切りにSquareの普及に協力する企業とキャッシュレスの裾野拡大に取り組んでいく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう