店舗を変えるモバイル決済
ニュース
» 2019年03月07日 17時24分 公開

キャッシュレス決済対応のセルフ端末「O:der Kiosk」、首都圏駅ナカ店舗へ

ショーケース・ギグは、3月7日に店舗業務の省力化とキャッシュレス化を目的とした次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」の導入計画について発表。同社の提供しているモバイルオーダーシステムと連動し、双方導入することでレジ業務やレジの設置台数を大幅に減らすことが可能だ。共同開発しているJR東日本グループ協力のもと、2019年夏に首都圏駅ナカ店舗へ導入していく予定。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ショーケース・ギグは、3月7日に次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」の導入計画について発表した。

Photo 次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」

 「O:der Kiosk」は、店舗業務の省力化とキャッシュレス化を目的とし、JR東日本グループと共同で開発を進めている完全クラウド対応セルフオーダー決済端末。2019年夏に首都圏駅ナカ店舗での導入を計画している。ショーケース・ギグが提供しているモバイルオーダーシステムと連動しており、メニューや注文の情報をモバイルオーダーサービスと一元化して管理できる。交通系電子マネーや各種QRコードを含むマルチ決済や、英語、中国語、韓国語にも対応する。

Photo 利用イメージ

 「JR東日本スタートアッププログラム 2018」の採択事業として実施し、ショーケース・ギグとJR東日本スタートアップは事業推進に向け資本業務提携を行っている。今夏の導入に先立ち、3月8日まで開催される「リテールテックJAPAN 2019」へプロトタイプを展示。「Oder Wallet」や「SelfU」などの店舗省人化プラットフォーム「O:der」を用いた省人化サービスも併せて展示している。

Photo 「リテールテックJAPAN 2019」出展ブースイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう